豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車で日本一周をするときの資金はどのくらい必要?

      2016/11/25

自転車で日本一周をするときの資金はどのくらい必要?

自転車で日本一周をすることは憧れますよね。
しかし、計画を立てないと心配になります。では、どのくらい資金を用意しておけば良いのでしょうか。

今回は、おおよそ使うであろうものと金額を紹介していきますので、参考に資金を考えてみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001589-1.jpg
クリートを取り付けたい!位置はどこ?前寄り?後ろ寄り?

クリートの取付には最適な位置があり、間違った位置に取り付ける...

pwk0001588-1.jpg
自転車で土手道を走るのに適したクロスバイクとマナー

自転車を使って、通勤・通学したり、サイクリングするとき、未舗...

pwk0001587-1.jpg
メリダのリアクト4000が2017モデルで進化した?!

メリダは台湾の自転車メーカーで、低価格でコストパフォーマ...

pwk0001586-1.jpg
自転車のフロントブレーキのパッドを自力で交換する方法!

自転車、特にスポーツバイクに乗っていると、フロントブレーキの...

pwk0001585-1.jpg
自転車で安全に走ろう!渋滞時、すり抜けは違反!?

近頃の自転車ブームで、本格的に自転車に乗る人が増えました。 ...

pwk0001584-1.jpg
自転車のブレーキロックの危険性と原因・対処法について

スポーツ自転車では、急ブレーキをかけたときに、タイヤにロック...

pwk0001583-1.jpg
ロードバイクを加速させたい!自分史上最速を目指す!

もっと速く走りたい、ロードバイクを乗る人は誰もがそう思い、様...

pwk0001582-1.jpg
タイヤを長持ちさせたい!自転車タイヤの寿命は延びるの?

タイヤがすぐパンクする、そんな人はいませんか? もしかした...

pwk0001581-1.jpg
電動自転車のバッテリーが点滅するのは故障のサイン?

電動自転車は、小さなお子さんがいたり、長距離の自転車通勤をし...

pwk0001580-1.jpg
一方通行の標識のある道路は自転車は通行できないの?!

自転車に乗っていて、一方通行の標識を意識している人は少な...

pwk0001579-1.jpg
ロードバイクをレンタルしてみませんか?大会も出られます!

ロードバイクに乗ってみたいけれど、ロードバイクというものは、...

pwk0001578-1.jpg
自転車の逆走は危険!交通規則をしっかり守り安全に乗ろう!

自転車に乗っていて、「逆走するな!」などと声を掛けられたこと...

pwk0001577-1.jpg
歩道では自転車はベルを鳴らしてはいけない?!いつ鳴らす?

歩道を歩いているとき、後ろから自転車が近づいてきて「チリ...

pwk0001576-1.jpg
ロードバイクにスタンドは使えるの?そんな疑問にプロが回答

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 「ロードバ...

pwk0001575-1.jpg
ロードバイクのシートポストとサドルを交換して軽量化!

ロードバイクをもっと速く走るために、軽量化にチャレンジしてい...

pwk0001574-1.jpg
プロ推薦のロードバイクでお尻が痛くならないサドルメーカー

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 「お尻が痛...

pwk0001573-1.jpg
ママチャリの巡航速度を上げたい!簡単にできる方法はある?

手頃な値段で手に入り、徒歩で移動するより速く移動できるのが、...

pwk0001572-1.jpg
自転車のスプロケットを交換・洗浄してメンテナンスしよう

スプロケットはチェーン、チェーンリングと並んで、ロードバ...

pwk0001571-1.jpg
カンパホイールを比べてみた!ランクによる違いは何?

ロードバイクに乗り始めて、まずランクを上げたいパーツがホ...

pwk0001570-1.jpg
mtbのハンドル角度を調節して負担の少ない乗り方をしよう!

皆さんは、mtbのハンドルの角度を気にされたことがありますか...

スポンサーリンク


自転車で日本一周する資金の相場はいくら?

自転車で日本一周する事に、憧れを抱いている人もたくさんいる事と思われます。

もし自転車で日本一周をする場合、かかる資金は一体いくらくらいなのでしょうか?

自転車で日本一周をする際にかかる費用の相場は、30万円~60万円の範囲内だと言われています。

もちろん個人差もありますが、日本一周する暇さえあれば、長い間お金を貯めなくても日本一周にチャレンジできそうです。

滞在日数が増えれば生活費が上乗せされていきますし、離島に行く場合には、交通費がかさんでしまいます。

期間でいえば、半年間、野宿とホテル泊などを組み合わせつつ、北海道~沖縄離島までの範囲で考慮した場合に、この金額で収まるとされています。

6ヶ月30万~60万円と考えれば安いと言えるのかもしれません。

どれだけ野宿やスーパー銭湯・ホテルを組み合わせるかによって、随分と差が出てくるでしょう。

社会人が自分の貯金で日本一周する場合には、資金に余裕がある事も多いですが、学生が日本一周する場合には、厳しい予算で行う事になるかもしれません。

しかし、途中で資金が尽きて困ってしまうよりは、綿密に計画を立てて余裕をもって出発する方が良いでしょう。

自転車の日本一周でのアイテムを購入する為の資金

自転車で日本一周する場合に、必要な資金は30万円以上と上記で書きましたが、自転車のグレードやスペック・道具に関してはどうでしょうか。

1万円程度のママチャリであっても日本一周する事は可能です。

しかし旅を途中で挫折させる事なく、スムーズかつ快適にするためには、ある程度道具を揃えておく必要があります。

旅の資金が30万円の場合、自転車・野宿用具といった、すべての用具込みで出来ると言われています。

自転車で日本一周の旅に絶対必要と言われている道具は

・テント
・寝袋
・グランドシートテントの下に敷くシート

と言われています。

この他にも自炊をするのであれば、簡易的な自炊が出来るアイテムが必要となるでしょう。

野宿をする際に雨風を凌いでくれるテントも、様々な機能性や個性があるので状況に合わせてしっかりと選んでおきましょう。

出発する季節に応じたモデルの寝袋も翌日の英気を養う快適な睡眠の為に必須です。

寝袋だけでは体温を奪われてしまうため、マットもしっかりとした製品を選択する必要があります。

自転車の日本一周に必要なアイテム!自転車&衣類編

自転車で日本一周をする際には、できるだけ資金を安く抑えようと思っていらない所まで節約してしまいがちです。

しかし苦行を行う事が目的ではなく、観光を兼ねた楽しい旅が目的なのですから、旅先が快適である事に重点を置いた方が良いでしょう。

自転車本体は、ママチャリや安物の自転車でも大丈夫だと言われています。

自転車で旅をするのに快適なランドナーかクロスバイクタイプがおすすめです。

キャリア(前後輪)は、専用のサイクルバッグを自転車に取りつけるのに役立ちます。

旅先では、いきなりの雨に見舞われる事も多いため、完全防水機能のものを選ぶのがおすすめです。

自転車の種類によって対応するモデルが変わります。

思わぬ事故防止のために、夜間の自転車用ライトも必須です。

運が悪いと警察に注意される事もあるでしょう。

無灯火はとても危険ですから、きちんとライトを付けましょう。

水分補給のためにドリンクホルダーや、ドリンクを入れるためのボトルも必須です。

特に暑い時期には、熱中症になってしまう可能性がありますから要注意です。

長い距離を走行する際、絶対に必要なのがタイヤのパンク修理道具です。
いざという時に修理が出来るように、あらかじめ練習しておくのは必須です。

暑い時期でも一つはダウンジャケットを持っていきましょう。
旅先が出発地と同じ気候とは限りませんし、場所や環境によっては冷え込む事も多々あります。

自転車の日本一周に必要なアイテム!生活用品編

自転車で日本一周をする際には、資金を節約するために自炊する事もあるでしょうし、野宿の時に自炊するといかにもアウトドア!といった感じがして良いものです。

コッヘル調理用クッカーは、アルミ素材で軽量なうえ、湯沸し・飯ごう炊飯までこなせる優れものです。

作った料理を食べる為にスプーン・フォーク・箸なども持っていきましょう。

軽量カップを持っていくと、コップの代わりになる他、米や水の量を計る時にも使えます。

自炊用のガスコンロは自炊の為に必須と言えるでしょう。

暖かい料理を調理して食べる事が出来るので、雨などに降られて体が冷えてしまった場合には、ほっとできるかもしれません。

五徳ナイフ・ハサミもあると便利です。

カミソリ・歯ブラシなどのエチケット用品も、しっかりと揃えておくのがおすすめです。
シャンプーや石鹸、体を洗うためのタオルなども日本一周の際に度々お世話になるであろうスーパー銭湯などで使います。

トイレットペーパーやウェットティッシュは、なにかと便利なので、ぜひアイテムの一つに加えてください。

洗濯物を干すために洗濯バサミも揃えておきます。

洗濯紐と洗濯バサミでも良いですが、洗濯バサミの集合体みたいなやつも便利です。

この他にもジップロック袋・ドライバー・ビニールテープ・結束バンド・瞬間接着剤・常備薬などもあると便利です。

必要に応じて旅先で揃えるのも良いかもしれません。

自転車で日本一周ための費用!資金はいくら必要?

自転車で日本一周をするための準備にもいくらか資金が必要ですが、いざ旅に出た場合には20万円以上資金が必要になります。

半年位を目安に旅をするとしたら、最低でもこれくらいは必要になるでしょう。

しかしこれは離島などへの交通費が含まれていませんので、実際にはもうすこし金額が大きくなる事も考えられますし、旅先で思わぬトラブルがあった場合には、更に金額が大きくなります。

そのため、資金には余裕を持たせる必要があると言えるでしょう。

資金20万円は、かなり切り詰めた試算なので、旅先での食事といったちょっとした楽しみなどは除外されています。

普段は節約しつつ、要所要所で旅先を楽しむ場合には、これの二倍くらい見積もった方が安心できると思われます。

自転車での日本一周は半年~1年程度旅をする人が多いため、かかりそうな日数を計算し、そこから1日何円という形で、1日にかかる費用を計算していくのが良いでしょう。

飲み物はペットボトルで購入するとコストがかかるため、公園の水を利用して節約するといったテクもあります。

1日に必要な水分量を考慮すると、旅先で度々ペットボトルなどを購入してしまうとチリも積もればで結構なコストと化してしまいます。

旅先では、飲用可能な天然水が湧き出ている所もあり、これもまた楽しみの一つと言えます。

日本一周中に稼ぐ資金稼ぎの方法

自転車で日本一周をする場合、とりあえず大抵の人は50万円用意しておけばまずまずの旅が出来ると言われています。

せっかく日本一周するのですから、資金を節約・節約ばかりでは楽しみがありません。

自転車で日本一周をするといった場合、旅先で少し短期のアルバイトをしてから再び出発するという方法もあります。

自転車の旅が冬場に差し掛かる場合、雪国で野宿とかは大変危険ですから、温かい地域で一度ストップし、寮付きの派遣やリゾートバイトなどで羽を休めるといった事も考慮に入れると良いでしょう。

旅先の資金も補てん出来る上に、現地の知り合いが出来るかもしれません。

現地に知り合いが出来ると、休日に車で色々な観光スポットに連れて行ってもらえる事もあります。

また、どうせ日本一周するのであれば、その様子をブログなどにアップしてみてはいかがでしょうか?

人間は忘れてしまう生き物ですから、毎日今日は旅先でこんなことをした、あんな事があったという日記を画像付きでアップしておけば、将来懐かしく見返し、思い出にふける事も出来るでしょう。

日本一周には予算を組んで資金計画を立てることが重要

自転車で日本一周をするときの資金は、最低でも50万は欲しいところですね。

ご飯も充実させるとなるとプラスで費用が必要になってきます。

銭湯などもどのくらいの回数を使うのかでも資金は異なります。

今回のはあくまで一例です。

もっと抑えられるところもあるかもしれません。
予算を組んで、予め資金を用意しておくことが大切です。

日本一周は色んな経験が出来ますので、興味があれば予算を計算して資金を貯めることをおすすめします。

 - 旅行 長距離移動, 自転車全般, 費用 価格