豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

クロスバイクのパンク修理のお値段は?

      2016/11/25

クロスバイクのパンク修理のお値段は?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
「クロスバイクのパンクってお店で直してもらうと値段っていくらくらいなの?」そんな自転車屋さんに電話して聞いた方が早そうな質問をもらいました。
さくっと言えば2000円くらいという形なんですが。クロスバイクのタイヤ周りのランニングコストについて書いてみます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001160-1.jpg
giantの自転車で福岡を走ろう!!おすすめコース

giantの自転車は、台湾を拠点としている世界最大の自転車メ...

pwk0001159-1.jpg
自転車をペンキで全塗装してみよう!!やり方とコツ

ヴィンテージバイクに乗る方はいますが、ほとんどの場合、使い古...

pwk0001158-1.jpg
あなたの自転車、防犯登録してありますか?~神奈川編~

あなたの自転車は、きちんと防犯登録をしてありますか? 防犯...

pwk0001157-1.jpg
自転車に乗る女性の悩み!お尻や股が痛い原因と対処法

自転車やクロスバイク、マウンテンバイクに乗っていると、お尻や...

pwk0001156-1.jpg
自転車のホイールリム調整について

自転車のリムの状態をいつも確認している人は少ないかもしれませ...

pwk0001155-1.jpg
自転車のベアリングをグリスでメンテナンスしよう!

グリス切れ直前がハブにしても、ベアリングにしても一番よく回転...

pwk0001154-1.jpg
自転車のビンディングペダルを調整しよう!

スポーツ自転車をはじめて暫くすると、ビンディングペダルを装着...

pwk0001153-1.jpg
自転車のフレーム、クロモリやカーボンの特徴とは

自転車の中でも、特にロードバイクを購入する際は、フレームの素...

pwk0001152-1.jpg
自転車で行うlsdトレーニングの効果とは!?

そもそもlsdとはどういったことなのでしょうか? これ...

pwk0001151-1.jpg
ロードバイクのペダルをアルテグラに換えると何が変わるのか

かつてのロードバイクは、レースに出る人がパーツ交換をして、そ...

pwk0001150-1.jpg
ロードバイクの狙い目!ジャイアントの型落ちを購入しよう!

ロードバイクは、気軽に買うことが難しい価格のため、なかなか購...

pwk0001149-1.jpg
輪行しよ!ロードバイクのネット購入の注意や輪行袋の使い方

最近運動不足だったり、趣味を探していたり・・・そんな人は、ロ...

pwk0001148-1.jpg
アルテグラのホイールをチューブレスにすると走りは変わる?

自転車に興味を持っている人なら、ほとんど知っているであろうシ...

pwk0001147-1.jpg
feltロードバイクの2017年モデルの紹介!

ロードバイクメーカーのfeltは、日本ではそこまで知名度が高...

pwk0001146-1.jpg
ロードバイクの軽量ホイール・究極ホイールたちを比較しよう

ホイールといえば、走りの質を上げるのにもっとも効果的なカスタ...

pwk0001145-1.jpg
自転車のペダルの交換方法やオススメのペダルをご紹介

皆様は、自転車を利用していますか? そして、その自転車のペ...

pwk0001144-1.jpg
自転車の鍵を紛失しちゃった!どうすればいい?

自転車の鍵を紛失してしまった経験はありますか? 自転車...

pwk0001143-1.jpg
自転車のホイールハブをメンテナンスしよう!!

今回は、自転車のハブの玉押し調整とグリスアップをご紹介します...

pwk0001142-1.jpg
水泳の練習メニューの組み方って?大学選手の場合は?

ここでは、プールでの水泳練習というシチュエーションに限定して...

pwk0001141-1.jpg
水泳のカロリー消費量は、ランニングしたときよりも多い?

ダイエット目的で、トライアスロンを始めるという方は、いらっし...

スポンサーリンク


クロスバイク、ママチャリのパンク修理

クロスバイクのパンク修理は、基本的に中のチューブの交換で修理します。
ですから、お店ですると中のチューブが1000円弱と工賃が1000円程度で合計2000円ほどになります。
「えー?普通のママチャリと同じやり方で1000円で修理出来ないの?」
そういう疑問を持つ人もいるでしょう。ママチャリと同じ方法というと、水にチューブをつけてブクブクと穴を探して、そこにシールのようにパッチをペタッと貼り付けてあげるわけです。
実は、クロスバイクの場合、タイヤが太いのでパッチの修理も可能です。
ロードバイクはチューブが細いので難しいですが、頑張れば可能です。

でも、基本的に頑張りたくないんです。
スポーツ車の場合、空気を高圧で入れるので、パッチだと空気が漏れて来ることがあるんですね。

そういうわけで、自転車屋さんはスポーツ車のパッチ修理は断られることもあります。

クロスバイク、ママチャリの修理の値段

長いことスポーツ車に乗っていると、「ママチャリって結構ランニングコストかかるなぁ」と感じることがあります。
ママチャリのパンク、特にタイヤ、チューブがダメで交換という場合は、3000~5000円くらいかかる場合が多いです。ママチャリのホイールを外すのは結構手間ですので、工賃が高くなってしまうんですね。
さらに、ママチャリのタイヤはさほど高価な値段のものは使わないですので、スポーツ車に比べるとパンクのリスクはいくらかあります。
ただし、スポーツ車用のタイヤでも安いものもありますし、ママチャリ用でも高くて性能のいいものもあります。また、ロードバイクの競技用のタイヤの場合、軽量化のため耐パンク性を下げているものもあります。

ただ、やはりママチャリの修理工賃、パンクの頻度を考えるとスポーツ車の方がランニングコストは安いように感じることもあります。

どの程度まで走りを追求するか、頻繁にメンテナンスするかなどでランニングコストは変わりますが。
スポーツバイクは修理を前提に考えてあって、ママチャリ、特に近年流通している安いものは修理するより、2年ほど乗ったら修理せずに買い換える方がコストパフォーマンスが良いような作り方をしているものも多いです。
特に1万円のママチャリについては、タイヤ交換を前後するより新品を買ってしまう方が全て新しいパーツになることを考えると安上がりです。

自分でパンク修理出来ればお値段0円

クロスバイクの場合、パンク修理はさほど難しくありません。ですので、自分で修理してしまえば工賃は0円で済みます。(チューブ代は掛かりますが)
クロスバイクにせよ、ロードバイクにせよ、しっかりした専門店で購入すれば、「パンク修理の仕方教えて下さい」と頼めば教えてくれる場合が多いです。なぜか無料で教えてくれる場所が多いです。いくら講習料でも取れば良いのにと思うのですが、アフターサービスの一貫として無料で教えてくれる場合が多いですね。
また、YouTubeなどでも細かいHow Toパンク修理みたいな動画がありますね。
パンク修理は意外と奥が深いですので、出来れば直接詳しい人に教えてもらう方が良いです。しかし、購入した自転車屋さんで教えてもらえなかったり、自転車に詳しい知り合いがいない場合はインターネットで調べたり、一冊、簡単なメンテナンスガイドブックのようなのを購入するのも良いかもしれません。

パンク修理に必要な道具のお値段①

さて、修理のお値段0円は嬉しいですが、必要なものもあります。
まず、空気入れですね。空気入れは二種類あります。
まず、家で空気を入れる用の普通の床置き式の空気入れ、フロアポンプですね。フロアポンプはクロスバイクと一緒に購入したという人もいるでしょう。
次に外でパンク修理するときに使う緊急用の携帯ポンプですね。携帯ポンプは小さいですので、空気を入れるのがとても大変ですが、外でのパンク修理の場合は仕方ないです。

外でのパンク修理は諦めるという人はフロアポンプだけでも良いかもしれません。外でパンクしたら誰かに車で迎えに来てもらうか、タクシーで帰るという人もいるでしょう。そういう人はフロアポンプだけでも大丈夫です。
フロアポンプもピンキリでありますが、4000円くらい出しといた方が、後々壊れにくく、長く使える場合が多いです。また、空気圧計の付いているものを買いましょう。恐らく、ほとんどのポンプに空気圧は付いていると思いますが。

パンク修理に必要な道具のお値段②

さらに外でもパンク修理したい人(恐らくほとんどの人がそうでしょう)は携帯ポンプが必要です。
携帯ポンプもピンキリでありますが、やはり4000円くらいが値段の目安でしょうか。
サイズが大きい方が空気を入れるのは楽ですが、普段の持ち運びで邪魔です。小さいものはその逆ですね。
リュックサックなんかを持って走るという人は大きいものをオススメします。楽です。
リュックなどは一切持たないとう人は、フレームに取付可能な小さいものを選ぶと良いと思います。

また、最近はCO2カートリッジの空気入れもありますね。安いものだと2000円ちょっとです。とても小さく、圧縮二酸化炭素で空気を充填するので楽です。ただ、カートリッジ、CO2のボンベですね、あれが一個約400円程度するのですが一回ぽっきりの使い捨てです。一回の空気入れで400円は安いとは言い難いですよね。
でも、すごく楽です。

パンク修理に必要な道具のお値段③

それからタイヤレバーが必要です。タイヤを外すときにテコの原理で外すためのレバーです。
これは500円もせずに手に入ります。

そして、替えのチューブ。1000円弱程度でしょう。サイズとバルブ形状に気を付けましょう。ほとんどのクロスバイクのチューブが700×28cか700×32cのフレンチバルブ(仏式)ですが、時々違うものもあります。わからない時は自転車屋さんに直接自転車を見てもらうと良いでしょう。

ポンプ、チューブ、タイヤレバー。
この3つがパンク修理三種の神器ですね。
この三種の神器を収納するためにあるのがサドルバッグ、サドルの下に取り付けるバッグですね。安いものであれば2000円程度から売っていると思います。カギや携帯電話なんかを入れる人もいるようですね。
プラスで予備のチューブもパンクしてしまった時ように簡易パッチも持っていると間違いないです。パッチ修理は滅多にしませんが、予備のチューブもなくなってしまった時は仕方ないのでパッチ修理するしかありません。

全て揃えると一万円ほどしますが、逆を言えばこれだけあればどこまででも行けちゃうわけです。

せっかくお値段するクロスバイクだから

あれやこれや買って行くと意外とお値段しますが。
自分で出来るようにしといた方が、長い目で見ると値段的にも安いですし。どこでパンクしても困らないというのはありがたいです。

パンク修理のみでなく、メンテナンスの用品も揃えといた方が嬉しいところです。
絶対に必要なのはチェーンオイル。チェーンオイルは絶対に必要です。オイルをささないと、チェーンはすぐに錆びてしまいます。錆びたチェーンについてはどうにもなりません。どんなに無精な人でも月に一回は必ず注油して下さい。毎日乗る人は週に一回以上注油しても良いくらいですが、まずは月に一回からで良いので始めてみてください。
自転車用のチェーンオイルを使うことをオススメします。モリブデングリスなどを配合して自分で作るという人もいますが、汚れやすかったり、潤滑性能が低かったり、あまり効率が良いとは言えません。自転車屋さんに行けば1000円程度で売っています。
個人的オススメはワコーズです。ケミカルはワコーズ使っておけば全て問題ないと言っても過言じゃないでしょう。もちろん、フィニッシュラインなどでも構いません。

出来ればパーツクリーナーも用意出来ると良いです。チェーンに注油する前にゴミを落としておきたいところです。中にはクリーナーは使わないという人もいますが、ゴミの上から油を塗ってコーティングしてしまうというのはあまりよろしくないですね。

あとはフレームにワックスを塗るなどすれば完璧でしょう。

まとめ「長い目で見ればお値段的にも」

あれこれ揃えないといけなくてお金が掛かるイメージもありますが、自分である程度メンテナンスが出来れば、長い目で見ればクロスバイクってお財布にも優しいと思います。
パンク修理は最初はちょっと勇気がいるかもしれませんが、ぜひとも習得したいですね!!

 - パンク タイヤ, 自転車 修理, 自転車全般