豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

amazonなどで買った自転車は防犯登録どうするの?

      2017/03/01

amazonなどで買った自転車は防犯登録どうするの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
昨今はamazonなどのインターネットでも自転車が買える時代になりましたね。

現在は、まだちゃんとしたロードバイクなどを買うには、組み付けの問題などの不安が大きいですが、数年もするとまた時代は変わっているかもしれません。

今回はamazonで買った自転車は防犯登録できるの?というはなしと合わせて、自転車のネット通販について書いていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001596-1.jpg
自転車のタイヤがバーストする原因は縁石!?その対処法

ロードバイクなどのスポーツバイクに乗っていて、縁石に乗り上げ...

pwk0001595-1.jpg
クロスバイクかロードバイクで迷ったらレンタルしてみよう

クロスバイクとロードバイク。 スポーツバイクを買うとき...

pwk0001594-1.jpg
車の不注意で大事故!後ろを見ずにドアを開けたら自転車が

自動車のドアを開けたら、後ろから来た自転車がスレスレを通って...

pwk0001593-1.jpg
自転車にスタンドをつけたい!子どもの成長に合わせて選ぼう

子どもの頃、補助輪つきの自転車から卒業し、補助輪を外して乗れ...

pwk0001592-1.jpg
自転車のホイールはワイドリムが主流?23cは使えるの?

これまで、一般的なロードバイクのタイヤには700×23c...

pwk0001591-1.jpg
ロードバイクのヘッドがガタつく!調整方法とグリスアップ

ロードバイクでヘッドがガタつくとき、少しだけなら放っておいて...

pwk0001590-1.jpg
ジャイアント製ロードバイクの2012年~2017年の変遷について

ロードバイクのメーカーはたくさんありますが、世界でも有名なの...

pwk0001589-1.jpg
クリートを取り付けたい!位置はどこ?前寄り?後ろ寄り?

クリートの取付には最適な位置があり、間違った位置に取り付ける...

pwk0001588-1.jpg
自転車で土手道を走るのに適したクロスバイクとマナー

自転車を使って、通勤・通学したり、サイクリングするとき、未舗...

pwk0001587-1.jpg
メリダのリアクト4000が2017モデルで進化した?!

メリダは台湾の自転車メーカーで、低価格でコストパフォーマ...

pwk0001586-1.jpg
自転車のフロントブレーキのパッドを自力で交換する方法!

自転車、特にスポーツバイクに乗っていると、フロントブレーキの...

pwk0001585-1.jpg
自転車で安全に走ろう!渋滞時、すり抜けは違反!?

近頃の自転車ブームで、本格的に自転車に乗る人が増えました。 ...

pwk0001584-1.jpg
自転車のブレーキロックの危険性と原因・対処法について

スポーツ自転車では、急ブレーキをかけたときに、タイヤにロック...

pwk0001583-1.jpg
ロードバイクを加速させたい!自分史上最速を目指す!

もっと速く走りたい、ロードバイクを乗る人は誰もがそう思い、様...

pwk0001582-1.jpg
タイヤを長持ちさせたい!自転車タイヤの寿命は延びるの?

タイヤがすぐパンクする、そんな人はいませんか? もしかした...

pwk0001581-1.jpg
電動自転車のバッテリーが点滅するのは故障のサイン?

電動自転車は、小さなお子さんがいたり、長距離の自転車通勤をし...

pwk0001580-1.jpg
一方通行の標識のある道路は自転車は通行できないの?!

自転車に乗っていて、一方通行の標識を意識している人は少な...

pwk0001579-1.jpg
ロードバイクをレンタルしてみませんか?大会も出られます!

ロードバイクに乗ってみたいけれど、ロードバイクというものは、...

pwk0001578-1.jpg
自転車の逆走は危険!交通規則をしっかり守り安全に乗ろう!

自転車に乗っていて、「逆走するな!」などと声を掛けられたこと...

pwk0001577-1.jpg
歩道では自転車はベルを鳴らしてはいけない?!いつ鳴らす?

歩道を歩いているとき、後ろから自転車が近づいてきて「チリ...

スポンサーリンク


amazonで買った自転車は防犯登録できる?

とりあえず、結論から言えば、防犯登録は可能です。
防犯登録をしてくれる自転車店に行ってお願いして、料金を払えばしてくれます。

ただし、他店で購入した自転車については断るという店もあります。
というのも、盗難車と気付かずに防犯登録してしまうと、その店の責任になるからです。

ですので、身分証明書・購入証明書の2つを持っていく必要があります。

購入証明書としては、車体番号が分かるものでないと、その車体の証明書か分かりません。
例えば、領収書の場合、車体番号が書かれていないので、同じ車種を1台正規で買えば、その領収書で同じ車種の100台の盗難車を登録出来てしまうからです。

それじゃ何が必要かというと、これが難しいところです。
メーカー保証書にせよ、本物かどうかの確認は自転車屋さんの店頭では難しいです。

パソコンのエクセルくらいで適当に偽の保証書を作れる時代です。
もちろん、そんなことすれば詐欺罪で捕まりますが。

どちらにせよ、自転車屋さんには盗難車かどうかを確認する方法というのは、与えられていないのです。

amazonで買った自転車は防犯登録を断られる場合も

ですから、厄介事には巻き込まれたくない自転車屋さんは防犯登録を断る場合もあります。

しかし、「正規に購入したものかどうか確認する方法がなく、盗難車である可能性があるので断った」というきちんとした理由があります。
また、昨今の自転車盗難事情を踏まえると、自転車屋さんを非難することも出来ないです。

むしろ、システムとして防犯登録自体がおかしい状態にあります。
購入証明書と車体番号を自転車屋さんが照合出来るシステムがないですし、そもそもそんなものは警察の仕事のはずです。

仮に自転車屋さんは登録代行手続きのみをして、警察側で照合するというシステムだとすれば、自転車屋さんは絶えず犯罪に関与させられる可能性にさらされる、ひどいシステムだと言えます。

そんなわけで、登録してくれるかどうかは自転車屋さんのサジ加減次第ということになってしまいまして、いくつかのお店を回らなくてはいけなくなります。

amazonで買った自転車を防犯登録しやすいお店

具体的に防犯登録をしてくれやすい自転車屋さんは、ホームセンターの自転車コーナーやサイクルベースあさひさんのような量販店タイプのお店です。

身分証明書と領収書、買ったときに一緒に付いていれば、メーカー保証書などを持っていけばしてくれる場合が多いです。

小さい自転車屋さんの場合、盗難車を扱っているなどの変な噂が立てば、商売にとって致命的なダメージになってしまう可能性もありますが、大きい量販店の場合はさほど気にする必要もないからです。

しかし、どうしてそういう問題が発生するのかと言えば、防犯登録のシステム自体が古いままだからです。
かつてはインターネットなどなかったですから、自転車に限らず、すべてのものが実売店舗で買うしかありませんでした。

ほとんどの自転車屋さんが購入時に防犯登録可能です。
また、ときどき防犯登録が出来ないお店があっても、近くの別のお店に行って、
「あそこの自転車屋さんで買ったんだ」

と言ってレシートを出せば、

「ああ、あそこで買ったのね」

と、納得して防犯登録してくれたわけです。

近所の同業の店のレシートを疑うお店というのはあまりないですからね。
(ふたつのお店が仲が悪いとしてくれないかもしれませんが笑)

防犯登録は相変わらず、そういう実売店での販売を前提のもと存在しているため、インターネットで購入した自転車の登録では、少々厄介なことになるわけです。

そもそもインターネットで自転車を買う問題

そもそもに言えば、インターネットで自転車を買うことにはリスクがあります。

とにかく返品などが難しいです。
そして、自転車は乗り物、車両ですので、整備不良は非常に深刻な問題につながります。

「不備があれば素人でも見たり乗ったりすれば、だいたい分かるでしょう?」
なぜか自転車ってこういう考えが蔓延しています。

エンジンが付いてないからか、専門知識がなくてもだいたいで何となくいじれるだろう、と。

明言しますが、無理です。
試しにBBというネジを軽く緩めた自転車があったとしても、99%の人が気付かずに乗り続けるでしょう。
しばらくすれば、BBにガタが出て来ます。

BBとは、ペダルの付け根を支える部品ですので、これは非常に危険です。
ブレーキのボルト1本緩んでいても、そのまま気付かず乗り続けていれば、大事故につながる可能性もあります。

「そんなこと起こらないでしょ?なんだかんだでちゃんとしてるでしょ?99%大丈夫でしょ?」

1%というのは、不備の発生率の数字としては非常に高い数字です。
1%の確率で食中毒の発生するごはん屋さんには誰も行かないでしょう?

自転車に限らないブラックボックスの増加

人間として至極当然な考えですが、自分の命は自分で守らないといけません。
しかし、なぜか最近の日本人は非常に自分の命に無責任です。

自転車の事故として、2008年、ビアンキのサスペンションフォークが走行中に破損して、乗車していた60歳の男性が重大な後遺症(全身麻痺)を負ったという痛ましい事件がありました。

法的に誰に罪があるかなどの問題に関してはここでは触れませんが、当該車両はサビによる著しい腐食が確認されています。

この事件の問題の核心はいくつかあります。
63歳にもなろう人生経験豊富な人間が、

「メンテナンスしていないボロボロのサスペンションフォークが壊れるかもしれない」
ということを考えず、乗り物に乗っていたということがひとつ挙がります。

もうひとつ挙がる核心が、サスペンションフォークの整備は専門のところでしか出来ないということです。
街の小さなママチャリ屋さんじゃ出来ません。

現在はスポーツ車を扱っている自転車屋さんでも、メーカーに送らないとフロントフォークは修理できません。

この事件と前後して、サスペンションフォークを取り扱っているメーカーは、ショップでの分解修理を禁止しました。
勝手に開けられて、重大事故が起きて、また社会的信用を問われて、賠償金を払うとなると、たまったものじゃないですからね。

サスペンションフォークは構造自体はさほど難しいものではないのですが、部品の規格が様々で、小売店ではどのフォークにどの部品が適合するかの判断が難しい場合も少なくありません。

「数年でサビて大事故を起こす可能性のある乗り物を、製品として流通させることは問題じゃないのか?」

という話になりますと、世界から自転車は消え去る他ありません。
全くサビない自転車というのは、ちょっと聞いたことがありません。

自転車に限らないブラックボックスの増加②

そういった経緯で、サスペンションフォークはブラックボックスとなってしまいました。
中身は分からないが、一定の機能を果たしてくれる謎の物体。

しかし、サスペンションフォークに限らず、我々の生活は、今や大半のものがブラックボックスです。

例えば、スマートフォン。
スマートフォンの仕組みなど一般人で分かる人はだれもいないでしょう。

通話ボタンを押しているときには、相手に声が届いていると信じていますが、プログラムを書き換えれば、一定時間毎に音声をどこかに送信し続けるということも可能ですし、GPSで位置の特定も可能です。

かと言って、スマートフォンの仕組みを分解して理解するわけにもいきません。
中身が分からない、得体の知れないものながらも、便利なので信用して使い続けるより他ないのです。

大昔はブラックボックスは、さほど多くはありませんでした。
原始的なものは、誰にでも分かる原理で動いています。

たとえば、井戸から水を汲む滑車なんかは調子が悪くなれば、滑車が悪くなっているから少し直そう、とそれだけのことです。
稲刈りの鎌だって、切れなくなれば砥げば良かったです。

ちょっと複雑な機織りの機械だって、長年使っているおばあさんなら簡単な修理くらいは出来たでしょう。

技術が進むにつれて、複雑なものが増え、修理するのに専門的な能力を必要とするようになりました。
物は壊れないのが当然、壊れても周囲に危険がないように壊れるのが当然、壊れれば新品に変えれば良いというのも当然となっていきました。

得体の知れないブラックボックスを妄信的に信じざるを得ない時代です。

amazonなどのインターネット通販の問題

インターネット通販の問題は、そういうところにあります。
得体の知れないものを妄信的に信じざるを得ないという問題です。

中身の見えない販売者から商品が送られてきます。
そして、その製品を原理的な中身は分からないまま、安全だろうと信じて使う他ありません。

もちろん、危険な商品を販売する業者の場合、悪い評判なども出て来ますし、amazonの場合はある程度、そういう業者は規制します。
レビュー機能もあります。

しかし、僕はこれまでの人生でamazonの中の人に会ったことはありませんし、信頼できる人かも分かりません。
いかに優良な業者でも、ミスする可能性というのは必ずあります。

実売店の場合にも、人間なのでミスをする可能性はありますが、購入後の点検をしてくれる場合が多いです。
困ったり、怪しいと思ったときには、直接聞くことも出来ます。

自転車の内側というのは、乗る人にはブラックボックスであることはどちらも同じですが、実売店の場合、ブラックボックスの中をイジれる生きた人間に直接修理・点検などを頼めます。
ただ闇雲にブラックボックスの中を信じるより、遥かに信頼は出来ます。

まとめ「自転車は自転車屋さんで」

インターネットの普及、発展は目覚ましいものがありますが、乗り物の不備は命に関わる問題ですので、やはり専門家である自転車屋さんから直接購入することが安心です。

特にママチャリじゃないスポーツ車の場合、速度も出しますし、頑丈さよりも走行性能のため、定期的なプロによる点検を前提とした軽量化した製品も少なからずあります。

防犯登録の問題から少しずれましたが、様々なことを含めて考えると、自転車をインターネット通販で買うのは、もう少し時代が進むのを待ってからの方が賢いかもしれません。
しばらくは、まだ自転車は自転車屋さんで買うのが無難なようです。

 - クロスバイク, ロードバイク, 自転車 購入, 防犯登録 盗難