豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のハンドルの交換方法をご紹介します。

      2017/07/12

自転車のハンドルの交換方法をご紹介します。

自転車に乗っていて、体とつながる部分は、ハンドルとサドルとペダルの3点です。
この3点しかない身体との接点の中でも、常に握っておくハンドルは非常に重要です。

自転車にとって重要なパーツであるハンドル・・・
ご自分のハンドルが気に入らなければ、交換をしてはいかがでしょう。

今回は、自転車のハンドルの交換方法やハンドルの種類、握り方についてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001884-1.jpg
ロードバイク本体やパーツを通販で購入するときの注意点

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001779-2.jpg
ジオスのロードバイクは種類が豊富!その評判とは?

イタリアの「GIOS(ジオス)」は、ジオスブルーで有名な老舗...

pwk0001875-1.jpg
スプロケットにスペーサーを入れれば何速用でも対応可能か?

スプロケットとは、自転車の後輪に付いているギアの歯車のこ...

pwk0001866-2.jpg
自転車のタイヤに空気が入らない原因と対策を考える

当たり前のことですが、自転車はタイヤに空気が入らないと動...

pwk0001860-2.jpg
山手線に乗って一周したことある?自転車ならどれ位掛かる?

東京や首都圏在住の方なら、一度は乗ったことがあると思われ...

pwk0001775-2.jpg
クロスバイクとロードバイクの違いは?坂道はどちらが向く?

スポーツ自転車に初挑戦するときに悩むのは、どの車種を選ぶ...

pwk0001772-2.jpg
カンチブレーキを交換したい!どんなブレーキが良いの?

カンチブレーキをご存知ですか? 昔はほとんどのMT...

pwk0001770-2.jpg
mtbにロード用のコンポを搭載したらどうなんだろうか?

スポーツ自転車のコンポは、mtb用とロード用に分かれてい...

pwk0001785-2.jpg
ラレーのロードバイクはクラシカルなデザインで評判!

ラレーは、イギリスで100年以上の歴史を持つ自転車メーカ...

pwk0001883-1.jpg
プロ推奨!ロードバイクのおすすめフロント・リアライト

ロードバイクやクロスバイクを買ったら、他に買う必要のある物の...

pwk0001882-1.jpg
【ランキング】おすすめロードバイクペダル【10選】

ロードバイクのペダルと言えば、靴とペダルがガチャッと一体にな...

pwk0001858-2.jpg
プロが選んだ!おすすめロードバイクホイールのランキング

ロードバイクの走りを左右する最も重要なパーツは何かと聞かれれ...

pwk0001857-2.jpg
おすすめロードバイクタイヤ10本をランキング形式でご紹介

ロードバイクで最も重要なパーツはホイールですが、タイヤはその...

pwk0001832-2.jpg
色々な人のためにプロが本気で厳選したロードバイクのサドル

ロードバイクのサドルとは奥の深いもので、お尻の痛み問題をはじ...

pwk0001766-2.jpg
fsaのクランクの評価と他メーカーのコンポとの互換性は?

fsaのクランクは、BB30仕様の完成車によく使われてい...

pwk0001765-2.jpg
bianchiのクロスバイクは人気が高い!サイズ選びも重要

現存する最古の自転車メーカーが、イタリアのbianchi...

pwk0001763-2.jpg
クロスバイクのタイヤ700x28cとは何のことを表しているの?

スポーツ自転車のタイヤは、種類によって使用されているタイ...

pwk0001762-1.jpg
自動車のミラーに接触したかも!どういう対処すればいい?

自転車に乗っていて、自動車のサイドミラーと、自転車のハン...

pwk0001761-1.jpg
自転車タイヤのバルブ交換をしたいけどどんな種類があるの?

自転車のホイールから突き出ている小さな突起物が、タイヤに...

pwk0001760-1.jpg
自転車の逆走は重大な違反です!取締りが強化されたわけとは

2015年の道路交通法改定により、自転車の違反に対する取...

スポンサーリンク


自転車のハンドルグリップの交換方法

自転車のハンドルが汚れてきたと感じるようになったら、思い切ってグリップを交換することをおすすめします。

まずは古いグリップを外しましょう。

左右どちらから外しても構いませんが、とりあえず今回は右からやっていきたいと思います。

グリップの端にキャップが付いていたら、それを取り外しましょう。
指でつまめば簡単に取れます。

そうしたらカッターを使って、グリップを切り取ります。
片手でしっかりとグリップを押さえ、外側の端まで切り込みを入れたら、両手で引っ張ってやりましょう。

新しいグリップには、多少湿る程度に水を含ませてください。
こうすることで、力を入れなくても、スムーズに取り付けることが可能になります。

あとは、ハンドルに押し込めばオーケーです。
可能でしたら、左側も同じように交換してください。

パーツを取り替えるだけで、全体的な雰囲気も、自分自身の気分も変わります。

気になる付属品を見つけたら、予算と相談してから購入して、自由にカスタマイズしてみましょう。

乗るだけが自転車の楽しみではありません。
見た目も変更することで、もっと楽しい自転車ライフを送ることができますよ。

自転車のハンドルバーの交換方法Part1

自転車は、ハンドルバーを交換することも可能です。
長さや角度を変えれば、乗り心地も今までとは違うものになります。

今までのハンドルがしっくりこない場合や、気分を変えたいときは、別のものと交換すると良いでしょう。
黒がメインカラーとなっていますが、ブランドによっては、様々な色やデザインが取り揃えられています。

交換するために必要なものは「六角レンチ」「マイナスドライバー」「新品のハンドルバー」の3つです。

まずは、古いハンドルバーを取り外さなければなりません。

外す順番は「グリップ」「ブレーキレバー&シフター」「ハンドルバー」です。

ロックオンタイプのグリップは、六角レンチでバーエンドに付いているボルトを緩めてから、マイナスドライバーを使って、バーエンドを取り外します。

そして、グリップの端にあるボルトも緩め、グリップを抜きましょう。
ノーマルは、また違う外し方となります。

続いて、ハンドルを留めているボルトを緩め、ブレーキレバーとシフターを外してください。

ブラケットが付いていたら、それも取ってしまいましょう。

反対側も同じやり方で、グリップ・ブレーキレバー・シフターを取ってください。

自転車のハンドルバーの交換方法Part2

自転車のハンドルバーを交換するには、4つのボルトで留められているステムを取り外す必要があります。

緩めるときは、対角線上に来るように緩めてください。
ある程度緩んだら、途中からは手で外せます。

すると、ステムの蓋も取ることができます。
そうしたら、いよいよ新しいハンドルバーを取り付けます。

最初は、ブレーキレバーとシフトレバーから装着していってください。
ただし、この段階で、ボルトを締めてはいけません。

また、順番を間違えると、ブレーキレバーとシフターが付けられなくなる可能性があるので、気を付けてください。

取り付けられたら、ハンドルバーを装着していきます。
ボルトは、取り外したときと同じように、対角線上に締めていきましょう。

センターを決めたら軽く締め、適切な位置を見つけたら、きっちりと力を入れて締め付けてください。

なお、ステムの蓋と本体との間が均等になるようにしてください。

最後はグリップの取り付けです。
ハンドルの端と、バーエンドのボルトを締めれば付けられます。

仕上げにブレーキレバーとシフターの角度を調節して、こちらもボルトをきつく締めたら作業完了となります。

反対側も同じように取り付けましょう。

手順こそ多くて複雑そうですが、やってみれば意外と簡単にできてしまいます。

ロックオンタイプのグリップ交換方法

自転車のハンドルのグリップには、ネジで留めておく「ロックオンタイプ」というものがあります。
今回は、こちらの交換の方法をお伝えしたいと思います。

用意するものは
「アーレンキー」
「マイナスドライバー」
「新品のグリップ」
「ウエス(いらない布なら何でも構いません)」

の4つです。

まずは、グリップの端に付いているボルトを緩め、エンドキャップを外しましょう。

これは、転んだときなどに砂や泥が入ることを防ぐためのもので、マイナスドライバーを使うと簡単に外せます。

これで、グリップを抜くことができます。

新しいグリップを取り付ける前に、ハンドルバーを適当な布で拭いて、ホコリや手の脂などを取り除いておきましょう。

拭き取れたら、古いグリップが付いていた位置に新品のグリップを差し込み、エンドキャップをはめ込んでやれば作業は終了です。

念のため、ボルトがきちんと締まっているかを確認してください。
異常がなければ、反対側も同じやり方で取り付けましょう。

グリップを留めているボルトはとても小さいため、締めすぎないように気を付けてください。
また、紛失にも注意しましょう。

手順は少なく、特殊な工具も使わないので、比較的簡単に行えます。
気分を変えたくなったら、他のデザインのグリップを使ってみるのも悪くありませんよ。

スポーツ自転車のハンドルの種類と選び方

自転車のハンドルには、種類によって異なる曲がり方が備わっています。

例えば「シャロー型」と呼ばれるタイプは、最も古い型とされており、ドロップ部分が丸いので「丸ハン」とも呼ばれています。
特別悪いところもなければ、突出したところもない平均的な性能です。

次は「アナトミック型」です。
こちらは、ドロップ部分がまっすぐに伸びているので、見た目がとても格好良いです。
しかし、ブレーキとの距離が空いているため、手や指が短い人は大変かもしれません。

一番新しいタイプは「アナトミックシャロー型」です。
リーチは短く、ドロップ部分の曲がり具合はとても大胆で、ハンドルの上側とブラケットとの間に段差がないおかげで、ポジションをスムーズに変えられます。

ブレーキが近いので、すぐに手が届くというのも嬉しい点ですね。

ハンドルバーの太さは、バークランプ径という数値によって表されます。
メインとなっているサイズはいくつかありますが、その中でも25.4mmは、マウンテンバイクに多く見られます。

ドロップハンドルの場合は、あまり使用されませんが、マウンテンバイクのステムを使うことができるので、その点を注目されています。

細いフレームには26.0mmが最適です。
反対に、太めのものには31.8mmを使いましょう。

別のサイズと組み合わせたりすることも可能ですが、適したサイズというものが存在するので、交換時にはきちんと合っているものを選んでください。

ドロップハンドルの握り方&ハンドルポジション

自転車のハンドルのうち、ドロップハンドルのポジションは、親指をブラケットに掛けて、小指以外をブレーキレバーに掛ける握り方が基本となっています。

人差し指だけなら「1本掛け」、中指も含めると「2本掛け」、薬指まで使えば「3本掛け」となります。

ほとんどの人は、1本か2本掛けであることが多いようです。
指が短めの人の場合は、3本掛けにするとブレーキに触りやすく、操作もしやすくなるのでおすすめですよ。

このポジションは姿勢が低くなるので、疲れやすいという欠点はありますが、下ハンよりは疲れません。

ハンドルの付け根を握るやり方は「上ハン」と呼ばれます。
上半身を起こしているので、呼吸しやすいことが特徴です。

しかし、空気抵抗は強くなるので、速度を上げて走ることには不向きです。

この姿勢は疲れを取るときや、ヒルクライムに挑むときなどに使いましょう。

ブレーキとの距離も空いているので、車が多い場所では速度を抑え、早めにブレーキレバーを握ると良いですよ。

ハンドルの下側を握ると「下ハン」となります。
疲れは溜まりやすいものの、空気抵抗が減るのでブレーキが掛けやすく、スピードを上げても余裕で走行が可能となります。

下り坂や向かい風のときには、この姿勢を取りましょう。

下ハンよりも、さらに下の部分を握る人は「スプリンター」と呼ばれています。
ハンドルの種類や位置を色々と調整・交換して、自分に一番馴染むものを見つけ出してくださいね。

ハンドルの種類は豊富

ハンドル交換の方法や、ハンドルの種類や握り方について、ご紹介しましたが、いかがでしたか?

ハンドルは種類が豊富です。
人によって、合うハンドルが違います。
自分に合っていて扱いやすいハンドルを探してみてください。

また、ハンドル交換が自分では難しいと感じたら、自転車屋さんに頼むと良いでしょう。

 - ハンドル ステム, 自転車全般