自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支える大切なパーツがベアリングです。

クランク(BB)、ペダル、ホイールのハブなどの足回りの他、ハンドルの付け根にも使われています。

軸の回転をスムーズにさせるために、グリスという固形の潤滑油を塗って使用しますが、ハンドルはメンテナンスを忘れがちになります。

そうなると動きが重いと感じたりしますので、グリスアップしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車がパンク!修理に時間はかかる?自分で直せる?

自転車がパンクした、その経験はどなたにもあると思います。長い間放置していたら空気が抜けていた、走って...

中古か新車・・・自転車買うならどっちがいいの?

自転車を買おう!そう思ったとき、中古で買いますか?それとも、新車で買いますか?中古は安い...

自転車のタイヤの寿命ってどのくらい?チェックポイントは?

自転車を購入する際、性能や値段も気になるところですが、通勤・通学で自転車に乗る方が最も懸念すべき部分...

車の不注意で大事故!後ろを見ずにドアを開けたら自転車が

自動車のドアを開けたら、後ろから来た自転車がスレスレを通って、ヒヤッとした経験はありませんか?ま...

自転車の平均時速はどれくらい?ゆっくり漕いでも痩せるの?

あなたは、どれくらいのスピードで自転車を漕いでいますか?漕ぎ方によって、大きくスピードが変わる自...

峠越え!ロードバイクでヒルクライムを楽しもう!

ロードバイクを利用していて、休日にサイクリングロードを走るのが趣味の方は、多いのではないでしょうか。...

自転車のパーツ交換の注意点!ベアリングにもサイズがある!

自転車好きな方なら、ご自分で自転車の整備点検からパーツ交換まで行なっているのではないでしょうか。...

自転車のブレーキの位置を調整してみよう!

スポーツ自転車が普及してきて、最近では自分で自転車の交換やメンテナンスをする方が増えてきたかと思い...

自転車でツーリング!リアキャリアを取り付けよう!

自転車でツーリングをする時に荷物の準備は必要不可欠ですね。その中でも、荷物を沢山載せるにはリアキャリ...

通勤用自転車にロードレーサーを改造して使おう!

自転車で通勤する人が多くなりましたが、通勤用に使う自転車を買うとなると別で費用が掛かります。そこで、...

6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラですが、2017年にR8000系にモデルチ...

中古自転車を購入し、東京でサイクリングを楽しもう!

東京周辺にお住いの方、休日はどのようにお過ごしですか?家でのんびり過ごすのも良いですが、たまには...

クロスバイクのタイヤやバルブ、交換方法や違いを知ろう

クロスバイクを持っている方、タイヤやバルブの違いについてご存じですか?ご自分で交換やメンテナ...

自転車の交通事故の示談金の相場とは?知ってなるほど

小さな子供からお年寄りの方まで、様々なケースで発生する自転車の交通事故。軽い事故もあれば中には死亡...

自転車のペダルの交換方法やオススメのペダルをご紹介

皆様は、自転車を利用していますか?そして、その自転車のペダルに満足していますか?踏み込む...

スポンサーリンク

自転車のハンドルが重いときのパーツ分解の注意事項

自転車のハンドルが重いなと感じたら、ヘッド部の確認が必要になります。

冒頭でもお話したように、ベアリングを使用している箇所で一番メンテナンスの頻度が低くなってしまいますし、ブレーキやシフトのケーブルの脱着もするので、結構大掛かりになります。

そこで、まず、ヘッドパーツの確認を行う際の注意事項を、いくつか挙げておきます。

まずは、当然のことながら分解するということは、メンテナンス後に組み直さなければいけないということなので、元通りになるように分解した手順を覚えておかなければなりません。

ブレーキやシフターのワイヤーの取り回しは分解する前に写真を撮っておくと、組み直しのときに役に立つと思います。

また、ベアリングやワッシャーなどが何枚も重ねて噛み合わせてあったりしますので、外した順番通りに並べておきましょう。

この順番が違っていると、せっかくメンテをしたのに違和感が残ってしまったりするので、二度手間になります。

自転車のハンドルの動きが重いときの対処法①

では、自転車のハンドルの動きが重いとなった場合の、ヘッド部のメンテナンスの手順をご紹介します。

まずは、フロントフォークにブレーキ本体が付いていると、フォークを完全に取り外せないので、ブレーキを外します。

次に、ステムのボルトを緩めたら、ステムごとハンドルを抜き取ります。
外したブレーキをハンドルに絡ませておくと、プランプランしなくて作業がしやすいと思います。

また、ホイールが付いたままフォークを抜こうとすると思わぬ動きをして、ワイヤーがおかしな曲がり方になってしまったり、フレームを傷付ける可能性もあるので、ホイールを外してから行うようにしましょう。

その後、ヘッド部分の上側のベアリングを外しますが、ここから何枚かベアリングやワッシャーが出てきますので、個所ごとに順番通りに並べておいてください。

ベアリングを外したら、フォークを下に引き抜いてください。

自転車のハンドルの動きが重いときの対処法②

さて、ここからが自転車のハンドルが重いと感じた場合の具体的な対処方法になります。

上も下もベアリング受けの部分(ワン)が古くなったグリスで黒く汚れているはずなので、ディグリーザーなどできれいに拭きます。

次は外したベアリング・ナット・ワッシャーなどもディグリーザーで拭き上げていきます。
掃除がひと通り済んだら、いよいよ各所のグリスアップを行います。

まず、フレームの下ワンに、たっぷりとグリスを盛り付けます。
はみ出したら、あとで拭き取ればいいので、ここは多めに盛ってください。

次は、外した順番の逆にベアリングなどを取りつけていきますが、ベアリングには裏表や上下があるので、外す前に写真を撮っておくか、図解の画像ネット上にあるので参考にしてください。

ベアリングを取り付けたら、その上から追加で、もう一度グリスを塗り込みます。

これで、フレームの下部分の受け入れ態勢は整いました。

最後はハンドル調整

次にフロントフォークを差し込みますが、上ワンの方も掃除とグリスアップを行ってからフォークを戻します。

グリスは粘着性が強いため、はみ出たものを放っておくとゴミや汚れが付着しやすくなるので、必ず拭き取ってください。

あとはコラムにステムを差し込み、トップキャップを入れたら、ボルトを締めこんで完了です。

ステムのボルトを締めるときは、ハンドルとホイールがちゃんと直角になるように、ゆっくりと調整していくことが大切です。

最後に外したブレーキを元に戻し、ワイヤーの調整をしましょう。

さて、自転車のハンドルの重い感覚が解消されたかどうかの確認ですが、ブレーキを掛けたまま前後左右に体重を掛けたり、ゆすったりしてみましょう。

そのとき、ステムが浮いてしまったり、がたつくようですと、ヘッドが緩すぎるのでトップボルトを締めます。

しかし締めすぎると、今度はそれこそハンドルの切りが悪くなって重く感じますので、適度なところにしておきましょう。

ハンドル以外もグリスアップしよう

さて、自転車のハンドルが重いと感じた場合の対処法として、ヘッドパーツのメンテナンスをご紹介しました。

そこで、せっかくヘッド周りをグリスアップしたのですから、他のベアリング使用部分も同時に行ってしまいましょう。

冒頭でもお話したように、自転車のグリスを塗る主な部分は回転するパーツです。

まずは、後輪のハブに注目しましょう。

ハブとは、リムからホイールの真ん中に向かって伸びている、全てのスポークを受け止める部分で、簡単に言えば車輪をスムーズに回転させる物です。

回転体なのでベアリングが使われていますから、定期的なグリスアップが必要になります。

また、後輪のハブは独特の「ラチェット音」がすることでも知られていますが、これもグリスアップによって、音を小さくすることが可能です。

詳しい分解と清掃の方法などは別記事をご参考にしてください。

注意事項として、ベアリングの周りに小さなボールがちりばめられていますので、これに注意せずに分解すると無くなってしまいますので、覚えておいてください。

自転車に適したグリスとは?

今回は自転車のハンドルが重い場合は、グリスアップが効果的とお話してきた訳ですが、クランクの付け根にあるBB(ボトムブラケット)も、グリスアップすることで絶大な効果が得られる部分です。

BBはフレームとクランクを繋ぐ役割を持つパーツなので、クランクを回す力をホイールに伝えるための非常に重要な部分です。

また現在は、だいぶ改善されていますが、以前は一部メーカーのBBから異音がするというクレームが頻発したことがあり、その対処法としてグリスアップが効果的と言われてきました。

構造はヘッド部と同じで、BB側にもフレーム側にも軸受けがあって、そこにベアリングがはまっています。

ベアリングと同時にクランクを回すためのシャフトにもグリスを塗りこんであげることで、最大限の効果が得られることになります。

さて、グリスアップの話をしてきましたが、最後にベアリング部分には、どんなグリスが適しているのかをご紹介しておきましょう。

ベアリング部分は基本的に普段は隠れている場所なので、頻繁にメンテナンスすることはありません。
そのため、耐久性や防水性が重要です。

チェーンオイルのように、あまりサラサラし過ぎていると、すぐに流れてしまうので、ベアリング部分には粘着度の高いグリスが使われます。

耐久性から見ると、評価が高いのは「シマノ・デュラエースグリス」、「フィニッシュライン・プレミアムテフロングリス」このあたりになります。

価格は1,000円~1,500円前後で、マメに色々な部分をグリスアップしたとしても、5~6年は使用できる量が入っています。

メンテナンスを恐れない!

さて、今回はハンドル周辺のメンテナンスを中心に、グリスアップの方法をご紹介してきました。

実際に作業を行ってみると「そこが繋がっているのか」、「このパーツにはこういう意味があったのか」など新たな発見や驚きがあります。

メンテナンスは手順通りにやれば、壊してしまったりすることは無いので、恐れることはありません。

もし、途中でややこしくて混乱してしまったら、そこでショップに持って行っても良いのですから、まずはやってみましょう。