豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイク買うなら手軽な中古?それとも新車?

      2017/01/23

ロードバイク買うなら手軽な中古?それとも新車?

ロードバイクなどの自転車の購入は、中古の場合と新車の場合、大きく分けて2通りありますよね。
中古は安価でお手軽に買えるイメージで、新車は高いけれど安心というイメージがありますが、果たして購入するならどちらが良いのでしょうか。

今回は、そんなロードバイクの購入方法についてお話しします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

pwk0001703-1.jpg
プロ視点で考える中古ロードバイクや中古パーツのおすすめ!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001702-1.jpg
ブリヂストンのママチャリのタイヤ交換にどのくらい掛かる?

ロードバイクやMTBのタイヤは、速く走るための必須アイテムと...

スポンサーリンク


中古か新車、どっちが良いの?①

初めてのロードバイクは、手軽に買える中古をお試しとして、とにかく安いものをと考える人も少なくないようですが、中古の自転車はおすすめできません。
自分の命を乗せて走る乗り物として、中古の自転車は、とても危険だからです。

中古の自転車がおすすめできない理由のひとつには、中古の場合、不具合やダメージがあったとしても、その判断が難しい点にあります。

新車であれば、問題が見つかった場合、購入したお店で返品・交換・修理などに対応してもらえます。
中古には補償がないために、不具合やダメージが見つかったからといって、対応を求めることはできません。

中古の自転車を購入する場合、不具合やダメージを、自分で修理・調整する必要が生じることを承知の上で購入する必要があるのです。

安く購入した中古の自転車を自分で修理・調整しようと思っても、部品が手に入りにくく、手間がかかったり、部品や修理代が高額になってしまう場合もあります。

そのため、初心者の場合は、中古よりも新車がおすすめです。

中古か新車、どっちが良いの?②

中古の自転車の状態を判断するのは、自転車屋さんでも難しいことがあります。
分解しないと判断できない場合があるからです。

例えば、カーボンは、非破壊検査をしなければわかりません。

中古自転車を購入する場合、状態の良し悪しの判断は、販売者の善意を信じるしかないということになります。
販売者に悪意がなくても、販売者がその自転車の状態を完璧に把握しているとは限りません。

自転車の状態を判断する能力と、不具合があった場合に自分で修繕する技術や知識がないのであれば、中古の自転車に手は出さない方が安心です。

特に安価な中古自転車の場合、”安かろう悪かろう”は、当然のこととみなすべき場合が多いのが事実です。

誰かから譲り受ける場合でも同じです。
自転車の状態をしっかりと確認してから譲り受けましょう。

中古自転車を購入する場合には、自転車の値段に修理調整費などを加えて、予算立てをする必要があります。
修理・調整だけで済めばいいですが、中には廃車同然の中古自転車もあり、大きな事故につながる危険性があります。

また、修理調整したからといって、中古の自転車が新車になるわけではありません。
次から次へと修理が必要な箇所が出てくれば、それだけ費用も手間もかかります。

正規販売店でしか取り扱いのない部品は、入手が困難です。
古くなればなるほど、さらに部品を手に入れるのが難しくなります。

安いからと、軽はずみに購入せず、自転車について深い知識のある人に相談しましょう。

中古にもメリットはある!

初心者が初めてのロードバイクを購入するのであれば、新車がおすすめです。
ですが、決して中古自転車屋さんを否定しているわけではありません。

スポーツ自転車の愛好家は、自転車をとても大切にしている方がほとんどです。
大事に扱われ、しっかりとしたメンテナンスが行われているので、中古でも状態の良いものが多くあります。

手をかけ大切にしてきた自転車を、誰かにまた大事にしてもらえればという気持ちが感じられます。
中古自転車屋さんでは、さらに自転車屋さんによる確認が行われ、必要な修理や調整が加えられてから店頭に並べられています。

しかし、中古自転車に補償はありません。
中古自転車の状態を、ある程度見極められる能力と、修理・調整する技術がある人には、中古自転車でも大丈夫です。
しかし、それらの能力のない初心者には、中古自転車をおすすめすることはできません。

ロードバイクなどのスポーツ自転車は、中古でも、そこまで安価にはなりません。
もともと安いものであった場合は、新車でも性能が不十分であった可能性があります。

いずれにしても、破格の中古自転車にはそれなりの理由があり、修理・調整に費用がかかるだけでなく、乗車に危険を伴う可能性も高いということです。

安く売られているからと、軽い気持ちで中古自転車を購入するのは避けましょう。

新車より手軽?中古で自転車を買う方法

中古自転車は、新車と比較すれば安価です。
手軽な値段で購入したい人にとって、中古自転車は魅力的です。

中古自転車を購入するには、いくつかの方法があります。

ひとつは自転車販売店です。

街中にある自転車屋さんの中には、中古自転車の下取りを行っていて、新車の販売と同時に下取りした中古自転車の販売をしているお店があります。
自転車のプロにより、修理・調整などがされているため、安心して購入できますが、値段は高めです。

リサイクルショップでも、中古自転車が買えます。
自転車販売店より安価ですが、品質の良し悪しはわかりません。

フリーマーケットでは、ブランド自転車が出品されるケースが多いようです。
売り手との価格交渉などが、フリーマーケットの楽しみ方のひとつです。

売り手が元の所有者である場合、自転車について直接質問するなどして、状態を見極めることができるかもしれません。

各自治体による放置自転車の競売もあります。
市役所や区役所などで、月に1度程度開催されています。
放置自転車は、サビだらけでコンディションの悪いものが多く、その中から状態の良いものを見つけるのは困難です。

オークションはお手軽だけどデメリットも?

大手のオークションサイトには、中古のロードバイクの出品も多くあります。
人気のブランドや新古品の場合は、競争率が高く、入手が難しくなります。

ですが、中古のロードバイクの入手方法としては、最も安価になる可能性もあります。

オークションの開始価格が安く設定されている場合が多く、希望者が少なければ、安く購入することができるのです。

オークションサイトでは、手頃な価格で手軽に中古自転車が購入できる反面、デメリットもあります。
出品者の住所が近ければ、中古の自転車を直接届けてもらうことで、配送料を節約することができます。
配送が必要な場合は、その費用は高くなります。

また、中古自転車の状態を確認できないのも、大きなデメリットです。
中には全く乗れない状態のものが出品されているケースもあるようで、修理に数万円かかってしまう場合もあります。

オークションでは、中古自転車が安く買えても、配送料や修理・調整費に高額を要することがあります。
場合によっては、新車よりも高くついてしまう可能性があるので、注意が必要です。

一番手軽!?中古自転車は仲間から譲り受けるべし

中古自転車の最も手軽な入手方法は、友人からお下がりを貰うことでしょう。
手軽なだけでなく、最も安心できる方法でもあります。

友人から譲り受ける場合の最大のメリットは、試し乗りが出来ることです。
サイズ感なども含めて、実際に乗って確かめることができれば安心です。

配送料などの手数料も必要なく、利益を求めてはいないため、納得のいく価格で安く譲ってもらうことができるでしょう。
友人であれば何より信頼でき、気軽に相談もできて、安心して購入することができます。

完成品を手放すのではなく、フレーム・シートポスト・ステムだけなどを交換するという場合もあります。
この場合は、交換で必要なくなったパーツだけを譲り受けることになるので、その他のバーツは自分で後付けして完成させる必要があります。

友人であれば、どんなパーツをどうやって手に入れて、どう組み立てればよいかなど、相談することもできます。
ですが、ある程度の知識と技術はあった方が良いでしょう。

初心者の場合には、中古車よりも新車の方が、様々な点で安心安全です。

初心者は新車がおすすめ

ロードバイクの中古購入や新車購入について、お話しさせていただきました。
ロードバイク初心者が最初に購入する1台は、新車が良いです。

中古を買うのは、自分が知識を蓄え、パーツの良し悪しを判断できるレベルに到達してからにしましょう。
新車は高いといっても、中古を買ってすぐに壊れては、余計に高くついてしまいますからね。

 - 自転車 購入