giantのロードバイクでエントリーモデルのおすすめは?

世界一の販売台数を誇るのが、台湾の自転車メーカー「giant(ジャイアント)」です。

日本でも非常に人気があり、専門店「ジャイアントストア」も全国に展開されています。

ロードバイクのラインナップは、ワールドツアーに参戦しているチームに提供されている機種から、エントリーモデルまで多彩です。

その中でも、特に今回は最初の1台におすすめのエントリーモデルを紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車に取り付けるサドルカバーのおすすめランキング

自転車に長距離、長時間乗っているとお尻が痛くなることがあるかと思いますが、多くのサイクリストが共通し...

自転車のチェーンをきれいに洗浄して楽しく自転車に乗ろう!

自転車のペダルを踏みこんだときの力を、リアホイールに伝える役割をもつのが自転車のチェーンです。...

自転車部品大手メーカー・kmcのチェーン交換方法をご紹介!

kmc(ケイエムシー)は、1977年に台湾で誕生した大手チェーンメーカーです。シマノもOEM...

自転車も運べるの!?宅配便の料金についてのご紹介

友達に自転車を送りたい。そんなとき、あなたならどうしますか?車に乗せて持っていきますか?それとも...

自転車のパーツ交換の注意点!ベアリングにもサイズがある!

自転車好きな方なら、ご自分で自転車の整備点検からパーツ交換まで行なっているのではないでしょうか。...

自転車のスプロケットを交換・洗浄してメンテナンスしよう

スプロケットはチェーン、チェーンリングと並んで、ロードバイクの可動部分の要となる部分です。...

アンカーがこだわりの技術を結集させたRNC7のインプレ評価

今回はブリジストン・アンカーのお話ですが、アンカーはクロモリフレームに強いこだわりを持っています...

ロードバイクにキャリアをつけて。快適・実用自転車ライフ!

ロードバイクはそもそも如何に速く走るか、を最大の目的でつくられたスポーツ自転車である、と言っても過...

自転車のチェーンのたるみ問題

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。ママチャリに乗ってしばらくして自転車屋さんに行くと...

ロードバイクを適正サイズで購入するための正しい計測とは?

身長がこのくらいなら何インチの自転車、とか、またがって足が付けば大丈夫、などとてもアバウトな感覚で...

ロードバイクのトレーニング、70キロってどれぐらいの距離

さて、今回はロードバイクのトレーニングについて書こうと思います。そもそも、トレーニングには、どん...

自転車で歩道を走るとき、やっぱり左側通行なの?

車は左側通行です。これは知っています。エスカレーターで立っているのは左側で急いでいる人のために開け...

池袋駅周辺の自転車置き場をご紹介します!

皆様は池袋で自転車を利用しますか?池袋周辺に住んでいる方や、池袋駅によく行く方、東京在住の学生さ...

自転車の予備ホイールの保管、どうしてる?

オフシーズンになったり、換えを持っているなどで、使わないホイールをどのように保管してますか?都会...

自転車のハンドル(ステム)の外し方と一緒に覚えるべきこと

自転車のハンドルの外し方は、そんなに難しくはありません。あまりいないかと思いますが、興味本位で外...

スポンサーリンク

giantのロードバイクはエントリーモデルに至るまでコスパが高い

giantは「コスパのジャイアント」という異名があるように、価格の割にフレームの質や組み合わされているパーツのレベルが高い機種が多いです。

現在のスポーツ自転車は通販で購入できるものも増えてきましたので、以前ほどgiant=低価格というイメージは薄れています。

しかし、コスパの高さは健在で、「エントリーグレードでこのコンポが組み合わせられるのか」と唸らされるロードバイクが多数あります。

giantのロードバイクは良くも悪くもオーソドックスで、言葉は悪いかもしれませんが、大衆化しているということになります。

ただし、それはフレームの形状のことであり、特に近年はホイールとタイヤに独自色を出しています。

以前よりコンポ以外のパーツは自社ブランドで固めていましたが、2018年モデルはほぼ全車が「チューブレスレディタイヤ」搭載になりました。

チューブのいらないタイヤに、さらに耐パンク性を高める「シーラント剤」というものを入れるタイヤです。

giantが汎用性の低いものを使用してくるのは異例とも言えますが、先見の明となるか注目されています。

giantのロードバイクの「THE・エントリーモデル」

それでは、giantのロードバイクを紹介していきます。

今回はエントリーモデルを中心にしますが、個人的におすすめのものは、クラス分けにとらわれず紹介します。

【CONTEND 2】参考価格:¥80,000

giantの中で最も低価格(最廉価)のロードバイクです。

アルミフレームにシマノの最廉価コンポ、リア8速「クラリス」の組み合わせ、クリンチャータイヤという、エントリーモデルの定番です。

さらに、ハンドルの水平部分からもブレーキが引ける、「サブブレーキレバー」が標準装備されています。

最初のうちは水平部分を握ることも多く、ドロップハンドルでのブレーキ操作が難しいシーンも出てきますのでありがたい装備です。

フレーム形状は、上位機種のレースモデルとエンデュランスモデルの融合がコンセプトです。

幅広い用途に対応できる、オールラウンドモデルになっています。

最初のうちは極端な形状よりは、このようなオールラウンドタイプがおすすめなので、最適の1台と言えるでしょう。

CONTENDシリーズは他にコンポのグレードによって上位機種もありますので、レベルの検討をしても良いと思います。

このレベルの高さでエントリーモデルなのか?

【TCR SLR 2】参考価格:¥175,000

上位機種のカーボンフレームモデルは、ワールドツアー参戦チームのレース機材としても採用されているのが「TCR」シリーズです。

こちらはシリーズのエントリーモデルではありますが、アルミフレームで7.9kg(Mサイズ)は破格の軽量です。

フルカーボンのフロントフォークや、独自の形状で衝撃吸性に優れたシートポストなど、上位モデルの技術を惜しみなく投入している点も好感が持てます。

前傾姿勢がキツめのレーシングモデルなので、ロードバイクのレースに興味がある方の最初の1台としておすすめです。

【TCR ADVANCED 2】参考価格:¥195,000

giantのカーボンフレーム車の中の、最廉価モデルです。

フレーム形状と組み合わされているパーツもほぼ同じなので、カーボンフレームに乗りたいかどうかが選択の決め手になりそうです。

公表されている重量が上記のアルミフレーム車と同様ですが、アルミが軽量過ぎるだけで決してこちらが重いということではありません。

カーボン特有のマイルドな乗り心地が良ければ、選択肢に入れておきたい1台です。

エンデュランスモデルのエントリーグレード

上記「TCR」シリーズはレースモデルですが、長距離走行向きの「エンデュランスモデル」が、今のロードバイク界ではひとつの大きなトレンドになっています。

上体を起こした楽な姿勢で乗れるフレーム形状や、衝撃吸収性を意識した構造になっています。

そのため、レース志向の薄いまったりライダーや、エントリーライダーの入門機として人気があります。

giantでは「DEFY」シリーズがそれに当たります。

【DEFY ADVANCED 2】参考価格:¥225,000

こちらは、先ほどご紹介した「CONTEND」シリーズよりもアップライドな姿勢になりますので、初心者の方でも違和感なく入っていけます。

この機種がDEFYのエントリーモデルになりますので、価格的にはハードルが高いかもしれません。

ではなぜ「DEFY」をおすすめしたいかというと、私が試乗したgiantのロードバイクの中で最も快適な乗り心地だったからです。

スペックから見て振動吸収性の高さは分かっていましたが、期待以上でした。

地面からの振動は伝わってきますが、非常に優しく路面の状況を教えてくれている程度
の心地よい伝わり方です。

それでいて適度に剛性もあるので、フワフワした走りにならないのもロードバイクらしくて良いです。

見た目もカーボンらしい曲線美が目を引くカッコいい1台です。

giantの異色ロードバイク

ここからはgiantのロードバイクの中で、変化球とでも言うべき存在のものを紹介します。

【ANYROAD 3】参考価格:¥95,000

「誰でも、どんな道でも走れる」がコンセプトになっており、非常に面白い設計になっています。

極端に下がったトップチューブにディスクブレーキ、太めのタイヤはMTBそのものですが、ロードバイク用コンポにドロップハンドルです。

クロスバイクでもここまでの融合は見られないので、インパクトは絶大です。

山林道などの未舗装路も走ってみたい、でもスピードも欲しい、そんな人向けかと思いますが、意外と通勤などの普段使いにも向いていると考えられます。

エントリーモデルとしては、上位グレードの技術が満載されているので、コスパ面でも注目の1台です。

【TCX SLR 2】参考価格:¥170,000

こちらは「シクロクロス」という競技に使われるバイクです。

未舗装の泥んこコースで争われる競技で、道中にはバイクを背負って自分で走る区間がある異色のレースです。

そのため、MTB並みの重量では担いで走るのが不利なので、MTB用の太めのブロックタイヤではありますが、車体は軽量に作られています。

担いだときにケーブル類が絡まないようにチューブに内蔵されているので、操作性の高さや見た目にもすっきり感があって良いです。

普通のロードバイクとして考えても使い勝手は悪くないですから、「ANYROAD」と同じくオフロードも積極的に走りたい人にはおすすめです。

giantの女性専用ブランドのロードバイク

giantには女性専用ブランドの「Liv」があありますので、こちらからも紹介しておきます。

【AVAIL 2】参考価格:¥80,000

Livブランドの最廉価エントリーモデルになります。

身長145cm前後からのサイズ展開があるのと、同じグレードのユニセックスモデルと比べると、もう一段上体を起こして乗車できる形状です。

また、女性の快適性を重視したコンフォートサドルやサブブレーキレバーも、細かな気配りが嬉しいところです。

【LANGMA ADVANCED 2】参考価格:¥200,000

女性レーサーに向けた、軽量カーボンロードバイクです。

高すぎない剛性と適度な乗り心地の良さも合わせ持っているので、最初からカーボンフレームに乗りたい人にも良いでしょう。

ただし、レースモデルなので中々に厳しめの攻めたジオメトリにはなっていますので、購入時は必ず試乗されることをおすすめします。

giantのロードバイクは面白い!

今回はgiantのロードバイクの中でも、特にエントリーモデルに注目してみました。

バラエティに富んだ選び甲斐のあるラインナップで、初心者ではかなり迷ってしまうことが懸念されるほどです。

迷った場合には、性能アップは後からできるので、最初はスタイルや価格から決めていけば良いです。

giantは、それに見合うだけの品添えがありますからね。