豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

おしゃれ、そして走れる!おすすめ自転車ブランド5選

      2016/11/25

おしゃれ、そして走れる!おすすめ自転車ブランド5選

あなたがこれから自転車を購入しようと考えるとき、まず何を基準に選びますか?安全性や性能はもちろんのこと、人気のブランドや見た目がおしゃれ!ルックスがいい!というのは、選択肢の中でも重要ですよね。初めて買うときはどれを選んで良いかわからないもの。今回はルックス良し、そして走れる、自転車のおすすめブランドということで、魅力をお伝えしながら5ブランドご紹介させて頂きます!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001724-1.jpg
ルイガノのツーリングバイクlgs ctはランドナー?

皆さんは、自転車の種類の中で「ランドナー」をご存知でしょ...

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

スポンサーリンク


”おしゃれで走れる!自転車ブランド1~TREK(トレック)

機能も気になるし、おしゃれなルックスのバイクが欲しい人が検索するワードでも上位に登場するアメリカの人気自転車ブランド、トレック。1シーズンにロードバイクも合わせると30タイプを超えるリリースをしている巨大自転車メーカーです。2015年には、さまざまな角度からトレックというブランドを紹介する「ブランドブック」を世に送り出し、その中で、レース・開発・経営などに携わる人たちのことや、トレックの幅広い製品が美しい写真と豊富なテキストで紹介されています。これは、トレック社長の”トレックのストーリーや、魅力をもっと発信していきたい”という願いと、理解して頂きたいという強い想いが盛り込まれています。今年発売の注目モデルの中には、走りを記録し、スマートフォン等と連動することによっていつでもどこでも活用する事が可能な機能を搭載しているものもあります。これは、トレック研究開発部門の日々の努力と研究の成果だと思います。
まさに技術の結晶とも言える、軽量で十分な耐久性のある芸術的な美しさのデザインの数々。本格的なロードバイクの技術を継承しているクロスバイクも作りが良く、女性専用設計のクロスバイクも充実しています。また、トレックは「生涯保証」を謳っているので安心してロードバイクライフを楽しめます。万人受けが良いデザインが多いので、あなたに合ったお気に入りの1台が見つかるかもしれません。

”おしゃれで走れる!自転車ブランド2~Bianchi(ビアンキ)

こちらも同じく、おしゃれなルックスが気になる人なら必ずチェックしているイタリアの老舗一流自転車ブランド、ビアンキです。イタリアのメーカーでありながら、ビアンキは取扱店やネットショッピングで販売している店舗も多く、直営店は国内に8店舗もあり、気軽にビアンキに触れたり見たりすることが出来ます。実はビアンキの歴史は長く、現在の自転車(セーフティ型)が発明された年に自転車メーカーとして創業しており、現存する中では世界最古の自転車ブランドです。2015年には130周年を迎え、イタリアのマルゲリータ王妃の目の色をモチーフにしたという伝説を持つ「チェレステ」と呼ばれる明るい若草色を用いたカラーがシンボルで、デザイン・スタイル共に抜群に良いと評判です。
自分自身でも自転車を購入するとしたらビアンキは要チェック、と思う程に身近でかつおしゃれなブランドです。男女共に人気なブランドであり、コストパフォーマンスの良いカーボンフレームである為、ロードバイクを始めてみたいという方や、趣味で自転車を乗りたいという方にもオススメです。人気であるがゆえに、モデルによっては品薄でお取り寄せや売り切れという実情もある為、ショップで運良く出会った際には、是非購入を検討してみてください。

”おしゃれで走れる!自転車ブランド3~FUJI(フジ)

日本で誕生し、100年以上の歴史を持ち、現在はアメリカに本拠地を置くインターナショナルな自転車ブランドです。自転車業界を支え続けた技術と、ファッションバイクブームを牽引したデザイン性を兼ね備えているところが魅力です。また、シティライドから競技まで、自転車の本質を見つめて実用的に且つ、フジにしか発揮出来ない個性を詰め込んだフジブランドです。以前は販売店や展示数が少ない場合も多く、興味を持ちだした初心者にとって存在を知られる機会が少ないことがあったようですが、現在は取扱店も増えて、ネットショッピングの需要も多くなってきたとのことです。
フジ好きにはコアなファンが多く、愛用者の声でもあがるように、「おしゃれ」「カラーがステキ」「性能がいい」ことはもちろん、一番の特徴はコストパフォーマンスに優れているところ。ギア付きで10万円前後で購入も可能なため、通勤や普段のシティ用として気軽に挑戦できます。ネットショッピングやSNSでの評価の高さが製品の良さを物語っています。

”おしゃれで走れる!自転車ブランド4~ANCHOR(アンカー)

ブリヂストンサイクルが、本格スポーツサイクルとして展開しているブランドです。ブリヂストンと聞くと、CMで流れるタイヤのイメージを思い浮かべる方が多いかと思いますが、アンカーはれっきとしたスポーツ専門サイクルブランドで、日本ならではの技術力で高い水準の製品を製作するとともに、【ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム】の自社チームでも数々のレースで好成績を記録へ残すなど、その性能を裏付ける活躍をしているのが印象的です。アンカーは乗り手の能力を最大限に引き出す、精度の高い製品づくりが特徴であり、過酷な耐久テストを施すことが有名で、製品の耐久性は他のメーカーに比べて群を抜くほどの実力です。手軽な価格で走る楽しさを教えてくれるモデルから、長く付き合える相棒と呼べるハイモデルまで、様々です。
日本生まれの日本育ち、それだけでも信頼性があって、グッと親近感が湧きますよね。
また、オーダーフレームの受注を行っているため、自分にぴったりのおしゃれな自転車を手に入れたい、という方はこのブランド、アンカーを選択されてはいかがでしょうか。

”おしゃれで走れる!自転車ブランド5~PINARELLO(ピナレロ)

イタリアの名門ロードバイクメーカーであり、他にトラックレーサー、クロスバイク、トライアスロン用自転車、シティサイクルや子供用自転車も製造しています。ビアンキと並び、イタリアンバイクの代表格のひとつでもあります。もうイタリアのブランド、と聞いただけで、昨日はもちろん、ルックスも!という方は絶対チェックしたい自転車のブランド、というイメージですよね。
ピナレロの大きな特徴はウネウネと曲がったフロントフォークにシートステー。一目見て、「あれはピナレロだ!」と判別できてしまう程、特徴のあるブランドはなかなかありません。毎年性能を上げているピナレロは、マイナーチェンジのわずかな変更点の機体もあれば、大きくバージョンチェンジしたものもあり、クロスバイク好きには毎年チェックが欠かせないブランドでもあります。
高額なモデルが多い為、初めての1台として選ぶには少々高い印象がありますが、ピナレロは新作展示会を開催したり、試乗して実際に触れて試していただくことも可能ですので、自転車と一緒に成長していきたい方、こだわりの1台を求めたい方にはぴったりです。ピナレロのファンサイトもあり、愛車を紹介しているブログもありますので気になる方は要チェックですよ!

おしゃれで走れる自転車、あなたに合ったブランドを見つけてみては

冒頭でも書きましたが、これから自転車を購入しよう、ロードバイクを趣味にしてみたいと考えた時、どんな種類があるか、どこで購入できるか、街で見かけて気になった自転車、あれはどこのブランドなのかと、購入に至るまで様々な疑問が浮かびます。ブランドだけで数えても、日本を始め、イタリアやアメリカ等、有名なものは数多く存在します。
今回は有名ブランドの中でも5つに絞ってご紹介させて頂きましたが、魅力のある自転車メーカーはまだまだ数多くあります。悩んでいては進みません。まずは店舗に出向いて好きなデザインを見つけてみる、特徴を知って自分に合うのは何かを選ぶも良し、もちろん、フィーリングも大切です。あなたが選ぶ1台で、楽しいロードバイクライフを。

 - 自転車 おすすめ, 自転車全般