豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

自転車ロードレースで最強を目指すにはどうすればいい?

2016.11.5

pwk0001041-1.jpg

せっかく自転車に乗っているなら、自転車ロードレースで最強を目指したくはありませんか?

最強レーサー達のスピードとは、どれほどなのでしょうか。

そして、自転車ロードレース最強を目指すためには、いったいどんな練習をすべきなのでしょうか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています
pwk0000628-1.jpg

ロードバイクのトレーニング、70キロってどれぐらいの距離

さて、今回はロードバイクのトレーニングについて書こうと思います。 そもそも、トレーニングには、どん...

pwk0000636-1.jpg

自転車競技部のある学校って全国にあるの?

弱虫ペダルの影響で「自転車競技部に入りたい!」という子も増えてきているのでしょうか。自身の印象からす...

pwk0001460-1.jpg

ロードレースに出場したい!巡航速度を上げるには何が重要?

近年では、ロードバイクブームが盛り上がりをみせています。 街でロードバイクに乗っている人を見かけて...

pwk0000862-1.jpg

必見!八ヶ岳で行なわれる自転車のレースに参加したい方へ!

自転車を始めてだいぶ慣れてきて、レースも出てみたいと思って調べている方が、この記事を見つけてご覧に...

pwk0001169-1.jpg

王滝のmtbレース、42kmってどうなの?準備や対策は?

mtbで有名なレースの一つに、王滝のSDAクロスマウンテンバイクがありますよね。 王滝レースに...

pwk0000614-1.jpg

マンガとは違う!?実際のインターハイ自転車競技のルールって?

自転車関係のマンガ作品は多々ありますが、今現在で一番知名度を得ているのは『弱虫ペダル』だと思います。...

pwk0000996-1.jpg

北九州周辺にある峠や山をロードバイクで制覇しよう!

北九州の周辺には、日本でもトップクラスの景色の見える皿倉山や、カルスト台地が広がる平尾台など、たくさ...

pwk0000273-1.jpg

自転車で坂道を登るコツ?!

自転車で坂道を登るコツってあるものでしょうか。 実はあります。 しかし、覚えるのは簡単ではあ...

pwk0000434-1.jpg

自転車で坂道を楽に登れる?その方法は?

坂道はきついですね。 徒歩でもつらいし、平地でスイスイ歩行者を追い抜いていく自転車も、坂道では自転...

pwk0001048-1.jpg

トライアスロン初心者が知るべき目安になる速度と距離の計算

近年、競技人口が増えてきているトライアスロンを挑戦し始めた方も多いのではないでしょうか。 今回は...

pwk0001321-1.jpg

伊良湖でトライアスロンや観光・写真スポットを楽しもう!

東海地方にお住まいで、トライアスロンの大会に出たいと思っている方は、多いのではないでしょうか。 そ...

pwk0000566-1.jpg

自転車での辛い坂道!楽な登り方はある?

自転車の走行についての難関のひとつに、間違いなく「坂道」は入ります。 シティサイクル(ママチャリ)...

pwk0001602-1.jpg

圧倒的な強さを持つカンチェラーラ!強さの秘訣を大公開!

ファビアン・カンチェラーラ。 ロードバイクを本格的にやっている人は、一度は聞いたことがある名ではな...

pwk0000643-1.jpg

自転車操作技術!ロードレーサーでコーナーリングはどうすればいい!?

自転車の操縦技術でロードレーサーの操縦としてコーナーリングの対応をどのようにすればいいか悩んでいる方...

pwk0000965-1.jpg

水泳・ランニング・自転車を行うトライアスロンとは?

自転車を扱う競技でトライアスロンというものがあります。 トライアスロンは自転車だけでなく水泳 ラン...

スポンサーリンク

自転車ロードレースってどんな競技?

自転車ロードレースはなんとなくイメージ出来ても、どういう競技か知っている人は多くないでしょう。

ロードレースは、自転車版のマラソンで、先頭でゴールラインを駆け抜けた者が勝者となるエンデュランススポーツです。

ただし、距離がとんでもないのです。自転車ロードレースは、公道などで100kmを超えるような長距離を走るのです。

自転車ロードレースの始まりは、かの有名なツールドフランスです。

1903年に第一回が行われました。箱根駅伝が始まったのが1920年なので、箱根駅伝よりも伝統が深いのです。
ヨーロッパに於ける自転車ロードレースが伝統的な競技になっているのも納得できる伝統の深さです。

日本でも、ツアー・オブ・ジャパンという大きなレースがあり、30年を超える歴史があります。

自転車ロードレースは、個人競技でありますが、チームがあります。

なので実際には、各チームが自分のチームの中で、一番力のある最強の選手を勝たせにいくチーム戦となっています。

自転車ロードレースに於ける成績の価値基準は、チームのトップが何位でゴールできたかなので、チームから優勝者が出れば、他の5名がリタイアとなったとしてもいいのです。これはまぎれもないチームスポーツと言えるでしょう。

最強決め!自転車ロードレースの時速は?

ロードレースの選手は、どれくらいの速度で走っているのでしょうか。

ツール・ド・フランスの平均時速を調べてみました。

公式記録の平均時速が早かったのは、全コース距離3,654kmの平均時速が40.784kmだそうです。

平均時速約40kmは速いですが、ロードレース用の自転車なら普通に出せる速度です。

なので、それだけ聞くとあまり凄くなさそうに思えます。

しかし侮るなかれ、最強と自負するつわものが集まるツール・ド・フランスは、高低差がなんと2,000m以上あるコースなのです。

急勾配の山岳でも、時速40kmで上るなんて、とてつもないですね。
山岳の上りでそれだけ速かったら、下りはもっと速いです。なんと下りでは倍以上の100kmに達する事もあるのです。

ちなみに、第一回開催の総合優勝者の平均時速は25.679km/hだそうです。

路面等の条件が変わっているのもありますが、これほどまでに平均時速が伸びたのは、自転車の技術が上がったのが大きいでしょう。

非公認ではありますが、歴代最高の平均時速は2005年の41.654kmだそうです。

もう1つの最強。短距離自転車競技は?

最強を決める自転車ロードレースのことについてお伝えしましたが、短距離自転車ではどうなのでしょうか。

日本で一番有名な短距離のトラックレースと言えば競輪ですね。

まず競輪という競技を軽くおさらいします。
競輪は、バンクと呼ばれる擂鉢状のコースを周回し、いかに早くゴールするかのスポーツです。

ただし、レース毎に定められた時間以内にゴールしなければならないという規定時間があります。

スタートから1周目のゴール地点まででタイム計測があり、規定時間を超過するとタイムオーバーとなり賞金が減額させられます。

速度の話に戻りましょう。

調べた結果、速度は時速60km前後で走り、ゴール前では70kmに達するそうです。

ゴール前スプリントの分速に関して、少しつっこんで考えてみましょう。

自転車のスプリント持続時間は、どんなに長くても10数秒間で、距離に換算すると200m程度になります。

競輪のゴール前スプリント平均時速は約70km前後ですので、これを分速に換算すると約1.16kmとなります。1分で1km走れると考えるとものすごい速さですね。

ロードレース、アマチュアのスピードは?

世界最高峰のロードレース、ツール・ド・フランスで、最強クラスの人達の時速はわかりましたね。

アマチュアの自転車の平均速度も知っておきましょう。

アマチュアの自転車の速度は、時速20㎞~30㎞と言われています。

平均速度で20㎞~30㎞ということは、それ以上の速度を出そうと思えば出せるでしょう。
自転車に付けたサイクルコンピュータの表示を時速40㎞から50㎞近くまで出せる方、または出したことある方は少なくないでしょう。

30km出せることは出せるので、時速30㎞で巡航するのも、あまり難しいことではないような感じがします。

ですが、平坦な道でも、時速30㎞を長時間にわたって維持し続けるのは、かなりの体力と負担の少ないペダリングが出来なければ、達成出来ないといわれています。

なので、時速30㎞の巡航速度を1時間以上継続できる人は、中級者以上の大会に出場する人達となります。

初心者レベルで達成出来るのは、1割にも満たないので、初心者には中級者の壁であり、目標となるのです。
さらに40kmとなると、中級者と上級者の壁となり、自転車には10km毎に壁があるのです。

ロードレース巡航速度30km達成に向けて

初心者の壁である、巡航速度30㎞を達成するための方法についてです。

ひたすら筋トレして、筋肉と体力をつけ、最強の体を手に入れるしかないだろうと思う人は多いと思います。

それも正解ですが、まず正しい自転車の乗り方を覚えてみては、いかがでしょうか。

30kmは無理だけど25㎞程度だったらいけるという人であれば、乗り方を変えるだけで達成出来るかもしれません。

初心者は、姿勢やペダリングなど、正しく出来てる人は殆どいません。

なので、自分の乗り方が合っているかどうか、本などで確かめてみてください。写真つきで紹介してるネットのブログなどもあります。

正しいフォームやペダリングにどういう効果があるのか説明します。

ロードバイクが自分の体形にちゃんと合っているという前提です。

初心者の場合は、往々にして前傾姿勢が辛いので、サドルを前に出していたり、低めにしていたりすることがありますす。

しかし、サドルの位置がそのようになっていると、フォームが乱れます。

体が起きてしまうのです。起きた姿勢だと空気抵抗が増してしまい、これは自転車という乗り物では、大きな障害となります。

さらにペダルに正しく力が伝わらず、余計な労力がかかります。

この2つが改善されれば、5km上がり30kmの壁を超え、中級者のロードレースの大会にも出場できるかもしれませんね。

練習を重ねて最強を目指せ!

最強に近づくために、さらに速度を上げるためには、どういう練習をしたらいいのでしょうか。

長い距離を安定した速度で走るというのが、レースで最も必要なことです。

正しいフォームとペダリングを身に付けたあと、更なるスピードアップを目指すには、持久力と筋力を向上させなければなりません。

持久力を上げるには、ケイデンスを上げる練習をしましょう。

軽めのギアにして、100rpm~上げていきます。

息を弾ませながら、会話が出来る程度が目安で、繰り返していくうちに、同じ呼吸の具合でケイデンスが上がっていくようになるでしょう。

筋力を上げるために、今度は逆に、重いギアで回転させる練習をしましょう。

この時のケイデンスは70rpmくらいで、20分回すのにぎりぎりくらいの重いギアに設定します。

最初はきついですが、筋肉が付いてくるのと同時に、段々と慣れていきます。

ローラー台などがあれば、ご自宅でもこの練習が可能ですので、余裕があれば買ってみてください。

自分のスピードが時速何kmくらいなのか知っていますか?

およそですが、平均時速のデータがあります。自転車種別に挙げてみるとママチャリが14~17km、クロスバイクが20~25km、ロードバイクが22~30kmくらいだそうです。

上に書いたロードレースや競輪のプロと比べると、プロがどれほど強いのかわかりますね。

練習が大切

最強を目指すには、やはり練習が大切ですね。

しかし、スピードを気にするあまり、事故や怪我をしてしまったら、せっかくの自転車に乗れなくなってしまいますので、練習する際には、周りや自分のコンディションに十分に注意を払いましょう。

また、個人練習だけでなく、レースに参加してみて実力を試したりするのも良いですね。

 - ロードバイク レース