豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

簡単デビュー!?3万円で買えるクロスバイクをご紹介!

   

簡単デビュー!?3万円で買えるクロスバイクをご紹介!

ママチャリに乗っていて、もっと速く、軽やかに走れる自転車が欲しいと思ったことはありませんか?
そんな方におすすめなのが、クロスバイクです。

しかし、2万円以内で買えるママチャリと比べて、クロスバイクは高価なものが多く、手が出し辛い方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、3万円で買える安価なクロスバイクをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001621-1.jpg
ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

ロードバイクを趣味で始めたい! でも、王道のシマノ...

pwk0001620-1.jpg
ドイツの老舗・シグマのサイコン!電池が手に入れにくい!?

サイコンといえば、キャットアイやガーミンが有名ですね。 ...

pwk0001619-1.jpg
日本一周するには自転車で!種類別のおすすめモデルをご紹介

自分探しをしたい方、一風変わった旅をしたい方! そんな方に...

pwk0001618-1.jpg
ミニベロでレースに参加しよう!仕様変更するべき部分は?

最近流行っているミニベロ。 ミニベロって何?という方も...

pwk0001617-1.jpg
シクロクロスバイクにはカンチブレーキがおすすめ?!

シクロクロスはオフロードで行われる自転車競技です。 ...

pwk0001616-1.jpg
通勤距離が4キロの方必見!自転車通勤を始めてみませんか?

毎日4キロ~5キロを自動車で、電車で、または徒歩で通勤してい...

pwk0001615-1.jpg
自転車のポジションで走りが変化!前乗りはパワーが出せる?

スポーツ自転車に乗ると、サドルの位置が高くて初めは怖いも...

pwk0001614-1.jpg
男性の自転車乗りは体重が軽い方が有利?それとも不利?

一般的に、自転車は体重が軽いが有利と言われています。 ...

pwk0001613-1.jpg
ロードバイクをフラットバー化したい!長さが重要って本当?

ロードバイクのハンドルをフラットバーにしようかな? なんて...

pwk0001612-1.jpg
ロードバイクのスプロケを交換したい!丁数はどう選ぶべき?

ロードバイクに乗っていて、そろそろスプロケの交換をしようかな...

pwk0001611-1.jpg
ロードバイクのホイールは10速から11速用に換えられる?

11速化に興味はあるけれど、そのホイールは今持っている自...

pwk0001610-1.jpg
自転車の前輪と後輪ブレーキの種類はどんなものがあるの!?

自転車のブレーキは車と違って、種類が分かれています。 ...

pwk0001609-1.jpg
フラットバー化が、ロードをクロスの見た目に近づける近道!

性能は、ロードバイクがいいんだけど、見た目はクロスバイクが好...

pwk0001608-1.jpg
アイスバーン対策に!チェーンとスタッドレスタイヤの効果

皆さんは、雪の多い地域にお住まいでしょうか? 冬でも、夏と...

pwk0001607-1.jpg
自転車メーカーは海外勢が人気?日本製の自転車ってどう?

ロードバイクを買うなら、あこがれの海外の自転車メーカーの...

pwk0001606-1.jpg
弱虫ペダル以外にも!高校生のロードレースを扱った作品

自転車を扱った作品といえば、弱虫ペダルですよね。 個性...

pwk0001605-1.jpg
通勤距離が5キロという人は自転車通勤始めてみませんか?

毎日ぎゅうぎゅうの電車に押し込められて、通勤だけで疲れ果...

pwk0001604-1.jpg
ロードバイクのブレーキシューを交換したい!交換方法は?

ロードバイクのブレーキシューの交換しようと思っている方はいま...

pwk0001603-1.jpg
ドロップハンドルのスポーツ自転車で街乗りしよう!

自転車を買うときに、ほとんどの人は街乗りにも使いたいと思...

pwk0001602-1.jpg
圧倒的な強さを持つカンチェラーラ!強さの秘訣を大公開!

ファビアン・カンチェラーラ。 ロードバイクを本格的にやって...

スポンサーリンク


3万円で買えるクロスバイク

3万円くらい出せばそこそこのクロスバイクが買えます。
そこで、3万円台のクロスバイクを何台かご紹介していきます。

【アートサイクルスタジオ:RADURE(ラデュール)】

3万円を少し超えますが、組み立てを日本で行なっているという安心感があります。

ブレーキもクランクもシマノで、この値段なのは素晴らしいです。
前後共にクイックレリーズで、拡張性が悪い3×7段変速ですが、この値段なら仕方ないでしょう。

【ドッペルギャンガー:401 amadeus】

とても安いのに、お洒落な自転車で知られています。
激安自転車は、耐久性に問題がありそうだと思う人は多いようですが、ひと世代前のドッペルギャンガーに数年乗っている人もいます。

サドルの大きさが気になる人は、交換したほうが良いかもしれません。

コストパフォーマンスと快適性に優れたクロスバイクと言えるでしょう。

あさひのクロスバイクも3万円で手に入る

【アサヒサイクル:ウィークエンドバイクス】

3万円を切ります。

フレームはアルミ素材で、重量は11キロとやや軽めです。
ママチャリが20キロほどあるので、約半分の重量になります。

タイヤは700C×32Cですが、700はタイヤホイールのサイズで32Cはタイヤの幅です。

700のサイズは、ママチャリよりも大きくて、クロスバイクやロードバイクでは標準的なサイズです。
32Cは、やや太いタイヤ幅になるのですが、ママチャリよりは細く、路面との摩擦抵抗が少ないです。

路面との摩擦抵抗が少ないので、ママチャリよりスピードが出ます。
このくらいのタイヤなら、少し路面状況の悪い街中でも使用できるでしょう。

変速機は、シマノの7段変速機を使っています。
高性能なクロスバイクの変速機には、20段以上の変速機が使われていることがありますが、街乗りなら7段でも十分足ります。

7段変速機でも、平らな道で全力で漕げば、30km/hから40km/hは楽に出すことができるので、快適な走行が可能です。

3万どころか2万でお釣りがくるクロスバイクも

【piedi:CCR7006CT】

コストパフォーマンスが素晴らしいです。
ネットの相場は、なんと17,000円なのです。

3万どころか、2万でお釣りがきます。

変形フレームを使っていて、ホイールはディープリムなので、とてもお洒落です。

あまりの安さに、不安に感じるかもしれませんが、通勤などに使用するぶんには問題ないでしょう。
ですので、通勤や遊びに行くのに使う場合は、このクロスバイクでも十分でしょう。

【TRINITY:PLUS Dos】

これも2万円あれば買えてしまうクロスバイクです。
安さの理由は、旧モデルより、スペックダウンさせたためです。

旧モデルのフロントディレーラーは無くなり、チェーンリングは1枚になっています。

フレームも軽量化とコストダウンのためか、アルミストレートフォークになっており、乗り心地は期待できません。

ブレーキは、Vブレーキになっています。
タイヤは、26Cと細いタイヤを装備しています。

コンポーネントには、シマノ製のパーツを使用しているので、安心感があります。

3万円で買えるクロスバイクは他にも

3万円で購入することができるクロスバイクは、他にもまだまだあるので、ご紹介していきます。

【ヨコハマバイク】

ヨコハマバイクは速さに定評があることで、よく知られているクロスバイクです。
29,800円という値段にしては、軽めのクロスバイクです。

この価格ながら、フレームにはクロモリ素材を使用し、リアディレーラーにはシマノのソラが採用されています。

コストパフォーマンスは、とても高いといって良いでしょう。
また、身長が150cmから対応しているので、小柄な人でも乗りこなせるクロスバイクです。

【a.n.design works:CNF7】

3万円以内で買えるお洒落なクロスバイクとして、よく知られています。

様々な服装にも合う、シンプルなデザインをしています。
シマノ製の7段変速は、通勤・通学も快適にできるでしょう。

重量は11.5キロなので、軽快に乗ることができます。
カラーは4色あり、ブルー・ホワイト・ブラック・シルバーから選ぶことができます。

なんと3万円以下のロードバイクもある!?

3万円以下のクロスバイクをご紹介してきましたが、3万円以下のロードバイクもあります。

【グランディール】

21段変速機付きのロードバイクです。
フレームサイズは470mmと520mmの2サイズあります。

ブレーキパターンが2通りあり、ドロップバーとしてのかけ方はもちろん、クロスバイクと同じフラットバーのようにブレーキをかけることも可能です。

性能は価格以上ではありますが、ロードバイクとは言い難い自転車といえるでしょう。

しかし、カスタムの仕方によっては、ロードバイクといっても良いくらいになるでしょう。

そのため、このロードバイクを買いたいと思っている場合は、自分で自転車をカスタムしたい人や、将来的には自分でカスタムできるようになりたいという人に、おすすめのロードバイクです。

普通に走る場合は、何も問題はありません。
ですが、有名メーカーのロードバイクをイメージして買ってしまうと、イメージと現実のギャップが生まれるかもしれません。

ロードバイクを体験してみたいなという人には、向いているロードバイクでしょう。

クロスバイクをネットで買う場合の注意点

3万円以下のクロスバイクを、通販やネットで見つけて買うときは注意が必要です。
通販では、店舗より安い値段で売られていることがほとんどです。

しかし、2万円以下でよさそうな自転車を見つけても、店舗で買うようにしましょう。
店舗で買うことで、整備をしてくれます。

そのため、故障したときの手間も少なくなり、防犯登録も出来てしまいます。

通販で買うということは、アフターフォローは全部自分で行なうということになります。

少しでも安いクロスバイクをネットでいいから買いたい。
しかし、リスクを減らしたいから、参考になる情報が欲しいという人は、次のことに気をつけましょう。

ネット購入は口コミを参考にする人がほとんどでしょう。
口コミでは、「現物はしっかりしていた」「初期不良に即対応してくれた」というコメントがあるか確認してください。

できれば、本物のクロスバイクに乗っていてルック車も使っている人が、「値段なりだけど、乗れます」というようなコメントがあればベストです。

また、そのときだけ口コミをしているユーザーのものではなく、よく口コミをしているようなヘビーユーザーの評価があるものを参考にしましょう。

クロスバイクの基本価格

今回は、3万円で買えるクロスバイクをご紹介させていただきました。

しかし、クロスバイクは基本的には5万円以上するものだと考えておきましょう。
3万円で買えないことはありませんが、やはり5万円以上の物に比べて、性能が落ちている場合が多いです。
クロスバイクでありながら、英式や米式バルブの場合もあります。

また、あまりに安い場合は品質に問題があるかもしれませんので、購入の際はご注意ください。

 - 自転車 おすすめ, 自転車 購入