豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

自転車のクランクボルトの外し方を知りたい!必要な工具は?

2017.12.15

自転車のクランクを外そうとして、やり方が分からずに断念した、なんて経験はありませんか?

何げなくボルト1本で固定してあるように見えますが、実は単純ではないんです。
規格が統一されていないので、クランクの種類によって外し方も違うのです。

そこで今回は、自転車のクランクの外し方についてお話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

自転車のクランクとは

まず、自転車のクランクはどの部分を指すのかといいますと、先にペダルが付いている偏平の棒のことです。

進行方向に向かって右側のクランクには、ペダルと反対側に「チェーンリング」というギアの歯車が付いており、これが付いた状態で「クランクセット」と呼ばれます。

なお、ペダルはクランクセットには含まれていません。

ママチャリなどでは当たり前のように付属しているので、クランクの一部だと思っている方も少なくないでしょう。

しかし、スポーツ自転車では、最初から付属してくるほうが少ないくらいです。

初めてスポーツ自転車を購入するときに、店員さんに「ペダルを選んでください」と言われて、初めて別売りなことに気付くんですね。

クランクは、自転車によって種類があります。

また、クランクは自転車本体であるフレームに、直接突き刺しているわけではありません。
BB(ボトムブラケット)というパーツで繋がれています。

このBBの規格や形状によって、取り付けられるクランクが決まってくるので、セットで話をしなければなりません。

クランクは統一された規格がないので、例えば、外すときでもボルトを緩める方向が、右側のクランクと左側のクランクで反対だったりします。

とにかくややこしいので、今回はクランクの種類を整理しながら、外し方やメンテナンス方法をご紹介していきましょう。

ママチャリのクランク固定ボルトは正ネジ

まず、ママチャリなど一般的な自転車に採用されているクランクは、回転する軸がBBの方に付いています。

その軸の先に、クランクを取り付ける形になります。

ママチャリは基本的に、フロントの変速は固定されているので(シングル)、チェーンリングは1枚しか付いていません。

それを踏まえて、クランクを取り外して、メンテナンスをしていきます。

クランクを固定しているボルトは、専用の工具がないと脱着できません。

【シマノ:コッタレスクランク専用工具 【TL-FC10】 BB取り外し Y13009010】
参考価格:¥1,600

この専用工具は、片側が14mmのソケットレンチになっており、クランクのボルトに対応しています。
もう片側が、BBの軸に固着しているクランクを押し出して、外す機能になっています。

専用工具(コッタレス抜き)を使ってクランクを外しますが、まずソケットレンチ側をボルトにはめて、モンキースパナなどで回します。

私がママチャリのクランクを外したときは、右側も左側も「正ネジ」でした。
いわゆる、反時計まわりに回すと外れます。

(次項に続く)

自転車のクランクとBBの関係

クランクを固定しているボルトが外れたら、次はコッタレス抜きの反対側を使って、クランクを軸から押し出します。

コッタレス抜きを止まるまで、時計回りに手で押し込んでいきます。

止まったら、モンキースパナで締めこんでいくと、コッタレス抜きのネジに押し込まれることで、軸からクランクが抜けます。

左右のクランク共に、時計回りに締めこんでください。
これで、クランクが外れるはずです。

クランクを外すとBBがお目見えしますが、ここも規格が統一されていません。

ママチャリなどの一般的な自転車は「カップ&コーン」BBか、「カートリッジ式」BBのどちらかと考えて良いと思います。

簡単な見分け方ですが、クランクがはめ込まれていた穴の奥に小さなボールがいくつか見えたら「カップ&コーン」、見えなければ「カードリッジ式」です。

今は、カードリッジ式の方が主流になっていて、カードリッジ式であれば、BBは基本的にノーメンテナンスです。

ただし、「ベアリング」と呼ばれる軸受けがカードリッジに内蔵されているので、不具合がある場合は、交換するしかありません。

カップ&コーンの場合は、部品を洗浄して、ベアリングをグリスアップすることで、機能を甦らせることも可能です。

シマノ製クランクボルトの外し方

続いては、スポーツ自転車に多く採用されているクランクの外し方です。

スポーツ自転車は、クランクの方に回転軸が付属している「2ピース」クランクが主流です。

右側のクランクから生えている軸をBBに通して、左側のクランクで支持する形になります。

嵌合(かんごう)部分が少ないので変形しずらく、ぐらついたりしないのがメリットです。

しかし、スポーツ自転車のクランクというより、BBはママチャリとは比べものにならないほど、規格が乱立しています。

そこで今回は、多くの完成車に付属している「シマノ」製のクランクと、それ以外という分け方で話を進めさせていただきます。

まずは、シマノ製のクランクの外し方ですが、左側から外していきます。

クランク上部に付いているボルトを、5mmの六角レンチで緩めて外します。

その後、固定ボルトを外しますが、シマノ製のボルトを外すには、専用工具が必要になります。

【シマノ:クランク取付工具 TL-FC16 Y13009220】
参考価格:¥300

専用工具をボルトにセットして、手で回せば外れます。
後は脱着防止の爪を、マイナスドライバーなどで上にスライドさせれば、クランクが外れます。

左クランクが右クランクを支持していますので、この状態で右クランクも引き抜けます。

FSAのクランクは外すときにボルトを抜いてはダメ

シマノ製に匹敵するとまでは言えませんが、完成車に付属していることが多いのが、FSA製のクランクです。

比較的低コストのクランク作りを得意としているメーカーなので、初心者向けのスポーツ自転車によく採用されています。

クランクの取り外し方ですが、至って単純です。

クランクのセンターにあるボルトを、10mmの六角レンチで反時計まわりに回せば外れます。

しかし、FSAのクランクを外すときに、多くの人が戸惑ってしまうことがあります。

それは、センターボルトの周りを覆うようにしている、リング状のボルトがあるためです。

このリングを先に抜いてしまうと、センターボルトは固定されたままで一生抜けませんが、なぜかこのリングを先に外してしまうのです。

とにかく、このリングはノータッチで、センターボルトを緩めるだけと覚えておいてください。

自転車の整備には六角レンチ

クランクも含めて、自転車に使用されているボルトは、六角レンチ(アーレンキー)対応のものが多いです。

ボルトの大きさがマチマチなので、セットで揃えておくと良いと思います。

自転車の整備によく使うのは、4・5・6mmですので、これらが含まれていれば問題ないです。

また、レンチを斜めから入れて使いたい箇所もありますので、柄の先がボール状になっているものが、おすすめです。

【KTC(ケーティーシー):ボールポイント L型 ロング六角棒レンチ セット HL259SP】
参考価格:¥3,500

日本の工具メーカーの中でも、トップクラスのシェアを持つ、KTC(京都機械工具)の製品です。

1.5mm~10mmまでの9本セットなので、六角レンチで対応できる箇所には、ほぼ全て適合するはずです。

バラバラにならないようにホルダーが付いていますので、携帯にも便利ですから、ツーリングバックに1セット入れておくのにも良いですね。

クランクを外すのはそんなに難しくない

今回は、自転車のクランクの外し方を説明しました。

規格が統一されていないだけに、専用工具なども必要で、厄介な印象を受けるかもしれません。

しかし、仕組みさえ理解してしまえば、あとは工具を揃えるだけで、作業自体はさほど難しくありません。

お店にお願いすれば、それなりに工賃が掛かりますので、やれるところまでは自力でやってみましょう。

 - 自転車 パーツ交換