豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車チームを作って、東京でサイクリングを楽しもう!

      2017/01/27

自転車チームを作って、東京でサイクリングを楽しもう!

東京にお住まいの方、誰かと一緒に自転車で走りたいと思うことはありませんか?
とはいえ、既存の自転車チームに入るのは勇気がいるものですよね。

そんな場合は、自分で仲間を集めてみてはいかがでしょうか。

今回は、自転車チームの作り方や、東京のおすすめサイクリングスポットをご紹介します。
この機会にチームを作り、東京で自転車を思い切り楽しんでください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

pwk0001703-1.jpg
プロ視点で考える中古ロードバイクや中古パーツのおすすめ!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001702-1.jpg
ブリヂストンのママチャリのタイヤ交換にどのくらい掛かる?

ロードバイクやMTBのタイヤは、速く走るための必須アイテムと...

スポンサーリンク


自転車チームは自分で作った方が良い?

東京で誰かと一緒に自転車で走りたいなら、自転車チームに参加しましょう。

といっても、時間が合わなかったり、チームのペースについていけるか不安だったりして、なかなか参加できない人もたくさんいます。

時間が合わない場合は、あきらめるしかないのですが、チームのペースについていけるか不安な場合は、あきらめる必要はありません。

基本的に、チームのメンバーは、自転車好きの良い人が多いです。
とても厳しいチームや、玄人だけのチームでなければ心配はいりません。
初心者には、フォローもしてくれるでしょう。

しかし、どうしても不安だったり、人見知りだったりして、走行会などにも参加できない人がいます。
また、時間が合わなくてチームに参加できない人もいます。

そのような人たちにおすすめなのが、自分でチームを作ることです。
そうすれば、自転車のチームに参加できない理由が解決できます。

上記の悩みがあってチームに参加できない人は、ぜひ自分でチームを作りましょう。

自転車のチームを自分で作るメリット

自分で東京に自転車チームを作るメリットは、自分の都合で開催できることです。
他のチームのチームライドでは、日時・集合場所・目的地は、基本的にすでに決まっています。

しかし、自分でチームを作ると、自分に合わせたチームライドができるのです。

自分の休みの日や、行きたい場所などを決めることができます。

また、チームの方向性を自分で決めることができるというメリットもあります。
例えば、東京の美味しいお店を探す食事会も毎回しているのなら、グルメサイクリングチームになります。

ヒルクライムなど、本格的な走りが好きなら、ガチなチームになります。

他のチームに参加する場合は、自分の趣向に合うチームを見つけなくてはいけません。
見つかったとしても、身近にあるとは限らないので、色々と苦労します。

しかし、自分でチームを作ると、自分の趣向に合ったチームを作ることが可能です。

自転車チームを作ると決めたら、まずは情報発信!

自転車チームを作る場合は、まず情報発信をしないといけません。
自分でチームを作る場合は、自転車乗りがここにいるというのを知らせないといけないのです。

そして、あなたについても知ってもらわなければなりません。
情報発信におすすめなのがブログです。
ブログで、自分のことを書いていき、あなたについて知ってもらいましょう。

ブログでなくても大丈夫ですが、SNSなどは投稿記事が検索で引っかからないので、止めておきましょう。
投稿できる文字制限があるものや、どんどん流れていくツイッターなども止めたほうがいいでしょう。

内容が何を書けばいいのかわからない場合は、普段思っていることや、何したかをそのまま書きましょう。

自転車についてはもちろん、自分の趣向を書いたり、なんでも発信しましょう。
検索する人は、同じ趣向の人なのでコメントなどがもらえることがあります。

また、活動地域は明確にしましょう。
東京で走る場合は、「東京」と明記しましょう。

活動地域がわからなければ、参加できないので、メンバーが集まらなくなるからです。

東京のおすすめサイクリングロード①

チームメンバーが集まってチームができたら、東京でサイクリングを楽しみましょう。
東京のおすすめのサイクリングロードは、たくさんあります。

【多摩川サイクリングロード】

東京と神奈川の境にあります。
川沿いなので、開放感があります。

コースの近くには飲食店があるため、いつでも休憩できます。
多摩川サイクリングロードのゴールは、神社の大鳥居なので、ゴールの達成感を感じることができます。

【若洲海浜公園】

東京のお台場近くにある海沿いの公園です。
自転車デートにも、おすすめのサイクリングロードです。

ゴルフリンクス・海釣り施設、ヨット訓練所などもあります。
サイクルセンターには、自転車のレンタルがあるので、お金を払えば自転車を持って行かなくてもサイクリングをすることができます。

春や秋なら、お台場でデートのプランに、サイクリングをするのも良いでしょう。

若洲海浜公園は、自転車チーム・カップル・家族などがサイクリングをするのに、おすすめのコースです。

東京のおすすめサイクリングロード②

【江戸川サイクリングロード】

東京の江戸川に沿ったコースです。
「男はつらいよ」の舞台になった、東京の下町の歴史を感じることができます。

柴又帝釈天に続く山道には、団子屋や漬物屋などがあるので、食べたりお土産物を買ったりという楽しみもあります。
サイクリングの後に、葛飾柴又の下町を観光してみるのも良いでしょう。

【昭和記念公園】

立川市にある公園で、敷地面積が1.8平方kmあります。
サイクリングコースは、14kmほどあります。

ママチャリ・マウンテンバイク・子ども用の自転車などをレンタルすることができるので、自転車を持っていない人でもサイクリングを楽しめます。

自転車を持ち込んでサイクリングをするのは、もちろん大丈夫です。

広大な敷地面積なので、こどもの遊べるアスレチックゾーンやフットサル・3on3バスケが楽しめるスポーツ施設、カフェレストランなどの施設が揃っています。

サイクリング以外も楽しむことができるので、自転車チームで行って楽しんでみましょう。

東京近郊のサイクリングスポットは他にも

東京近郊のサイクリングスポットは、まだまだあります。

【荒川サイクリングコース】

90kmくらいの川沿いのコースです。
長いコースなので、ロードバイクのトレーニング場としても、よく知られています。

コースの途中にたくさんの自然公園があるので、自然を楽しみながら、爽やかな走りをすることができます。
また、コースの途中には、休憩できる場所もたくさんあるので、自転車のチームで行ってみると良いでしょう。
初心者でも楽しめます。

【駒沢オリンピック公園】

2.1kmくらいのコースです。
ジョギングコース、園内一般通路と並行したコースがあり、四季の景色を眺めることができます。
コースにはカーブが作ってあるため、自転車の速度が出ないようになっています。

歩行者のための横断歩道もあるので、安全な走行が可能です。
自然を全身で感じながら、サイクリングを楽しみましょう。
自転車のレンタルもあるので、レンタサイクルも楽しむことができます。

東京でサイクリング

東京と聞くと、都会・ビル街のイメージですが、実際はサイクリングロードがたくさんあり、自転車を楽しみやすい街なんですね。

東京であれば人が多く、その分自転車を趣味にしている人も多いので、チームメイトを集めやすいのではないでしょうか。
東京でのサイクリング、存分に楽しんでくださいね。

 - サイクリング 情報, 自転車全般