自転車のハンドル調整(上下)はなぜ必要?そのやり方とは?

自転車での乗車ポジションとは、身体が自転車に接する部分、つまり、ペダル、サドル、ハンドルの位置で決まる自転車と身体各部の位置関係のことです。

これがなぜ重要なのかは車同様、安全性と快適性、加えて自転車では、もう一つ効率という問題があります。

車はアクセルを踏めば進みますが、自転車ではそうはいきません。

今回は、ハンドル調整(上下)の仕方と安全性などのご紹介をします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車のブレーキシューから音が、こんな時はどうしたら?

自転車に乗っていて信号待ちで止まろうとするとブレーキの音で周りの人が振り返る。ちょっと恥ずかしい...

自転車の乗り方でダイエット効果が!女性におすすめ!

最近の自転車ブームでロードバイクやクロスバイクなどに乗る女性もだいぶ増えてきました。女性の場合は「レ...

セルフメンテナンス!タイヤの空気入れをしよう!

ロードバイクを購入し、利用する上でメンテナンスは必要不可欠な作業です。どのメンテナンスも、自...

自転車は左側通行!ルールを守って危険を回避しよう

あなたは、自転車の交通ルールをしっかりと把握し、守っていますか?交通ルールを守っていない自転車を...

風が強くても自転車に乗りたい!横風のときはどうする?

晴れた日の自転車は、とても気持ちが良いものですよね。しかし、毎日が晴れ、というわけにはい...

自転車を買うべき年齢や、補助輪なしで乗れる年齢とは

小さいお子さんがいる家庭は、お子さんに自転車を買い与える時期について考えたことがあると思います。...

ロードバイクのクランク。FSAって駄目なの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。ロードバイクでFSAのクランクが嫌だっていう人が、たま...

FELT(フェルト)のロードバイク、その実力と評価は?

ロードバイクの購入を考える際に「FELT(フェルト)を」という方も最近増えてきたように思います。た...

ロードバイクの輪行は組み立て後のチェック!!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。電車に自転車を積む輪行。ロードバイクで輪行する...

カンチブレーキの鳴き!解消方法とその他メンテナンス方法

シクロクロスに使われていることが多いカンチブレーキですが、調整が難しいですよね。うっとおしい...

自転車を購入して東京副都心・新宿の街に出かけよう

新宿というと、主な移動手段は電車か車、徒歩といったイメージですよね。しかし、新宿はサイクリン...

鍵がない!!自転車の鍵を紛失したら!対処法と解決策

自転車の鍵がない!!なんてことになったら困りますよね。自転車の鍵はわざわざ合鍵を作っていないことがほ...

自転車で一時停止しないと違反?意外と知らない交通ルール

自転車は道路交通法上では、軽車両に分類されています。さすがに車と同じ扱いとまではいきませんが...

英国発祥のレイノルズ!そのホイール・アサルトの魅力に迫る

自転車のホイールを取り扱うメーカーは、世界中に数多く存在します。「レイノルズ」も、ホイールメ...

日本一周を自転車で制覇!長距離に必要な装備

自転車で日本一周をする人が最近では多くなってきました。日本一周の響きはとても良いですね。実際に制覇...

スポンサーリンク

自転車のハンドル調整(上下)の重要性

自転車のハンドル調整(上下)がなぜ重要なのかと言いますと、フロントサスペンションが走行中に突然抜けてしまい、首から下が麻痺してしまった。という痛ましい事故があったためです。

珍しい事故ではありますが、万が一があるので、確認しましょう。

特殊装備なので、フロントサスペンションの付いている自転車は、ハンドル調整が大変になります。

自転車のフロント周りにある大きな部品は、フロントサスペンション以外には、前輪とハンドルがあります。

前輪の不備は、見た目でも分かりやすいので、しっかりと見てみましょう。

もうひとつ話題に出たハンドルですが、こちらはまず確認すべきは「緩んでいないか」ということです。

がたつきがあったり、少し回るようなことがあれば、そのハンドルは、すでに抜ける状態になっています。

この状態で抜けないなら、サビなどでハンドルが固定されているためなので、この状態で走ると、何かの拍子にハンドルが抜けてしまいますので、とても危険です。

そのため、緩みのチェックはとても重要になります。

自転車のハンドル調整(上下)方法

自転車のハンドル調整(上下)方法をご紹介します。

スポーツバイクは、斜めウス式でハンドルを固定します。

コラム内を引き上げ棒によって引き上がったウスが、コラム内を押し付けて、ステムを固定しています。

緩めるときは、引き上げ棒を緩めてから、前輪を固定して、右へ左へとハンドルを動かすとステムが緩みます。

シティサイクルは、テーパーウス式と呼ばれる、円錐状のウスが使われています。

引き上げ棒で引き上がったウスが、コラム内で広がり、ステムを固定しています。

ステム緩めるときは、引き上げ棒を緩めて、出てきたボルトの頭を叩いてください。

6画穴テーパーウス式ステムの自転車は、6mmの6角レンチで引き上げ棒を緩めて、ボルトの頭が8mmくらい出るようにしましょう。

そして、そのボルトの頭を軽くハンマーで叩くと、ステムのウスが落ちるので、ステムが動きます。

緩めすぎるとウスが引き上げ棒から外れるため、あまり緩めないようにしましょう。

ハンドルの高さを調整したら、ステムは限界ラインを超えてないかチェックして、引き上げ棒を締めて、ステムを固定します。

限界ラインが、フロントフォークコラムから出ているのに固定してしまうと、ステムが緩んだりして折れるので、とても危ないです。

自転車の前から、フロントホイールを膝で挟んで動かない様にして、ステムが固定されているかチェックするために、ハンドルを上下・左右と動かすようにしましょう。

自転車のハンドル調整(上下)をして身体に合った自転車へ

自転車のハンドル調整は、体に合わせて調整してください。

ライダーの体型と自転車の形で、調整の仕方が変わります。

ライダーは、前腕の長さ・筋力・座高など、自転車は、フレーム・サドルのパイプの角度・ハンドル形状などです。

同じ自転車でも、ライダーの体型の違いで調整が変わるので、良い調整をするには、まずはプロに任せるといいでしょう。

一度、良いポジションを体で覚えれば、後で自分で自転車を調整するときに役立ちます。
本格的に乗る方なら、お金は掛かりますが、調整のプロに頼めば、最高の状態に仕上げてくれるはずです。

自分で行う場合は、自転車を買ったら、ハンドルとサドルを調整できる六角レンチ(=アーレンキー)を用意してください。

乗りながらでも、停車するごとに細かく調整してみてください。
数ミリで、乗り心地がかなり変わります。

・サドルの上下
・ハンドルの上下
・サドルの調整

が基本です。

サドルの上下調整が主になりますが、休憩するたびに、5mmずつ上げ下げして自分に合うように調整します。

自転車に乗って疲れてからのほうが、乗っていて楽になるのが良くわかります。

自転車を調整をして自分の身体に合わせよう!

サドルの高さは、ペダルを足の前の方で下まで踏んだとき、膝が伸びきる手前ぐらいが良いです。

一番初めに調整して、ハンドルの高さを調節しましょう。

ただし、サドルの下のポールが短かいもので、限界付近まで高くして走っていると、ポールが折れることがあります。

サドル下のポールにMAXなどの表示があるので、それより高くするのは危ないので、調整するときは、必ず確認しましょう。

続いてハンドルですが、ハンドルは、サドルと同じ高さか少し低いぐらいがおすすめです。

六角ボルトを回すと、上下の調整が可能です。

上下の調整をしても、ハンドルが高すぎたら、ハンドルの交換をしましょう。

基本は、サドルと同じか少し低めに調整してください。

サドルの位置は、前後の位置と角度が大切です。

角度はサドルの前を少し下げると体の負担が楽になります。

ハンドルとサドルの位置バランスはとても大切で、ハンドルが高いと姿勢が高くなり、体に負担がかかります。

反対に、ハンドルが低すぎると、上半身が疲れやすく、ハンドル操作も難しくなります。
調整を習慣にすれば、お金の節約にもなります。

ハンドルの前後位置と高さの決め手

ハンドルは、安全で簡単にコントロールできることが大切です。

遠くて低いと、前傾になって、空気抵抗を受けにくいですが、お腹がきつく感じます。

また、体重が腕に掛かるので、手の負担が大きくなります。

前傾が深いと、首も痛くなりやすいうえに、疲れると頭が下がり、目線も下がるので前方が見にくくなります。

反対に、近くて高いと、ママチャリのようになり、空気抵抗を受けやすいですが、楽な姿勢で乗れます。

しかしこの姿勢は、体重がお尻にかかって、お尻が痛くなりがちです。

このように、ハンドルの位置は、空気抵抗・腕・首・お尻のバランスが大切になります。
スピードを出さない方は、前傾は、レーサーより緩くて大丈夫です。

ただし、ママチャリみたいに垂直になると、スピードを出すときの空気抵抗が大きく、お尻が痛くなるので、ママチャリよりは、前傾が良いでしょう。

まとめると、ハンドルは、サドルと同じか少し高めで、前後は、腕を前に伸ばし身体と90度、肘を少し曲げても届くくらいが程良いポジションになります。

高低調整は、ハンドルステムの上下で、遠い近いの調整は、ハンドルステムの交換でしてください。

調整ができない自転車も中にはありますので、ご注意ください。

ハンドルの幅はどうやって決める??

自転車のハンドルの幅は、楽なポジション・力の伝達の良さ・操作がしやすいというのが重要です。

まずは、楽なポジションです。
腕を前に伸ばしたとき、左右の手の幅が、肩幅か、それよりやや広いくらいになると思います。

ここが、一番楽なポジションになります。

続いて、力の伝達効率についてです。

上半身が前傾すると、体重は肩から手にいき、ハンドルを押す力として加わります。

この力は、肩幅と同じくらいが一番良く伝えられます。

カーブは上半身の体重を支える力が必要です。
手を広げる力なので、肩幅より広い幅が良いです。

3つめの、操作がしやすいについてです。

障害物をよけるときは、ハンドルを切ります。

このとき、ハンドルを回転させるのですが、回転は、ハンドルを狭く握るより、広く握るほうが、少ない力で簡単に回すことができます。

よって、ハンドル幅は肩幅より少し広めがおすすめです。

フラットバーハンドルは、グリップの真ん中を、肩幅と握りコブシ1つほどの位置にしましょう。

標準装備のハンドルバーは長めなことが多いため、グリップ位置を決めたら、いらない端はカットしましょう。

ハンドルは高さ、上下前後位置、幅を考慮して、ゆとりがあるようにすると良いでしょう。

良い位置が決まったら、リラックスして自転車を楽しめると思います。

自転車は正しいセッティングを

今回は、ハンドル調整のことを主にご紹介しましたが、自転車は三点調整といって、サドル、ペダル、ハンドルの3か所を調整して、正しい乗車姿勢を決める方法があります。

自分に合う自転車は、調整をしてこそ快適に走れるものです。

また、調整して自分に合うようになると、身体への負担も軽減してくれます。

必要な道具は六角レンチだけと、とても簡単なので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。