豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

クロスバイクにバーエンドを取り付ける!

2016.4.6

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。

クロスバイクのハンドルのはしっこにツノみたいなのを取り付けている人を見た事ってありませんか?
あれはバーエンドバーと言ってクロスバイクで長距離を走る時にすごく便利なアイテムなんです。
今日はクロスバイクにバーエンドを取り付けるおはなしです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

通勤用自転車にロードレーサーを改造して使おう!

自転車で通勤する人が多くなりましたが、通勤用に使う自転車を買うとなると別で費用が掛かります。そこで、...

えっ、クロスバイクのチェーンって伸びるの?

クロスバイクに限らず、ロードバイクやMTBなどのスポーツバイクではチェーンが伸びるというのは当たり...

ロードバイクとピストバイク、その違いと特徴

最近の自転車ブームを反映してか、街中でロードバイクに乗っている方を見かける機会が多くなりました。 ...

自転車で日本一周をしよう!お金に変えられない旅行!

自転車で日本を一周する人も出て来ています。日本は地図で見ると小さいですが、実際に自分が住んでいる町も...

ロードバイクの後ろホイールから出るラチェット音とは?

ロードバイクやその他の自転車に乗って坂道を下っているときなどに、後ろのほうから「カチカチ。。。」と音...

自転車の荷物を固定するゴムって!?便利な使い方

自転車の荷台使っていますか??自転車の荷台を有効活用してみましょう。 荷台はその名の通り荷物を積む...

自転車のタイヤ交換、自分で出来る?チャレンジしてみよう!

自転車のタイヤとチューブは消耗品です。 快適な走りやスピードを求めたとき、安全性の上からでも非常に...

自転車が欲しい!身長が低い人へのおすすめは?

身長が低い方は、標準身長の方に比べて、自転車選びに苦労されていると思います。 特に女性で、この悩み...

16インチの自転車は、子供が何歳から何歳まで乗れる?

子供が大きくなって、自転車に乗りたいとおねだりしてきた! 自転車を買うのはいいけど、いっぱい種類や...

ロードバイクのインナーギアとアウターギア

ロードバイクのインナーアウターについてお話しします。 ほとんどのロードバイクには、前2段の変速...

MTB(マウンテンバイク)のシフトワイヤー、交換のポイント

ガソリンもかからず、家計にも優しい、近場に出かける時の交通手段として最適な自転車。その中でも、荒野...

ロードバイクにキャリアは取り付けられる?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイクを乗っていると、ある日、ちょっと荷物でも積...

自転車発電を自分でチャレンジしてみよう!!発電装置の作り方

自転車を漕ぎながら「このタイヤを回すエネルギー、使えないかな?」って思ったことはありませんか? 自...

自転車の防犯登録シールって必要?捨てるときはどうするの?

みなさんが乗っている自転車には、防犯登録シールがきちんと貼ってありますか? 人から自転車を譲り受け...

パナソニックの自転車は丈夫!?おすすめする理由!!

値段も高いものから安いものまで様々な自転車。 どうせ乗るなら安全性の高い丈夫な自転車がいい...

スポンサーリンク

クロスバイクにバーエンドを取り付けよう

クロスバイクの端っこに取り付けるニョキっとしたツノ、正式名称、バーエンドバー。ハンドルバーのエンドに付けるバーですからバーエンドバーですね。長距離を走るのが楽になる便利アイテムなんです。
「でも、どうしてあんな棒を付けるだけで長距離が楽になるの?」
そう思うでしょう。
どうしたら自転車で長距離を走るのが楽になるのかというところから考えてみましょう。

長距離を楽にする一番の方法は、クロスバイクじゃなくてロードバイクに乗ることです。
やはりロードバイクはクロスバイクよりもはるかに前に進むための力の伝達効率が良いです。
しかし、なぜ、ロードバイクの方がクロスバイクよりも伝達効率が良いのでしょうか。
ポイントは3点です。
・軽い。
・タイヤが細い。
・ドロップハンドルで、より力の入りやすいポジションや楽なポジションを使い分けることができる。

そう、この三つ目の理由こそが、クロスバイクにバーエンドを取り付けて長距誰が有利になるのと関係あるんですね。

どうしてバーエンドを取り付けたら?

確かにバーエンドを付けると、ほんの少しだけロードバイクのドロップハンドルみたいな感じに見えなくもないです。
しかし、ドロップハンドルのように下の方にはぐいっと曲がっていません。これじゃ、ロードみたいに下を握ったり手前を握ったりとそんなにたくさんのポジションをとれるようには見えませんよね。

しかし、ドロップハンドルのポジションで一番大事なポジションとはブラケット、ブレーキレバーの上のところを握るポジションです。昔は下側を持つドロップポジションが多用されることもありましたが、今はブレーキ部分(ブラケット部分)が非常に握りやすくなっているため、プロの選手もレースの中でほとんどの時間をブラケットポジションで過ごします。

クロスバイクでバーエンドを付けると、ロードバイクのブラケット部分を握っているのに少し似たような雰囲気だとは思いませんか?

バーエンドを取り付けて手のひらを内側に

バーエンドを握ることでロードバイクのブラケットポジションと似た腕のポジションが取れるのですが、この時の最大のメリットは手のひらの向きです。
上半身を少し前に倒して、腕をぶらんと下に垂らして見て下さい。
この時、手のひらはどちらを向いているでしょう?
そう、内側を向くんですね。
人間は手のひらが内側を向いている時の方が脱力しているんですね。

逆に、肩の筋肉を片手で触りながら、空いた腕の手のひらを下に向けると、肩の筋肉を使っていることが分かると思います。

これが、まさに長距離を走りやすい秘訣です。
手のひらが内側を向くことで、上半身が疲れにくいのです。
長距離、長時間を走って肩がこった経験って誰にでもあるでしょう。
上半身を楽にする為のポイントは手のひらを内側に向けるなのです。
もしかすると、文を書くキーボードなんかも手のひらが内側を向くようなものがあれば楽なのかもしれません。真ん中が軽く盛り上がっているような。
そんなキーボードが出てくれて、書き物のお仕事が楽できたら嬉しいんですけどね。

それにしても、自転車というのは本当に人間の体のことを知り尽くした乗り物だなとしみじみ思わされます。

クロスバイクだって長距離にいける!①

遠くに行くと言えばロードバイクが一番楽というのは間違っていませんが、クロスバイクだって十分遠くまで行けます。
いや、正確に言えばロードバイクは速く遠くまで行く乗り物なんです。

実は荷物をいっぱいに積んで世界一周などをする人たちでも、クロスバイク系のハンドルが真っ直ぐな自転車にバーエンドを付けるという人は多いんです。
というのも、ロードバイクのように下ハンを握って高速で走るということは旅の自転車ではあまり必要がありません。
一応、僕も海外を走ったときにはドロップハンドルを使いましたが、一番握るのが多いのはドロップハンドルの手前、前にカーブし始める場所、次にブラケットポジションでした。
海外を走る時には、割とのんびり優雅に走るものなんです。強い前傾を取るというのは限られています。
というのも、あまり飛ばしてバテてしまうと、次の村にたどり着けなくなるかもしれません。何よりも大事なのは、きちんと次の町に着くことです。速く着く必要はないのです。そして、翌日に疲れを残さないということです。だから、8時間かけてのんびりと100kmを走れば良い、つまりのんびり優雅に走ればいいわけです。むしろ100km以上は走りすぎです。翌日以降に疲れや、最悪の場合、痛みが残ることもあります。
(時々、次の村までが遠くて急がないといけないこともありますが)

クロスバイクだって長距離にいける!②

さらに言えば、旅の自転車は太いタイヤを履かせます。
ロードバイクのブレーキでは太いタイヤは入りません。
昔のロードバイクのブレーキ、カンチブレーキを使うか、最新のディスクブレーキを使うことになるのですが、カンチブレーキはききがよくない、ディスクブレーキは飛行機で自転車を運ぶ途中でディスクにダメージを受けることもある、そういうわけで少々微妙なんです。

長距離を旅するときに一番融通が利くのはVブレーキです。そう、クロスバイクについている、あのVブレーキです。Vブレーキを使おうと思うと、真っ直ぐなハンドルが一番都合が良いのです。

そんなわけで、世界で最も長距離を走るサイクリストたちはクロスバイク系の真っ直ぐなハンドルの自転車を使うことも多いのですね。
しかし、真っ直ぐハンドルそのままでは肩が痛くなるから、バーエンドを取り付けるわけです。

それでも、写真を撮ったときに写りがかっこいいのはドロップハンドルなのですが(笑)
いえいえ、笑い事ではないですね。。見た目、かっこよさは大事ですからね。

クロスバイクにどうやってバーエンドを取り付けるの?

さて、バーエンドのパワーをお分かり頂けたでしょうか?

「便利って言うことはよく分かったよ。で、どうやって取り付けるんだよ?」
バーエンドの取り付けは少々やっかいかもしれません。
しかし、興味があれば自分でやってみるのも良いかもしれません。
工具は六角レンチがあれば出来ます。

1.ブレーキ、シフト、グリップを内側に寄せます。六角で緩めれば簡単に動かせます。
2.開いたスペースにバーエンドバーを取り付けます。
以上です。

ただ、問題はグリップの移動です。
物によってはそのままでは内側に動かせないタイプのものもあります。
ゴムでかぽっとかぶせているだけのモノは難しいでしょう。
この場合はグリップの交換が必要になります。ボルトを締めて固定する、ロックオンタイプのものを使うと良いでしょう。

あるいは、エンドバーが一体になっているグリップに交換するのも良いでしょう。エルゴンのものが有名です。少々お値段はしますが、モノは非常に良いです。
エンドバー単体のものより、グリップと一体になっているものの方が、ツノの部分が金属じゃない場合が多いので、冬でも手に優しいです。

どちらにせよ、自転車屋さんにしてもらえば楽です。
工賃が千円か二千円くらいと、バーエンド単体なら二千円程度、グリップとバーエンドが一体のものであれば四千円ぐらいからあるでしょう。

まとめ『バーエンドでクロスバイクが進化する!』

クロスバイクにバーエンドを取り付けると素敵ですよというお話でした。
いかがだったでしょう? なんだか話だけ聞いてるとバーエンドって凄そうでしょう?
実際に、バーエンドは非常に便利です。ただ、唯一のデメリットはバーエンド部分を握っているときはブレーキがかけれないということです。
信号の多い場所では通常の位置を握り、しばらく信号がないところでバーエンドを握るというように工夫すると便利なアイテムです。

 - ハンドル ステム, 自転車全般