bmx初心者に購入ポイントお伝えします!重量を気にしよう

2020年の東京オリンピックの競技にもなっている自転車競技bmx。

動画サイトなどで興味を持ち、これから始めたい、買いたいと考えてる方も、多いかと思います。

初めてのbmxは、どうやって選べばいいのか、迷いますよね。

bmxって、買うときにいくつかポイントがあるんです。

これから、bmxの選び方、初心者の人に気にしてほしいbmxの重量についてお話してきたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロードバイクとは明らかに違う!ttとは一体なに?

皆さんは、tt(=タイムトライアルバイク)という言葉を聞いたことがありますか?自転車のロ...

一方通行の標識のある道路は自転車は通行できないの?!

自転車に乗っていて、一方通行の標識を意識している人は少ないかも知れません。しかし、自転車...

自転車を購入したら乗って帰るのが普通ですか?

お店で自転車を購入したら「そのまま乗って帰る」の、普通ですか?みなさんは購入後どうしているのでしょう...

mtbを買って通勤しよう!おすすめはスリックタイヤ?

自転車通勤というと、比較的短距離であればママチャリやクロスバイク、長距離の場合はロードバイクというイ...

自転車のフロントフォークを交換したい!サイズが合うか?

自転車のフロントフォークを交換したいと思ったことはありませんか?スポーツ自転車などは比較的エ...

自転車のケイデンスとは?トレーニング方法は?

自転車乗りのみなさま、ケイデンスとは何かご存知ですか?ロードバイクなどのスポーツ自転車を愛用...

お尻が痛い!ママチャリのサドルを交換で解消!?

子供連れのママさんが買い物をするときや通勤等に使われるママチャリですが、お尻が痛くなる事はないです...

ヘルメットやライトの装着義務は?ロードバイク乗りの注意点

街中や山道で多く見かけるようになったロードバイクですが、そのスピードには驚かされます。下り道では...

自転車走行するときはヘルメットとライトを装着しよう

みなさんは、自転車に乗るとき、ヘルメットやライトを着用していますか?ヘルメットは義務ではありませ...

自転車のペダルを分解清掃してグリスアップしよう!

当たり前じゃないかと言われそうですが、自転車のパーツの中で足が触れる場所はペダルだけですよね。...

自転車が趣味の人にあげて喜ばれるプレゼント

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。「自転車が趣味の人って、プレゼントで何貰ったら喜び...

26インチって標準?自転車のサイズってどうなってるの?

自転車、ママチャリ購入の際にも「26インチサイズで」とか、この「インチ」何が基準のサイズなんでしょ...

腕立て伏せと腹筋の筋肉の関連性!筋肉痛は効いてる証拠!!

腕立て伏せと腹筋は、筋肉トレーニングで代表する筋トレですね。腕立て伏せで腹筋も一緒に鍛える効...

googleマップは自転車走行にも利用できるってホント?

ルート検索の際に、googleマップを利用したことのある方は多いと思います。googleマップは...

ジャイアントのクロスバイクを最安値で買うには

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。今回は、ジャイアントのクロスバイクを最安値で買うに...

スポンサーリンク

初めてbmxを買うときのポイント

まったく知識がないと、bmx選びは結構難しいです。
bmxは自分に合ったものを探すのが重要で、それには乗ってみるしかありません。

しかも、普通に乗るのではなくて、トリックを試して確かめなくては、そのbmxが自分に合っているのか分からないでしょう。

トリックを練習したこともない初心者なら、ポイントは予算から絞っていくことです。
予算によって、どの程度のbmxを購入できるのか決まってきます。

たとえば、6万円の予算だとすると、エントリーモデルから選ぶことになるでしょう。

そして、同じ価格帯のストリートバイクであれば、重量と強度は反比例することを覚えておいてください。
つまり、軽ければ強度が低く、重ければ強度が高いということです。

それから、エントリーバイクだからといって、トリックができないわけではないので安心してください。
bmxのトリックで一番に必要なのは、高いスペックのbmxよりも、何度も練習することです。

店員さんと仲良くなってbmxの情報を仕入れる

bmxを続けていきたいなら、行きつけのお店を作っておくと良いです。

行きつけになるお店は住んでいる所によって変わるので、人によって様々になると思いますが、なるべく近くのお店が良いと思います。

それでも、年に数回行ける程度で十分です。

何度も足を運んで、お店のスタッフと知り合いになると、どんどんbmxの情報が集まってくるようになります。

メンテナンスや練習場などの情報を教えてくれたり、新発売のパーツを紹介してくれたりするでしょう。
新パーツの性能・重量・互換性・インプレなど、有益な情報を知ることができるでしょう。

会話から情報を得られるというのは、ネットにはないことなので、それは実店舗のメリットだと言えるでしょう。

また、大抵のお店はブログを作っているので、あらかじめブログを見ておくことで、お店の雰囲気やスタッフの人柄を確認することができます。

ブログを見て自分の好みに合うようなお店、親身に相談にのってくれそうなお店を、足を運べる距離の範囲で見付けましょう。

自分の体に合ったbmxのサイズ選び

実店舗のメリットの1つは、bmxに実際に跨がれることです。
そうすることで、サイズの確認ができます。

bmxのサイズというのは、シートからハンドルまでの距離であるトップチューブ長、それからシートから後輪軸までのチェーンステイ長が大切になります。

それらが短いほど、bmxはクイックに反応してくれるようになり、長いほどゆっくりと安定したコントロールができるようになります。

bmxを早く動かしたいとか、安定して動かしたいとか、好みがあるでしょうから、サイズの選択は大切なことです。

重量でも、クイックなのかゆっくりなのかと影響しますが、サイズ選びのほうが影響が大きいので、重量よりもサイズを重視してbmxを選択してください。

また、トップチューブの長さは乗車姿勢にも影響して、身体の動かしやすさにも影響があります。

ハンドルが遠くなることでハンドル操作し難くなるのですが、ハンドルが短すぎることで窮屈になるので、全体的に操作し難くなってしまいます。

どちらかといえば、ハンドルは遠いほうが操作し難くなるでしょう。

トップチューブの長さ、つまりハンドルまでの長さは、bmxをコントロールする上では大切なことなので、十分注意して購入しましょう。

bmxの重量と素材

良さそうなbmxをいくつか選ぶことができたら、重量を比較してみましょう。

バニーホップというトリックでジャンプするにも、当然のようにbmxは軽いほうが有利です。

そのため、いくつか選んだbmxのうち、一番軽いものを選ぶのがおすすめです。

目安としては、bmxのエントリーモデルだと、10kg台から11kg台となるでしょう。

より高価なモデルだと、10kg以下も珍しくありませんが、エントリーモデルと、そこまで重量の差があるというわけではありません。

フレームやフォークの素材を確認することも大切です。
ハイテンやクロモリ、そしてアルミ、チタンとありますが、ハイテンが一番安価です。

次に安いのはクロモリですが、それに重量の差はあまりないでしょう。

アルミなら軽量であり、ハイテンやクロモリと比べて、独特な乗り心地となります。

ひと言でいえば硬くなり、振動吸収能力が減るぶん、脚力などをダイレクトにbmxに伝えられるようになります。

チタンはクロモリとアルミの良い部分を取ったような素材ですが、チタンは加工が難しく非常に高価なので、あまり一般発売されておらず、見る機会も少ないでしょう。

軽い重量のbmxでたくさん練習しよう

bmxでトリックを決めているライダーは、bmxを簡単そうにコントロールしているのですが、それは練習を積み重ねた結果です。

bmxを始めて、少し飛べるようになるのに、半年かかるということも十分ありえます。
自由自在にbmxをコントロールできるようになるには、多くの練習が必要になるのです。

そして、成長があまり見られないことから、1年と続けられない人も多くいます。

bmxでの成長は、段階的です。
練習した成果が現れるのは、1年を過ぎでも遅いわけではありません。

成長に悩んでいる時期を越えることで、ある日、bmxのコントロールが上手くなることがあります。

bmxには、たくさんの練習が必要です。

そのため、少しでも疲れにくいbmxがおすすめになります。
疲れにくいbmxというと、軽い重量のものということになります。

500mℓのペットボトルと2ℓのペットボトルを比べれば分かることですが、軽いほうが簡単に動かせて、同じだけ動かすのなら軽いほうが疲れにくいです。

これはbmxでも同様です。
bmxがコンパクトで軽量なら、動かすのが比較的楽なので、たくさん練習できるでしょう。

bmx初心者はできるだけ重量を気にしよう

bmxを長く練習するなら、bmxは軽量であるほうが有利です。
初心者であるほど、重量を気にするべきでしょう。

それでも、初心者ではどこを気にしたら良いのか分からないでしょうから、少し確認していきたいと思います。

まずはブレーキ周りです。

完成車にはフロントブレーキがついていますが、公道以外なら外しても構わないので、慣れてきたらフロントブレーキは外して軽量化しましょう。

次はシート周りです。

シート周りは、軽量化の余地が多い箇所でもあります。

シートポストの素材をアルミにすることで軽量化でき、必要最低限の長さだけ残して、他はカットしてしまうことで大幅に重量を落とせます。

そしてペグです。

bmx特有のパーツで、よく使われているのは頑丈なクロモリ素材ですが、クロモリは重い素材なので、交換するほうがいいでしょう。

アルミにすれば、軽量化できます。

また、ホイールでも軽量化できます。

ホイールを36Hにすることで、スポーク12本分軽量化できます。

フロントとリアを合わせて24本分になるので、結構軽くなります。

あとは、クランクスプロケットです。

クランクスプロケットを、小さいものにすることで軽量化できます。

そのときにリアハブのコグの歯数を変更して、ペダルの重さを調整することを忘れないようにしましょう。

お気に入りのbmxを見つけよう

以上、ご紹介してきましたが、まず初心者の方は自分の好きなカラーを選んだり、カッコいいと思ったライダーさんの真似をするところから始めるのでもいいと思います。

悩んだり迷ったりしたら、ショップの店員さんに相談してみましょう。
親身になって答えてくれるはずです。

お気に入りのbmxであれば乗るのも楽しくなり、練習もきっと苦ではなくなります!

すぐにカッコよく、トリックを決められるようになるかもしれませんよ。