豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車を購入するまでの流れ。時間は余裕をもってみよう!!

      2016/11/30

自転車を購入するまでの流れ。時間は余裕をもってみよう!!

自転車を購入するときってどのくらいの時間がかかりどんな流れで納車に至るのか気になりますよね。
自転車選びはとても時間がかかります。いろいろなサイズからメーカーからブランドに至るまでたくさんあるのでひとつに絞ることはとても難しいのです。
今回は自転車を購入するまでの流れや購入するときの注意点をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


自転車購入までの時間と流れ①

来店されるまでに、自転車を購入した後の自転車と過ごす楽しい時間を想像してください。
どのように、どこで、どこまで行くのかのなどを想像してみましょう。
そして、そのイメージや気になる自転車を相談して、自分に合った自転車を見つけてくださいね。

例えば、週に3日くらい自転車通勤したい場合は、距離は15kmくらいで、少し市街地を走るけど、それ以外は走りやすい道で、自転車通勤は続かなかったとしても月2日くらいは健康のために遠乗りしたい、というような感じです。

自分が気に入る自転車を見つけるためには、何度かお店にご来店してください。
高い自転車を買うのなら、カタログ、実車を見て、試乗もしてどれにするか決めるのをおすすめします。
自転車を選ぶのは、楽しい一時でもあります。

お話を聴かせてもらって、クロスバイクかロードバイクか、またどのモデルがイメージに合っているのか決めていきましょう。
自転車ライフをすでに楽しまれている他のお客様の体験談や今までの知識や経験をもとにしたお店に相談して、自転車を選んでいってくださいね。

自転車購入までの時間と流れ②

フレームサイズ選びとフィッティングはとても大切です。
オーダースーツ、ゴルフシューズなどは、試着をして自分に合ったサイズを選ぶように、スポーツ自転車も、乗りやすい自転車を購入するために、これらの行程が重要になります。
この行程には、サイズ選びの基準やフィッティングの理論など、専門的な知識や経験がいります。
そして、乗りやすいサイズとポジションを決めていくのです。

自転車が決まったら、用品類を見ていってください。
初めて見るアイテムがたくさんあるでしょう。
ヘルメット、グローブ、パンク修理キット、携帯工具、ポンプ、カギ、ライト、ボトル、ボトルケージ、サイクルコンピューター、サドルバッグ、ビンディングペダル、ビンディングシューズ、自転車用オイル、クリーナーなどとたくさんです。
これらの用品を見る時間も、楽しいものです。

サイクリング時のトラブル用の道具、自分の身を守るヘルメット、水分補給のボトルなどは、カギやライトと一緒に最初に揃えましょう。
自転車に取り付けるものは、ライトやサイクルコンピューター、サドルバッグなどなので、取り付けしてくださいね。

いざ納車!その後の時間と流れとは??

納車は、レジを通して終わりでなく、納車当日は説明することがたくさんあります。
時間を多めにみてご来店くださいね。

納車日は、ホイールの外し方、空気の入れ方、変速レバーの使い方、ブレーキの使い方、取り付けたサイクルコンピューターやライトなどの使い方の説明があります。
自転車が店頭にあれば当日納車なのですが、車体のチェックと取り付けるグッズの量や作業の混雑具合でさらに時間がかかることもあります。
取り寄せなら、入荷、組立作業、ライトなどの取付、納車前点検などが終わって連絡があることがほとんどです。

納車後に、わからないことなどがよく出てきます。
そのときは購入店に連絡すると対応してくれることがあります。
自転車は、使っていても放置していても、少しずつ調子が悪くなっていきます。
特に新車は、馴染みという状態が起こりやすいです。

購入して1ヶ月後や、200km程度の走行後に点検にいくのをおすすめします。
調子が悪くなる前に点検に行くほうが、自転車を長持ちします。
乗り慣れなければ、調子の狂いや不具合がわかりにくいです。
どんな音が不調の音なのか、聞き分けるのは難しいでしょう。

自転車を購入するお店は慎重に選ぼう!

自転車を購入するときのお店は、慎重に選びましょう。
インターネットで自転車を買ったら、メンテナンスを自分でやらないといけないので、初心者にはとても大変です。
本で見て自分でしても、不安になったり、大変なミスをしているかもしれません。相談できるお店で自転車を購入することが大切です。

今回ロードレーサーを買うときに気づいた、お店選びのポイントをご紹介します。
ママチャリが多いお店は、ロードレーサーの知識が少ないです。ママチャリが多いお店は大衆車の販売とその修理だけで成立するので、専門分野に関しては素人くらいの知識なのです。

それから、自宅から遠いお店では購入しないようにしましょう。ロードレーサーは、シティーサイクルとは違うので、コツをつかむのに時間がかかります。
ビンディングペダルという足とペダルがくっつくタイプや、ギアも前と後ろがあったりします。
難しいことばかりで、誰にも相談できなければ、大変なことになってしまいます。
特に自転車仲間がいない人は、購入したお店に相談するしかないでしょう。

そのお店が自宅から遠かったら、自転車で行くには大変です。
修理する場合は、車で持っていくことになります。
1ヶ月くらい乗ったら、初期の調整が必要なので、買った自転車屋に行かないといけないことも忘れないでくださいね。

自転車購入時に一緒に買う必要最低限なもの

必要最低限持っておくと良いものを紹介します。
ロードバイクのフロアポンプの空気入れは、7~8気圧ほどの空気を入れて、ほとんどが仏式のタイプです。
普通の空気入れでは対応していないことがほとんどです。
また、タイヤの空気圧を正常に保つ場合、空気が入っている量をチェックできるタイプの購入が必要です。
Panaracer・アルミ製フロアポンプは、米式/仏式バルブ対応です。
室内スタンドがないと、保管できません。

メンテンス等をするときに便利なディスプレイも必要になります。
MINOURAディスプレイスタンドは定番です。
MINOURAを使うと自転車を垂直に立てて保管できます。

自転車に乗るならヘルメットは付けていないと危険です。
おしゃれなのを選ぶと良いでしょう。

フロントライトがないと夜は走れないので、必要となります。
CAT EYEのヘッドライトは、有名です。
ほとんどこのメーカーからライトを選ぶと良いでしょう。

テールライトは無くてもいいのですが、夜の視認性がとても良くなります。
こちらもCAT EYEのものがおすすめです。
安全を気にするなら必要です。

ベルは、法律で定められているので付けてください。
CAT EYEが出している小型のベルがおすすめです。
CAT EYE・ベル・真鍮製、このベルのベルトは互換性があります。
1つのベルトにライトとベルを取り付けることができ、ハンドルのスペースに有効です。

時間をかけて、最適なものを選びましょう。

自転車を長く乗るために必要最低限なもの

長く乗るために最低限必要なものをご紹介します。

サイクリストは、六角レンチのことをアーレンキーと言います。
ロードバイクは、基本的な調整に必要なネジは全てアーレンキーで回せるので、早めに購入しましょう。

自転車の細かな調整をするネジは、六角レンチとプラスドライバーさえあればOKです。

ロードバイクは、とてもデリケートで、タイヤやチューブに関しては、ちょっとした衝撃や破片でパンクしてしまいます。
いざパンクした時のために予備のタイヤチューブを携帯しておくといいでしょう。
その自転車に最適なものを選んでくださいね。

パンクしたら、チューブを交換できますが、パンク箇所がわかってそれが小さいなら、パンク修理キットで修理できます。
パンク修理キットを使っても、恒久的な修理として考えてOkです。

修理するためには、タイヤを外さないといけません。
パンクだけでなく、チューブやタイヤを交換するときもです。
そんなときは、タイヤレバーがあれば大丈夫です。

携帯ツールを買ったら、携帯する必要があります。
サドルバッグなど、ツール缶と言われる、ボトルケージに装着するタイプのボトル型ケースがおすすめです。

これらの最低限必要なものを購入する時間も楽しいひとときです。

自転車を購入したら

自転車を購入するのにはお店選びから、自転車選びなど考えることはたくさんあります。
それなりに時間はかかるといってもいいでしょう。
自転車を購入したらそれで終わりというわけではありません。
購入後は定期的なメンテナンス、そろえるべき工具などお金もかかってきますので余裕をもって用意するといいでしょう。

 - 自転車 購入, 自転車全般