自転車を分解してみよう!ハンドルは簡単にできるって本当?

スポーツ自転車はパーツをカスタマイズしていく楽しみがありますが、それには分解が必要になる箇所が結構あります。

特にハンドル周りは、分解やメンテナンスが容易な割には、忘れがちな箇所です。

そこで今回は、ハンドルを含め、自転車を分解することを考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車に重要なハブの交換方法とは!?

皆さんがお使いの自転車には、ハブという部品が付いてます。この部品は、ホイールに付いている部品で、...

ロードバイクのカーボンフレームに傷!まだ大丈夫?

カーボンフレームの最大の特徴は「軽さ」です。以前は高価で高嶺の花だったカーボンフレームも、製造コス...

bmx初心者でもできるフラットランドのコツやポイント

bmxという自転車をご存じですか?ママチャリやロードバイクと比べると、少し馴染みの薄い自転車かも...

自動車のミラーに接触したかも!どういう対処すればいい?

自転車に乗っていて、自動車のサイドミラーと、自転車のハンドルやカゴが接触してしまったことはありま...

クロスバイクのブレーキの音なり問題

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。クロスバイクのブレーキの音なり、止まる時にキーキー鳴く...

ロードバイクにスタンドは使えるの?そんな疑問にプロが回答

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。「ロードバイクにスタンドを付けたい!!」よく聞...

シマノ?ステム?リアディレイラーの調整について

フロントにしろリアにしろディレイラーの調整がちゃんとできていない自転車って、乗っていていい気分がしま...

チューブラータイヤ愛用者必見!パンク修理に備えよう!!

ロードバイクに乗っていて、出先でいきなりチューブラータイヤがパンクしてしまった!でも、備えが完璧...

ついに自転車を手に入れた!防犯登録は義務になっているの?

自転車を手に入れたのだけど、必要な物とかあったらいい物って自転車本体だけでなくその自転車関係の装備...

クロスバイクの変速時の衝動は、スプロケットの交換で解消?

クロスバイクに乗る上でかかせないのが変速ですよね。変速時にガツンといった衝撃が来ることはあり...

弱虫ペダル以外にも!高校生のロードレースを扱った作品

自転車を扱った作品といえば、弱虫ペダルですよね。個性豊かで魅力的なキャラクター、リアルなロー...

ロードバイクブームでも、なぜ身長が低い女性用は少ないの?

スポーツバイクの流行とともに女性にもロードバイクが注目され、近年では人気アニメの影響で、そのブームは...

自転車の空気抵抗を減らして速く走るコツ!

自転車に乗っていると、空気抵抗を感じますよね。向かい風の場合は空気抵抗により、追い風の場合よりも...

自転車通学の女子学生、華麗なるその進化を検証

思い出せないほど昔ではないけれど、相当の昔、自分も自転車通学をするひとりでした。とても褒められたも...

クロスバイクとロードバイク、速さの違いは実際どんなもの?

ひと括りにスポーツバイクといっても、種類はいろいろあります。主なものの中にロードバイクとクロスバ...

スポンサーリンク

自転車のハンドルのカスタマイズは分解から始まる

自転車の分解は、簡単だと思ってやると意外と難しく、難しいと考えて行うと意外と簡単にできたりする、奥の深いものです。

また、特にスポーツ自転車は、自分なりにカスタマイズしていくものなので、分解することも多いですね。

今回のテーマであるハンドル自体を分解することはありませんが、ヘッドチューブの周辺は分解してメンテナンスすることが、非常に大切な部分でもあります。

まずはフロントフォークですが、ハンドルと前輪を繋ぎ、自転車をコントロールするための役割があります。

ステアリングコラムと呼ばれる胴体の部分と、ブレードと呼ばれる脚の部分から構成されています。
特にロードバイクでは、エントリーモデルでもブレード部分にカーボンを使用していることもあるほど、重要なパーツと言えます。

分解には色々な部分が連動してくるので、後ほど説明しますが、ひとつ例を出します。

例えば、ハンドルから伝わる振動が気になる場合には、カーボン製のフォークに交換すると、衝撃吸収の面で大きな効果があります。

ハンドル周りの分解は割と簡単にできる

続いてはヘッドパーツですが、非常に小さな部品ながら、ハンドリングのカギを握る大切な部分です。

ハンドルの操作性を上げるのは、ベアリングというパーツです。
自転車の回転部分には、必ずベアリングが装着されています。

クランクとフレームを繋ぐBB(ボトムブラケット)・ペダル・車輪の中央に装着されているハブなどにあります。

これらは足回りのため、重要視されてメンテナンスの方法が良く記事になっています。

ところが、ヘッドパーツは若干忘れられがちなので、気が付いたらハンドルが重く感じるなんてことは、よくあります。

ステアリングコラムの根元に付いている、下ワン部分を圧入するのがひと苦労なので、フォークを新品にするときは手間が掛かります。

ですが、分解・清掃はすぐできるので、ぜひやっていただきたいと思います。

あとは、ハンドルを支持してフォークを固定するステムというパーツで、ハンドル周りは成り立っています。

自転車のハンドル周りの分解方法

では、具体的にハンドル周辺を分解して、メンテナンスをしてみましょう。

ハンドル自体を自転車から外すのは、新しい物に交換するときですね。
まず、巻かれているバーテープを剥がします。

再利用はできないので、多少荒っぽく剥がしても大丈夫ですが、シフターやブレーキのワイヤーには気を付けてください。

続いて、レバーを外しますが、今のロードバイクは、ほとんどがブレーキ・シフト一体型です。

シマノのstiレバーは、ブラケットカバーをめくると、サイドに六角レンチで回せる固定ボルトがあります。

戻すときのことを考えて、完全に取り外さず、ハンドルから抜けば大丈夫です。

あとは、ステムとクランプしている部分を、六角レンチで緩めれば、ハンドルは外れます。

上記のように、ハンドルの取り外しは、基本的に六角レンチで全て行えます。

ロードバイクに限らず、自転車のメンテナンスは、ほとんど六角レンチでまかなえます。

よく使うのは4mm・5mm・6mmですので、その辺りを含む六角レンチを1セット(約1,000~2,000円)持っておくと良いと思います。

自転車のフロントフォークの分解方法①

次は、フロントフォークを分解してみましょう。

フォークを分解するには、まず自転車から前輪を外します。

ロードバイクはクイックリリースという機能が付いているので、レバー1本で車輪は外れます。

続いて、フォークにクランプされているブレーキを外します。
ブレーキも、六角レンチがあれば外れます。

次はステムをフレーム本体から外しますが、まずステム上部のアンカーボルトを緩めて、トップキャップをボルトごと抜き取ります。

ステアリングコラムにクランプしているボルトを緩め、ハンドルごとステムを抜き取ります。

ハンドルの高さを調節しているスペーサーとヘッドパーツの小物類を外しますが、元に戻すことを考えて、ヘッドパーツが取り付けられていた順番を忘れないようにしてください。

これでフォークが抜ける状態になりましたので、ステアリングコラムの根元を持って、下に引き抜いてください。

分解の目的がメンテナンスであれば、ヘッドパーツ類を清掃してグリスアップすれば完了ですが、フォークの交換となると、ここからが正念場です。

専用の工具なども必要になってきますので、次項で詳しく説明します。

自転車のフロントフォークの分解方法②

さて、自転車のフォークの分解は六角レンチ1本で可能ですので、さほど難しくはないと思いますが、新品と交換するとなると話は違ってきます。

しかも、フォークはカーボン製でも割と安価に手に入りますので、ハンドル性能を上げるには効率が良いカスタマイズなので、今後交換することもあるかもしれません。

外した古い方のフォークの根元には、下ワンと呼ばれるベアリングが圧入されているので、これを外して新しいフォークに付け替えなければいけません。

これを外すためには専用の工具がベストですが、マイナスのドライバーなどでも何とか代用できると思います。

外れたら、今度は新しいフォークのステアリングコラムの根元に圧入します。

手でグリグリやっても全く入っていきませんので、コラムに筒状の工具をかぶせて、上からゴム槌を使って叩く必要があります。

専用の工具はありますが、使い道がベアリングの圧入以外にありませんので、ちょっともったいないですね。

そこで、水道工事などに使う塩ビのパイプで代用することをおすすめします。

フォークコラムの径に合うパイプを30~40cm用意してください。

ホームセンタ―などで100~200円で、手に入ると思います。

あとは、パイプをかぶせて、思いっきり叩きます。

コラムがアルミの場合は強く叩いても大丈夫ですが、カーボンの場合は裂けてしまう可能性がありますので、慎重に行ってください。

自転車のフロントフォークの分解方法③

新しいフォークはステアリングコラムが長いままですので、自分の最適なハンドルの高さにするために、切断する必要があります。

切断は金ノコで可能ですが、真っ直ぐ切るためには、ソーガイドという工具があった方がベターです。

コラムを好みの長さに切断したら、ベアリングにグリスを塗って、ヘッドパーツを外したのとは逆の順番で取り付けて、フォークを自転車に戻します。

そして、フォーク交換の最後は、アンカーボルトの取り付けになります。

アルミフォークの場合は、スターファングルナットをステアリングコラムの中に圧入して、アンカーボルトの受けを作っていました。

しかし、カーボンフォークの場合は圧入ができないので、カードリッジ式のプレッシャーアンカープラグを使います。

別売りですが、1,000円程度で購入できます。

アルミフォークにも当然使えますので、ナットを圧入するより、こちらの方がおすすめです。
これでフォークの分解から交換までが完了しました。

ハンドルとフォークが運転のカギを握っている

今回は、ハンドル周りの分解やカスタマイズを見てきました。

特にフロントフォークの分解・交換を中心にしましたが、自転車の操舵性はハンドルとフロントフォークによって決まると言っても過言ではないので、積極的に行ってみてください。