豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

トライアスロンで自転車速度の自己新記録を出すトレーニング

      2017/02/07

トライアスロンで自転車速度の自己新記録を出すトレーニング

自転車好きの方で、トライアスロンに参加されている方や、トライアスロンに参加してみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

トライアスロンなどのレースは、練習は大変ですが、自己新記録を出したときの達成感は最高ですよね。

とはいえ、理想とする速度や記録を出すのは難しいものです。

今回は、トライアスロンで自己新記録を出したい人必見の自転車トレーニングについてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001628-1.jpg
自転車ホイールに傷がついてしまった!そんなときの対処法

自転車に乗っていて、転んでしまったホイールに傷がついてし...

pwk0001627-1.jpg
自転車を買うならシングルスピード!おすすめブランドは?

自転車を欲しいけど、どんなものがいいかわからない… シンプ...

pwk0001626-1.jpg
コルナゴのclxってどうなの?ライダーの評価を徹底解説!

ロードバイクに乗っている人は、一度はコルナゴという名前を...

pwk0001625-1.jpg
mtbのブレーキから音がする!そんな時の解消法と防止策は?

mtbに乗っていて、ブレーキをかけると音がする! なんて経...

pwk0001624-1.jpg
giosのミニベロはスポーツ自転車としても評価が高い!

giosはイタリアの自転車メーカーで、ロードバイクでも有...

pwk0001623-1.jpg
日本一周をするバイクはランドナーで!期間はどのくらい?

自転車で日本一周をしてみたい! そんな方には、ランドナーと...

pwk0001622-1.jpg
シマノのビンディングペダル105は初心者におすすめ!

ロードバイクのビンディングペダルは、ペダルと足を固定して...

pwk0001621-1.jpg
ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

ロードバイクを趣味で始めたい! でも、王道のシマノ...

pwk0001620-1.jpg
ドイツの老舗・シグマのサイコン!電池が手に入れにくい!?

サイコンといえば、キャットアイやガーミンが有名ですね。 ...

pwk0001619-1.jpg
日本一周するには自転車で!種類別のおすすめモデルをご紹介

自分探しをしたい方、一風変わった旅をしたい方! そんな方に...

pwk0001618-1.jpg
ミニベロでレースに参加しよう!仕様変更するべき部分は?

最近流行っているミニベロ。 ミニベロって何?という方も...

pwk0001617-1.jpg
シクロクロスバイクにはカンチブレーキがおすすめ?!

シクロクロスはオフロードで行われる自転車競技です。 ...

pwk0001616-1.jpg
通勤距離が4キロの方必見!自転車通勤を始めてみませんか?

毎日4キロ~5キロを自動車で、電車で、または徒歩で通勤してい...

pwk0001615-1.jpg
自転車のポジションで走りが変化!前乗りはパワーが出せる?

スポーツ自転車に乗ると、サドルの位置が高くて初めは怖いも...

pwk0001614-1.jpg
男性の自転車乗りは体重が軽い方が有利?それとも不利?

一般的に、自転車は体重が軽いが有利と言われています。 ...

pwk0001613-1.jpg
ロードバイクをフラットバー化したい!長さが重要って本当?

ロードバイクのハンドルをフラットバーにしようかな? なんて...

pwk0001612-1.jpg
ロードバイクのスプロケを交換したい!丁数はどう選ぶべき?

ロードバイクに乗っていて、そろそろスプロケの交換をしようかな...

pwk0001611-1.jpg
ロードバイクのホイールは10速から11速用に換えられる?

11速化に興味はあるけれど、そのホイールは今持っている自...

pwk0001610-1.jpg
自転車の前輪と後輪ブレーキの種類はどんなものがあるの!?

自転車のブレーキは車と違って、種類が分かれています。 ...

pwk0001609-1.jpg
フラットバー化が、ロードをクロスの見た目に近づける近道!

性能は、ロードバイクがいいんだけど、見た目はクロスバイクが好...

スポンサーリンク


自転車練習の前に、必要なものを揃えよう

自転車で、最高速度を記録するには練習が必要です。
そして、練習するなら以下のような装備を揃えると良いです。

まず自転車本体は、価格もデザインも様々なので、好きなものを選びましょう。

ヘルメットは、価格が1万円から3万円くらいで、なるべく軽いものが良いです。

サングラスは、5,000円から4万円と幅がありますが、自転車用のサングラスがおすすめです。

サイドバッグはあると便利で、修理用の工具などを入れることができ、価格にしても1,000円から3,000円くらいなので、用意しておくべきでしょう。

バイクシューズはトライアスロン用のものが良く、価格は1万円から4万円です。
トライアスロン用のバイクシューズは種類が少ないものの、すぐ履けるようにマジックテープになっていて、扱いやすいのでおすすめです。

空気入れを用意しておくことも、割と空気が抜けやすい自転車のタイヤを考えれば必須でしょう。

ボトルおよびボトルゲージは、高くても1,500円くらいです。
簡単に水分補給できるようになるのでおすすめです。

最後には、サイクルジャージも用意しておきましょう。

サイクルジャージには、お尻にパッドが入っているので、長時間サドルに跨っていてもお尻を痛め難いです。

トライアスロン初心者におすすめの自転車

トライアスロンをするのなら自転車の選択は、ロードバイクかトライアスロン用バイクの2つです。
どちらを選べば良いのかというと、初心者であればロードバイクがおすすめです。

新記録を出そうにもトライアスロン用バイクでは、姿勢変化・ギアチェンジ・ブレーキ、それらの動作をスムーズに行うだけでも慣れが必要です。

速度を出すだけならロードバイクでも十分出せますし、練習することで記録だって伸ばしていけます。

また、トライアスロン用バイクは速く走ることは考えられているのですが、曲がることやブレーキなどはあまり重視しておりません。

それに比べるとロードバイクのほうが、遥かに操作しやすく簡単で慣れやすく、グネグネとした道でも走れるので、初心者にはロードバイクがおすすめです。

正しいフォームで速度の自己新記録を達成しよう

自転車のポテンシャルを最大限引き出して、最高速度を出し、そして自己新記録を達成するには、正しいフォームが大切です。

正しいフォームのイメージとしては、漕ぐのではなく回すイメージです。

自転車はペダルを回すことで進むので、円を描くように足を動かします。
つまり、ペダルの回転に合わせて、足を動かすのが一番良いのです。

ペダルを速く回転させるときも、注意が必要です。

試しに一番軽いギアにして、ペダルを回してみてください。
軽いギアなのでペダルは素早く回るでしょうが、そのときにお尻が上下していないでしょうか。

回すということをしっかり意識しているフォームでは、お尻の上下が少ないものです。
高速回転でもお尻の上下が少ないなら、それだけ効率良くペダルを回せているので、バイクはかなり速くなります。

そして、太ももの裏を使うことも大切です。

漕ぐというイメージでは、ペダルを下に押すことばかりになってしまいます。
ペダルを回すということになると、足を引き上げる動作も出てきて、足を引き上げるときに太ももの裏を使うことができます。

ペダルを回すことを意識した練習を初めて行うと、太ももの裏が筋肉痛になると思いますが、そうなってようやく、上手いペダリングができるようになったと言えるでしょう。

正しいフォームで自転車に乗るポイントは他にも

自転車の速度の新記録を出すための正しいフォームは、ペダルを回すイメージの他に大切なことがあります。

フレームすれすれになるように、内股になりましょう。

内股にすることで、力が逃げ難くなり効率が上がります。

太ももの裏を使っていないと膝が外に向きやすくなります。
太ももの裏を意識するためにも、内股にしてフレームすれすれになるように、ペダルを回したほうが良いです。

ツール・ド・フランスに出場するトップ選手たちをみると、内股走行していることが確認できるでしょう。

また、脇の下と腹筋を意識することも大切です。
上半身を固定してブレないようにすることが、効率の良いペダリングには重要です。

そのためには腹筋を意識することも大切ですが、腹筋はペダル回しの動きを吸収するだけで、上半身を固定することができません。

脇の下の筋肉を意識することで、はじめて上半身が固定されて、上下にはねることがなくなります。
また、脇の下に力を入れることで、自然と肘も軽く曲がることを覚えておくと良いでしょう。

自転車速度の自己新記録達成のポイントは空気抵抗?

正しいフォームで自転車を走らせることができるようになったら、今度は空気抵抗のことも考えていきましょう。

自転車において、空気抵抗は大きいものです。
そのため、空気抵抗を少なくする努力が必要になってきます。

自転車において、空気抵抗に大きく影響を与えるのは姿勢です。
正面から見て、シルエットが一番小さくするような姿勢になることで、一番空気抵抗が少なくなります。

普通にハンドルを握る状態を空気抵抗100%だとすると、ドロップハンドルを握ったときに前傾姿勢になるので、空気抵抗は80%程度になります。

有利な姿勢になることは、ハンドルを握る位置を変えることです。

ロードバイクでは、ドロップハンドルがついているので空気抵抗80%程度ですが、トイライアスロン用バイクだとハンドルが前に延長されているので、空気抵抗75%を実現できます。

空気抵抗を意識するところまで来ると、より高い速度で良い記録のための走行ができるになるでしょう。

速度の自己新記録達成にはサドル選びも重要

プロの選手が使っているからといって、硬いサドルを使っていると、不慣れなうちはお尻が痛くなってしまって、数週くらい自転車に乗れなくなってしまうことがあります。

このようなことがあるので、速度の新記録のための練習だとしても、自転車にたくさん乗るならお尻に優しいサドルを選びましょう。

ある程度クッション性があるサドルは、お尻に優しいです。

その次は軽さをみましょう。
軽さは、自転車の速さにつながります。

その2つの条件を満たしたおすすめのサドルとしては、プロファイルのサドルがあります。
黒のサドルで、赤と白でロゴが印刷されたサドルです。

プロファイルのサドルは、クッション性が高いので、お尻や股間に痛みを感じることが減るでしょう。
重量は少し重いのですが、クッション性のための重量なので、これ以上の軽量化は難しいと思います。

クッション性はかなり高いので、もしかすると自転車が漕ぎ難いと感じる人がいらっしゃるかもしれません。
慣れることでしっかりと自転車を漕げるようになるので、心配ないでしょう。

ラン、スイムの練習も

今回は自転車の練習について、詳しくご紹介させていただきました。

しかし、トライアスロンをするのであれば、ランやスイムの練習も必要不可欠です。

ランやスイムにも、それぞれ必要なグッズがあり、適した練習法があります。
大会当日に自己新記録を達成できるよう、自転車だけでなくランやスイムもしっかり練習しておきましょう。

 - 練習 トレーニング