豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

アメリカで自転車を使用する際の、鍵などの注意点とは

      2017/01/08

アメリカで自転車を使用する際の、鍵などの注意点とは

日本だけでなく、外国に行った場合でも、自転車に乗りたいと思っている方はいると思います。
アメリカの街や自然の中を自転車で走りたいという方も、いるのではないでしょうか。

今回は、アメリカの自転車事情や、自転車を利用する際の鍵などの注意点についてお話しします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


アメリカの自転車事情

アメリカで自転車に乗りたい方は、アメリカの交通事情や自転車事情について理解しておきましょう。
アメリカの自転車事情は、日本とは異なっています。

アメリカでは、自転車に乗っている人が統計的には少ないのですが、広大な面積を誇る国なので、地域によって自転車人口は変わります。
日射しの強い地域や町と町の距離が離れている地域では、自転車人口は少ないようです。

日本では、様々な目的で自転車に乗っている人が多いですが、アメリカで自転車に乗る人は、スポーツとして自転車を楽しんでいる人が多いです。

自転車用のレーンがあり、歩道と分離されている場合があります。
日本では、車の左折時に巻き込み事故が起きやすいですが、アメリカの場合ですと、反対の右折時になります。

この右折事故を考慮してか、アメリカでは車の直進レーンと右折専用レーンの間に自転車用レーンがあります。
日本でも導入すれば、事故率を減らす大きな鍵となるでしょう。

その他にもアメリカでは、ほとんどの一般道で80km/hくらいが法定速度です。
そのため、車が怖くて歩道を自転車で走っても、あまり注意はされませんが違反になります。

もし事故が起きた場合に、自転車が歩道を走っていたら、自転車に非があることになります。

アメリカで自転車に乗るときは、アメリカの交通ルールをしっかりと理解してから乗りましょう。

アメリカでの自転車移動、鍵や交通ルールに注意!

州によって交通ルールは異なるので、その州ごとに下調べをしておくのが最良です。
ですので、一概にこういうルールだと明記できませんが、おおまかなルールをご紹介していきます。

アメリカは右側通行です。
日本と違いアメリカでは、車は右折をするとき、信号の色に関係なく右折できます。
ですので、歩道側を走行するときは、車に注意しましょう。

へルメットは着用してください。
州によって異なりますが、安全のためにも着用しましょう。

自転車を現地購入の際、鍵・ヘルメット・ベル・ライトなどは自転車についていないことが多いので、自分で買わないといけません。

また、購入の際、ビーチクルーザーという自転車には、ブレーキがついていないことが多いので注意しましょう。
アメリカには、ママチャリはありません。
ママチャリで旅をしたい人は、日本から持ち込みましょう。

鍵は、前輪と車体、車体と自転車止めをつなぎましょう。
前輪は簡単に外れるため、前輪だけだと自転車を盗まれてしまいます。
日本より窃盗される確率は高いので、防犯はしっかりしましょう。

自転車泥棒はこうして自転車を盗む!

アメリカでは、鍵をかけていても、自転車が盗まれることがよくあります。
割合的には、チェーンよりU字ロックのほうが、盗まれにくいようです。

チェーンがダメなのかというと、そういう訳ではありません。
チェーンは、鎖が太ければ切るのが大変なので、盗まれにくくなります。

チェーンやU字ロックは、ボルトカッターか金ノコで壊されて、盗まれることがほとんどです。
また、U字ロックには、自動車のジャッキを使って、無理やり広げて壊すこともあるようです。
U字ロックを切る場合には、金ノコが便利なようですが、切るのに時間がかかるみたいです。

簡単な対処法は、いくつかあります。

チェーンロックは、高いところでつなげていると、ボルトカッターが使いにくくなるので、盗まれる確率は減少します。

U字ロックは、短ければ短いほど、切るのが面倒なので、盗まれにくくなります。

自転車の盗難を防止するためには

アメリカで自転車の盗難を防止するにはどのようにしたら良いのかをご紹介します。

自転車は、目的地の近くに駐輪しましょう。
移動するときは、自転車も移動させて、目の届くところに駐輪してください。

灯りがあり、人目に付く場所は、泥棒が嫌がるので盗まれにくいです。
常に、フレームと前輪をつないでおくようにしておけば、前輪が盗まれません。

また、変な方法でロックするのも有効です。
柱や手すりから吊るして、自転車を逆さまにするなどで、泥棒は自転車を盗みにくくなります。
友達と行動していて、友達も自転車で来ている場合は、一台を柱につなぎ、他の自転車ともつなぎ合わせるのをおすすめします。

用意する鍵は、チェーンは太いものを、U字ロックは短いものを選んでください。
そこまでの盗難防止をすれば、あとは運任せです。

古くてボロい自転車は、あまり盗まれません。

よく盗まれるのは、普通の自転車で、アメリカだと一般的なシティバイクです。
ロードバイクなどは目を付けられやすいので、注意しましょう。

アメリカのおもしろアイデア鍵「SKUNK LOCK」

アメリカのおもしろアイデア鍵「SKUNK LOCK(スカンク ロック)」についてご紹介します。
泥棒を、胡椒スプレーで撃退する自転車の鍵です。
スカンクロックは、「有害薬品で泥棒に反撃する唯一のロック」です。

自転車に鍵をつけても、慣れた自転車泥棒なら1分くらいで壊してしまいます。
また、ガードレールなどに繋げていても、泥棒はディスクグラインダーで切って、自転車を盗みます。

アメリカでは、年に150万台の自転車が盗難されています。

このスカンクロックは、鍵を切る自転車泥棒を、胡椒入りのスプレーで撃退します。
正しい方法で解錠すれば、その人に害を与えません。

「スカンクロックと描いてあると、泥棒が前もってマスクをするのでは?」と思う人もいるかもしれません。
泥棒は楽に盗めそうな自転車を選ぶので、スカンクロックを知っている泥棒から盗難を防ぐことにつながります。

チェーンに鍵はもういらない?アメリカのPubLock

アメリカでは、自転車の鍵に60ドルくらい費やしている人もいます。
丈夫な鍵は防犯には最適ですが、重くて持ち運びが大変です。
小型の鍵は軽量で収納しやすいですが、壊されやすいです。

そこで、RFIDの技術が使用された「PubLock」という自転車のロックステーションシステムができました。

使い方は簡単です。

「PubLock」に自転車を停め、「PubLock」の持ち手をフレームと車輪の間を通して、「PubLock」に差し込みます。

固定できたら、ユーザーのRFID(無線IDタグ)カードをかざせば完了です。
20ポンドのチェーンでロックされた自転車は、同じIDカードでのみロックを解除できます。

アメリカでは、RFIDチップと大学の学生IDを連動させたシステムを試験的に開始するようです。
また、自治体や都市が運営する駐輪場でも、RFIDカードを使った方法が考えられます。

自転車の鍵を持ち歩き、鍵をかけるという手間がいらなくなると、もっと自転車を使う人が増えることでしょう。

どこに行っても、施錠はしっかりと

いかがでしたか?

アメリカで自転車を使用する場合、しっかりと鍵をかけることが大切です。
アメリカだけでなく、どんな国でも、もちろん日本でも、施錠はすべきです。

特に、ロードバイクなどの高価な自転車は、盗難被害に遭いやすいです。
大切な自転車を盗難から守れるのは自分だけだと思い、しっかりと管理しましょう。

 - 旅行 長距離移動, 自転車全般