ロードバイクのレバー角度調整の必要性!!

ロードバイクを買って、そのまま乗っているという方も多いのではないでしょうか??

腰が痛くなる・・・なんて人は、もしかしたらブラケット位置が遠いのが原因かも知れません。

実は、ハンドル、レバーの角度を調整することで劇的に乗りやすく、無理なくロードバイクを楽しめます。
今回は、ハンドルレバーの角度調整のやり方をご紹介しています。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車のスピードメーターの設定!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。距離や速度、ケイデンス、心拍に最近ではGPSデータにパ...

ママチャリが欲しい!チェーンの調整は自分でできる?

自動車免許や自家用車を持っていない方は、移動手段に悩んでいませんか?最寄駅が遠い場合は尚更、...

ジャイアントのイディオムを改造してスポーティにしよう

自転車のメーカーで、とても有名のジャイアント。その中にあるイディオムシリーズは、ミニベロという...

自転車のパンク修理って、どれぐらいの値段?

自転車のパンクって、ある日突然起こりませんか。いざ乗りたいときに空気が入っていないと少し悩みます...

自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった経験がありますか?タイヤが外れる...

自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくなったことはありませんか?ロードバ...

タイヤバルブ別、取扱注意!ホイール周りの寿命を延ばそう!

みなさんは、自転車のタイヤの空気を入れたことはありますか?タイヤの空気を入れる部分の金具を「バル...

自転車のハンドル調整(上下)はなぜ必要?そのやり方とは?

自転車での乗車ポジションとは、身体が自転車に接する部分、つまり、ペダル、サドル、ハンドルの位置で決ま...

自転車のタイヤタイプはさまざま?タイヤタイプを徹底解説!

自転車のタイヤとひと言に言っても、そのタイプはさまざまです。ロードバイク、マウンテンバイクでも違...

ロードバイクのタイヤを前後でローテーションするのはどう?

自動車では当たり前のように行われている前後のタイヤのローテーションですが、ロードバイクにおいては...

自転車の後ろに荷物を乗せる良い方法はある?

自転車に荷物を乗せるとなると、一般的には前カゴのイメージですよね。しかし、カゴのついていない...

ロードバイクのチェーンやフレームの寿命について

ロードバイクのチェーンの寿命は、どのくらいなのでしょうか。また、寿命が来たチェーンは交換が必...

自転車の空気はほっといてもなくなる??

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。「自転車の空気ってほっといてもなくなるんですか?」「...

bb30?シマノホローテック2?クランクの話

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。bb30だとか、シマノのホローテック2とか、クランクに...

英国発祥のレイノルズ!そのホイール・アサルトの魅力に迫る

自転車のホイールを取り扱うメーカーは、世界中に数多く存在します。「レイノルズ」も、ホイールメ...

スポンサーリンク

ロードバイクのハンドルとレバーの角度の関連性

バイクのポジションについて知っていただくため、ハンドルバーとSTIレバーについてお話します。

ポジションは、サドルの高さ・位置・ハンドルの高さやステムの長さが重要です。

そして、ハンドルとSTIレバーも忘れないでください。これらもとても重要なのです。

これらの位置関係は、大きな違いがでます。
私は、深い前傾姿勢が取れるよう、レバー位置と下ハンを持つときに、遠くなるようにレバー位置を決めます。

ハンドルバーは上に上げ、レバーは下に下げ、角度を決めます。
自転車屋さんで設定してある位置は、下ハンを近くして、レバーは上に上げてあるので、楽に握れます。

これは、私の設定と1センチから2センチ位の違いがあります。
たかが1センチと思うかもしれませんが、されど1センチなのです。

腕が短い人にも、この設定をおすすめします。

新型レバーは、ブレーキの引きしろの調整が簡単なので、レバーを大きく動かせます。
手が小さい女性にとって、大切なことです。止まれないと、恐怖心を感じます。

皆さんが思う以上に、ちょっとしたことで走りが楽になります。

ロングライド、ヒルクライムでタイムを狙うなどでも同じことです。

ロードバイクのハンドルは自分にあったものを選ぼう!

ハンドル周りの位置調整ということで、シャローハンドルのSti取付の角度とバーテープ選び、そして巻き方のポイントをご紹介します。

まず、ドロップハンドルには主に3種類あります。
男は黙って丸ハンという言葉がありますよね。公道を走るときは、安全が一番です。公道を走るときに、とっさの事が起こると避けることができません。危ないと思ってから手をかけるのは、遅いので気をつけましょう。

私の手のサイズは大きいほうではないので、アナトミックシャローで下ハンを持つと、ブレーキレバーがちょっと遠いと感じます。
これは、形状の微妙な違いからだと思います。

それと比べると、シャロータイプは奥まで手が入るので、レバーまでの距離が近く、下ハンを持ってもレバーまで指が届きます。

少しの差でも、とっさのブレーキのときに、レバーから指が外れるか、外れないかの差で安全性に大きく差が出ます。

手が小さくて、下ハンをしたときにブレーキレバーが遠いと困っている人は、丸ハンにトライしてみてください。

下ハンを持ってスプリントとかで、バイクを振ったりするときに、真っすぐの棒を握るよりも踏ん張りが効きます。

傘の持ち手を例にしてみると、直線のところを持つより、カーブしているところを握ったほうが、ひねりに対して踏ん張りが効きやすくなっています。
ダンシング時にバイクを振る動きに、踏ん張りが効きやすいのです。

緩い曲面のシャローハンドルは、握るポイントが広いので、いろんな場所が握れて、さまざまなポジションが作れます。

ロードバイクのレバーの角度調整方法①

メンテナンスをする方にとって、ヘキサゴン(六角)レンチはお馴染みの道具だと思います。
ロードバイクなどは、このヘキサゴンレンチを使って調整できる部分が多くあります。

ハンドルやブレーキバーの角度調整でも、もちろん使用します。

ヘキサゴンレンチは、ハンドルの角度の曲がりを直したり、わざと曲げることもできます。ハンドルを曲げると、車に積み込むときにとても便利です。

また、ブレーキングは重要なので、自分に合った位置にブレーキレバーを調整しましょう。
クランクブラザーズのツール「マルチ10」「マルチ17」だと、へキサレンチもついていて持ち運びに便利です。今回は、クランクブラザーズのマルチ10を使いました。

ステムとハンドルを好きな角度に動かせるようにするためには、ステムのサイドにある2つのボルトがポイントです。

この2本のボルトを緩めると、ステムとハンドルを好きな角度に動かせるようになります。注意点として、他のボルトは緩めないようにしましょう。

続いて、ヘキサレンチをしっかり差し込み、上のボルトを緩めましょう。
ヘキサレンチは、直角に持つと力が入ります。

緩めるときは、反時計回りに回してください。

上のボルトを90度回して緩めたら、下のボルトも90度回して緩めます。上下のボルトを交互に緩めるのがポイントです。固定する場合は、逆の手順になります。

ロードバイクのレバーの角度調整方法②

ステムのボルトが緩んだら、ハンドルを手前に曲げてみましょう。
タイヤを押さえると、ハンドルだけが回転するはずです。

これで、ステムとハンドルを好きな角度に動かせるようになりました。

フレームと平行にすると、スペースを取らないので、車の積み込みも楽です。
乗る前には、ハンドルを戻して、しっかりと締めて、ハンドルが動かないことをチェックしてください。

今度は、ブレーキレバーの位置を調整する方法です。

ブレーキレバーを手に合わせ、引きやすい所に調整していきましょう。

ブレーキレバーを調整するボルトは、ハンドルの裏側にあり、ヘキサゴンボルトで固定されていることが多いです。

ヘキサゴンレンチをしっかり差し込み、反時計回りで緩めます。

固定する時は、時計回りです。

ボルトを緩めると、上下に動かすことができ、ありえないような角度にもできます。
横にもスライドができます。

握ってみて、使いやすい位置を試してください。
良い位置があったら、ボルトを時計回りで締めて終わりです。

これで、ロードバイクなどのレバーの角度調整ができます。

固定ボルトを固定するのは大切ですが、力の入れ過ぎでヘキサゴンボルトの頭や、ヘキサゴンレンチの角が壊れることがあるので要注意です。

疲れない位置に調整できれば、長距離の走行が楽になります。

レバー角度調整に便利な工具

STIレバーの取り付けにアーレンキーを使うとき、ブラケットが傷つかないように、工具を加工して、専用のものを準備すると便利です。
角張ったものを使うと、すり傷がつくことがあるので注意しましょう。

レバーのグリップポジションを確認しましょう。
ハンドルの角度は、アンダーバーが水平位が基本ですが、乗車位置にも関係し、個人差もあります。

STIレバー装着後のグリップの感覚で、上下の傾きを調整してください。

ハンドル角度によっては、レバーの取り付け位置を再確認し、ポジションに合うさまざまな調整をトライしてみましょう。

バーテープを巻いてからレバーポジションを移動するのは困難なので、ここで決めましょう。

ポジション出しが終わったら、ハンドルを完全に固定しましょう。
ダンシングのときに動くと大変なので、STIレバーもしっかり締めてください。

ハンドルの高さが決まってないなら、少し高めにするため、アヘッドスペーサーは余裕をもって多めに取り付けましょう。

ロードバイク初心者には、スペーサーは1cmを3枚、5mmを2枚の合計4cm位がいいのですが、体力がつくと、少しずつ前傾になるので、その際は、スペーサーをステムの上下で入れ替え、ハンドルをを調整しましょう。

さらに細かいポジショニングを追求していくなら、2mm・3mmのスペーサーに入れ替えて調整しましょう。

ブレーキレバーが遠いと危険!!

ロードバイクのドロップハンドルは、ハンドルの形や取り付け角度で、ブレーキレバーまでの距離が変わってきます。

これは、手の小さい方の悩みの種です。

ハンドル形状は、アナトミックハンドル(ブラケット上面やドロップ部分が直線的なので、ブラケットを握ることが多い方や手が大きい方には便利)より、丸ハンドル(ドロップ部分が曲線)の方が、下ハンドルを握った時にブレーキレバーが近いので、下りも恐怖心なく低いポジションが取れます。

ハンドルの取り付け角度も大切です。
上向きだと、リラックスしたポジションになるので、ブラケットを握ったときのブレーキングも簡単です。

ただ、下ハンドルを握ったときは、ブレーキレバーの距離が遠くなるため、極端に上向きに取り付けるのはやめたほうがいいでしょう。

ハンドル角度を下向きにすると、上向きにしたときとは逆で、ブラケットは握りにくいけど、下ハンは握りやすくなります。

ドロップハンドルに慣れるまでは、上向きにハンドルを取り付けたくなるでしょうが、ノーマルポジションのほうが、慣れるといろんなポジションを取っても、スムーズにブレーキングすることが可能です。

ハンドルとブレーキレバーの関連性

ハンドルの取り付け角度によって、ブレーキレバーの角度も変わります。

ハンドルを上向きにすれば、前傾姿勢からややリラックスしたポジションになります。
逆に下向きにするとブレーキレバーも遠くなるので、危険かもしれません。

ハンドルの位置は見た目にも影響しますので、自分の走りやすい角度を探りながら調整していきましょう。