豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

意外と気にしてない自転車のタイヤ。寿命のサインを見逃すな!

      2016/11/25

意外と気にしてない自転車のタイヤ。寿命のサインを見逃すな!

ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイク、走りの快適さやスピードを追求しパーツのグレードアップを図ったりすることはスポーツ自転車に乗っている楽しみのうちの大きな要素です。そんな中でも高価で重要な部分でもある「タイヤ」。ホイールなどの寿命は気にしたりするけど、そういえばタイヤは。。なんてことはありませんか。今回はタイヤ、寿命のサイン!というお話。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001143-1.jpg
自転車のホイールハブをメンテナンスしよう!!

今回は、自転車のハブの玉押し調整とグリスアップをご紹介します...

pwk0001142-1.jpg
水泳の練習メニューの組み方って?大学選手の場合は?

ここでは、プールでの水泳練習というシチュエーションに限定して...

pwk0001141-1.jpg
水泳のカロリー消費量は、ランニングしたときよりも多い?

ダイエット目的で、トライアスロンを始めるという方は、いらっし...

pwk0001140-1.jpg
大阪のサイクリングロードやランチでおすすめはどこ?

大阪と言えば、市街地のイメージですよね。 市街地の景色...

pwk0001139-1.jpg
ロードバイクのインナーギアとアウターギア

ロードバイクのインナーアウターについてお話しします。 ...

pwk0001138-1.jpg
自動車メーカーのルノーって自転車も売ってるの?評判は?

ルノーという自動車メーカーは、自転車の販売も行っているという...

pwk0001137-1.jpg
カンパニョーロ・ゾンダのホイール2014をご紹介!!

ロードバイクに乗り始めて、まずグレードアップすべきパーツは車...

pwk0001136-1.jpg
ウォーキングや自転車の消費カロリーってどのくらいなの?

あなたは、ダイエットをしたいと思ったらまず何をはじめますか?...

pwk0001135-1.jpg
アミノバイタルの効果って!?水泳選手にも効果的!

アミノバイタルというものを聞いた事はありますか? 様々...

pwk0001134-1.jpg
giantのロードバイク「fcr」はどんな自転車だった?

giantと言えば、クロスバイクで有名ですね。 しかし...

pwk0001132-1.jpg
初心者の自転車選び!フレームはどこのメーカーがおすすめ?

自転車に限らず、初めてものを選ぶときに基準のひとつになること...

pwk0001131-1.jpg
自転車のハンドルの種類や調整方法を教えて!

自転車に乗っていて、手が疲れたり、もっと操作を楽にしたいと感...

pwk0001130-1.jpg
自転車のハンドルの交換方法をご紹介します。

自転車に乗っていて、体とつながる部分は、ハンドルとサドルとペ...

pwk0001129-1.jpg
自転車とロードバイク、ヘルメットを兼用しよう!

ロードバイクに乗るならヘルメットは必要だが、ママチャリなどの...

pwk0001127-1.jpg
持ち運びOK?自転車を持って電車に乗る方法

お気に入りの自転車で、遠くの地にサイクリングをしに出かけたい...

pwk0001126-1.jpg
ロードバイクでロングライドした思い出をブログにしよう!

ロードバイクに乗ることが慣れてきて、ロングライドに挑戦しよう...

pwk0001125-1.jpg
ロードバイク購入予定の方必見!チネリのスーパーコルサ

ご自分のロードバイク、持っていらっしゃいますか? ロー...

pwk0001124-1.jpg
ロードバイクでも有名なジャイアントのdefyシリーズを紹介

ロードバイクやクロスバイクで有名なジャイアント。 この...

pwk0001123-1.jpg
ホイールバランスってなんだろう?ロードバイクとの関係は?

ホイールバランスという言葉について、聞いたことはあるけれど、...

pwk0001122-1.jpg
初心者でもできるロードバイクのブレーキのメンテナンス

ロードバイクに乗り続けていると、様々な要因によってブレーキが...

スポンサーリンク


自転車のタイヤ・寿命のサイン

自転車は後輪に荷重がかかるため、後輪から消耗していきます。

何故か後輪がスリップしやすくなったりパンクしたりするということがあれば、それは後輪が消耗してしまっているからかもしれません。

もちろん、スリップしやすくなったり、適正な空気圧を維持しているのに以前よりもパンクしやすくなった実感があれば、それは後輪に限らず前輪でも寿命に達したサインかもしれません。

このような実感を伴ってから交換するようでは遅いので、可能な限り目視で読み取れるタイヤ寿命のサインを覚えておき、タイヤが消耗しきってしまう前に交換するように心がけましょう。

ロードバイクのレーシングタイヤを除けば、大半のタイヤにはパターン(模様)があり、このパターンが消えてくる、あるいは溝が極端に浅くなってくれば寿命が近いと考えられます。

ロードバイクのレーシングタイヤのように、つるりと模様が無いスリックタイヤがありますが、このタイプだと目に見えて減ってくる、というような消耗は分かり辛いかもしれません。

目安として、まず後輪と前輪を見比べ、明らかに後輪のタイヤ中央がすり減って平坦になってきているようであれば、間もなく寿命と考えても良いでしょう。

完全に寿命に達してしまうと、中からケーシングと呼ばれる糸のようなものが見えてきます。
こうなってしまうと危険ですので、直ちに交換してください。

さほど乗らない場合でも、屋外保管で雨ざらし・直射日光のあたるとこですと、かなり早く寿命に達してしまいます。

タイヤの路面接地部分、サイドウォール(側面部分)に、明らかにわかるひび割れが見えていたら寿命です。
この場合も、ひび割れたタイヤは使用せず、交換するようにしてください。

自転車のタイヤ寿命を延ばす方法

最もよく交換しなければならない消耗品として、チューブとタイヤが挙げられます。
チューブと比較してタイヤは高価ですから、可能な限り長く使うようにしたいものです。

先にも述べましたが、保存環境がかなり大きく影響します。

ゴム製品ですから、熱劣化し易いですので、真夏に屋外保管ですと相当なダメージを受けると覚悟しておいたほうが良いでしょう。

雨にさらされ、高温の直射日光にあてられ、ということを繰り返せば、ひと夏を終える頃にはタイヤがひび割れてくるでしょう。
可能であれば屋内保管をしたいところです。

それが無理でも、自転車カバーあるいは、それに相当するようなもので、自転車を覆っておくようにしましょう。
それだけで、タイヤへの環境ダメージは、かなり低減することが出来ます。

また、こまめに異物を取り除いてやることもタイヤへのダメージを減らすことにつながります。

小さな石はもちろん、釘、ガラスなどの異物がタイヤに浅く刺さっていることや、パターンの隙間にはまり込んでいることがあります。
これらが何かの拍子にタイヤを突き抜けてしまうことがあるので、面倒でも取り除いてあげるようにすると良いでしょう。

自転車のタイヤ寿命を延ばす走り方

どんな自転車でも後輪から先に消耗していきますから、もちろん前輪よりも先に後輪の寿命を迎えることになります。

そこで、ある程度消耗が進んだ時点で前輪と後輪を取り替える、という対応が効果的です。

ケーシングが見えてしまってからでは遅すぎますので、完全に消耗してしまう前でなければなりません。
走行距離をある程度管理しておくようにして、規定の距離に達したら前輪と後輪を交換するようにします。

タイヤの種類によって、どれだけの距離を走行できるかは大きく違いますので、走行距離はタイヤに合わせて変えていく必要があります。

走行時にもタイヤのために出来ることがあります。

きわめて基本的なことですが、まずはタイヤの空気圧を適正に保つことです。

高圧すぎますと、局所的に摩耗することになりますし、空気圧が足りなければ、異物を拾いやすくなってしまいます。

適正な空気圧を保つことで、異物を避け、まんべんなくタイヤを使うことが出来ます。

走行場所についても、適切なラインを取るようにしたほうが良いでしょう。

初心者ほど自動車の圧力を恐れて、端に寄り過ぎる傾向がありますが、道路は端に行くほど異物が溜まっている傾向があります。

水はけを良くするために傾斜があるからです。

ですから、道路の端に寄り過ぎると、異物を拾ってしまう確率が高まります。
自転車は道路の左端を走行する必要がありますが、必要以上に端に寄り過ぎないように心がけましょう。

初めての購入、ここに注目!

初めて交換用タイヤを購入するとき、あまりのタイヤの種類の多さに、どれを選んだら良いか目がくらんでしまうかもしれません。

しかし、タイヤは方向性の異なるものを使うだけで、ライディングの感触が驚くほど変わることを実感出来るパーツです。

ですから、色々なタイヤを試すことで、タイヤごとの違いを実感できれば、いずれタイヤを選ぶことが楽しくなっていくかもしれません。

ぜひ色々なタイヤをじっくり調べて、好みに合う1本を探っていきたいものです。

まずは、手掛かりにする方向性として、長く使えるものか、それとも速度や軽さを重視するのかを分けて考えると良いでしょう。

長く使えるものとなると、それだけタイヤが減りにくい素材だったり、耐パンク素材を内蔵することになります。
そのため、重量が重くなり、転がりも良くないということになります。

逆に、転がりが良いものや軽量なタイヤは減りやすく、耐パンク性能も低い傾向があるということになります。

それぞれのタイヤのメリットとデメリットを理解して選ぶようにしたいですね。

自転車のタイヤ交換

自転車のタイヤ交換、あるいはチューブ交換は場合によって、最初のうちはかなり大変なことがあります。

人によっては、どうやってもタイヤをはめ込むことは出来ない、と思ってしまうようなこともあります。

それでも、実際のところ、はめられないタイヤというのは、ほとんどありません。

丁寧にじっくりと取り組めば、きちんとはめることが出来ます。
『根気と丁寧さが大事である』と心に留めておいてください。

タイヤとチューブの装着方法は、大まかに説明すれば以下になります(一般的なクリンチャータイヤを例に説明します)。

1.タイヤの片側ビードをリムに装着する
2.チューブに少し空気を入れて形を整え、リムに装着する
3.タイヤの残りのビードをリムに装着する
4.チューブに適正空気圧になるまで空気を入れる

大体うまく行かない場合、
3.で躓くことになります。

どうやっても最後が固くてはまらない、という事態に遭遇することがあります。

この場合、多くのケースでは、均等にビードをリムに乗せられていないことがほとんどです。

地道に、均等に伸ばすようにしてビードをはめていけば、大体のタイヤがきちんと装着できます。

無理にはめ込んでしまった場合、タイヤが縦振れを起こしてしまいます。

タイヤを装着したら、忘れずに縦振れを起こしていないか確認してください。

きれいに回転していない場合は、面倒でも再びタイヤをはめ直してみてください。
きちんとビードがリムに乗っていないと、最悪の場合走行中にタイヤが外れてしまう事があります。

購入後、メンテナンスの注意点

タイヤを予備として在庫を持つ場合、やはり高温や直射日光を避けるようにします。

直射日光、高温を避け、密閉状態を保つなど、保管状態が良い場合は長い間保管しておくことができそうです。

各メーカーとも、保存期間については言及していない場合が多いです。
保管状態が適切だった場合は、目視確認で異常が認められないなら使用に問題は無いと思って良いでしょう。

いったん利用し始めたタイヤは、否応なしに劣化していきます。

先に述べた通り、日々の異物点検や洗浄が効果的です。

また、タイヤもしくはチューブの交換時にも、異物を巻き込んでいないか確認するようにしてください。

ちょっとした小石やゴミであっても、タイヤとチューブの間に噛み込んでしまうと、いずれパンクを引き起こすことに繋がりかねません。
タイヤの装着前には、タイヤ内側とチューブを満遍なく手でなぞってみて、異物が張り付いていないか確認する癖をつけるようにしましょう。

タイヤは高価な消耗品ではありますが、費用を惜しんで寿命に達した状態で使い続けることは危険この上ありません。
ほとんど減っていないタイヤを交換するのは確かに無駄ですが、それでもある程度余裕を持って交換するように心がけた方が良いでしょう。

まとめ タイヤはケチると命取り!

タイヤは直接地面に接している唯一のパーツです。

スポーツバイクは快適ですが、一般のシティバイクに比べて速度が出ます。

高速で走行中、地面との設置部分にトラブルが発生してしまっては、致命的な事故に繋がりかねません。

十分な安全マージンを確保して、余裕を持ったタイヤ交換を心がけるようにしたいものです。
そのうえで、走行目的に合ったタイヤを選んで楽しいバイクライフを送りたいものですね!

 - タイヤ チューブ, 自転車全般