豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクなどのスポーツ自転車のおすすめ特集!

      2016/11/25

ロードバイクなどのスポーツ自転車のおすすめ特集!

通勤や通学にクロスバイク、ツーリングにロードバイク、トレイルや街乗りにマウンテンバイクとスポーツ自転車全般が人気になってきています。
まだ、これから始めようと考えている人もいると思いますので、初心者におすすめなスポーツ自転車を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001596-1.jpg
自転車のタイヤがバーストする原因は縁石!?その対処法

ロードバイクなどのスポーツバイクに乗っていて、縁石に乗り上げ...

pwk0001595-1.jpg
クロスバイクかロードバイクで迷ったらレンタルしてみよう

クロスバイクとロードバイク。 スポーツバイクを買うとき...

pwk0001594-1.jpg
車の不注意で大事故!後ろを見ずにドアを開けたら自転車が

自動車のドアを開けたら、後ろから来た自転車がスレスレを通って...

pwk0001593-1.jpg
自転車にスタンドをつけたい!子どもの成長に合わせて選ぼう

子どもの頃、補助輪つきの自転車から卒業し、補助輪を外して乗れ...

pwk0001592-1.jpg
自転車のホイールはワイドリムが主流?23cは使えるの?

これまで、一般的なロードバイクのタイヤには700×23c...

pwk0001591-1.jpg
ロードバイクのヘッドがガタつく!調整方法とグリスアップ

ロードバイクでヘッドがガタつくとき、少しだけなら放っておいて...

pwk0001590-1.jpg
ジャイアント製ロードバイクの2012年~2017年の変遷について

ロードバイクのメーカーはたくさんありますが、世界でも有名なの...

pwk0001589-1.jpg
クリートを取り付けたい!位置はどこ?前寄り?後ろ寄り?

クリートの取付には最適な位置があり、間違った位置に取り付ける...

pwk0001588-1.jpg
自転車で土手道を走るのに適したクロスバイクとマナー

自転車を使って、通勤・通学したり、サイクリングするとき、未舗...

pwk0001587-1.jpg
メリダのリアクト4000が2017モデルで進化した?!

メリダは台湾の自転車メーカーで、低価格でコストパフォーマ...

pwk0001586-1.jpg
自転車のフロントブレーキのパッドを自力で交換する方法!

自転車、特にスポーツバイクに乗っていると、フロントブレーキの...

pwk0001585-1.jpg
自転車で安全に走ろう!渋滞時、すり抜けは違反!?

近頃の自転車ブームで、本格的に自転車に乗る人が増えました。 ...

pwk0001584-1.jpg
自転車のブレーキロックの危険性と原因・対処法について

スポーツ自転車では、急ブレーキをかけたときに、タイヤにロック...

pwk0001583-1.jpg
ロードバイクを加速させたい!自分史上最速を目指す!

もっと速く走りたい、ロードバイクを乗る人は誰もがそう思い、様...

pwk0001582-1.jpg
タイヤを長持ちさせたい!自転車タイヤの寿命は延びるの?

タイヤがすぐパンクする、そんな人はいませんか? もしかした...

pwk0001581-1.jpg
電動自転車のバッテリーが点滅するのは故障のサイン?

電動自転車は、小さなお子さんがいたり、長距離の自転車通勤をし...

pwk0001580-1.jpg
一方通行の標識のある道路は自転車は通行できないの?!

自転車に乗っていて、一方通行の標識を意識している人は少な...

pwk0001579-1.jpg
ロードバイクをレンタルしてみませんか?大会も出られます!

ロードバイクに乗ってみたいけれど、ロードバイクというものは、...

pwk0001578-1.jpg
自転車の逆走は危険!交通規則をしっかり守り安全に乗ろう!

自転車に乗っていて、「逆走するな!」などと声を掛けられたこと...

pwk0001577-1.jpg
歩道では自転車はベルを鳴らしてはいけない?!いつ鳴らす?

歩道を歩いているとき、後ろから自転車が近づいてきて「チリ...

スポンサーリンク


おすすめスポーツ自転車特集~ロードバイク編①

週末のサイクリングやロングライド、はたまた、自転車通勤用としても使えるロードバイク。様々に楽しめる反面、初めて購入するときは、どれを選んでいいかわからないですよね。

そこで、以下では初めてロードバイクを購入する方向けに、選び方とおすすめなものを紹介していきます。もちろん、女性のライドも可能なものも、多数紹介しています。

まずは、フレームの違いに着目してみましょう。GIANTによるDEFY 1はいかがでしょうか。
スポーツサイクルにはあこがれるけれど、脚力に自信がない・・・という方にお勧めです。
通常のクランクよりも、小さいものを採用しているため、初めての方でも安心。
また、カスタマイズ性の高さも大きな特徴で、ロードバイクに慣れた将来に向けて様々なパーツを選択することができます。

次に、MERIDAが送るSCULTURA 400。これは、5コンポーネントとカーボンフォークを採用するなど、非常にコストパフォーマンスの高い1台です。レベルアップを目指して、努力を重ねていく方にはオススメです。

女性には、LivのAVAIL 1がオススメ。身長145cmから乗車可能なフレームサイズが用意されているのに加え、初めてのロードバイクでも、安心なサブブレーキを標準装備。
クロスバイクやママチャリと同じ感覚で、ハンドルを握ることができるので安心です。ケーブル類も、フレーム内に収納され、見た目が美しいので、美的感覚を刺激されます。

おすすめスポーツ自転車特集~ロードバイク編②

Cannondaleが送るCAAD 8。使う人を選ばないこれは、初めてのスポーツ自転車におすすめ。
コンポーネントは、SHIMANOのSORAを採用しているため信頼性が高く、メンテナンスがしやすいのが特徴です。
さらにフレームは衝撃吸収性、耐久性に優れた素材を使用。多少の悪路でも難なく走破してくれます。

TREKのmonda ALR 5は、なによりビジュアルの美しさがポイント。カーボンフレームの様なフレームの滑らかさは、それがアルミ素材だということを忘れさせてくれます。
もちろん、走りも最高です。サイクルに連動してしなやかに動くフレームは、ヒルクライムに最適。圧倒的な爽快感が楽しめます。

SPECIALIZEDが送るTiagraは、とにかく悪路に強いのが特徴。予想もしなかった障害物や、罅割れした地面にも悩まされることが多いロードバイク。
これらの悪路を走ることは、不可能とされてきました。
しかし、そんな常識を覆したのがこれ。重量を落としながらも、剛性をアップさせたことで、酷道でも快適なライドを約束してくれます。
ライダーの踏み込みを、無駄に拡散させることなく、即座に推進力へ変えてくれるその性能に、虜になること間違いなしです。

おすすめスポーツ自転車特集~クロスバイク編①

「坂道がつらい」「ママチャリではかっこ悪い」、そんなお悩みを持つ方にこそオススメしたいバイクが、クロスバイクです。

走行性に特化したロードバイクと、悪路も難なく走行するマウンテンバイクのいいとこどりをしたこれ。
ほかのスポーツ用サイクルよりも、カジュアルに乗ることができ、ビギナーでも乗りやすい敷居の低さがおすすめ。

さらに、種類も沢山あるので、ご自身のアイディンティティを反映した1台を見つけることができます。
ただし、ルックスだけで性能が伴っていない「ルック車」といわれるものもあるので、選ぶ際には注意が必要です。

「お洒落系自転車」メーカーとして、認知されているLOUIS GARNEAU(ルイガノ)。LGS-CHASSEは、普段使いからちょっとした遠出にも最適。
前輪とフレームを繋ぐフロントフォークが直線状に接続され、きびきびとしたハンドリングをサポートしてくれます。
細めの道や人を避ける時、さらには荷物を積む場合に重宝します。

速度が上がって快適に走り始めた途端に赤信号…再び漕ぎ出すときはペダルが重い。そんな経験はありませんか?これを解決してくれるのが、MERIDA(メリダ)のCROSSWAY BREEZE TFS 200-MD。
安定性の高さを維持しつつも、転がり抵抗を計算して作られたフレームとの相性は抜群。漕ぎ出しが楽にできます。
さらに、ガードがデフォルトで装着されているので、油による裾汚れを防止出来ます。

おすすめスポーツ自転車特集~クロスバイク編②

ローリスク・ハイリターンで定評のあるGIANT(ジャイアント)。こちらのESCAPE R3は、マウンテンバイクよりの設計になっているものの、総重量を10㎏まで落とし込んでいるため、かなり軽くなっています。
そのため取り回ししやすく、ビギナーにもオススメの1台です。

GIANTのサブブランドLiv(リヴ)では、女性モデルであるESCAPE R3 Wもラインナップ。身長140センチから乗車可能です。

Bianchiがお届けするCHIELOは、フロントにサスペンションを搭載しているため、少しの段差や障害では全く問題ありません。 不快な振動を吸収してくれるため、疲れることなく走りそのものを楽めます。

CannondaleのQUICK 5は、手軽にライドスポーツを楽しみたい方におすすめ。6万円代という価格帯でありながら、フレームには良質なアルミ素材を使用。そのため、軽量かつ高剛性を実現しています。
ペダルも回しやすいため、高低差のある道路でも、難なく走破が可能。まさにライドスポーツにもってこいの1台です。

おすすめスポーツ自転車特集~マウンテンバイク編①

街乗りは勿論、登山道や未舗装の道路などをガンガン走りこなせるマウンテンバイク。走破性を兼ね備え、かつ「遊べる」自転車として人気があります。

Bianchiが送るKUMA 27.2は、油圧式ディスクブレーキを採用。
しっかりとした操作性があるのがポイントです。精度が非常に高く、レースでも耐えうる水準のバイクです。
特におすすめなのが、カスタマイズ性が豊富なこと。ご自身のライド経験に合わせて、パーツを好感していくことができます。
ビビットカラーのオレンジもスタイリッシュです。

安定のcannondaleからは、Trailがオススメ。これは、ライダーをパフォーマンスマウンテンバイクの世界に導くために誕生しました。
各サイズでのフィット感を完璧にするために、直径の異なるホイールを、サイズごとに使用するなど、細部にもこだわっています。
レースの現場から、啓示を受けたフレームの機能性と、クラス最高の重量。
速く、自信に満ちた楽しみを体験できるライドに繋がっています。

最後は、日本が誇る自転車メーカーFUJI。モノトーンフレームが、シンプルでエレガントなNEVADA 1は、58.000円。価格以上のクオリティを有する秀逸な逸品です。日本製なので、品質は当然お墨付きです。

おすすめスポーツ自転車特集~マウンテンバイク編②

Giantが送るTEMPT3は低床フレームを採用しているため足つきがよく、オフロードにおいては安心材料です。

女性用ジオメトリの27.5”ハードテイルバイク「テンプト」は、ロックアウト機能付サスペンションが登坂路や平地で不要な沈み込みを制限し、パワーロスを抑えてくれます。
女性にもライドしやすいのが特長です。

MERIDAが誇るBIG.SEVENは、独自の機械圧縮によるTFS3次元成型ダブルバテッドアルミフレームを採用。
ロックアウト機能を搭載したサスペンションや油圧ディスクブレーキを採用し、本格的なオフロード走行にも対応する、コスパの高いおすすめの1台です。

スイスの自転車メーカーSCOTTによる2015年モデルは、メインコンポーネントやブレーキの油圧ディスクを全てシマノ製で統一。そのため、冬の林道などの酷道からシティライドまで、バランスよくこなせるバイクとしておすすめ。スポーツライドにも適しています。

スポーツ自転車は種類が豊富

スポーツ自転車は種類が沢山あるので、どれを使えば良いのか分からない人はクロスバイクを使うのも良いかもしれません。
値段も比較的購入しやすい方ですし、ロードバイクとクロスバイクの中間なので色んな用途に使えます。
但し、本当にやりたいことが決まっているなら、その用途にあったスポーツ自転車を選ぶと良いと思いますよ。

 - 自転車 おすすめ, 自転車全般