豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクのチェーンの交換時期を見極める!

      2016/11/25

ロードバイクのチェーンの交換時期を見極める!

最近の自動車はオイル交換が必要になると走行距離によって自動車本体からコールがあります。

ロードバイクのチェーンも交換時期をコールしてもらえるようになると非常にありがたいのですが未だその機能を備えたロードバイクはありません。

ロードバイクにとってチェーンが持つ重要性とメンテナンス方法を始め交換時期はいつなのか?探っていきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001143-1.jpg
自転車のホイールハブをメンテナンスしよう!!

今回は、自転車のハブの玉押し調整とグリスアップをご紹介します...

pwk0001142-1.jpg
水泳の練習メニューの組み方って?大学選手の場合は?

ここでは、プールでの水泳練習というシチュエーションに限定して...

pwk0001141-1.jpg
水泳のカロリー消費量は、ランニングしたときよりも多い?

ダイエット目的で、トライアスロンを始めるという方は、いらっし...

pwk0001140-1.jpg
大阪のサイクリングロードやランチでおすすめはどこ?

大阪と言えば、市街地のイメージですよね。 市街地の景色...

pwk0001139-1.jpg
ロードバイクのインナーギアとアウターギア

ロードバイクのインナーアウターについてお話しします。 ...

pwk0001138-1.jpg
自動車メーカーのルノーって自転車も売ってるの?評判は?

ルノーという自動車メーカーは、自転車の販売も行っているという...

pwk0001137-1.jpg
カンパニョーロ・ゾンダのホイール2014をご紹介!!

ロードバイクに乗り始めて、まずグレードアップすべきパーツは車...

pwk0001136-1.jpg
ウォーキングや自転車の消費カロリーってどのくらいなの?

あなたは、ダイエットをしたいと思ったらまず何をはじめますか?...

pwk0001135-1.jpg
アミノバイタルの効果って!?水泳選手にも効果的!

アミノバイタルというものを聞いた事はありますか? 様々...

pwk0001134-1.jpg
giantのロードバイク「fcr」はどんな自転車だった?

giantと言えば、クロスバイクで有名ですね。 しかし...

pwk0001132-1.jpg
初心者の自転車選び!フレームはどこのメーカーがおすすめ?

自転車に限らず、初めてものを選ぶときに基準のひとつになること...

pwk0001131-1.jpg
自転車のハンドルの種類や調整方法を教えて!

自転車に乗っていて、手が疲れたり、もっと操作を楽にしたいと感...

pwk0001130-1.jpg
自転車のハンドルの交換方法をご紹介します。

自転車に乗っていて、体とつながる部分は、ハンドルとサドルとペ...

pwk0001129-1.jpg
自転車とロードバイク、ヘルメットを兼用しよう!

ロードバイクに乗るならヘルメットは必要だが、ママチャリなどの...

pwk0001127-1.jpg
持ち運びOK?自転車を持って電車に乗る方法

お気に入りの自転車で、遠くの地にサイクリングをしに出かけたい...

pwk0001126-1.jpg
ロードバイクでロングライドした思い出をブログにしよう!

ロードバイクに乗ることが慣れてきて、ロングライドに挑戦しよう...

pwk0001125-1.jpg
ロードバイク購入予定の方必見!チネリのスーパーコルサ

ご自分のロードバイク、持っていらっしゃいますか? ロー...

pwk0001124-1.jpg
ロードバイクでも有名なジャイアントのdefyシリーズを紹介

ロードバイクやクロスバイクで有名なジャイアント。 この...

pwk0001123-1.jpg
ホイールバランスってなんだろう?ロードバイクとの関係は?

ホイールバランスという言葉について、聞いたことはあるけれど、...

pwk0001122-1.jpg
初心者でもできるロードバイクのブレーキのメンテナンス

ロードバイクに乗り続けていると、様々な要因によってブレーキが...

スポンサーリンク


ロードバイクのチェーンの役割

ロードバイクのチェーンの役割ってなんでしょうか?

必死になってペダルを漕いだ力をタイヤに加える為のモノですね。

ロードバイクの場合エンジンは自分そのものです、自分の力を駆動に変えていくわけですから少しでもロスが無いように伝えていきたいですよね。

まずペダルを漕ぐことでクランクの付いているフロントチェンホイールを回すことになります。

チェンホイールにチェーンが巻き付いて動くことでもう片方巻き付いているホイールのスプロケットを回すことができます。

ホイールが回ることで推進力がうまれロードバイクが進むということですね。

このときチェーンがスムーズに動くのか抵抗がたくさんあるのかで推進力が全く違ってくるわけです、せっかく生み出したエネルギーですから無駄な抵抗に使われることなく動いてほしいモノです。

この役割を十分に担ってもらうためにもロードバイクのチェーンの交換時期は大切になってくるわけですね。

ロードバイクのチェーンの重要性

ロードバイクのチェーンがエネルギーを駆動力に代えるためにいかに重要かということです。

人間はとても非力で0.6馬力といわれています。

少ない力で早く遠くへ進んでいくことが目的のロードバイクにとって抵抗は少ないことに越したことはありません。

ロードバイクでもっとも多い抵抗は空気抵抗で全体の約8割だそうで、フレームやホイールでその空気抵抗を軽減しようと航空力学を用いた技術開発が盛んに行われています。

特にここ数年空気抵抗軽減を目指すフレームが各完成車メーカーのメイングレードとなっています。

ロードバイクの他の抵抗というのは摩擦抵抗と転がり抵抗で、この摩擦抵抗の軽減に大きく影響を及ぼすのがチェーンですね。

とにかく抵抗をすくなくスムーズに動かすため様々工夫がチェーンには施されいるわけです。

当然、チェーンとマッチするチェンホイール・スプロケットについても形状・材質も工夫されています。

チェーン本体の材質や使われるチェーンオイル等航空機で使用されている高価なモノもふんだんに使われています。

ただやはりかなりの負荷がかかりますのでストレスの蓄積も大きくなり交換時期を見誤るとロードバイクにとって重要な部分でありせっかくの高級品も意味をなさなくなるということです。

ロードバイクのチェーンの価格

ロードバイクチェーンの価格は一般的には1,000から9,000程度ですが、最高級品になると20,000するものまであります。

価格が上がるとどこが違ってくるかというとコーティングの処理です。

材質自体はほとんどが「鋼」ですがそこへ様々なコーティングを施してスムーズに動くように工夫をしているわけです。

余談ですが以前軽量マニアの間でチタンチェーンがというものが流通捨て時期がありましたが伸びが早くチェンジ性能が著しく低下する割に数万円と高価だったためごく一部のマニアだけがごく短い期間使用されていました。

アルミチェーンというのもありましたがこちらも高価格の割に性能と耐久性には問題があり変速回数の多いロードバイクにはあまり向かなかったようです。

軽量チェーンというと今でも残っているのはチェーンのリンク1つずつを中空にしたり肉抜きをしたりしたモノでしょうか、ロードバイクですので当然軽量に越したことはなく予算が許せば同じ抵抗であれば軽量の方がありがたいのは確かですね。

コーティングですが各社工夫を凝らしているらしくニッケルだったたりチタンだったりします。

チェーンの交換時期①

一般的にロードバイクチェーンの交換時期は3,000Kmから5,000Kmと言われています。
ただ、乗り方の違いで大きく違ってくることは想像できるかと思います。

ゆっくりのんびりと走ることが多い人・トルクを掛け加速感を楽しみながら走る人でも大きく違ってきますし、一定のアベレージをキープして走り続けるタイムトライアルやトライアスロンの人・ロードレースで他の選手のアタックに反応し続けて常にシフトチェンジを繰り返しながら走る人とではチェーンへのストレスに相当差が出てくるはずです。

一概に距離数だけでチェーンの交換時期を測るのはなかなか難しいかと思います。

目安になるのは「伸び」といわれる摩擦による変形具合を確認することで、専門の測りを使用し交換時期を正確に把握することが大切です。

ロードバイクのチェーンの交換時期を正確に把握するための「測り」自体は安価なものですから一つ用意しておくのもいいですし、販売店に立ち寄って時に依頼すればすぐに測ってもらえるものかと思います。

チェーンの交換時期②

ロードバイクの交換時期に影響を及ぼす腐食について考えてみます。

一般的にレースやイベント以外に雨天(通勤通学使用は後ほど)にロードバイクを乗ることはあまりないかと思います。

雨天時乗らないのになぜか腐食してしまうのは、汗やスポーツドリンクがチェーンにかかってしまうことがとても多いからです。

汗は雨よりも数段金属の腐食を進ませることになりますので、トレーニング等の後は必ずメンテナンスをする癖をつけることが大切です(メンテナンスについては後ほど)。

他に通勤通学で使用する人の中には屋外保管の方が多いのではないででょうか?また雨天でも通勤通学には利用されるはずです。

高温多湿の日本です、雨に降られない場合でもできることならシート等をかけておくと腐食の度合いはずいぶん変わるかと思います。

腐食したから即交換時期ということではないですが腐食が確認できたら進まないようにすることは大切です。

腐食を防ぐ為に1番有効なのは注油ですので次にメンテナンスについて少し。

チェーンの交換時期③

ロードバイクのチェーン交換時期を左右するメンテナンスについてです。

チェーンのメンテナンスに必要なことは「洗浄」と「注油」です。

チェーンオイルは様々なメーカーから様々な用途に合わせたグレードのモノが販売されていますのので自分の使い方に合ったモノを選ぶことが大切です。

粘度の高いモノから低いモノ・抵抗軽減性能が高いモノから「持ち」が良いモノ様々で、「しっとりした乗り味」「乾いた乗り味」等ロードバイクの乗り味を左右することもあります。

大体の傾向として粘度が高いモノの方が「持ち」が良いので注油の頻度は低くていいことが多い為通勤通学のように毎日使用する場合に向いているようです。

但し多くつけすぎると粘度が高い分ほこり等吸い寄せる能力も高くなりますから未舗装道路の走行や冬の風の多い日などは汚れをこまめにチェックする必要があります。

汚れがめだってきたら洗浄しましょう、洗浄専用のオイルもありますがひどい汚れの場合は中性洗剤を利用すると簡単に汚れが落ちます、当然汚れを落とした後には再びきちんと注油しましょう。

この繰り返し毎回のこととなるとかなり面倒になる人も多いかと思いますのでそんな人の為に洗浄と注油が一本で済むという優れものもありますのでぜひお試しください。

チェーンの交換時期④

レース使用の為のロードバイクチェーンのメンテナンスと交換時期についてです。

所謂「決戦用」となるためちょっと高価でも特殊コーテイングされたチェーンとか使いたくなりますね。

ただやはりここは確実なメーカー純正品を選んだ方が「安心」ということにはなるかと思います、純正品の最高級品なんか良いのではないでしょうか。(但しグレードによって互換性がありますので販売店で確認の上交換しましょう)

そしてチェーンの交換時期ですがレース直前(前日だったり新品をそのまま使用すること)は避けて欲しいモノです。

新品のロードバイクのチェーンは工場出荷の段階では上位グレードでもバリ等が付いたままのモノあり、また「馴染み」が出ていなので100%の能力を発揮してくれません。

まずは袋から出し保存用のオイルを洗浄し自分好み(レースですから持ちよりも抵抗軽減してくれるものの方が良いですね)のオイルを一晩かけて染み込ませ、300Kmから500Km位馴染みを出した状態で使いたいものです。

そんな準備をすると気分も盛り上がりアドレナリンの分泌も良くなるのではないかと。

ロードバイクのチェーンの交換時期

ロードバイクのチェーンは性能全体を左右する重要部品であり消耗品です。

適正なメンテナンスを行い自分なりの適正な交換時期を見極め100%の性能を発揮させましょう。

せっかく生み出すエネルギーを無駄にすることなく駆動力へ代えて楽しいロードバイクライフを送れるようにしましょう!

最後までお読みくださり誠にありがとうございました。

 - チェーン チェーンリング, 自転車 パーツ交換, 自転車全般