豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車乗りでも大丈夫!ワックスでいつでもお洒落な髪型に

   

自転車乗りでも大丈夫!ワックスでいつでもお洒落な髪型に

『髪型』は、自転車乗りの悩みの一つですよね。
出発前に髪を整えても、自転車走行中の風で台無し・・・なんて経験はよくあると思います。

では、どうすれば、自転車を楽しみつつお洒落な髪型でお出かけできるのでしょうか。

今回は風と戦う自転車乗りのために、ワックスの使い方やセットの仕方などをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001621-1.jpg
ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

ロードバイクを趣味で始めたい! でも、王道のシマノ...

pwk0001620-1.jpg
ドイツの老舗・シグマのサイコン!電池が手に入れにくい!?

サイコンといえば、キャットアイやガーミンが有名ですね。 ...

pwk0001619-1.jpg
日本一周するには自転車で!種類別のおすすめモデルをご紹介

自分探しをしたい方、一風変わった旅をしたい方! そんな方に...

pwk0001618-1.jpg
ミニベロでレースに参加しよう!仕様変更するべき部分は?

最近流行っているミニベロ。 ミニベロって何?という方も...

pwk0001617-1.jpg
シクロクロスバイクにはカンチブレーキがおすすめ?!

シクロクロスはオフロードで行われる自転車競技です。 ...

pwk0001616-1.jpg
通勤距離が4キロの方必見!自転車通勤を始めてみませんか?

毎日4キロ~5キロを自動車で、電車で、または徒歩で通勤してい...

pwk0001615-1.jpg
自転車のポジションで走りが変化!前乗りはパワーが出せる?

スポーツ自転車に乗ると、サドルの位置が高くて初めは怖いも...

pwk0001614-1.jpg
男性の自転車乗りは体重が軽い方が有利?それとも不利?

一般的に、自転車は体重が軽いが有利と言われています。 ...

pwk0001613-1.jpg
ロードバイクをフラットバー化したい!長さが重要って本当?

ロードバイクのハンドルをフラットバーにしようかな? なんて...

pwk0001612-1.jpg
ロードバイクのスプロケを交換したい!丁数はどう選ぶべき?

ロードバイクに乗っていて、そろそろスプロケの交換をしようかな...

pwk0001611-1.jpg
ロードバイクのホイールは10速から11速用に換えられる?

11速化に興味はあるけれど、そのホイールは今持っている自...

pwk0001610-1.jpg
自転車の前輪と後輪ブレーキの種類はどんなものがあるの!?

自転車のブレーキは車と違って、種類が分かれています。 ...

pwk0001609-1.jpg
フラットバー化が、ロードをクロスの見た目に近づける近道!

性能は、ロードバイクがいいんだけど、見た目はクロスバイクが好...

pwk0001608-1.jpg
アイスバーン対策に!チェーンとスタッドレスタイヤの効果

皆さんは、雪の多い地域にお住まいでしょうか? 冬でも、夏と...

pwk0001607-1.jpg
自転車メーカーは海外勢が人気?日本製の自転車ってどう?

ロードバイクを買うなら、あこがれの海外の自転車メーカーの...

pwk0001606-1.jpg
弱虫ペダル以外にも!高校生のロードレースを扱った作品

自転車を扱った作品といえば、弱虫ペダルですよね。 個性...

pwk0001605-1.jpg
通勤距離が5キロという人は自転車通勤始めてみませんか?

毎日ぎゅうぎゅうの電車に押し込められて、通勤だけで疲れ果...

pwk0001604-1.jpg
ロードバイクのブレーキシューを交換したい!交換方法は?

ロードバイクのブレーキシューの交換しようと思っている方はいま...

pwk0001603-1.jpg
ドロップハンドルのスポーツ自転車で街乗りしよう!

自転車を買うときに、ほとんどの人は街乗りにも使いたいと思...

pwk0001602-1.jpg
圧倒的な強さを持つカンチェラーラ!強さの秘訣を大公開!

ファビアン・カンチェラーラ。 ロードバイクを本格的にやって...

スポンサーリンク


ワックスを使う前にする洗髪・乾燥作業

風を受けても崩れない髪型にするには、ワックスやスプレーといったスタイリング剤が必要です。

これを正しく使えば、風を受けても崩れにくく、自転車に乗っても崩れなくなります。
その方法は以下の通りです。

① しっかりと洗髪する

頭皮には沢山の皮脂や水分があり、まず始めに、皮脂や水分を綺麗に落とす必要があります。

髪の根本に油や水分があると、うまく髪がセットできません。
綺麗に洗髪することで、髪の崩れを防ぐことができるのです。

② 乾かすときから、スタイリングはスタート

ドライヤーで髪を乾かしているときから、しっかりクシで好みの髪型に整えていきましょう。

そうすることで、ワックスやスプレーを使ったときにも、ちゃんと髪がセットできるのです。

ここでの注意点は、髪がちゃんと乾くまでは、おとなしくしていることです。
激しく動いたりすると崩れる原因になります。

ワックス・スプレーで自転車走行の風に負けない髪型に!

しっかりと髪型の土台ができたら、次は実際にワックスとスプレーの付け方をみていきましょう。

・ワックスの付け方

ワックスの量は、少しずつ足していきましょう。
いきなり沢山付けると、失敗の原因となります。

量としては、中指に乗る程度で大丈夫です。
足りなかったら、随時足してください。

そして、ワックスを手のひら全体に伸ばし、その手で髪全体を揉むように付けていきます。

このとき、ムラのないように付けます。
一部だけに付けると、違和感が出てしまうのでやめましょう。

全体に付け終わったら、髪を自分好みにセットしていきます。

・スプレーのかけ方

スプレーは、髪から20センチ以上離して、全ての髪にかかるように使って下さい。

また、かけた後はしばらく静止、それが無理なら、せめて激しい行動は避けようにしましょう。

スプレーには、ワックスやドライヤーで整えたスタイルを維持する効果があります。
そのため、風や雨に負けない髪型に仕上げることができます。

自転車に乗っていても崩れない髪にしたいならば、ハードタイプやスーパーハードタイプのスプレーを使うと良いでしょう。

ボリュームを加えたいなら、ナチュラルタイプがオススメです。

応用として、髪にボリュームを出したいなら、全体にスプレーする前に根本にスプレーをしておきます。
反対に、ボリュームを抑えるには、髪の上下にスプレーするといった方法もあります。

髪を整えるワックスの種類

自転車に乗っていても、髪型を崩れにくくしてくれるワックスには、種類が沢山あります。
だいたい10種類程度の種類がありますが、その中の4つのワックスを今回はご紹介したいと思います。

【ファイバータイプ】

このタイプの特徴は伸びの良さです。
セットがしやすく、スタイリングした髪のキープがしやすいです。

また、毛束をつくりやすく、ツヤ感が出せます。

デメリットは、油分があるので重みが出てしまい、付け過ぎると髪にボリュームを出せなくなります。

【マットタイプ】

ファイバータイプと逆の特徴があります。
ツヤ感はなく、仕上がりはフラットになります。

ただ、毛束はつくりにくく、使い勝手は難しいです。
また、伸びの良さは悪いので、慣れが必要です。

【クリーム、ジェルクリームタイプ】

ファイバータイプとマットタイプの中間に位置します。
伸びツヤがそれなりにありながら、フラットに仕上がります。
髪質や長さを選ばないタイプで、使いやすさがあります。

【ジェルタイプ】

毛量がある人にオススメです。
ファイバータイプやマットと違い、水分を感じつつもパリッさせることができ、硬さを表現できます。
また、髪が半乾きの状態でも使えるという手軽さがあります。

自転車に乗る前に髪をセット!どんなワックスが良い?

ワックスは、自転車に乗っても崩れにくくしてくれる効果があります。

しかし、髪の長さに合ったワックスを選ぶ必要があります。
自分に合ったものを選ぶと、セットが決まります。

《ベリーショートヘアの人》

マットタイプのワックスが良いです。
髪全体の形が、ひし形になるように目指すと良いでしょう。

ただし、寝癖があるとセットの邪魔になりますので、その場合は一度濡らしてからセットしましょう。

他に、キープ力のあるウルトラハードといったものも使用できますが、種類によっては固まりすぎてしまいます。
また、ダマができないように注意する必要があります。

《ミディアムヘアの人》

ある程度の長さがあるならば、ファイバータイプのワックスを選びましょう。
ただし、長さや量があるからと、ワックスの付けすぎには注意が必要です。

ウェット感を出したいならジェルタイプを使い、パーマ風にしたいならば、ヘアアイロン後にワックスを揉み込み、スプレーをすると良いでしょう。

自転車用ヘルメットの着脱時のポイント

ワックスやスプレーを使ったら、しばらくは馴染むまで待ちましょう。
できるならば30分は待って下さい。

もし、乾く前に自転車用のヘルメットをかぶったりしまうと、髪型がつぶれやすくなってしまいます。

ただ、朝の忙しい時間や通勤時にそれは難しいと思います。
そういう人は、起床後すぐに髪型をセットしておいて、比較的動きの少ない朝食といった、準備中に髪を馴染ませましょう。

そして、ヘルメットをかぶる場合は、真上から被ると良いです。
普通の自転車乗りには、ほとんどいませんが、フルフェイスの場合は、より力をいれて広げるように被ります。

外すときは、より慎重に外しましょう。

どちらの場合でも髪が潰れますので、ヘルメットを取ったときには髪の根本に空気をあて、また優しく両手で根本から髪を立ち上げます。

さらに髪型の崩れる原因は、ヘルメットを被ったことによる蒸れなので、素早く蒸れを取り除きましょう。

場合によっては、前屈状態になったりして、重力を利用しつつ、クシャクシャと髪の蒸れを取り除きましょう。
その後、整えると髪の状態が回復します。

髪がうまくキマらない場合の原因と対処法

このように、自転車に乗っても崩れにくくしてくれるワックスやスプレーは、とても便利です。

ですが、それらを上手に使いこなせない場合もあると思いますので、対処の仕方もご紹介したいと思います。

・べたついてしまう場合

基本的に髪のセットをするのはドライヤーがメインであって、ワックスやスプレーはサブに過ぎません。
つまりこれは、ワックス・スプレーの両方、あるいはどちらかが付けすぎが原因です。

・白い粉がついてしまう場合

これはスプレーの付けすぎ、あるいはスプレーを付けるときの距離が近すぎる事が原因です。

距離を離して、全体にムラなく付けましょう。
近年では、スプレーはそういった白い粉が付きにくくなっています。

・分け目がずれてしまう場合

ヘルメットを被ると、これは避けては通れません。
走行中ヘルメットの隙間から風が入り込み、これが一番大きな崩れる要因を引き起こします。

そのため、分け目も5:5になりがちです。
フルフェイスも同様ですが、こちらは分け目ごと潰れます。

仲間に相談するのも◎

自転車で髪がキマらないというのは、自転車乗りであれば一度は抱えたことのある悩みだと思います。

自転車乗りの仲間に、対処法やおすすめのワックス・スプレーを教えてもらうことでも解決に繋がるかもしれません。

悩みは一人で抱え込まず、周りに相談しましょう。

 - 自転車 その他, 自転車全般