豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

シフトワイヤーの交換!お店でやると工賃はおいくら?

      2017/01/23

シフトワイヤーの交換!お店でやると工賃はおいくら?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
ロードバイクやクロスバイクに乗っていると、いろんなものが消耗してきますよね。
ブレーキシューやタイヤの摩耗は、目に見て分かりますが、ワイヤー類も徐々に伸びてくるものです。
(本当はママチャリも時々はワイヤー交換してあげないといけないんですけどね)

今回は、シフトワイヤーの交換と、お店でやると工賃はいくらくらい掛かるかっていうお話です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001386-1.jpg
低身長でも悩まない!小さい人向けロードバイク

ロードバイクに乗っている人と言えば、比較的長身細身のイメージ...

pwk0001385-1.jpg
身長160cm以下の方におすすめのロードバイク

身長が160cm以下、特に150cm前後の女性ですと、「自分...

pwk0001384-1.jpg
自転車で思い切り走る!スピード向上のコツは?

あなたは自分の自転車の走行スピードに満足していますか? 「...

pwk0001383-1.jpg
日本一周向け自転車をご紹介!クロスバイクやランドナーなど

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありませ...

pwk0001382-1.jpg
体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうに...

pwk0001381-1.jpg
仏式バルブって何?英式から仏式に交換すべき?

自転車のバルブには、英式バルブや仏式バルブなど、いくつかの種...

pwk0001380-1.jpg
メリダってどんなメーカー?リアクトの2017年版ってどう?

皆さんは、メリダという自転車メーカーをご存知ですか? 「台...

pwk0001379-1.jpg
ブリヂストンのオルディナってどんな自転車?評判は?

ブリヂストンと聞くと、車のタイヤや電動アシスト自転車を思い浮...

pwk0001378-1.jpg
アメリカ製のロードバイクをご紹介!走行時にはヘルメットを

現在、ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあります。 もち...

pwk0001377-1.jpg
自転車を送りたい!宅配料金や梱包について

引っ越し先に自転車を持っていく場合、あなたならどうしますか?...

pwk0001376-1.jpg
女性におすすめのロードバイクや選び方について

ロードバイクは男性の乗り物というイメージが強いかもしれません...

pwk0001375-1.jpg
秋冬の自転車旅行、おすすめスポットや最適な服装は?

秋冬は寒く、外に出るのも億劫になってしまいがちです。 しか...

pwk0001374-1.jpg
中学生におすすめの通学自転車をご紹介します!

春から中学生になるお子さんを持つご両親は、お子さんの通学自転...

pwk0001373-1.jpg
英国発祥のレイノルズ!そのホイール・アサルトの魅力に迫る

自転車のホイールを取り扱うメーカーは、世界中に数多く存在しま...

pwk0001372-1.jpg
身長が小さいことで悩む人や女性向けのロードバイク

ロードバイクに乗りたいけれど、自分に合うサイズがあるか心配と...

pwk0001371-1.jpg
自転車で日帰り旅行に出発しよう!必要な持ち物は?

皆さんが日帰り旅行をするとしたら、移動手段は何ですか? 車...

pwk0001370-1.jpg
自転車で日本一周しよう!必需品や注意点はある?

自転車で日本一周したい・・・そう考えたこと、ありますか? ...

pwk0001369-1.jpg
マビック アクシウムを装着してレースに出よう!

皆さんは、どのようなホイールを装着していますか? ホイール...

pwk0001368-1.jpg
クロモリとカーボンの特徴や、おすすめのロードバイクとは

ロードバイクのフレームには、様々な素材が使われています。 ...

pwk0001367-1.jpg
カンパニョーロのユーラスって?価格は?性能は?

カンパニョーロというメーカーを知っていますか? ご自分で自...

スポンサーリンク


シフトワイヤーだって伸びて行くんです

消耗品と聞いて、すぐにイメージしやすいのはブレーキシュー・タイヤですね。
どちらも段々と削れて行くので目に見えて消耗が分かります

ワイヤーというのは、削れるわけじゃないので、目に見えて消耗しているというのは少々分かりにくいところです。
しかし、ワイヤーは放置していると切れてしまいます。
切れると非常に厄介です。

ブレーキワイヤーが走行中に切れると、命に関わる事故につながる可能性もあります。
シフトワイヤーは、シフトレバー内部で切れると取り出すことが出来なくなり、シフトレバーごと買い替えになることもあります。

特に、ロードバイクのシフトレバー、STIは、結構良いお値段します。
交換工賃・取り寄せなど、もろもろ厄介です。

ワイヤー類は目に見えにくいですが、半年~2年に一度は交換してあげた方が良いです。
特にロードバイクのシフトワイヤーは、意外と簡単に切れます

なかでも、変速動作が多い人ですね。
STI内部の取り回しというのが、昔のものより現在の方が複雑になっているので、ワイヤーの消耗は早くなっていますね。

シフトワイヤーの交換って自分で出来る?工賃は?

「シフトワイヤーの交換って自分で出来ますか?」
と聞かれることがあります。

もちろん、誰でも正しい工具と知識を持っていれば出来ますが、「別に自分でやる必要もないんじゃないかな」というのが個人的な意見です。
自分で出来るか不安な人は、お店に頼んだ方が間違いないですね。

工賃は、店によって違いますが、1本1,000円程度でしょう。
ワイヤー交換のためには、ワイヤーカッターなどの工具も必要です。

ワイヤーカッターも意外と安くないですし、切れ味が落ちて来たら交換しないといけないですし、年に一度のワイヤー交換のために、わざわざ用意するのも微妙な気がします。

もちろん、複数台自転車を持っていて、ワイヤー交換をまめにしたいっていう人なら、自分でワイヤー交換するのも良いでしょうけど。

それにワイヤーを交換すると古いワイヤーのゴミも出ますよね。
これが、結構処分が面倒臭いんですよね。

その他、家の中で作業すると、ワイヤーの切れ端が部屋の中に飛ぶので安全じゃないですし。
アメリカみたいなガレージのある家で、DIYとピザとハンバーガーをこよなく愛しているという人は良いでしょう。

1,000円ほど払って自転車を少し預ければ、ゴミも全部処分してくれて、正しい整備で安心して乗れる状態で、ワイヤーが新しくなってくれるなら安い気がします。
でも、自分でいじれると楽しいっていうのも事実ですよね。

シフトワイヤーの交換はちょっぴり難しい?工賃は?

シフトワイヤーの交換は、ちょっぴり難しいです。
というのも、変速機のワイヤー張り量の調整が出来ないと、シフトワイヤーは交換出来ません。

特に、最近のフロントディレイラーのワイヤーを張るのは少々難しいです。
変速機・ディレイラー周りの設定が自分で出来ないと、シフトワイヤー交換は出来ません。

そう、ちょっと変テコな話なんですが。
だいたい、どこの自転車屋さんでも、ディレイラーの調整の工賃っていうのは、1,000円くらいなんです。
でも、シフトワイヤー交換の工賃も同じ1,000円くらいです。

当然ですが、ワイヤー交換をすれば、きちんと変速が動かないと困りますから、変速機の最低限の調整という作業も含まれています。
工賃的にオトクという意味では、ディレイラーの調整だけでなく、シフトワイヤーの交換でお願いした方が、実はオトクなんです。

変速機・ディレイラーの調整というのは、少々厄介なものです。
意味さえ理解してしまえば、別に難しいこともないのですが、ネジもあれこれ付いていますし、どれをどうイジれば良いのかパッと見て分からないです。
適当にイジって、ホイールに変速機が巻き込まれて、壊れてしまうこともあります。

そうは言っても、昨今ではYoutubeなどのメカニック解説動画もありますから、調べるとすぐ分かる時代なんですけどね。
動画だけでは細かいコツなどは分からないのが、難しいポイントですが。
何にせよ、イジるときには、きちんと勉強してからイジるっていうのが鉄則ですね。

ブレーキワイヤー交換の方がちょっぴり楽?工賃は?

ブレーキワイヤーの交換の方が、ちょっとだけ楽ですね。
というのも、ディレイラーの調整がないです。

ブレーキのワイヤー引き量の調整は、目に見えて分かりやすいので、ディレイラーの調整よりは少々楽かもしれません。
不安な人は、まずは、ブレーキワイヤーの交換からやってみても良いかもしれません。
お店に頼むと、工賃は、どこも同じで1,000円程度です。

仮に、ワイヤー交換をしてみたいという人は順番があります。
最初からワイヤー交換するのではなく、ワイヤー交換せずに調整をするというところから始めます。

1,ブレーキの引き量、ワイヤー張り量の調整を覚えます。
 ケーブルアジャストボルトの使い方を覚えましょう。
 どっちに回すとワイヤーが張るのか、ワイヤーが張ると、ブレーキの引き量はどうなるかですね。

2,リアディレイラーのワイヤー張り量の調整を覚えましょう。
 これは覚えておくと何かと楽です。
 ブレーキと同様にケーブルアジャスターを使って調整できます。

3,フロントディレイラーのワイヤー張り量を覚えましょう。
 ちょっぴり難しいかもしれません。

4,アジャストボルトじゃなく、ケーブルをリリースして張り直すやり方を覚えます。

5,写真で元のワイヤーの余りの長さなどを記録しておいて、それを真似してワイヤーを交換します。

ディレイラーやブレーキの交換となると、新品の部品を正しく設定する方法まで分からないといけませんので、キャパシティ調整ボルトなどの意味も正確に覚えていないといけません。

きちんと順番通り誰かに教えてもらえば、大して難しいこともないんですが。
なかなか正しいやり方を教えてくれる人はいない(自転車屋さんも商売ですからね、誰にでもタダで教えてはくれないでしょう)ので、そこが難しいポイントですね。

工賃ってどういう風に決まっているの?

さて、工賃の話も少しして来ましたが、ディレイラー調整の値段と、ディレイラー調整を含むシフトワイヤー交換の工賃がほとんど同じだったりしました。
自転車屋さんの工賃というのは、謎に満ちたものがいくつかあります。

「ワイヤー交換がこの値段で、ホイールの全バラ、組み直しがその値段?」

と、ビックリすることも少なくありません。
さらに言えば、調整などは上手い下手もあるんですが、誰がどうやっているかも分からないまま、同じ料金というのも不思議なポイントです。

それでも、工賃というのは、だいたいですが「周りのお店と同じ程度の金額でやろう」という自転車屋さんが多いようです。
あまりに安過ぎても、高過ぎても、何かとまずいんでしょうね。

お店のホームページなどに工賃が載っていれば、それを確認しても良いでしょう。
ただ、お店によっては載っていないところもありますし、「実際に現物を見てみないと何とも言えません」というのが実際のところです。

そういうときは、イオンバイク、サイクルベースあさひ辺りの大手の自転車屋さんの作業工賃を見て、参考にするのも良いかもしれません。
イオンバイクもサイクルベースあさひも大手なので、工賃は比較的安めです。

個人店にお願いするときには、百円の桁は切り上げくらいの気持ちで考えておくと良いでしょう。

技術に関する上手い下手については、ひと口には語れません。
あくまで個人的な意見ですが、僕はプライベートのカーボンのロードバイクは、知らないお店にはあまり頼みたくないです。

特にアルバイトさんが多いお店には、値段の高い自転車の作業を頼むのは怖いです。
やっぱり信頼できるお店でお願いしたいです。

もちろん、サイクルベースあさひさん、イオンバイクさんにも腕の良いメカニックがいるのは事実ですが、アルバイトさんも多いのも事実でしょう。
やっぱり「アルバイトを信頼して下さい」と言われても、ちょっと難しいですし、「アルバイトはメカニックはしません」と言われても、なかなか信じがたいところもあります。

かといって、プロショップの看板が出ているからといって、良いメカニックがいるとは限りません。
そもそも、良いメカニックとは何かというのも曖昧な話なんですが。

行きつけの自転車屋さんを持っておくというのが大事というのは、そういう辺りですね。
自分の愛車を安心して預けられるお店というのは、良い自転車屋さんです。

まとめ「定期的なシフトワイヤー交換を」

工賃の話と一緒にシフトワイヤー交換のおはなしをしてきました。
お店でしてもらうにせよ、自分で勉強してやるにせよ。
一番大事なのは、定期的にシフトワイヤー・ブレーキワイヤーは、交換しないといけないということですね。

自転車には、自動車のように車検はないですので、ついつい、みんなそういう消耗品の交換やチェックはおろそかになりがちです。

良い自転車屋さんかどうかの基準の一つに、そういう消耗品のチェックをしてくれるかどうかがありますね。
「当店で購入いただいた自転車は安全点検無料です」というタイプのお店ですね。

そういうお店は、良心的で真面目だと思います。
特にロードバイクの場合、速度が出る乗り物ですから、半年に一度は点検出来ると安心です。

 - ハンドル ステム, ロードバイク, 費用 価格