豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクでヒルクライム!スプロケットのおすすめは?

      2016/11/25

ロードバイクでヒルクライム!スプロケットのおすすめは?

ロードバイクを買ったらヒルクライムにチャレンジしたい!そう思う方はきっと多いでしょう。登り坂ばかりできついようにも感じますが、集団走行にならず、自分自身のペースを守れそうなところ、おおよそのレースでゴールが頭頂部付近であることから達成感が大きそう、などヒルクライムは初心者が出ても楽しいレースだと思います。
今回はそんなヒルクライムのコツや、ヒルクライムに合ったパーツなどを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001160-1.jpg
giantの自転車で福岡を走ろう!!おすすめコース

giantの自転車は、台湾を拠点としている世界最大の自転車メ...

pwk0001159-1.jpg
自転車をペンキで全塗装してみよう!!やり方とコツ

ヴィンテージバイクに乗る方はいますが、ほとんどの場合、使い古...

pwk0001158-1.jpg
あなたの自転車、防犯登録してありますか?~神奈川編~

あなたの自転車は、きちんと防犯登録をしてありますか? 防犯...

pwk0001157-1.jpg
自転車に乗る女性の悩み!お尻や股が痛い原因と対処法

自転車やクロスバイク、マウンテンバイクに乗っていると、お尻や...

pwk0001156-1.jpg
自転車のホイールリム調整について

自転車のリムの状態をいつも確認している人は少ないかもしれませ...

pwk0001155-1.jpg
自転車のベアリングをグリスでメンテナンスしよう!

グリス切れ直前がハブにしても、ベアリングにしても一番よく回転...

pwk0001154-1.jpg
自転車のビンディングペダルを調整しよう!

スポーツ自転車をはじめて暫くすると、ビンディングペダルを装着...

pwk0001153-1.jpg
自転車のフレーム、クロモリやカーボンの特徴とは

自転車の中でも、特にロードバイクを購入する際は、フレームの素...

pwk0001152-1.jpg
自転車で行うlsdトレーニングの効果とは!?

そもそもlsdとはどういったことなのでしょうか? これ...

pwk0001151-1.jpg
ロードバイクのペダルをアルテグラに換えると何が変わるのか

かつてのロードバイクは、レースに出る人がパーツ交換をして、そ...

pwk0001150-1.jpg
ロードバイクの狙い目!ジャイアントの型落ちを購入しよう!

ロードバイクは、気軽に買うことが難しい価格のため、なかなか購...

pwk0001149-1.jpg
輪行しよ!ロードバイクのネット購入の注意や輪行袋の使い方

最近運動不足だったり、趣味を探していたり・・・そんな人は、ロ...

pwk0001148-1.jpg
アルテグラのホイールをチューブレスにすると走りは変わる?

自転車に興味を持っている人なら、ほとんど知っているであろうシ...

pwk0001147-1.jpg
feltロードバイクの2017年モデルの紹介!

ロードバイクメーカーのfeltは、日本ではそこまで知名度が高...

pwk0001146-1.jpg
ロードバイクの軽量ホイール・究極ホイールたちを比較しよう

ホイールといえば、走りの質を上げるのにもっとも効果的なカスタ...

pwk0001145-1.jpg
自転車のペダルの交換方法やオススメのペダルをご紹介

皆様は、自転車を利用していますか? そして、その自転車のペ...

pwk0001144-1.jpg
自転車の鍵を紛失しちゃった!どうすればいい?

自転車の鍵を紛失してしまった経験はありますか? 自転車...

pwk0001143-1.jpg
自転車のホイールハブをメンテナンスしよう!!

今回は、自転車のハブの玉押し調整とグリスアップをご紹介します...

pwk0001142-1.jpg
水泳の練習メニューの組み方って?大学選手の場合は?

ここでは、プールでの水泳練習というシチュエーションに限定して...

pwk0001141-1.jpg
水泳のカロリー消費量は、ランニングしたときよりも多い?

ダイエット目的で、トライアスロンを始めるという方は、いらっし...

スポンサーリンク


ロードバイクでヒルクライムのコツ・楽しみ方①

さて、最初にヒルクライムのコツについて、お話ししていきたいと思います。初心者の方などは、ただただ素早く頂上を目指すことを考えて走ってしまったりすると、前半戦ですぐに息切れしてしまいます。通常の生活で自転車を運転している時の登り坂でもロードバイクでヒルクライムするとなると一苦労、というイメージです。
コツの一つ目としては何よりペース配分が大切です。登り坂だからといって、ずっとダンシング(立ち漕ぎ)出来るものでもないですよね。長距離走だと考え、ペース配分をしっかり考えて漕いでいきましょう。前半は息があがらないペースで漕ぎ、後半に体力を残して登ることがコツです。心拍計がなくても自分がぜぇぜぇ息をしているかどうかで測ってください。軽い息の上がり方ならすぐに回復します。前半戦は飛ばしすぎないように体力を残しておきましょう。

ロードバイクでヒルクライムのコツ・楽しみ方②

また、ハンドルの持ち方もコツのひとつです。ロードバイクでヒルクライムをする時は上ハンドルを持って走りましょう。アップライトなポジションでヒルクライムする、ということです。ヒルクライムはそもそも交通量も少ないところが多いですし、平地でのロードレースと違い速度もゆっくりになるので、ブレーキを常に握らずとも対応できます。力を入れすぎない程度にハンドルを自分の方に引き付けて走ることもロスが減って速く走れるようになります。頭を下げないことも大切です。疲れてしまうとだんだん顔が下を向いてしみますが、何よりこの姿勢では息がしづらくなってしまいます。それに加え路面の状態や勾配の変化を見逃すことになってしまいますので、結果疲れやすくタイムも遅くなります。前を見ながらヒルクライムした方がタイムはきっとあがります。
そして、ヒルクライムのコツといったら何といっても「ダンシング」です。ただ、先ほどもお話ししたように、前半からずっとダンシングをするような配分ではいけません。基本的にはシッティングです。計測的にもシッティングの方が断然速いのです。ただ、後半に出てくる急勾配などはダンシングで凌ぐといいでしょう。息も上がるし足も使いますので、このダンシングの使いどころがポイントになります。バイクから降りることなく、漕ぎ切れるように配分し、ところどころでテクニックを使えるようになるといいですね。

ロードバイクでヒルクライム、スプロケットなどのカスタム①

さて、ヒルクライムのコツを見てきました。それではロードバイク車体のカスタムについて考えていきたいと思います。ヒルクライムのカスタムといったら軽量化ですよね。レース前にカスタムを考えていくのも楽しみのひとつです。一つ一つ見ていきます。
先程、コツの中にも心拍数を意識して、との話が出ました。心拍計がなくてもおおよその測り方をお話ししましたが、やはりあれば正確なデータがわかるので便利です。サイクルコンピューターで調べてみれば様々なものが出てくるでしょう。サイクルコンピューターには距離や時間・速度など計測できるものもあります。ヒルクライムであればケイデンスや勾配、心拍数が測れるものが良いでしょう。無理をしないために、感覚でなく数値で判断するのも大切なことです。

ロードバイクでヒルクライム、スプロケットなどのカスタム②

そして、軽量化といえばホイールです。最も費用対効果の高いパーツで、デザインも様々。これこそ楽しい選択のひとつです。素材はアルミにカーボン、チタンなど。外周部の軽量化を狙ったり、併せて回転部分の精度や踏み出しの掛かりの良さなどを基準にすることも考えられます。特製や価格も様々なので、じっくり調べて選びましょう。
タイヤ・チューブもヒルクライム用のカスタムとして考えるべきパーツです。地面と接点があるこのパーツは、乗り手に大きな影響を与えます。好みの乗り味があるとしたら、ストレスなく走れるものを選択しましょう。軽量タイヤもありますのでそれを選ぶのもひとつの手です。加えて、チューブも軽量化できるのです。軽量タイヤに合わせてとことん軽くするのもアリですね。
サドルも大切な部分です。軽量化が図れるそのほとんどはカーボンやチタン。ダンシングの時は振り子のようにサドルは左右に動きます。軽量化を図ることにより振り回されることが少なくなり、体力の消耗を防げます。サドルまで軽量化したら、シートポスト、ストレス軽減にハンドル、ボトルケージ、などカスタムにこだわったらキリがないほどです。

ロードバイクでヒルクライム、最適なスプロケットは

カスタムのポイントとして肝心なものがあがってない!と思った方も多いでしょう。ここまでとっておきました。カスタムの筆頭にあげるべきは「スプロケット」ですね。
ロードバイクでの平地でのケイデンスは80~90回転ですが、ヒルクライムでは60~70回転が理想です。スプロケットの交換は即効性もあると言えるカスタムになります。それでは見ていきましょう。
スプロケット歯数について簡単に確認をしておきますと、フロントギアは数字が小さくなるほど楽で、リアギアは大きくなるほど楽になります。また、フロントはノーマルクランクとコンパクトクランクがあり、数字が大きい53-39T(Tは歯数のこと)をノーマルクランク、50-34T(50-36T)をコンパクトクランクといいます。スタンダードは12-25T、今はシマノのアルテグラ、105、ソラに11-32Tというのも発売されています。
ロードバイク標準の12-25Tスプロケットからワイドギアに変更した場合ギア比はどうなるでしょう。34-25Tは1.36、標準。34-28Tは1.21、デュラエース最小。34-30T 1.14、ティアグラ最小。34-32T 1.06アルテグラ・105・ソラ最小。25Tから32Tにしますと7Tも軽くなりますので、同じペースでケイデンスは20回転は上がることが考えられます。これならヒルクライムを60~70回転で走れるシーンも増えます。
よほど速く漕げる人でない限り、スプロケットを交換して、傾斜にあわせたギア比を選ぶと速く走れます。

まとめ、ヒルクライムのスプロケット

最後に、シマノのスプロケット歯数を価格と一緒に見ていきます。
デュラエースCS-9000、約23000円、11-23T、11-25T、12-25T、11-28T、12-28T
アルテグラCS6800、約7500円、11-23T、11-25T、12-25T、11-28T、11-32T
105 CS5800、約5000円、12-25T、11-28T、11-32T
ティアグラCS4600、約2800円、11-25T、12-28T、12-30T
ソラCS-HG50-9、約3200円、11-25T、11-30T、11-32T、12-23T、12-25T、12-27T、13-25T、14-25T
デュラエースはプロユースなのでもちろんなのですが、アルテグラや105、ソラもアマチュアで使う人が多いのでワイドギアが用意されています。シマノのコンポは有能ですし、デュラエースでなくても充分なその機能をヒルクライムで活かせると思います。

 - 自転車 おすすめ, 自転車全般