豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ピストバイクの特徴って?ホイールの組み方は?

      2017/02/12

ピストバイクの特徴って?ホイールの組み方は?

ピストバイクをご存知ですか?
ママチャリなどの街乗り自転車とも、ロードバイクやマウンテンバイクとも異なる自転車です。

今回はそんなピストバイクの特徴や、ホイールの組み方についてお話しします。

自転車の買い替えを検討している方、次の一台にピストバイクを選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001699-1.jpg
デュラエース9100は買いなのか?互換性はどうなのか?

シマノのロード用コンポのハイエンドモデル「デュラエース」が9...

pwk0001689-1.jpg
タイヤを新品にする際に迷いませんか?26インチは何ミリ?

自転車のカタログに24インチ、26インチなどと記載されていま...

pwk0001688-1.jpg
今度のタイヤはコンチネンタルグランプリにしよう!

コンチネンタルグランプリ…カッコいい名前ですね! いかにも...

pwk0001687-1.jpg
キャノンデールのCAAD!身長170cmでサイズ52は適応する?

アメリカの自転車メーカー・キャノンデールは、世界で初めてMT...

pwk0001686-1.jpg
カンパニョーロのアルミホイール・ユーラスの評価は?

カンパニョーロと言えば、ロードバイクのホイール交換のときに、...

pwk0001685-1.jpg
カンパのシロッコにシルバーカラーがあったらしい!

カンパニョーロのアルミクリンチャーの人気ホイール・シロッコで...

pwk0001684-1.jpg
u字ロックを破壊されてたまるか!鍵の掛け方を学ぼう

ロードバイクは高額ですよね! 個人的には「走る宝石」と...

pwk0001683-1.jpg
4キロって遠い?自転車で走るとどのくらい時間が掛かる?

近年はスポーツ自転車ブームとも呼ばれ、街中でも普通にロードバ...

pwk0001682-1.jpg
モデルチェンジした今だからこそ10速アルテグラを振り返る

今でこそロードバイク用の変速段数はリア11速が最高になってい...

pwk0001681-1.jpg
10キロを自転車で走ったらどのくらいの時間が掛かる?

皆さんは10キロと聞くと、どんな印象を持つでしょうか? ...

pwk0001680-1.jpg
自転車で一時停止しないと違反?意外と知らない交通ルール

自転車は道路交通法上では、軽車両に分類されています。 ...

pwk0001679-1.jpg
自転車に空気が入らない!パンクかな?それとも他に原因が?

自転車に乗っていて、なんかいつもよりガタガタするなと思ったら...

pwk0001678-1.jpg
自転車のペダルを分解清掃してグリスアップしよう!

当たり前じゃないかと言われそうですが、自転車のパーツの中で足...

pwk0001677-1.jpg
自転車のチェーンのテンション調整の必要は?やり方と注意点

たまに自転車屋さんに行くと、「チェーンが伸びちゃってるね、引...

pwk0001676-1.jpg
自転車のシングルスピードは坂道に弱いという話は本当か?

皆さんは、シングルスピードという自転車を知っていますか? ...

pwk0001675-1.jpg
台風時の通勤にロードバイクを使う危険性を考えてみましょう

通勤にロードバイクなどの自転車を使っている人が増えています。...

pwk0001674-1.jpg
ママチャリをカスタマイズ!シートポスト交換からスタート

「軽さは正義」 ロードバイクにおいては、良く言われる言葉で...

pwk0001673-1.jpg
チネリネオモルフェにしたい!ハンドル交換のメリットとは?

イタリアの老舗自転車メーカーであるチネリのカーボンハンドルと...

pwk0001672-1.jpg
チネリのネオモルフェを取り付ける~シマノSTIに合うか?

イタリアのチネリという老舗自転車メーカーのカーボン製ハン...

pwk0001671-1.jpg
チネリのスーパーコルサはサイズが豊富過ぎる!身長に合う?

発売以来、40年以上変わらないフォルムで販売を継続してきたの...

スポンサーリンク


ピストバイクとは

ピストバイクとは、トラックレースに使われる専用の自転車のことを指しています。
ロードバイクと似ていますが、ピストバイクだけが持っている、3つの特徴が存在します。

1つ目は「単速ギア」です。
変速機が付いていない、シングルスピードと呼ばれる種類になります。

2つ目は「固定ギア」です。
ギアが空回りすることなく、ペダルを逆回転させればバックすることが出来ます。
ただし、坂道などではペダルを常に漕がなければ走れません。

3つ目は「ピストバイク特有の魅力」です。
ペダルを踏むとその力が直接車輪に伝わるため、力強い感触となります。
単純に移動手段として用いても良いですし、スピードを上げて疾走感を味わっても悪くありません。

ハンドル操作のコツを掴めば、トリッキーな動きも出来るようになるでしょう。

パーツの種類や色も多く、カスタマイズも簡単なので、フレームやホイールの組み方などに個性を出せます。
軽くて頑丈、メンテナンスも楽に行えてしまう、良いところに溢れた自転車なのです。

町中を走ることがほとんどで、短距離を移動することが多い人や、ファッションアイテムのひとつとして取り入れたい人などにおすすめします。

ピストバイクとロードバイクの違い

ピストバイクはロードバイクと似ていますが、ロードバイクには変速機が取り付けられています。

後輪のギアには10枚、クランクには2~3枚ほど付いています。
道が傾いていれば、それに合わせて調節を行い、スピードを出したければ強く踏み込むことで、一気に速度を上げることが出来ます。

ピストバイクは、単速ギアを使っているので、微調整ができません。

そのため、上り坂ではかなりの力を込めなければ上れません。
また、ギアが固定されているので、後輪が空回りしないため、足を止めることが出来ないのです。

このような仕組みになっているので、ペダルを逆に回すと、後輪も同じように逆回転を始めます。
しかし、走っている最中に逆回転させようとすると、やはりある程度の脚力がなければ動きません。

ですが、ピストバイクはホイールの組み方などを自分好みにカスタマイズしやすいという利点もありますし、種類や色のバリエーションが豊富なので、選ぶ楽しみもあります。

また、メンテナンスも簡単に済むため、手間も掛かりません。

スポーツタイプの自転車の購入を考えている人は、ぜひピストバイクも候補に入れておいて下さい。

ピストバイクとロードバイクの違いはギア以外にも

ピストバイクとロードバイクの一番の違いはギアですが、実はもうひとつ、決定的な違いがあるのです。

それは「ピストバイクにはブレーキが備わっていない」という点です。
ピストバイクのギアは固定されているため、ペダルの踏み込みを調節することでブレーキを掛けます。

しかし「ペダルを上手くコントロールすれば止まれるので、ブレーキがなくても大丈夫」という考えは間違っています。

基本的に、車両に分類される乗り物には、ブレーキが付いていなければなりません。
これは、道路交通法によって定められているので、例えピストバイクであっても例外ではないのです。

競輪選手も公道で練習するときは、ブレーキや反射板を取り付けています。

この決まりは購入時にきちんと説明されるので、恐らくピストバイクの使用者で、このことを知らない人はいないかと思われます。

ですが、悲しいことにあまり守られていることはなく、中には、ピストバイクは違法にならないと主張する人もいるようです。
そもそもピストバイクは、公道を走るものではないという結果が、昭和31年に裁判で出されています。

ピストバイクはホイールの組み方などが自由に行えますが、自由だからといって、何をしても良いわけではありません。

決められたルールを守ってこその自由です。
自転車ブームにより、ピストバイクも多くの人に知られるようになりましたが、これを機に法律について見直しましょう。

ピストバイクのホイールの組み方

ピストバイクのスポークホイールの組み方は、大きく分けると2つのやり方があります。

ひとつは「ラジアル組」と言い、スポークを交差させず、放射状に広がっている状態でリムへと繋げています。

スポークを限界まで短くすることが出来るので、そのぶんだけ車体が軽くなります。
トルク伝達があるリアよりも、フロントで主に用いられています。

もうひとつは「タンジェント組」です。

スポークを交差させており、ハブからリムへのトルク伝達が適しているので、揺れなどを抑え込む力が強くなっています。

また、交差についても微妙に違いがあります。
フランジから伸びるスポークを、どれくらいの間隔を空けて交差させるかによって、呼び名と対応するスポークの本数が変わります。

例えば、4つの間隔が空いているのなら「4本組」となりますが、他のスポークと必ず2箇所が交わっているところから「2クロス」とも言われています。

ほとんどの自転車では、タンジェント組が使われていることが多いようです。

色々なパターンのホイールの組み方

ピストバイクのホイールの組み方には、スポークがフランジの外側と内側のどちらから伸びているかによって変わってきます。

左右に2種類ずつ、合計4種類の組み合わせがあり、一般的には内側から外側へ向かっているスポークの方が耐久性はあると言われています。

ですが、用途にもよるので、正しいやり方で組み上げましょう。

・イタリア組

左右どちらも、外側のスポークを使ってトルクを伝えます。
ロードバイクなど、スピードを上げることを目的としている自転車に使われます。
これなら、スムーズに前へ進むことが出来ます。

・反イタリア組

イタリア組とは反対に、どちらも内側から伸びています。
ディスクブレーキが組み込まれた、前側のホイールに使用されます。

・JIS組

コグ付きの方を外側、付いていない方を内側でトルクを伝えます。
ピストバイクのリアなどに使われており、バックをしようとすると、色が付いていないスポークに負荷が掛かる仕組みです。

スポークのパターンが変わることもありません。

・反JIS組

JIS組とは反対に、コグ付きを内側にしています。
この組み方は、滅多に使われることがないです。

上級者向け!ホイールのスポークの組み方

ピストバイクに慣れてきたら、少し難易度の高いホイールの組み方にチャレンジしてみましょう。

その方法を3つほどお伝えしたいと思います。

・タンジェント組+ラジアル組

リアのホイールのうち、コグが付いている方をタンジェント組で組み上げ、反対側をラジアル組で組み上げます。

これなら、ラジアル組のメリットをリアでも受けられるので、双方の良いところを得ることが出来ます。

・モランボン

タンジェント組のスポークを交差させる際、そのままではなく、軽く捻ります。
どの位置のスポークをどれくらい捻るのかは、用途に合わせて変更します。

そうすることで、剛性が大幅に上昇します。

・ダブルクロス

2~4箇所ほどスポークが交差している状態です。
普通、どのように組み上げても、スポークとスポークが押し合っているのは、1本に対して1箇所だけとなっています。
ですが、この組み方は、1本に対して2箇所以上が交わっています。

剛性を上げることが出来ますが、スポークが歪むくらいの負荷が掛かるため、一般的には8本を組み合わせる「4クロス」を使います。

初心者はまず組み替えずに乗ってみよう

スポークの組み方はさまざまで、組み方によって見た目だけでなく強度にも変化があります。

かっこいい組み方に変えたい気持ちはわかりますが、それで強度が下がって自転車の故障に繋がると大変です。

初心者の方は改造や組み立てをするよりまず買った状態のスポークのまま乗ってみることをおすすめします。

 - ホイール スポーク, 自転車 その他