豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクの購入!東京で買うと安いの?

      2016/11/25

ロードバイクの購入!東京で買うと安いの?

ロードバイクを一台買うのに10万は必ずと言っていいほど値段が高いです。そのため買うのに一瞬躊躇ってしまう方もいると思います。今回は東京で安いロードバイクを買うにはどうすれば良いのかを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

pwk0001640-1.jpg
自転車の時速って?ママチャリと他の自転車を比較しましょう

自動車を運転するときは制限速度がありますし、スピードメーター...

pwk0001639-1.jpg
ロードバイクで車道と歩道の段差を乗り越えられるのか?

ロードバイクのタイヤはとても細いので、慣れない初心者のう...

pwk0001638-1.jpg
憧れのディープリムホイールは安いの?高いの?

自転車のトラック競技などで、よく見かけるリムの幅の広いホイー...

pwk0001634-1.jpg
あなたの自転車は大丈夫?自転車の歪みによる影響と解決法!

自転車に乗っていて、なんだか乗り心地が悪い… そんなこ...

pwk0001633-1.jpg
ドロップハンドルでブレーキに手が届かない場合はどうする?

皆さんは初めてロードバイクに乗ったとき、どのような感想を持っ...

pwk0001632-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換によって得られる効果とは?

クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの特長を併せ持っ...

スポンサーリンク


東京で安いロードバイクの購入をするなら中古品!①

人口が多い東京は、当然自転車の数も半端じゃありません。
地方に比べお金持ちが多い東京では、様々な理由で手放された高級ロードバイクが市場に安い値段になって出回っています。

中古品で探すとなると思い描くドンピシャな商品に出会うのは難しいかもしれませんが、素敵な商品を安く手に入れられる可能性があります。

ネットで検索すると、都内には中古の自転車を取り扱っているお店は多くあり、その中にはスポーツバイクを中心に取り扱うお店も多いです。

完成品は勿論、各種パーツもお手頃価格で手に入れることができるため現在の自転車のグレードアップを考えている人にもオススメです。

中古品というと、品質に不安を抱く人が多いと思いますが、しっかりオーバーホールや調整がされているものが多いので安心です。ブログに載っているオススメ商品などを見て、あらかじめお目当ての商品を比較検討することもできます。

但し、現物を見ないとわからない傷や不具合もあるので購入は実際に商品を見てからをお勧めします。

稀に盗品が売られている場合もあるので、防犯登録ができるかどうか、車体番号が不自然に削り取られていないかどうかなどもしっかり確認してください。

東京で安いロードバイクの購入をするなら中古品!②

東京で中古の自転車を探す場合、市役所や区役所のリサイクルセンターを訪れてみるの一つの手です。
私が以前住んでいた練馬区は、区がリサイクルを推進していたため、数箇所ある展示場で家具や家電など様々なものが安い値段で売られていました。

中古の自転車もあり、その中に1台あったロードバイクを見て珍しい商品に驚いた記憶があります。ごみ減量対策の一環なので、とても安く手に入れることができます。スポーツバイクの出品はとても稀ですが、スポーツタイプの子供用自転車やシティサイクルなどはとても好評のようです。

中古品といえばやはり、色々なところで見かけるリサイクルショップでしょう。東京では品揃えが豊富なお店も多く、スポーツバイクの出品も少なくありません。

しかし、スポーツバイクとなると自分に合ったサイズの商品に出会うことは難しいかもしれませんし、自転車店と比べるとメンテナンスの状態も下がります。

それでも、小さなリサイクルショップなどに持ち込まれた逸品が、その価値を理解されず安く売られていることもあるので、自転車店よりも掘り出し物に出会える可能性は高いかもしれません。

東京で安いロードバイクの購入をするなら中古品!③

「安い」を超えて「無料」でロードバイクを手に入れることもできる可能性があります。
ネットの掲示板サイトで、取引されている中古自転車を見ていると、「あげます」というコーナーで無償で取引されている商品があるのです。
直接の受け渡しが原則とされているので、譲渡証明や防犯登録の控えの確認などのでき安心して手に入れることができます。
直接の受け渡しだからといって、絶対安全というわけではなく、トラブルが起きても自己責任とされているのでその点はしっかり気をつけましょう。

マニアの中で人気な仕入先としては、東京都内各所で開催されるフリーマーケットです。
中古のスポーツバイクの出品はそう珍しくなく、掘り出し物が発見できる可能性も高いです。
特に府中・多摩川の河川敷で開催される関戸橋(せきどばし)フリーマーケットと調布の京王閣競輪場フリーマーケットが有名なサイクルフリーマーケットです。
完成品だけでなく、パーツの種類も豊富で、マニアが殺到するイベントです。早い者勝ちの勝負に勝てば、安く高級スポーツバイクが手に入れられるのです。

東京で安いロードバイクの購入をするなら中古品!④

品数豊富な専門店、安い値段で手に入れられるリサイクルショップ、掘り出し物に出会えるフリーマーケットと東京では様々な場所で中古のロードバイクを購入することができます。

しかし、その他にもわざわざ足を運ばずして、自宅で簡単に中古自転車を探す方法があります。
それはインターネットです。スマホやパソコンげ検索をかけると、全国各地で出品されている中古のロードバイクを見つけることができます。

やはりインターネットのメリットは、何といってもこの手軽さですよね。闇雲に探し回るより、自分の求める条件の自転車を見つける近道でしょう。
しかし、画像だけでは商品の状態を完全に把握することはできません。管理状態や使用による状態の低下の具合もわからないので、購入後に「思ったような商品ではなかった」となることもあります。

実物を見てからではないと不安だ。という方にはお勧めできませんが、掘り出し物に巡り会う可能性もあるので、ネットでの購入というのも一つの選択肢として、候補に入れて良いと思います。

東京で安いロードバイクの購入をするなら型落ち品の選択もアリ!

ロードバイクは、毎年新モデルが発表されるため、それ以前のモデルは「型落ち商品」と呼ばれ値下げが行われます。
安くなっていても新品なので、特に何も問題がないものを安く手に入れられるのです。
しかし人気モデルは、型落ち商品になる前に在庫切れになってしまうこともあるので、型落ちを待てば確実に安く手に入れられるかというとそうではありません。

また、初心者が安いからと型落ち商品をネットで購入したものの、組み立てができないという失敗ケースも少なくありません。
ネットでの購入品は、お店に持ち込んでも断られてしまうことがあります。また実店舗で購入する場合も、既に保証期間切れという可能性があります。この場合は、調整等はしてもらえるかもしれませんが費用がかかってしまうでしょう。

それでもやはり少しでも安く済ませたいですよね。そんな場合は、アウトレット店がお勧めです。型落ち商品以外もセール対象であったり、型落ち商品を各店舗から集めたりしている場合があります。それほど値下がりしていない可能性もありますが、足を運んでみる価値はあるでしょう。

また、スポーツ自転車の展示をしている専門店も狙い目です。東京には多く店舗があるので実際に足を運んでみると素敵な商品に出会えるかもしれません。自分でメンテナンスができるのであればネットショッピングでも良いでしょう。

その際は、実際に現物を見たり試乗してから購入する方が失敗が起こりにくいです。

型落ち品のロードバイクの狙い目はいつ?

それでは型落ちで安くなったロードバイクはいつ頃購入するのが良いのでしょうか。
型落ち商品の値下げは新モデルの発売に向かって徐々に行われます。自転車メーカーによって異なりますが、大まかな流れをここで紹介します。

6月〜9月頃にかけて新モデルの発表をしていき、10月〜12月頃にかけて新モデルの発売がされ続けます。
人気モデルはこの時期から売れていくので、確実に購入したいのであればこの時期に買うのが良いでしょう。

1月頃から徐々に値段が下がり始めます。また、冬は自転車がそれほど売れる時期ではないので店員さんと相談しながら購入する自転車を決めることもしやすいです。

3月に入るとまた少し値下げされます。まだそれほど大きな値段の変化はないですが、在庫も残っている時期なので、お目当ての商品があるならこの時期に買うと良いでしょう。
ゴールデンウィークの影響で5月が一番売れる時期なので、この頃には在庫が減っていき、在庫が少なくなる6月には値段も下がってきます。
次の新モデルの発表も始まるので、この頃には旧モデル扱いとなり安く手に入れられるようになります。

8〜9月にはさらに安くなっているので、型落ち狙いの方にはこの時期がお勧めです。しかし、この値下がり時期を狙う人は多いので、目当ての品が購入できるとは限らないのが難点ですね。また、いくら安いからといってサイズが合わない商品の購入はお勧めできませんので、お気をつけください。

東京は安いロードバイクが集まる

今回紹介した内容のとおり、東京には中古車が集まりやすいです。その理由は人が多く住んでいて物の流れも盛んであり、色んな地域から物が集まるからです。
決して東京で一番とは安い商品が手に入る訳ではないですが、東京には専門店やリサイクルショップなどが沢山の店舗あるので、選ぶ場所が沢山あるということです。
しかし、各地域にも専門店はあり、品揃えが充実している店舗もあります。型落ち品のセールを行っているかもしれません。近場で購入出来るならそれが一番良いと思います。
安いロードバイクを購入したいと思っている人は一度は、東京に足を運んでみるのも良いですよ。

 - 自転車 購入, 自転車全般