豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のスプロケットには交換が必要?交換の目安はなに?

      2016/11/25

自転車のスプロケットには交換が必要?交換の目安はなに?

自転車には必ずついているスプロケットですが、このスプロケットの役割とはいったいなんなのでしょう。
また、スプロケットは定期的に交換が必要なのでしょうか。交換すべき場合の目安などはあるのでしょうか。
ここでは自転車のスプロケットを交換する目安や、自分でできる交換方法をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

pwk0001640-1.jpg
自転車の時速って?ママチャリと他の自転車を比較しましょう

自動車を運転するときは制限速度がありますし、スピードメーター...

スポンサーリンク


スプロケットっていったい何?

自転車やオートバイにはスプロケット(sprocket)という部品があります。
スプロケットとは、歯車のことです。

オートバイには前輪にもついていますが、自転車には前輪についていないです。
自転車についているスプロケットは、クランク側と後輪です。

また、クランク側のスプロケットは、【チェーンリング】と呼ばれています。
このチェーンリングがローラーチェーンの回転をさせて、後輪のスプロケットに回転を伝えていきます。

大きさは、後輪側よりも大きいことが多いです。
このチェーンリングの大きさによっても、ギアの軽さを変えることができます。

また、変速機を付けるのは後輪側のみです。
クランク側と後輪にサイズが違うスプロケットを複数枚、横に並べることで変速できる構造になっています。

変速する後輪のスプロケットは、5枚以上の枚数になることもあります。
枚数が多いため、組み合わせた状態でハブから着脱することができるようになっていて、それを【カセットスプロケット】と呼ばれています。
カセットスプロケットとは、後輪のスプロケットのことを表しています。

また、後輪のスプロケットの交換をすることができますが、ご自分で行うと力加減を間違えて壊してしまうこともあるので、自転車屋さんに修理、交換をしてもらうことをおすすめします。

スプロケット交換の目安とは

スプロケットは金属で作られていて丈夫なのですが、金属で作られているフレームが劣化するようにスプロケットも劣化や消耗していきます。
消耗の目安はリアブレーキをかけながらクランク(ペダル)に力をかけたときに、チェーンが、グググと持ち上がるようになることです。
そのようにしてチェーンが持ち上がるということはスプロケットの歯が消耗して深さか足りなくなっている証拠なので、スプロケットを交換したほうが良いでしょう。
また他にも新品のチェーンと交換してから変速を行ったときに、チェーンがピョンピョン浮いてしまうこともスプロケットの消耗の目安になります。

スプロケットによっては交換時期を示す印がついているものもありますが、それはあまり期待できません。
市場にはたくさんのメーカー品があり、それらすべてに対応しているわけではないので上記のような目安を参考にするとよいでしょう。

それからスプロケットの寿命を伸ばしたいのであればチェーンにも気をつけましょう。
チェーンが伸びきってしまうとスプロケットの歯を削り取ってしまい、そのためスプロケットの寿命を削ることになるのです。

変速時の衝動も交換の目安になる

街中の走行で出くわす少々の坂道であれば25Tもあれば十分に登れるはずです。
それでもきついならフロントギアをインナーに落とせば困ることはないでしょう。
32Tのような歯数はマウンテンバイクでダウンヒルでもしない限り必要ないと思います。
それなのにフロント3段で歯数の少ないギアだったりすると街中の走行ではすごく無駄なギアだと思います。

そして変速時の段飛びで衝撃が気になるならワイドレシオのものよりクロスレシオのものが良いでしょう。
クロスレシオのものは主にロードバイクにつけられているもので、1段変えても歯数が2Tくらいしか変わらず細やかな変速が可能で、細やかであるため段飛びの影響が少ないです。

そのように、無駄なギアが多いものや、クロスレシオを試してみたいなどを目安にしてカセットスプロケットを交換することを考えてみてはいかがでしょうか。
カセットスプロケットを交換にはフリーホイールリムーバーなどの専用工具が必要になるのですが、その工具にしてもカセットスプロケットの掃除などでも使うので購入しても損のない工具だと思います。

こまめなメンテナンスが、交換目安を見極める

スプロケットは大切に扱っていれば寿命を伸ばすことができます。
それではどのように大切にすればよいのかというと、チェーンのメンテナンスから行います。

チェーンは使用中に引っ張られるため徐々に伸びていきます。
伸びきってしまったチェーンを使っているとスプロケットの歯とこすれて、歯を削り取ってしまうのです。
そのためチェーンをメンテナンスすることでスプロケットの長く使えるようになるというわけです。

それでもスプロケットは寿命が尽きてしまうことがあります。
その目安となるのが新品のチェーンを使ったときです。
新品のチェーンに交換してから変速時にチェーンがピョンピョン浮いてしまいスムーズな変速ができなくなったらスプロケットの歯が削れてしまっている証拠です。

そのように新品のチェーンに交換して変速がスムーズに行かなくなることから、「イベントやロングライドレースに参加する直前にチェーンの交換するのは良くない」と言われることがあります。

走行中にチャリチャリ音がしたり変速がスムーズでなかったりしたという経験則なのですが、それはスプロケットの歯が削れていたことが原因だったのです。

そして同じことはペダル側、つまりチェーンリングにも当てはまります。
チェーンのメンテナンスを疎かにすることでスプロケットだけでなくチェーンリングの寿命を短くしてしまうことを覚えておきましょう。

知っておきたい、スプロケットの交換手順

チェーンが浮くようになったことなどが目安になってスプロケットの歯が削れてきたことが発覚して、その問題に対応するならスプロケットを交換するしかありません。
ネットで調べればたくさん情報が出てくるので、ここでは簡単に交換手順を追っていきたいと思います。

まずは後輪を外します。
ロックリング回しをセットして、フリーホイールリムーバーでギアを固定、そしてスバナで回します。
そうしているうちに古いスプロケットが外れるので逆の手順で新しいスプロケットを取り付けます。

初めての作業でしれば力加減など分からず、慎重に力を入れることでなかなか作業が進まないこともあるのですが、ホイールはそうそう壊れることはないので、エイっと力を込めてしまってかまいません。

日頃の走行で体重を支えているホイールですし、ネジが回るように作られているのでホイールが壊れることはあまり考えられません。
しかも体重をかけて回さないとスプロケットは外れないと思います。

スプロケットに注油は必要なのか

自転車のスプロケットの交換やメンテナンスについては、人によって目安からやり方までかなり異なるようで厳密な正解というのが見つけられずにいます。
そのため見解の一つということで書いていきたいと思います。

まず、カセットスプロケット(リアの歯車)への注油は不要です。
チェーンのような稼動部が存在しないので注油する必要を感じません。
実際にはチェーンの油がスプロケットにつくのでまったく油がないというわけではないのですが、それでもチェーンから付着した油で十分でしょう。

クロスバイクやマウンテンバイクなどでは雨によってスプロケットが錆びることがあるのでスプロケットに油を塗ってコーティングしておくことで錆び防止になるとは思います。

短距離のトラック競技をしている人たちからはスプロケットにも注油やコーティングする必要があるという声が聞いたことがあります。
それは本当に0.1秒でもタイムを縮めたいという気持ちから少しでも駆動系の動きをスムーズにしたいのだと思います。

ロードバイクではロングライドするため機材トラブルを少しでも減らすことに重点をおいたりそもそも恩恵を感じることがなかったりすることからスプロケットの注油をしている人は少ないです。

自転車に乗る限りメンテナンスは必要

スプロケットの交換目安や交換方法についてご紹介しました。
スプロケットに限らず、自転車を長く乗っていると故障や修理が必要な物がでてきます。
愛用の自転車をいつまでも使うためにはこまめなメンテナンスを心がけましょう。
自分で行うメンテナンスが不十分だと感じたら、自転車屋さんに相談することをオススメします。

 - 自転車 パーツ交換, 自転車全般