豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

小学生の自転車、せっかくだからオシャレなものが欲しい!

      2016/12/16

小学生の自転車、せっかくだからオシャレなものが欲しい!

小学生になると同時に、自転車デビューを考えているご家庭は多いのではないでしょうか。

また、小学生は成長が著しいため、6年間のうちに自転車の買い替えを行うこともあるでしょう。

今回は、小学生におすすめなオシャレ自転車や、子供用自転車の選び方をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


ブリヂストンの小学生向けオシャレ自転車Part1

デザイン豊富なブリヂストンの小学生向け自転車をご紹介します。

・クロスファイヤージュニア

2014年、ブリヂストンから発売のジュニアマウンテンの決定版とも言えるモデルです。

サイズは、20インチ・22インチ・24インチ・26インチと幅広く揃っています。

カラーは5種類あり

・ブルー&ホワイト
・ブルー&グリーン
・クロツヤケシ&クロ
・イエロー
・レッド&ブラック

です。

小学生男子が気に入りやすいフォルムに加え、コクピット風のスピードメーターなど大変凝っています。

外装7段変速のおかげで、迫力のある疾走感も味わえます。

ライトには、ホワイトLEDを2つ使用しているので、車からの視認性も良好です。

親も安心できる機能が満載のハイスペックモデルです。

・エコパル

小学生女子の心を鷲掴みする、とても可愛らしいデザインが人気のモデルです。

サイズは男子向け同様、20インチ・22インチ・24インチ・26インチと揃っています。

カラーは、女の子向けのものが多く
・ブルー
・ピンク
・ラベンダー
・ミント
・ピーチ

と、なっています。

淡いカラーがとても女の子らしい自転車で、よく目立ち、すぐに自分の自転車が見付けられます。

全体的にかわいい自転車ですが、付属のアクセサリーを使う事で、さらにオシャレさやかわいさが増します。

ブリヂストンの小学生向けオシャレ自転車Part2

ブリヂストンから発売されている、小学生向けのオシャレ自転車は、他にもあります。

・ワイルドベリー

背伸びしたい年頃の高学年女子におすすめです。

トレンドを取り入れた、ちょっぴり大人モードな新感覚モデルです。

サイズは、20インチ・22インチ・24インチ・26インチとあります。

カラーは、5種類あり

・ブルーベリー
・スターネイビー
・ベリーベリー
・パールシュガー
・ブラックパンサー

です。

色の種類が豊富で、高学年の女の子の「かわいいだけじゃなく、オシャレなものが欲しい」というリクエストにしっかり向き合っていて、人気が高いです。

オシャレなだけでなく、安全性も十分に考えられています。

フレームには、軽くて丈夫なアルミフレームを使用しています。

フロント部分には、軽い力でも確実な制動力を発揮してくれるツーピボットアルミキャリパーブレーキを採用しています。

リヤ部分には、制動力を向上させ、雨天時の乗車時でも静かに止まってくれる、新開発のフリストブレーキと2種類の高品質ブレーキが装備されていて、大切なお子さまの安全を守ります。

かわいいだけを卒業したい高学年女子の、おしゃれと安全性を両立させてくれる自転車です。

まだまだある!ブリヂストンのオシャレな自転車

お次はお出かけが多くなる、小学生高学年向けの自転車。

・シュライン

男の子にも女の子にもおすすめできる、スタイリッシュでオシャレなモデルです。

高学年向けのためか、サイズは、24インチ・26インチの2通りです。

カラーは、
・ブルー
・スプリングライム
・ブラック
・オーロラホワイト

と、男女とも使いやすい色になっています。

軽くて丈夫なアルミフレームは踏み出しが楽になり、軽やかに走れるようになる高学年向けクロスバイクです。

スピードが出るようになっているので、親子でサイクリングに出掛けることもできます。

装備がいっぱい付いているジュニアマウンテンバイクを卒業して、シンプルでオシャレな自転車に乗りたい子におすすめです。

オプションで付ける事ができる大きなバスケットは、エナメルバッグが入るほどの大きさです。

スポーツ少年団や習い事の移動にも、お買い物のお手伝いでも、大きな荷物を入れて走る機会が増える、高学年男女にとても便利です。

ワンランク上の子供用自転車に乗りたい、自転車買い替え時に一押しの自転車です。

パナソニックの小学生向けオシャレ自転車

小学生向けオシャレ自転車は、パナソニックからも発売されています。

・パナソニック「ザイオン」

高級感溢れるデザインで、みんなと差をつけたい小学生男子向けのジュニアマウンテンバイクです。

サイズは、20インチ・22インチ・24インチ・26インチと幅広く対応しています。

カラーはシンプルに

・ブラック
・ブルー
・ホワイト

の3色です。

スピードメーター・積算距離・時計機能付で、バイクや車好きが多い男の子の心を、しっかりと満足させてくれます。

外装6段変速付きなので、坂道の多いところに住んでいても、楽に移動できます。

また、運転する時に自分にとって1番楽なポジションを設定できる、イージーポジションハンドルバーなどの機能もついていて、自転車で走る事が必ず楽しくなるでしょう。

子供のみならず、お父さんの心までくすぐるような機能がついているこの自転車は、もちろん安全面も考慮されています。

後ろは、制動力が良いローラーブレーキを搭載しています。

ライトは、リフレクタ付きの2-LEDビームランプが装備されており、夕暮れ時などでも明るく照らしてくれます。

子供用自転車を選ぶポイントPart1

小学生の子供に自転車を購入するとき、見た目がオシャレということも大切ですが、他にも大切なポイントはあります。

まず大切なのが、サイズ選びです。

大人は、ついつい「大きめのものを買った方が長く使える」、「すぐに成長するから」などと考えてしまいます。

ですが、大切なお子様が危険な目に遭わないように、適切なサイズの自転車を選んで下さい。

サイズが合っていないと、本人はもちろん、周りの人を巻き込んでしまい、大きな危害を与えてしまう可能性もあります。

適切なサイズを選んであげる事で、怪我の防止や運転技術の向上にも繋がると考えましょう。

サイズの他にも、子供のために大切にしたい自転車選びのポイントがあります。

まず、サドルに座った時に、両足のつま先が地面に着く自転車を選びましょう。

実際にサドルにまたがらせた時、両足のつま先が地面に着かないのでは、サイズが合っているとは言えません。

しっかり左右のつま先が地面に着き、自分でバランスが取れる自転車を選んで下さい。

初めて乗る自転車は、まだバランスを取る感覚に慣れていないので、つま先が地面に着くではなく、両足がしっかりと地面に着くものを購入しましょう。

転ぶ危険性や、サイズが大きすぎると恐怖心を抱いて、自転車に乗らなくなる可能性もあります。

安全・環境基準適合車という証である『BAAマーク』が付いた自転車を選ぶようにしましょう。

このマークの自転車は、「安全で環境にやさしい部材で出来ています」と証明しているので、親としては安心して購入できる基準になります。

子供用自転車を選ぶポイントPart2

小学生の子供に自転車を購入するときに、見た目がオシャレという以外に、大切すべきポイントはまだまだあります。

子供が1番大切にしているのは、デザインです。

見た目のオシャレさも影響してきますが、気に入った自転車であるかというのは、子供にとって大切なことになります。

自転車を乗りこなすのは、想像以上に大変で、転んで痛い思いをする事ももちろんあるでしょう。

ですが、逃げ出したくなったり、自転車が嫌いになりかけたとき、自分が気に入っいる自転車なら、乗りこなすまで頑張ってくれるでしょう。

安心ブレーキという、ブレーキレバーの幅が調整できるハンドルブレーキが対応しているか確認しましょう。

小学生になる前の子供向けサイズの14~18インチは、安心ブレーキ対応かが大切なポイントです。

手が小さい子供でも、ブレーキをしっかり握れるように調節しましょう。

また、子供の成長に合わせて、ハンドルやサドルの高さが簡単に調節できるかも大切です。

補助輪の付けられる自転車は、補助輪の外し方や簡単に外れるかも確認しておきましょう。

ポイント部分の確認後は、しっかり試乗して下さい。

試乗での確認ポイントは、

・足が届く高さ
・ハンドル位置
・ペダルの重さ
・ブレーキの効き

などです。

この部分は、試乗しないと分からない部分です。

大切なお子様の安全のため、大人の目でしっかりと確認し、安心出来る物だと納得した自転車を買ってあげましょう。

子供用の自転車

最近の子供用自転車の中には、ハンドルがマウンテンバイク風の真っ直ぐなものもよくあるようです。

スタイリッシュで機能性の高い自転車も、たくさん出ているのでびっくりですね。

また、子供用自転車ではインチが適正身長でも、またいでみたら足が着かないということもあるようです。

なので、一度お子様自身が乗ってみて、足が着くかを確認して、購入されることをオススメします。

 - 自転車 おすすめ