豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

      2017/08/08

アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そしてペダルしかありません。

当然、そこから地面からの振動・衝撃が直接伝わってくるわけです。

特にハンドルは、ずっと握っていなくてはならないので、長時間になると体に負担が掛かります。

また、アルミですと、他の素材に比べて衝撃吸収性が低いので、結構振動を拾ってしまいます。
そこで今回は、ハンドルからの振動を抑え、軽減する方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

pwk0001703-1.jpg
プロ視点で考える中古ロードバイクや中古パーツのおすすめ!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001702-1.jpg
ブリヂストンのママチャリのタイヤ交換にどのくらい掛かる?

ロードバイクやMTBのタイヤは、速く走るための必須アイテムと...

スポンサーリンク


振動を抑えるならアルミよりもカーボン

まず、ハンドルが振動を大きく拾うことを前提として作られているMTBなどは、衝撃吸収のために、サスペンションが装備されています。

また、ハンドルから伝わる振動が問題になってくるのは長距離・長時間ライドですので、ロードバイクが一番その影響を受けやすいと言えるでしょう。

ロードバイクはスピードに特化した自転車ですので、サスペンションのような重い装備を付けるわけにもいきません。

そのため、振動による衝撃を和らげることだけを考えるのなら、カーボンを使うことです。

フレーム・フォーク・ハンドル・サドル・シートポストなど、振動を拾う部分を衝撃吸収性にすぐれたカーボン製にすれば、明らかに体へのダメージは軽減されます。

しかし、カーボンは基本的に高価です。

フルカーボンのフレームの完成車などは、どんなに安価でも20万円前後はしますし、高価になれば100万円を超えるような車種まであります。

その他のパーツにしても、単純に2~3倍はアルミよりも高価です。

そのため、一番の振動対策は、お金を掛けてカーボンで揃えるということになります。

アルミハンドルからカーボンハンドルへ

前項は結局、財力で解決するという、身も蓋も無いような結論でした。

しかし、それでは話が終わってしまうので、振動対策を色々と考えなくてはなりません。

まず、やはり手っ取り早いのは、部分的なカーボン化でしょう。

ロードバイクのエントリ-モデルの完成車に、最初から装備されているパーツの多くは、アルミ製です。

中でもハンドルは、それほど高価なカーボンハンドルでなくても、衝撃吸収の効果がそこそこあります。

世界的に有名な3Tやチネリなどになると、ハンドルだけで2~3万円するものもありますが、ノンブランドの4~5千円の物なら、お試し感覚で交換してみる手もあります。

ただ、カーボンは長い目で見たときに、振動の減退や衝撃の吸収に優れているもので、瞬間的な振動は伝わってきます。

ですから、短い時間しか乗らない人などは、あまり恩恵を感じないことにもなるので、なおさら最初から高価な物に手を出すのは、どうかと思うわけです。

アルミハンドルにおける振動対策

アルミ素材のハンドルからカーボンへの換装で、振動対策になることは事実ですが、ロードバイクにおいて振動対策以上に、ユーザーが気を使うのが軽量化です。

そして、この軽量化においては、ハンドルの優先順位は正直低いです。

効果が無いとは言いませんが、ホイールやコンポに比べると、実感しにくいです。

ということで、ここからはアルミハンドルでの振動対策をご紹介していきます。

まずはタイヤです。
ロードバイクのタイヤは、スピードを出すために、細くて軽いです。

しかも、空気圧が高いので、どうしてもダイレクトに振動が伝わりやすくなります。

ですから、現状もし23Cなどの細めのタイヤを履いている場合は、取り付け可能な範囲で少し太めのタイヤにすると、違いが実感できると思います。

タイヤは有名メーカーの高グレード品でも、カーボンハンドルの半値くらいで手に入りますので、効率の良いカスタマイズだと思います。

ちなみに、今のロードバイクの主流は25Cになっています。

アルミフォークからカーボンフォークに交換する

今さら当たり前のことで恐縮ですが、ハンドルに伝わる振動は、前輪が地面から受けるものです。

ということで、前輪とハンドルを繋ぐ、フロントフォークの衝撃吸収性を高めるのも効果があります。

むしろ、ハンドルそのものよりも、フォークの交換の方が効果が高いと言う人もいるくらいです。

ロードバイクの完成車では、フレームはアルミでも、フォークだけをカーボン製にしているものが多いです。
また、MTBの衝撃吸収装置であるサスペンションは、フォークに内蔵されています。

カーボン製のフロントフォークもハンドルと同じく、メーカーにこだわらなければ、4~5千円の範囲で手に入ります。

前輪に支持する部分のブレードだけがカーボンで、ハンドルのステムと繋ぐステアリングコラムはアルミ製という物もありますが、それでも十分に効果はあります。

フォークの交換は手間と時間が掛かりますが、安価でできる振動対策ですので、おすすめです。

ハンドルへの振動を抑えるバーテープ

さて、ハンドルの振動対策ですから、ハンドル自体に細工することをお話しなくてはなりませんね。

ロードバイクのドロップハンドルには、バーテープが巻かれていますよね。

衝撃吸収やグリップ力を高めるのが目的ですから、素材や厚さを替えることで、もちろん振動対策になります。

まず、手の振動を和らげるには、クッション性のある厚めのテープが良いでしょう。
一般的なバーテープの厚さは2~3mmですので、3mm以上の物を選んでください。

最初はハンドルが太くなるので握りづらいかもしれませんし、特にアルミハンドルで剛性の高い、しっかりした握り心地が良いという人は、違和感があると思います。

しかし、慣れれば快適になってきますし、衝撃吸収の効果は大きいです。

また、素材ですが、今最も評価が高いのは、デュアルソフトポリマー(DSP)です。
非常にグリップ力が強いので雨の日でも滑りにくく、厚さも1.8mm~3.2mmまで自分の好みで選べます。

【Lizard Skins(リザードスキンズ):DSP3.2 バーテープ】
参考価格:¥4,300~¥4,700

こちらは厚さ3.2mmのタイプですが、1.8mmや2.5mmのタイプもあります。

カラーバリエーションが12種類あるので、見た目で選ぶのも楽しいですね。

耐久性にやや難があるとの(500kmくらいでダメになったなど)インプレが気になるところですが、衝撃吸収の面は高評価が多いです。

ハンドルへの振動を抑えるアイテム

また、ボンドレガーというメーカーが発売している「バズキル」というアクセサリーが、振動対策に効果的と言われています。

アーチェリーやボウガンにも使われている衝撃吸収材で、ハンドルの先に付けるエンドキャップの代わりに付けるだけで振動を軽減してくれる物です。

ちなみに、トレック系列はネット販売を行なっていないので、実店舗での購入になります。
価格は3,000円程度です。

細かい振動を打ち消してくれると評判ですし、アルミは当然のことながら、カーボンにも使用している人がいるので効果が期待できます。

そして、最後にご紹介するのは、長時間のライドには必需品とも言えるグローブです。

手のひらに、ジェルパッドなどの衝撃吸収材が付いている物が必須となります。

その他にも、通気性が良いメッシュ素材にするとか、安全性重視なら指先までが完全に覆われているロンググローブにするなど、用途に応じて選択肢は複数あります。

衝撃吸収性において、ユーザー評価の高いものをご紹介しておきます。

【PEARL IZUMI(パールイズミ):アンバウンドグローブ(メンズ)】
参考価格:¥4,320

通常の物より、パッドの厚みが約2倍あります。

親指部分に汗を拭けるフリースが付いていたり、紫外線もカットしてくれるので、夏場にも安心して使えるのが嬉しいところです。

ロングライドには振動対策が必須です

今回は、ロードバイクのハンドルへの振動対策についてお話してきました。

ロングライドになると振動による衝撃が、身体に蓄積されていくのがきついんですね。

そのために衝撃を吸収したり、軽減する必要があるわけです。

今回は費用対効果の高い対策を選んでいますので、これだと思う物がありましたら、ぜひ試してみてください。

 - ハンドル ステム