豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のハンドルの交換方法をご紹介します。

      2016/11/29

自転車のハンドルの交換方法をご紹介します。

自転車に乗っていて、体とつながる部分は、ハンドルとサドルとペダルの3点です。
この3点しかない身体との接点の中でも、常に握っておくハンドルは非常に重要です。

自転車にとって重要なパーツであるハンドル・・・
ご自分のハンドルが気に入らなければ、交換をしてはいかがでしょう。

今回は、自転車のハンドルの交換方法やハンドルの種類、握り方についてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001389-1.jpg
通学自転車は耐久性に優れたものを選ぼう!

小学校とは違い、中学校や高等学校では、自転車通学をする生徒が...

pwk0001388-1.jpg
日本一周クロスバイクの旅!予算はどのくらい?

クロスバイクに乗って、日本一周を旅したいと考えたことはありま...

pwk0001387-1.jpg
サイクリストになりたい!女性におすすめの自転車は?

休日にサイクルウェアを着て颯爽と道路を駆け抜けるサイクリスト...

pwk0001386-1.jpg
低身長でも悩まない!小さい人向けロードバイク

ロードバイクに乗っている人と言えば、比較的長身細身のイメージ...

pwk0001385-1.jpg
身長160cm以下の方におすすめのロードバイク

身長が160cm以下、特に150cm前後の女性ですと、「自分...

pwk0001384-1.jpg
自転車で思い切り走る!スピード向上のコツは?

あなたは自分の自転車の走行スピードに満足していますか? 「...

pwk0001383-1.jpg
日本一周向け自転車をご紹介!クロスバイクやランドナーなど

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありませ...

pwk0001382-1.jpg
体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうに...

pwk0001381-1.jpg
仏式バルブって何?英式から仏式に交換すべき?

自転車のバルブには、英式バルブや仏式バルブなど、いくつかの種...

pwk0001380-1.jpg
メリダってどんなメーカー?リアクトの2017年版ってどう?

皆さんは、メリダという自転車メーカーをご存知ですか? 「台...

pwk0001379-1.jpg
ブリヂストンのオルディナってどんな自転車?評判は?

ブリヂストンと聞くと、車のタイヤや電動アシスト自転車を思い浮...

pwk0001378-1.jpg
アメリカ製のロードバイクをご紹介!走行時にはヘルメットを

現在、ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあります。 もち...

pwk0001377-1.jpg
自転車を送りたい!宅配料金や梱包について

引っ越し先に自転車を持っていく場合、あなたならどうしますか?...

pwk0001376-1.jpg
女性におすすめのロードバイクや選び方について

ロードバイクは男性の乗り物というイメージが強いかもしれません...

pwk0001375-1.jpg
秋冬の自転車旅行、おすすめスポットや最適な服装は?

秋冬は寒く、外に出るのも億劫になってしまいがちです。 しか...

pwk0001374-1.jpg
中学生におすすめの通学自転車をご紹介します!

春から中学生になるお子さんを持つご両親は、お子さんの通学自転...

pwk0001373-1.jpg
英国発祥のレイノルズ!そのホイール・アサルトの魅力に迫る

自転車のホイールを取り扱うメーカーは、世界中に数多く存在しま...

pwk0001372-1.jpg
身長が小さいことで悩む人や女性向けのロードバイク

ロードバイクに乗りたいけれど、自分に合うサイズがあるか心配と...

pwk0001371-1.jpg
自転車で日帰り旅行に出発しよう!必要な持ち物は?

皆さんが日帰り旅行をするとしたら、移動手段は何ですか? 車...

pwk0001370-1.jpg
自転車で日本一周しよう!必需品や注意点はある?

自転車で日本一周したい・・・そう考えたこと、ありますか? ...

スポンサーリンク


自転車のハンドルグリップの交換方法

自転車のハンドルが汚れてきたと感じるようになったら、思い切ってグリップを交換することをおすすめします。

まずは古いグリップを外しましょう。

左右どちらから外しても構いませんが、とりあえず今回は右からやっていきたいと思います。

グリップの端にキャップが付いていたら、それを取り外しましょう。

指でつまめば簡単に取れます。

そうしたらカッターを使って、グリップを切り取ります。
片手でしっかりとグリップを押さえ、外側の端まで切り込みを入れたら両手で引っ張ってやりましょう。

新しいグリップには、多少湿る程度に水を含ませて下さい。
こうすることで、力を入れなくても、スムーズに取り付けることが可能になります。

あとは、ハンドルに押し込めばオーケーです。
出来たら、左側も同じように交換して下さい。

パーツを取り替えるだけで、全体的な雰囲気も、自分自身の気分も変わります。

気になる付属品を見つけたら、予算と相談してから購入して、自由にカスタマイズしてみましょう。

乗るだけが自転車の楽しみではありません。
見た目も変更することで、もっと楽しい自転車ライフを送ることが出来ますよ。

自転車のハンドルバーの交換方法Part1

自転車は、ハンドルバーを交換することも可能です。

長さや角度を変えれば、乗り心地も今までとは違うものになります。

今までのハンドルがしっくりこない場合や、気分を変えたい時は、別のものと交換すると良いでしょう。

黒がメインカラーとなっていますが、ブランドによっては、様々な色やデザインが取り揃えられています。

交換するために必要なものは「六角レンチ」「マイナスドライバー」「新品のハンドルバー」の3つです。

まずは、古いハンドルバーを取り外さなければなりません。

外す順番は「グリップ」「ブレーキレバー&シフター」「ハンドルバー」です。

ロックオンタイプのグリップは、六角レンチでバーエンドに付いているボルトを緩めてから、マイナスドライバーを使って、バーエンドを取り外します。

そして、グリップの端にあるボルトも緩め、グリップを抜きましょう。

ノーマルは、また違う外し方となります。

続いて、ハンドルをとめているボルトを緩め、ブレーキレバーとシフターを外して下さい。

ブラケットが付いていたら、それも取ってしまいましょう。

反対側も同じやり方で、グリップ、ブレーキレバー、シフターを取って下さい。

自転車のハンドルバーの交換方法Part2

自転車のハンドルバーを交換するには、4つのボルトで留められているステムを取り外す必要があります。

緩める時は、対角線上に来るように緩めて下さい。
ある程度緩んだら、途中からは手で外せます。

するとステムの蓋も取ることが出来ます。

そうしたら、いよいよ新しいハンドルバーを取り付けます。

最初は、ブレーキレバーとシフトレバーから装着していって下さい。

ただしこの段階で、ボルトを締めてはいけません。

また、順番を間違えると、ブレーキレバーとシフターが付けられなくなる可能性があるので、気を付けて下さい。

取り付けられたら、ハンドルバーを装着していきます。
ボルトは、取り外した時と同じように、対角線上に締めていきましょう。

センターを決めたら軽く締め、適切な位置を見つけたら、きっちりと力を入れて締め付けて下さい。

なお、ステムの蓋と本体との間が均等になるようにして下さい。

最後はグリップの取り付けです。

ハンドルの端と、バーエンドのボルトを締めれば付けられます。

仕上げにブレーキレバーとシフターの角度を調節して、こちらもボルトをきつく締めたら作業完了となります。

反対側も同じように取り付けましょう。

手順こそ多くて複雑そうですが、やってみれば意外と簡単に出来てしまいます。

ロックオンタイプのグリップ交換方法

自転車のハンドルのグリップには、ネジで留めておく「ロックオンタイプ」というものがあります。
今回は、こちらの交換の方法をお伝えしたいと思います。

用意するものは
「アーレンキー」
「マイナスドライバー」
「新品のグリップ」
「ウエス(いらない布なら何でも構いません)」

の4つです。

まずは、グリップの端に付いているボルトを緩め、エンドキャップを外しましょう。

これは、転んだ時などに砂や泥が入ることを防ぐためのもので、マイナスドライバーを使うと簡単に外せます。

これでグリップを抜くことが出来ます。

新しいグリップを取り付ける前に、ハンドルバーを適当な布で拭いて、ホコリや手の脂などを取り除いておきましょう。

拭き取れたら、古いグリップが付いていた位置に新品のグリップを差し込み、エンドキャップをはめ込んでやれば作業は終了です。

念のため、ボルトがきちんと締まっているかを確認して下さい。

異常がなければ、反対側も同じやり方で取り付けましょう。

グリップを留めているボルトはとても小さいため、締めすぎないように気を付けて下さい。
また紛失にも注意しましょう。

手順は少なく、特殊な工具も使わないので、比較的簡単に行えます。

気分を変えたくなったら、他のデザインのグリップを使ってみるのも悪くありませんよ。

スポーツ自転車のハンドルの種類と選び方

自転車のハンドルには、種類によって異なる曲がり方が備わっています。

例えば「シャロー型」と呼ばれるタイプは、最も古い型とされており、ドロップ部分が丸いので「丸ハン」とも呼ばれています。
特別悪いところもなければ、突出したところもない平均的な性能です。

次は「アナトミック型」です。
こちらは、ドロップ部分がまっすぐに伸びているので、見た目がとても格好良いです。
しかし、ブレーキとの距離が空いているため、手や指が短い人は大変かもしれません。

一番新しいタイプは「アナトミックシャロー型」です。
リーチは短く、ドロップ部分の曲がり具合はとても大胆で、ハンドルの上側とブラケットとの間に段差がないおかげで、ポジションをスムーズに変えられます。
ブレーキが近いので、すぐに手が届くというのも嬉しい点ですね。

ハンドルバーの太さは、バークランプ径という数値によって表されます。

メインとなっているサイズはいくつかありますが、その中でも25.4mmは、マウンテンバイクに多く見られます。

ドロップハンドルの場合は、あまり使用されませんが、マウンテンバイクのステムを使うことが出来るので、その点を注目されています。

細いフレームには26.0mmが最適です。
反対に、太めのものには31.8mmを使いましょう。

別のサイズと組み合わせたりすることも可能ですが、適したサイズというものが存在するので、交換時にはきちんと合っているものを選んで下さい。

ドロップハンドルの握り方&ハンドルポジション

自転車のハンドルのうち、ドロップハンドルのポジションは、親指をブラケットに掛けて、小指以外をブレーキレバーに掛ける握り方が基本となっています。

人差し指だけなら「1本掛け」、中指も含めると「2本掛け」、薬指まで使えば「3本掛け」となります。

ほとんどの人は、1本か2本掛けであることが多いようです。
指が短めの人の場合は、3本掛けにするとブレーキに触りやすく、操作もしやすくなるのでおすすめですよ。

このポジションは姿勢が低くなるので、疲れやすいという欠点はありますが、下ハンよりは疲れません。

ハンドルの付け根を握るやり方は「上ハン」と呼ばれます。

上半身を起こしているので、呼吸しやすいことが特徴です。

しかし、空気抵抗は強くなるので、速度を上げて走ることには不向きです。

この姿勢は疲れを取る時や、ヒルクライムに挑む時などに使いましょう。

ブレーキとの距離も空いているので、車が多い場所では速度を抑え、早めにブレーキレバーを握ると良いですよ。

ハンドルの下側を握ると「下ハン」となります。

疲れは溜まりやすいものの、空気抵抗が減るのでブレーキが掛けやすく、スピードを上げても余裕で走行が可能となります。

下り坂や向かい風の時には、この姿勢を取りましょう。

下ハンよりもさらに下の部分を握る人は「スプリンター」と呼ばれています。

ハンドルの種類や位置を色々と調整・交換して、自分に一番馴染むものを見つけ出して下さいね。

ハンドルの種類は豊富

ハンドル交換の方法や、ハンドルの種類や握り方について、ご紹介しましたが、いかがでしたか?

ハンドルは種類が豊富です。
人によって、合うハンドルが違います。
自分に合っていて扱いやすいハンドルを探してみてください。

また、ハンドル交換が自分では難しいと感じたら、自転車屋さんに頼むと良いでしょう。

 - ハンドル ステム, 自転車全般