豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

アミノバイタルの効果って!?水泳選手にも効果的!

      2016/11/30

アミノバイタルの効果って!?水泳選手にも効果的!

アミノバイタルというものを聞いた事はありますか?

様々なところで取り上げられているので、耳にしたことがある人も多いはず。

主に、水泳選手や自転車の選手といったスポーツ選手が使用しているというイメージが強いですが、ダイエットになるから摂取しているという人も見られますよね。

ではアミノバイタルの効果と飲み方をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001153-1.jpg
自転車のフレーム、クロモリやカーボンの特徴とは

自転車の中でも、特にロードバイクを購入する際は、フレームの素...

pwk0001152-1.jpg
自転車で行うlsdトレーニングの効果とは!?

そもそもlsdとはどういったことなのでしょうか? これ...

pwk0001151-1.jpg
ロードバイクのペダルをアルテグラに換えると何が変わるのか

かつてのロードバイクは、レースに出る人がパーツ交換をして、そ...

pwk0001150-1.jpg
ロードバイクの狙い目!ジャイアントの型落ちを購入しよう!

ロードバイクは、気軽に買うことが難しい価格のため、なかなか購...

pwk0001149-1.jpg
輪行しよ!ロードバイクのネット購入の注意や輪行袋の使い方

最近運動不足だったり、趣味を探していたり・・・そんな人は、ロ...

pwk0001148-1.jpg
アルテグラのホイールをチューブレスにすると走りは変わる?

自転車に興味を持っている人なら、ほとんど知っているであろうシ...

pwk0001147-1.jpg
feltロードバイクの2017年モデルの紹介!

ロードバイクメーカーのfeltは、日本ではそこまで知名度が高...

pwk0001146-1.jpg
ロードバイクの軽量ホイール・究極ホイールたちを比較しよう

ホイールといえば、走りの質を上げるのにもっとも効果的なカスタ...

pwk0001145-1.jpg
自転車のペダルの交換方法やオススメのペダルをご紹介

皆様は、自転車を利用していますか? そして、その自転車のペ...

pwk0001144-1.jpg
自転車の鍵を紛失しちゃった!どうすればいい?

自転車の鍵を紛失してしまった経験はありますか? 自転車...

pwk0001143-1.jpg
自転車のホイールハブをメンテナンスしよう!!

今回は、自転車のハブの玉押し調整とグリスアップをご紹介します...

pwk0001142-1.jpg
水泳の練習メニューの組み方って?大学選手の場合は?

ここでは、プールでの水泳練習というシチュエーションに限定して...

pwk0001141-1.jpg
水泳のカロリー消費量は、ランニングしたときよりも多い?

ダイエット目的で、トライアスロンを始めるという方は、いらっし...

pwk0001140-1.jpg
大阪のサイクリングロードやランチでおすすめはどこ?

大阪と言えば、市街地のイメージですよね。 市街地の景色...

pwk0001139-1.jpg
ロードバイクのインナーギアとアウターギア

ロードバイクのインナーアウターについてお話しします。 ...

pwk0001138-1.jpg
自動車メーカーのルノーって自転車も売ってるの?評判は?

ルノーという自動車メーカーは、自転車の販売も行っているという...

pwk0001137-1.jpg
カンパニョーロ・ゾンダのホイール2014をご紹介!!

ロードバイクに乗り始めて、まずグレードアップすべきパーツは車...

pwk0001136-1.jpg
ウォーキングや自転車の消費カロリーってどのくらいなの?

あなたは、ダイエットをしたいと思ったらまず何をはじめますか?...

pwk0001135-1.jpg
アミノバイタルの効果って!?水泳選手にも効果的!

アミノバイタルというものを聞いた事はありますか? 様々...

pwk0001134-1.jpg
giantのロードバイク「fcr」はどんな自転車だった?

giantと言えば、クロスバイクで有名ですね。 しかし...

スポンサーリンク


水泳選手も飲んでいるアミノバイタルの効果って!?

アミノバイタルの成分は、アミノ酸です。

分岐鎖アミノ酸というバリン・ロイシン・イソロイシンを豊富に配合しています。

また、分岐鎖アミノ酸は、必須アミノ酸でもあります。

必須アミノ酸は、体内で合成不可能なアミノ酸です。

でも、体にアミノ酸は必要なので、体外から摂取しないといけません。

バリン・ロイシン・イソロイシンなど、人の必須アミノ酸は9種類です。

分岐鎖アミノ酸は、筋たんぱく質の構成成分のアミノ酸です。

筋分解を抑え、筋合成をスムーズにします。

アミノバイタルは、たんぱく質の摂取が目的ではないので、プロテインとは効果が違います。

アミノバイタルのアミノ酸量は、3gと一般的に1日に摂取する程度と、筋力増強を目的とする摂取として考えると、十分ではありません。

そのため、プロテインも一緒に摂取すると、筋力増強にさらに効果があります。

ちなみに、水泳の選手でアミノバイタルを摂取している人は多いです。

ただ、アミノバイタルはたんぱく質よりも筋肉に届くスピードがかなり速いので、早く筋肉にアミノ酸を届けたい時に摂取するといいでしょう。

アミノバイタルの効果とダイエットの関連性

早く筋肉にアミノ酸を届けたいときとは、疲労を回復したいときです。

運動後、アミノバイタルを摂取すれば、筋肉の修復を促すので、疲労回復に効果があります。

ただ、アミノバイタルだけ摂取すると、アミノ酸が糖の合成に変わることがあります。

体は筋肉の回復には、筋グルコーゲンが必要だと考えるからです。

筋肉の合成が目的なら、糖質を一緒に取ると効果があります。

分岐鎖アミノ酸は、筋肉の修復や快復を促すので、筋肉痛の快復を促す効果があります。

以上のことから、アミノバイタルは、運動後に糖質やプロテインと一緒に摂取するのをおすすめします。

アミノバイタルが、ダイエットに効果があるかどうかですが、アミノバイタルを摂取すれば痩せるというわけではありません。

実際のカロリー消費は、ほとんど変わりません。

だからといって、ダイエットに効果がないわけではありません。

脂肪を燃焼したり、痩せやすい体を作ったりするには筋肉が必要なので、アミノバイタルを上手に摂取しながら運動をすれば、体質改善ができるはずです。

アミノバイタルは、直接的にダイエットの効果はないけど、上手く使えばダイエットに効果があると言えるでしょう。

では次に、水泳選手のアミノバイタルの摂取についてご紹介します。

水泳選手がアミノバイタルを飲むタイミングって??

水泳選手が、アミノバイタルを飲むタイミングをご紹介します。

まず、アミノバイタルについての補足からです。

アミノバイタルの成分はアミノ酸で、タンパク質が分解されたもので、体内に吸収されます。

体の動きが良くなる効果や、疲労回復の効果があります。

アミノバイタルは顆粒なので、摂取してから15分くらいで吸収が始まります。

1時間後がピークで、2時間で効果がなくなります。

体重70kgの人なら、1回に5gの摂取で効果を感じるでしょう。

アミノバイタルなら、アミノ酸2.2g、アミノバイタルプロならアミノ酸3.6gが含まれています。

粉末のアミノバイタルプロを、レースの約1時間前に飲むといいでしょう。

そのときに、食事も済ませてしまいましょう。

ご飯をおにぎりにして、レース1時間前くらいに食べれば、レースのときにちょうど消化・吸収が始まり、力が出ます。

運動直後の補給でも、アミノ酸の効果はあります。

ハードな運動直後の摂取は、たんぱく質の吸収が促されるので、筋肉の疲労回復や、筋肉痛の抑制、緩和に効果があります。

また、運動後30分以内は筋肉を作るために重要な時間です。

この時間にアミノ酸を摂取すれば、代謝が良くなって、引き締まった体作りができます。

効率良く筋肉をつけるためには、このような飲み方をしましょう。

自転車のロングライドにも欠かせないアミノバイタルの効果

水泳だけでなく、自転車のロングライドにもアミノバイタルの効果があります。

自転車でロングライドをするなら、補給と回復は大切です。

運動量が多くなるロードバイクだけでなく、ミニベロや他の自転車でも同様です。

長距離移動や1日中街を探索などしていると、思っている以上にエネルギーを消費します。

脚がうまく動かなくなったり、疲れを感じたりする前に、補給するようにしましょう。

ロードバイク初心者とベテランの方の一番の違いは、「補給と休憩」の意識の違いです。

この補給と休憩がきちんとできれば、初心者が長距離移動しても、体力の余った状態で移動できます

自転車で長距離移動するなら、常に補給と休憩を念頭に置いておきましょう。

運動中のエネルギーや水分は、失う前に補給しましょう。

食事では間に合わないので、サプリや補給食で、速やかに栄養補給しましょう。

運動後、翌日以降に疲れを残さないことも必要です。

これも、ストレッチや食事、サプリの摂取で調整できるので、回復系のサプリも上手く使ってください。

ロングライドに向けてアミノバイタルを飲むタイミング

ロングライドや水泳に向けて、アミノバイタルを飲むタイミングをご紹介します。

ロングライドなどを想定した補給の種類とタイミングを、出発前から走行後までの流れです。

出発前の前日の夕食で、炭水化物をたくさん摂取し、当日の朝食は、炭水化物をほどほどに食べてください。

走行1時間前にお腹が空いたら、炭水化物サプリを摂取して、走行30分前にBCAAサプリを摂取します。

スタート前にお腹が空くことは、必ず避けましょう。

また、BCAAは摂取後30分くらいで効果がピークなので、スタート30分前に摂ると効果があります。

走行中は、喉が渇く前に水分を取りましょう。

走行1時間毎に、炭水化物サプリを摂取して、走行2時間毎にBCAAサプリを摂取しましょう。

難易度の高いコースに行くときは、走る前と後に、補給を早めにしましょう。

たくさん汗をかいたら、電解質サプリを摂取します。

昼食は、炭水化物と消化の良いものを食べます。

体の糖質が足りなくなると、急激に辛くなるので、糖質不足を避けるために炭水化物を摂取し続けてください。

また、BCAAは2時間くらいで効果が無くなるため、2時間を目安に摂取しましょう。

走行後に疲れたり、筋肉を傷めたりしたら、グルタミンを摂取して、身体のストレッチをしましょう。

寝る前には、プロテインを摂取してください。

グルタミンやプロテインは、一度に色々飲んだらお腹を壊すため、間を空けて飲んでくださいね。

水泳選手などには欠かせないアミノバイタル誕生秘話

水泳選手などに欠かせないアミノバイタル誕生の秘話をご紹介します。

1908年、コンブのうま味成分が、アミノ酸の一種のグルタミン酸ということが発見されました。

アミノ酸は、人間の体を作るたんぱく質の構成成分で、体力回復の栄養剤など、医薬品として広がりました。

味の素では、アミノ酸ひとつひとつを分離し、結晶の形で取り出すことで、医療分野で利用研究を進めるための機動力になりました。

1956年には、副作用のないアミノ酸輸液が開発されたことにより、アミノ酸が世界で初めて医薬品となりました。

それからもアミノ酸の研究は続けられ、手術後の患者の栄養療法に効果があり、欠かせないものとなりました。

今は、アミノ酸輸液は世界中で年間5,000トンも使われ、世界シェア60%を担っています。

味の素は、アミノ酸の研究開発に約100年の歳月で培った開発・製造技術を、スポーツ分野に展開しました。

アミノ酸の中でも運動のエネルギー源として注目のバリン・ロイシン・イソロイシンという分岐鎖アミノ酸は、アスリートにとって持久力を高める大切な栄養素です。

12種類のアミノ酸にビタミン、ミネラルを配合した「アミノバイタル」プロを1995年に商品化しました。

ナショナルトレーニングセンターは、100年のアミノ酸研究のノウハウを元に、競技力向上に必要なトレーニング・栄養・休養のサポートをより充実させています。

アミノバイタルのすごい効果

アミノバイタルは、激しい運動を行うスポーツ選手も多く愛用しています。

疲労回復や筋肉痛に効果があるといわれています。

スポーツ選手ではなくても、ロングライドや長距離ランニングなど、長時間にわたって運動をするスポーツの疲労回復にも、もってこいです。

正しい飲み方をして、より効果を高めましょう。

 - 練習 トレーニング