豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

アメリカで自転車を使用する際の、鍵などの注意点とは

2017.1.8

日本だけでなく、外国に行った場合でも、自転車に乗りたいと思っている方はいると思います。
アメリカの街や自然の中を自転車で走りたいという方も、いるのではないでしょうか。

今回は、アメリカの自転車事情や、自転車を利用する際の鍵などの注意点についてお話しします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ロードバイク女子の服装、かわいいコーデでサイクリング♪

最近ではファッション誌などでも特集が組まれるほど「サイクリング女子」急増中です。健康に良いとかダイエ...

おしゃれ、そして走れる!おすすめ自転車ブランド5選

あなたがこれから自転車を購入しようと考えるとき、まず何を基準に選びますか?安全性や性能はもちろんの...

自然を感じる旅、オロロンラインを自転車で走ろう!

オロロンラインを自転車で一度は走ってみたい! そんな人も、少なくないのではないでしょうか? ...

ロードバイクの購入!東京で買うと安いの?

ロードバイクを一台買うのに10万は必ずと言っていいほど値段が高いです。そのため買うのに一瞬躊躇って...

自転車のパンク修理に掛かる料金はどのくらい?

どの自転車であってもパンクをします。自転車のタイヤは細いので仕方のないことです。パンクをしたらお店に...

サスペンションがフロントやリアについている意味とは

サスペンションという言葉をご存知ですか? 自転車の中でもMTBに乗っている方は、サスペンション...

クロスバイク入門におすすめ、2万円クラスで快適デビュー

スポーツバイクに興味があって、ちょっと試しに始めてみたい。 会社や学校まで約10㎞、快適な通勤・通...

自転車のホイールのリムにキズが出来てしまったときの対処法

自転車ですと、どうしても悪路を走行しなければならないことがあると思います。 そんな悪路を走った際に...

スポーツ自転車の時速ってどのくらい?~クロスバイク編~

私たちに一番身近で便利な乗り物、自転車。今のところ免許もいらないですし(地域によりますが)自分で運...

自転車のブレーキロックの危険性と原因・対処法について

スポーツ自転車では、急ブレーキをかけたときに、タイヤにロックがかかって滑ってしまうことがあります。 ...

自転車のスプロケットの外し方

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 自転車の後ろのギアのギザギザ、あれの正式名称をカセット...

ライトは必須!自転車に取り付けれる固定台の種類を紹介!

日が暮れた後に自転車に乗るならライトは、必要不可欠です。それは、自転車に乗っている本人の視界が悪く危...

自転車の定期的な整備をしっかりと!価格はどのくらいかかる?

自動車などは車検の関係もあり、自ら進んで行う車の整備よりも「決められているから整備しないとね」という...

札幌で自転車を楽しもう!雪道走行に必要なものはある?

自転車は利用の自由度が高く、経済的で環境に優しいので、今や日本中どこへ行ってもサイクリングスポットや...

自転車のタイヤ交換のタイミングは?費用はいくらかかるの?

自転車屋さんに行くと、自転車だけでなくタイヤも販売していますよね。 タイヤ交換にかかる値段...

スポンサーリンク

アメリカの自転車事情

アメリカで自転車に乗りたい方は、アメリカの交通事情や自転車事情について理解しておきましょう。
アメリカの自転車事情は、日本とは異なっています。

アメリカでは、自転車に乗っている人が統計的には少ないのですが、広大な面積を誇る国なので、地域によって自転車人口は変わります。
日射しの強い地域や町と町の距離が離れている地域では、自転車人口は少ないようです。

日本では、様々な目的で自転車に乗っている人が多いですが、アメリカで自転車に乗る人は、スポーツとして自転車を楽しんでいる人が多いです。

自転車用のレーンがあり、歩道と分離されている場合があります。
日本では、車の左折時に巻き込み事故が起きやすいですが、アメリカの場合ですと、反対の右折時になります。

この右折事故を考慮してか、アメリカでは車の直進レーンと右折専用レーンの間に自転車用レーンがあります。
日本でも導入すれば、事故率を減らす大きな鍵となるでしょう。

その他にもアメリカでは、ほとんどの一般道で80km/hくらいが法定速度です。
そのため、車が怖くて歩道を自転車で走っても、あまり注意はされませんが違反になります。

もし事故が起きた場合に、自転車が歩道を走っていたら、自転車に非があることになります。

アメリカで自転車に乗るときは、アメリカの交通ルールをしっかりと理解してから乗りましょう。

アメリカでの自転車移動、鍵や交通ルールに注意!

州によって交通ルールは異なるので、その州ごとに下調べをしておくのが最良です。
ですので、一概にこういうルールだと明記できませんが、おおまかなルールをご紹介していきます。

アメリカは右側通行です。
日本と違いアメリカでは、車は右折をするとき、信号の色に関係なく右折できます。
ですので、歩道側を走行するときは、車に注意しましょう。

へルメットは着用してください。
州によって異なりますが、安全のためにも着用しましょう。

自転車を現地購入の際、鍵・ヘルメット・ベル・ライトなどは自転車についていないことが多いので、自分で買わないといけません。

また、購入の際、ビーチクルーザーという自転車には、ブレーキがついていないことが多いので注意しましょう。
アメリカには、ママチャリはありません。
ママチャリで旅をしたい人は、日本から持ち込みましょう。

鍵は、前輪と車体、車体と自転車止めをつなぎましょう。
前輪は簡単に外れるため、前輪だけだと自転車を盗まれてしまいます。
日本より窃盗される確率は高いので、防犯はしっかりしましょう。

自転車泥棒はこうして自転車を盗む!

アメリカでは、鍵をかけていても、自転車が盗まれることがよくあります。
割合的には、チェーンよりU字ロックのほうが、盗まれにくいようです。

チェーンがダメなのかというと、そういう訳ではありません。
チェーンは、鎖が太ければ切るのが大変なので、盗まれにくくなります。

チェーンやU字ロックは、ボルトカッターか金ノコで壊されて、盗まれることがほとんどです。
また、U字ロックには、自動車のジャッキを使って、無理やり広げて壊すこともあるようです。
U字ロックを切る場合には、金ノコが便利なようですが、切るのに時間がかかるみたいです。

簡単な対処法は、いくつかあります。

チェーンロックは、高いところでつなげていると、ボルトカッターが使いにくくなるので、盗まれる確率は減少します。

U字ロックは、短ければ短いほど、切るのが面倒なので、盗まれにくくなります。

自転車の盗難を防止するためには

アメリカで自転車の盗難を防止するにはどのようにしたら良いのかをご紹介します。

自転車は、目的地の近くに駐輪しましょう。
移動するときは、自転車も移動させて、目の届くところに駐輪してください。

灯りがあり、人目に付く場所は、泥棒が嫌がるので盗まれにくいです。
常に、フレームと前輪をつないでおくようにしておけば、前輪が盗まれません。

また、変な方法でロックするのも有効です。
柱や手すりから吊るして、自転車を逆さまにするなどで、泥棒は自転車を盗みにくくなります。
友達と行動していて、友達も自転車で来ている場合は、一台を柱につなぎ、他の自転車ともつなぎ合わせるのをおすすめします。

用意する鍵は、チェーンは太いものを、U字ロックは短いものを選んでください。
そこまでの盗難防止をすれば、あとは運任せです。

古くてボロい自転車は、あまり盗まれません。

よく盗まれるのは、普通の自転車で、アメリカだと一般的なシティバイクです。
ロードバイクなどは目を付けられやすいので、注意しましょう。

アメリカのおもしろアイデア鍵「SKUNK LOCK」

アメリカのおもしろアイデア鍵「SKUNK LOCK(スカンク ロック)」についてご紹介します。
泥棒を、胡椒スプレーで撃退する自転車の鍵です。
スカンクロックは、「有害薬品で泥棒に反撃する唯一のロック」です。

自転車に鍵をつけても、慣れた自転車泥棒なら1分くらいで壊してしまいます。
また、ガードレールなどに繋げていても、泥棒はディスクグラインダーで切って、自転車を盗みます。

アメリカでは、年に150万台の自転車が盗難されています。

このスカンクロックは、鍵を切る自転車泥棒を、胡椒入りのスプレーで撃退します。
正しい方法で解錠すれば、その人に害を与えません。

「スカンクロックと描いてあると、泥棒が前もってマスクをするのでは?」と思う人もいるかもしれません。
泥棒は楽に盗めそうな自転車を選ぶので、スカンクロックを知っている泥棒から盗難を防ぐことにつながります。

チェーンに鍵はもういらない?アメリカのPubLock

アメリカでは、自転車の鍵に60ドルくらい費やしている人もいます。
丈夫な鍵は防犯には最適ですが、重くて持ち運びが大変です。
小型の鍵は軽量で収納しやすいですが、壊されやすいです。

そこで、RFIDの技術が使用された「PubLock」という自転車のロックステーションシステムができました。

使い方は簡単です。

「PubLock」に自転車を停め、「PubLock」の持ち手をフレームと車輪の間を通して、「PubLock」に差し込みます。

固定できたら、ユーザーのRFID(無線IDタグ)カードをかざせば完了です。
20ポンドのチェーンでロックされた自転車は、同じIDカードでのみロックを解除できます。

アメリカでは、RFIDチップと大学の学生IDを連動させたシステムを試験的に開始するようです。
また、自治体や都市が運営する駐輪場でも、RFIDカードを使った方法が考えられます。

自転車の鍵を持ち歩き、鍵をかけるという手間がいらなくなると、もっと自転車を使う人が増えることでしょう。

どこに行っても、施錠はしっかりと

いかがでしたか?

アメリカで自転車を使用する場合、しっかりと鍵をかけることが大切です。
アメリカだけでなく、どんな国でも、もちろん日本でも、施錠はすべきです。

特に、ロードバイクなどの高価な自転車は、盗難被害に遭いやすいです。
大切な自転車を盗難から守れるのは自分だけだと思い、しっかりと管理しましょう。

 - 旅行 長距離移動, 自転車全般