自転車のブレーキからうるさい音がする場合の原因と対処法

自転車を漕いでいると様々な音がすることがありますが、特にブレーキをかけた際にする音は結構うるさい音だったりもしますので、悩んでいる方もいるでしょう。

そうした自転車の異音は必ずしも故障やトラブルに繋がるものとは限りませんが、放置しておくのは得策ではないので何かしらの対処は必要です。

そこで今回は、特にブレーキからする音を中心に原因と対処法をお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロードバイクのサドルはなぜ薄い?理由は?種類で違うの?

皆さんはロードバイクのサドルにどのようなイメージを持っているでしょうか。とても小さくて薄いイ...

自転車のサドルを盗まれた人必見!盗難防止の方法!

日本全国での自転車盗難件数はなんと約30万3000件にもなります。そしてその検挙率は5.5%しかあり...

自転車も運べるの!?宅配便の料金についてのご紹介

友達に自転車を送りたい。そんなとき、あなたならどうしますか?車に乗せて持っていきますか?それとも...

折り畳み自転車を電車に持ち込もう!

最近では、折り畳み自転車を持ち込んで、電車に乗っている人を見ることが多々あります。目的地によって、自...

カンチブレーキを交換したい!どんなブレーキが良いの?

カンチブレーキをご存知ですか?昔はほとんどのMTBに採用されていましたが、現在はシクロク...

自転車パーツの福袋っていくらするの?何が入っているの?

年始に福袋を購入される方は多いのではないでしょうか。福袋はいろいろな場所で、いろいろな物が売られてい...

自転車と右折と左折のおはなし

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。時々、自転車で右折レーンに普通の車のように入って、その...

ロードバイク乗りの女性が増えている!女性もブログを書いてみよう!

最近はロードバイク人気が出て来て、女性のロードバイク乗りが増えてきてます。その影響も弱虫ペダルの影響...

あなたの自転車、カゴついてますか?交換の仕方お話しします

速さを追求するロードバイクなどはパーツおよび車体をいかに軽くするかを考えるため、装備されているのを...

ロードバイクのステムを短くする利点は?

ロードバイクに乗る上で、誰もが抱える悩みが肩・腰の疲れです。そんな肩や腰の疲れを解消する方法の代...

自転車のリム交換できるかな?チャレンジしてみよう!

ロードバイクなどに乗っていて「走りを変えたい...!」と思ったとき、手っ取り早いのはタイヤ・ホイール...

自転車スポークは長さに種類がある!スポークの長さを知ろう

様々な部品から成り立って出来ている自転車ですが、中でも走るときに重要になってくる部品がスポークです。...

徒歩と自転車、ダイエットにはどっちが効果的?その速度と時間

近年では、健康やダイエットの目的で自転車に興味を持つ人も増えています。確かに運動になりますし、同...

タイヤのバルブには種類があるって知ってた?

自転車のバルブは、どれも同じではありません。また、空気入れによって対応しているバルブは違いま...

ロードバイクは低身長でも乗れるモデルがいっぱいある!

平均身長よりも低い男性や、小柄な女性の中には、「ロードバイクに乗りたいけれど、合うサイズがなさそう」...

スポンサーリンク

自転車の前後どちらのブレーキからうるさい音がしているか?

ママチャリなどの一般的な自転車のブレーキは、前輪が「キャリパーブレーキ」、後輪が「バンドブレーキ」という、構造も制動の仕組みも全く違うものが装備されています。

そのため、どちらのブレーキからうるさい音が出ているのかを特定するのが第一段階となります。

ママチャリは基本的に進行方向に向かって右側のレバーが前輪ブレーキ、左側が後輪ブレーキになっていますので、車の来ない安全な道でどちらかだけを操作して止まってみてください。

このとき後輪から音がするようですとできることは限られてきますし、バンドブレーキはそもそも「キーッ」という甲高い音が避けられないとも言われています。

故障やトラブルとは言えない状況でも音が鳴ることがあるので、お店に持ち込まれても修理しきれないことから、元々バンドブレーキを装備した自転車を販売しない自転車屋もあるそうです。

そのため後ほど詳しくお伝えしますが、バンドブレーキの音鳴りは根本的な解決が別ブレーキへの交換になる場合もあるので、後輪ブレーキからうるさい音がする場合は自転車屋に持って行くのが賢明です。

自転車のバンドブレーキがうるさい場合の対処法

前項でお伝えしたバンドブレーキからの異音は経験がある方はお分かりと思うのですが、ひどくなるとうるさいという域を超え、ブレーキを掛けるのがはばかられるほどの轟音になってしまうこともあります。

その際は自転車屋に持って行くのが賢明とお伝えしましたが、その前に1つだけ試していただきたいことがありますのでご説明します。

バンドブレーキは車輪のハブに固定され車輪と一緒に回転する「ドラム」を、バンドで締め上げて止める仕組みになっています。

自転車に長年乗っているとバンドは汚れが溜まってきますし摩耗もしていくため、表面がデコボコしてしまい、その結果均等にバンドに当たらなくなって擦れたような「キーッ」という音が出ます。

そのため分解して清掃したり、バンドを交換すれば音鳴りが解消するはずですが、分解には非常に手間が掛かりますし、バンドは交換用に単体では用意されていないため基本的に交換できません。

そこで試したいのは、ドラムに研磨剤を塗って磨くことですが、詳細は次項でお伝えします。

バンドブレーキの研磨方法

ママチャリの後輪に装備されているバンドブレーキの音鳴り対策として、ドラムに研磨剤を塗る方法をご説明します。

研磨剤と言っても工業用のものを使う必要はなく、家庭にある歯磨き粉や台所用の液体クレンザーで十分です。

使用する量は米粒程度で、木べらや割りばしでドラムの先に塗り、ブレーキを掛けながらペダルを回して馴染ませていってください。

これでバンドの表面がならされていき、表面がザラザラすることでグリップ力も強くなるので音が鳴り止むはずです。

ただ、研磨をしてもまだうるさい音が鳴るようですとバンドやドラムが寿命を迎えており、ブレーキの限界の可能性もありますので、自転車屋に持って行ってください。

なお、このときに潤滑されると音が鳴り止むと考えてオイルを注そうとする方がいますが、絶対に行ってはいけません。

潤滑の「滑」は「すべる」ですから、バンドやドラムにオイルが付着すればすべってグリップ力が無くなり、ブレーキが全く効かない状態になりますので、いかなるブレーキでも制動部分にオイルを付着させてはなりません。

うるさい音鳴りを解消するには別のブレーキに交換してしまう手もある

自転車のバンドブレーキのうるさい音鳴りですが、構造的に音が鳴らないブレーキに交換してしまう手があります。

ママチャリの後輪に使用できるのはバンドブレーキの他に、「サーボブレーキ」と「ローラーブレーキ」があります。

サーボブレーキはドラムはバンドブレーキと同じですが、バンドで締めつけるのではなく、「ブレーキシュー」というゴムを内側からドラムに押し当てることで制動をします。

この構造からもそうですし、サーボブレーキは耐熱性や耐摩耗性にも配慮されているため、音鳴りがしにくいブレーキになっています。

バンドブレーキのドラムが転用できることから交換にもさほど費用は掛からず、おおむね部品代込みで2,000円もあれば交換してくれます。

もう1つのローラーブレーキですが、これも内側からブレーキシューをドラムに押し当てるという仕組みですが、その押し当てるのに小さな複数のローラーをしようするので、ブレーキの効きがなめらかになります。

高級なママチャリに装備されていることが多く、音に関してはほぼ皆無と言ってもよいブレーキです。

ただし、バンドブレーキやサーボブレーキとの互換性がありませんので、ブレーキ単体の交換はできず、車輪ごと交換しなければなりません。

また、費用が車輪と工賃で1万円は見ておかなくてはなりませんので、それであれば自転車自体を買い替えることも視野に入ってきます。

自転車の前輪ブレーキの仕組みとうるさい音鳴りの原因

ここまでは一般的な自転車の後輪ブレーキのうるさい音についてお伝えしてきましたが、ここからは前輪ブレーキについてお伝えします。

ママチャリの前輪ブレーキは「キャリパーブレーキ」が多く、車輪のタイヤがはまっている部分の「リム」にゴム製のブレーキシューを押し当てて回転を止めるという仕組みです。

リムとブレーキシューの接触によって起こる摩擦で制動をするので、多少の擦れ音は仕方ないのですが、音が大きくなってくるようですと、リムかシューのどちらか、また両方に要因があることになります。

ますはリムの汚れですが、摩擦熱によって溶けたブレーキシューのゴムや削れカスが溜まっていくことにより、バンドブレーキと同じ原理で音が鳴ります。

そのためリムを掃除しなければなりませんが、こびりついてしまった汚れはただ拭いただけでは落ちにくいので、ここも研磨をします。

自転車のリムには工業用の研石を使用するのが一般的ですが、液体クレンザーでも良いですし、砂消しゴムなどもよく使用されます。

いずれにせよあまり強くゴシゴシやるとリムが傷ついて余計に音鳴りの要因を作ってしまいますので、ゆっくりと軽くこすりましょう。

ブレーキシューも音鳴りの原因になる

前項でお伝えしたように、自転車のリムを掃除してもまだうるさい音が鳴り止まない場合は、ブレーキシューを確認します。

まず表面をチェックをし、小石や金属片などが刺さっていると音鳴りの原因になりますので、一旦シューを本体から外して、カッターやピンセットで取り除いてください。

また、1度溶けたゴムが固まって再度表面に付着してしまうと、表面が均等化されなくなって音が鳴りますし、ツルツルになっているのでブレーキの効きにも影響が出ます。

そのため、表面をならしてざらつかせるために、ヤスリなどで表面を軽く削って面出しを行ってください。

なおヤスリが無い場合はブレーキシューを外し、表面を軽く地面にこすりつけるとよいでしょう。

それでも音が鳴り止まないようですと、これ以上行ってかえって悪化させてもいけませんので、自転車屋に持って行ってください。

できるだけのことを行ったら後はプロに任せる

自転車のブレーキからの音鳴りは前輪、後輪どちらかで対処法が全く変わってきます。

特にママチャリの後輪ブレーキは音が鳴りやすいバンドブレーキを使用していることが多いので、簡易的な研磨を行ってもダメなら交換も視野に入れて自転車屋に行きましょう。

また、前輪は構造が単純なので自分で対処できる方法もいくつかありますが、命を預けるブレーキに重大な欠陥が発生している可能性もありますので、早めにプロの診断をあおぐのが賢明です。