豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車を運ぶなら宅配便で!どのサービスが安い?

      2017/01/26

自転車を運ぶなら宅配便で!どのサービスが安い?

引っ越しやレース出場などの場合に、自転車をどう運べばいいのか困った経験をお持ちの方はいらっしゃいますでしょうか。

自転車を運ぶなら、宅配サービスを利用することをおすすめします。

現在利用できる自転車宅配サービスは様々で、安いものや便利なものなどそれぞれ特徴が異なります。
今回は、そんな自転車の宅配サービスについてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001884-1.jpg
ロードバイク本体やパーツを通販で購入するときの注意点

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001779-2.jpg
ジオスのロードバイクは種類が豊富!その評判とは?

イタリアの「GIOS(ジオス)」は、ジオスブルーで有名な老舗...

pwk0001875-1.jpg
スプロケットにスペーサーを入れれば何速用でも対応可能か?

スプロケットとは、自転車の後輪に付いているギアの歯車のこ...

pwk0001866-2.jpg
自転車のタイヤに空気が入らない原因と対策を考える

当たり前のことですが、自転車はタイヤに空気が入らないと動...

pwk0001860-2.jpg
山手線に乗って一周したことある?自転車ならどれ位掛かる?

東京や首都圏在住の方なら、一度は乗ったことがあると思われ...

pwk0001775-2.jpg
クロスバイクとロードバイクの違いは?坂道はどちらが向く?

スポーツ自転車に初挑戦するときに悩むのは、どの車種を選ぶ...

pwk0001772-2.jpg
カンチブレーキを交換したい!どんなブレーキが良いの?

カンチブレーキをご存知ですか? 昔はほとんどのMT...

pwk0001770-2.jpg
mtbにロード用のコンポを搭載したらどうなんだろうか?

スポーツ自転車のコンポは、mtb用とロード用に分かれてい...

pwk0001785-2.jpg
ラレーのロードバイクはクラシカルなデザインで評判!

ラレーは、イギリスで100年以上の歴史を持つ自転車メーカ...

pwk0001883-1.jpg
プロ推奨!ロードバイクのおすすめフロント・リアライト

ロードバイクやクロスバイクを買ったら、他に買う必要のある物の...

pwk0001882-1.jpg
【ランキング】おすすめロードバイクペダル【10選】

ロードバイクのペダルと言えば、靴とペダルがガチャッと一体にな...

pwk0001858-2.jpg
プロが選んだ!おすすめロードバイクホイールのランキング

ロードバイクの走りを左右する最も重要なパーツは何かと聞かれれ...

pwk0001857-2.jpg
おすすめロードバイクタイヤ10本をランキング形式でご紹介

ロードバイクで最も重要なパーツはホイールですが、タイヤはその...

pwk0001832-2.jpg
色々な人のためにプロが本気で厳選したロードバイクのサドル

ロードバイクのサドルとは奥の深いもので、お尻の痛み問題をはじ...

pwk0001766-2.jpg
fsaのクランクの評価と他メーカーのコンポとの互換性は?

fsaのクランクは、BB30仕様の完成車によく使われてい...

pwk0001765-2.jpg
bianchiのクロスバイクは人気が高い!サイズ選びも重要

現存する最古の自転車メーカーが、イタリアのbianchi...

pwk0001763-2.jpg
クロスバイクのタイヤ700x28cとは何のことを表しているの?

スポーツ自転車のタイヤは、種類によって使用されているタイ...

pwk0001762-1.jpg
自動車のミラーに接触したかも!どういう対処すればいい?

自転車に乗っていて、自動車のサイドミラーと、自転車のハン...

pwk0001761-1.jpg
自転車タイヤのバルブ交換をしたいけどどんな種類があるの?

自転車のホイールから突き出ている小さな突起物が、タイヤに...

pwk0001760-1.jpg
自転車の逆走は重大な違反です!取締りが強化されたわけとは

2015年の道路交通法改定により、自転車の違反に対する取...

スポンサーリンク


宅配便ってどんなもの?

宅配便というのは、比較的小さい荷物を配送することで、路線トラック事業の一形態であり、国土交通省では宅配便貨物という名称で規定されていることです。

特徴は、荷主の戸口から迅速に届け先の戸口まで配達することです。
宅配便ではなく「宅急便」という言葉もありますが、それはヤマト運輸の商品名なので注意しましょう。

宅配してくれる企業は、それぞれ独自の名称で宅配便を扱っており、自動車・自転車・リヤカーや高い・安いがあるわけですが、重量とサイズを簡単に比べてみましょう。

定形外郵便物は、最大重量4kg、3辺最大90cmで、長辺は60cm以下。
EXPACK500は、最大重量30kg、34×25cmで、専用封筒での扱い。
ゆうメールは、最大重量3kg、3辺最大は170cmで、冊子にした印刷物、もしくは電磁的記録媒体のみの扱い。
ポスパケットは、最大重量1kg、34×25×3.5cm以下です。
ゆうパックは、最大重量30kg、3辺最大は170cm。

ヤマト宅急便は、最大重量25kg、3辺最大は160cmと、ゆうパックより少なめ。
クロネコメール便は、最大重量1kg、3辺最大70cmだが、長辺と40cm以下で暑さは2cm以下。

飛脚宅配便は、最大重量30kg、3辺最大160cmであるが、沖縄から発送は航空便扱いになる。

自転車宅配サービスは様々①

宅配便では、大きさから自転車を配送してくれませんが、以下のような専用の自転車宅配サービスなら自転車を配送してもられます。

シクロエクスプレスなら、3辺の合計が240cm以内のダンボールやハードケースを配送してくれます。
ただし、梱包されていない自転車は、配送できないので注意してください。

また、シクロエクスプレスには、コンパクトなBTB輪行箱というものがあります。

BTB輪行箱は、3400円(税抜)です。
配送料は、たとえば東京から大阪で、片道 3900円です。

カンガルー自転車輸送便なら、前輪か両輪外した状態で3辺の合計が280cm未満で、なおかつ重量が30kg以下なら配送できます。

だいたい、ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク・BMXなら運べると考えて良いでしょう。
ママチャリや電動自転車は、重さで制限を越え、配送できないことがあります。

カンガルー自転車輸送便は、スポーツ自転車の配送に使えるものと覚えておきましょう。

また、カンガルー自転車イベント便というものがあります。
提携しているサイクルイベント会場や宿泊先に配送してくれるサービスです。

輪行箱はレンタルだと2100円で、シクロエクスプレスより安いですが、配送料は東京から大阪で片道4530円なので、シクロエクスプレスより高くなっています。

持ち込みや往復利用で安くなるサービスがあるので、気になる方はチェックしましょう。

自転車宅配サービスは様々②

自転車宅配サービスは、シクロエクスプレスやカンガルー自転車輸送便以外にもあります。

サイクリングヤマト便は、JCA(日本サイクリング協会)の会員、もしくはJCA公認の「CJ+会員」専用サービスです。

JCA会員の年会費が4000円、「CJ+会員」の年会費が2700円です。
配送料が割引されて安いので、年に何回も自転車を配送する人におすすめです。

ヤマト便は、3辺の合計が160cm・重量が25kg、それらを超える荷物を運ぶのに利用できます。
配送料は、荷物の総重量と届け先のエリアで決まるのですが、そう高くはありません。

佐川急便は、しまなみ海道手ぶらサイクリングというサービスを提供しています。
届け先は、提携ホテルだけです。

ですが、愛媛県今治市~広島県尾道市の区間の提携した宿泊施設に当日配達できて、宿泊施設から自宅へは専用BOXに梱包することで配送してくれます。
配送料がかかるのは、自宅に配送する場合だけです。

Bipota(バイポタ)は、レース用の往復配送サービスです。
トライアスロン大会、TTバイクのレースギアや自転車本体を、走行可能な状態で配送してくれるのが特徴です。
※バイポタは、2017年1月中旬に営業を休止しました。

とっても安い!シクロエクスプレスの自転車宅配サービス

自転車宅配サービスは、会社によって大きく異なるサービスとなっていますが、安いということならシクロエクスプレスが一番です。

前述した内容もありますが、シクロエクスプレスは、佐川急便と自転車輸送用のダンボール製造しているコーワ株式会社が、タッグした宅配サービスです。

インターネットで、申し込みやクレジットカード決算が可能で、申し込むことで専用ダンボールが送られてきます。
そのダンホールに自転車を梱包することで、イベント会場や宿泊先に配送してくれます。

料金は、関東から関西の片道3900円(税抜)、関東から沖縄の片道9000円(税抜)、往復だとその倍になります。

また、専用ダンボールの配送キットは別途3400円(税抜)になりますが、配送キットではなくて、自前で3辺の合計が240cm以内のダンボールやハードケースを用意しても配送してくれます。

ちなみに輪行袋のような布への梱包では配送してくれません。
オプションとして、1口100円で補償額10万円の輸送保険があります。

西濃運輸のカンガルー自転車輸送便もなかなか安い

シクロエクスプレス以外の安い自転車宅配サービスなら、カンガルー自転車輸送便です。
カンガルー自転車輸送便は、西濃運輸の自転車専用宅配サービスで、イベント主催者と提携している場合は「自転車イベント便」となります。

インターネットで申し込むと、専用のハードケースが送られてきます。
それに自転車を収納することで、指定したイベント会場や宿泊先に配送してくれます。

専用のハードケースは、買い取りとレンタルの2つから選択できて、買い取りの場合は、値段の違う4種類のケースから選ぶことができます。

レンタルの場合は、1週間で使用料が2100円(税込)となります。

配送料は、関東から関西で片道4530円(税込)、関東から沖縄で11900円(税込)です。
往復だと1000円引きのサービスがあり、クレジットカード決済もできます。

「自転車イベント便」の場合は、大会の特設ブースにて引き取りができるようになり、また帰りの集荷も特設ブースでできるようになります。

ヤマト便で自転車を安い値段で送る

サイクリングヤマト便は、ヤマト運輸とJCA(日本サイクリング協会)が提携しているサービスで、JCA会員か使える自転車宅配サービスになっています。

JCA会員の年会費4000円と、サイクリングタッグ使用料2000円が必要になります。
年会費などを含めると安いとは言い難いかもしれませんが、何回も使うのであれば総合的に安くなるでしょう。

サイクリングヤマト便は、全国のヤマト運輸の営業所で扱っており、コンビニでの取り扱いはしていないことに注意してください。
また、梱包はシクロエクスプレスやカンガルー自転車輸送便とは違って、輪行袋を使用するところも注意です。

サイクリングヤマト便は、ダンボールやハードケースへの梱包では配送してくれません。

料金は60kg料金になっているので、東京から大阪で片道2592円(税込)、東京から沖縄で片道7052円(税込)です。

クレジットカード決済ができるかは、担当ドライバーに確認してください。

また、実際の配送依頼する場合は、どうしても破損のリスクはあるので、パッキングなどしてリスクをできるだけ小さくすることを心がけましょう。

クロモリフレームなら、少し雑にパッキングしても構わないかもしれませんが、カーボンでは本当に慎重にパッキングするべきです。

そして、台風など天候の影響で配送が、大幅に遅延することもありえます。
配達日時指定も、できないので余裕を持って手配しましょう。

自分に合った宅配サービスを選ぼう

いかがでしたか?
宅配サービスによって、規格や値段は様々です。
また、便利さもそれぞれ違います。

安く送りたかったり、楽に送りたかったり・・・人によって、それぞれ要望は異なると思います。

自転車を送る際は、自分に合った宅配サービスを選びましょう。

 - 自転車 その他, 自転車全般