豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のギアの正しい使い方ってあるの?

      2017/01/13

自転車のギアの正しい使い方ってあるの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車には、ギアがいっぱい付いていますよね。

初めてだと、ちゃんとした使い方が分からない、特に「後ろのギアと前のギアの使い分けが分からない」という人もいるのではないでしょうか。
今回は、そんな自転車のギアの使い方についてです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001401-1.jpg
ラレーのクロスバイク、rf7ってどんな自転車?

ラレーという自転車メーカーをご存知ですか? ロードバイ...

pwk0001400-1.jpg
タイヤのバルブには種類があるって知ってた?

自転車のバルブは、どれも同じではありません。 また、空...

pwk0001399-1.jpg
簡単デビュー!?3万円で買えるクロスバイクをご紹介!

ママチャリに乗っていて、もっと速く、軽やかに走れる自転車が欲...

pwk0001398-1.jpg
雨の日の通勤、クロスバイクはどうしたらいい?

自動車や電車など、通勤手段は様々です。 健康のことを考えて...

pwk0001397-1.jpg
自転車のギアチェンジの方法や注意点を教えて!

変速機のある自転車に乗っている方、正しくギアチェンジができて...

pwk0001396-1.jpg
ラレーのミニベロは、rsrやrsmなどおすすめいっぱい!

現在、自転車メーカーは世界中にあります。 ロードバイク...

pwk0001395-1.jpg
153cmの女性必見!体重減らしたいならクロスバイクに乗ろう

体重を落としたいと考え、悩む女性はたくさんいらっしゃると思い...

pwk0001394-1.jpg
自転車を購入して東京副都心・新宿の街に出かけよう

新宿というと、主な移動手段は電車か車、徒歩といったイメージで...

pwk0001393-1.jpg
ガチな自転車乗りが喜ぶ誕生日プレゼントって?

自転車趣味の方への誕生日プレゼントって、何を送ればよいのか迷...

pwk0001392-1.jpg
ランドナーといつまでも旅をしたい方へ

ランドナーという自転車をご存知ですか? ママチャリのよ...

pwk0001391-1.jpg
ブルックスのサドルについて!メンテや調整方法も教えます

「ブルックス」をご存知ですか? イギリスの自転車サドルメー...

pwk0001390-1.jpg
自転車のタイヤの空気入れ、バルブ別の方法をご紹介!

自転車のタイヤのバルブにはいくつかの種類があり、その種類によ...

pwk0001389-1.jpg
通学自転車は耐久性に優れたものを選ぼう!

小学校とは違い、中学校や高等学校では、自転車通学をする生徒が...

pwk0001388-1.jpg
日本一周クロスバイクの旅!予算はどのくらい?

クロスバイクに乗って、日本一周を旅したいと考えたことはありま...

pwk0001387-1.jpg
サイクリストになりたい!女性におすすめの自転車は?

休日にサイクルウェアを着て颯爽と道路を駆け抜けるサイクリスト...

pwk0001386-1.jpg
低身長でも悩まない!小さい人向けロードバイク

ロードバイクに乗っている人と言えば、比較的長身細身のイメージ...

pwk0001385-1.jpg
身長160cm以下の方におすすめのロードバイク

身長が160cm以下、特に150cm前後の女性ですと、「自分...

pwk0001384-1.jpg
自転車で思い切り走る!スピード向上のコツは?

あなたは自分の自転車の走行スピードに満足していますか? 「...

pwk0001383-1.jpg
日本一周向け自転車をご紹介!クロスバイクやランドナーなど

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありませ...

pwk0001382-1.jpg
体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうに...

スポンサーリンク


自転車のギアに正しい使い方なんかあるの?

そもそもにですが、自転車のギアの正しい使い方なんてあるんでしょうか?
適当にガチャガチャいじっていても、現代の変速機は割と何とかなってしまいます。

特にシマノは優秀です。
シマノで慣れていると、SRAMなどの変速機を使うとイマイチに感じることさえあります。
(もちろんSRAMにもロードは軽いとか、マウンテンバイクはチェーンテンショナーとしての機能が優秀など長所はあります)
とにかく、シマノはカッチリした変速性能が素晴らしいです。

ですから、ついガチャガチャやっちゃう人もいるんですが。
出来れば、正しく使ってあげる方が長持ちしますし、変速もスムーズです。

「正しい使い方なんて誰が決めたんだよ?!」
そう言われると困りますが。

正しいとまでは言わないにせよ、変速機やチェーンに優しい変速が出来た方が嬉しいですよね。
今回は、そういう変速を正しい使い方と呼ぶことにしましょう。

自転車ギアの使い方①ペダルを前回し

ギアの正しい使い方
その1は、「ペダルを前に回しながら変速する」です。

自転車のギアは、ペダルを前にゆるやかに回しながら、チェーンを隣のギアに移すことで変速させています。
当然過ぎますか?
何事も基本が大事です。

・信号などで止まったままの変速機の操作は、よろしくないです。

・変速中じゃなくても、ペダルの逆回しはあまりよろしくないです。
特に変速直後は、チェーン落ちの原因になりやすいです。

・ペダルを回しながら変速しましょう。

ペダルをガンガン踏んでる時に変速すると、変速機に負担がかかります。
ペダルを踏み込むのと回すのは、微妙に違います。
変速のときには、踏む力を軽く抜いてやると、スムーズに変速しやすいです。

上り坂で、限界ギリギリで、力いっぱい立ち漕ぎしながら変速すると、ボギャーンッと変速機(正確にはディレーラーハンガー)が崩壊することもあります。
優しくペダルを、前に回しながら変速してあげるのが大事です。

自転車ギアの使い方②フロントは早めに

ギアの使い方その2は、「フロントの変速は早めにしてあげる」というのがあります。
フロントの変速は、リアの変速と違って、1回で大きく動きます。
ですから、先を予測して、早めにフロントギアを変更してやります。

例えばですね、フロント2×リア10段変速のロードバイクのギアを考えてみましょう。
数字が大きい方が重いとします。

平地では、2-5くらいのギアで走っていたとします。
坂になります。
ツライので2-4にします。

さらに、2-3、2-2、2-1と来ます。
まだ軽くしたいです。

そこで、フロントをイジりたいのですが。
1-1となると軽過ぎます。

1-3か1-4くらいに入れたいのですが、リアとフロントを一緒に動かすのは、何かと難しいです。
先にリアを動かすと重くなってツライので、フロントを軽くします。

1-1となります。
ここから、1-4辺りまで上げてしまいたいのですが、1回軽くしてしまうと、重くするのはツライのが人間です。

そう、長い坂が見えて変速を軽くすると分かれば、キツくなる前に、2-5から1-9辺りにシフトしておいてあげると楽ですね。
フロントの変速は難しいので、きつくなる前に早めにやるのがコツです。

坂に限らず、信号でも、走り始めに軽いギアが欲しいですよね。
ですから、信号で止まる前に軽いギアに先に変えておくというのも有効です。

自転車ギアの使い方③斜めはつらいよ

斜めのギアは、出来るだけ使わない方が良いというのがあります。
「斜めって何?」
2×10段変速の車体の場合、1×10や2×1という、前が重い×後ろが軽い、後ろが重い×前は軽いというギア比ですね。

こういうギアのとき、上からチェーンを見ると、前が内側の歯・後ろが外側の歯というように、斜めになっていると思います。
これが斜めのギアです。
1×10にかぎらず、2×10なども、あまり望ましくはないですね。

斜めの状態でチェーンが引っ張られるので、チェーン・カセットスプロケット・ディレーラーと負担がかかりやすいです。
もちろん、使っても大丈夫ですが、出来れば似たギア比、例えば1×10なら2×6辺りが近い重さでしょうか。

2×6なら上から見て、チェーンが真っ直ぐになっているでしょう。
そういう駆動系に優しいギアを選べると嬉しいです。

自転車ギアの使い方④トリム操作

斜めのギアは、出来るだけ使いたくないとはいいましても、実際に乗ってると、斜めのギアもいくらか使わないといけません。
フロントがダブル(2段)のロードバイクの場合、斜めのギアを使うと、チェーンがフロントディレーラーのプレートにこすれて、チッチッチッやカリッカリッという音がするかもしれません。

このときにするのが、トリム操作です。
シマノのダブルのフロントディレーラーは、2段変速ですが、実は4段階動きます。
1速、2速のギアの中でもそれぞれ内側、外側があります。

シフトレバーを奥まで押すと、完全に変速してしまいますが、軽く押してやると、一回カチッと音がすると思います。
ギアの重さは変わっていないけれど、ほんの少しだけ動いてくれて、チェーンがこすれるのを軽減してくれています。
このチェーンの微調整のことを、トリム操作と呼びます。

トリム操作がきちんと動かない場合は、シフトワイヤーが伸びているか張り過ぎですので、自転車屋さんで調整してもらって下さい。

シマノ以外のギアの使い方

世の中には、シマノ以外にも変速機を作っているメーカーもあります。
特にロードバイクでは、メーカーによって、シフトチェンジの操作方法が、かなり変わります。
基本的には、有名なところは、シマノ・カンパニョーロ・SRAMの3社です。

カンパニョーロは、親指を使います。
リアですと、親指でシフトアップ、シマノと同じようにブレーキレバーに付いている方でシフトダウンです。
ボタンの位置が完全に別の場所にあるので、ミスシフトがしにくいと言われています。

シマノのシフト感は、カチッ、カチッとボタンを押す機械のような感じですが、カンパニョーロはにゅるっと動きます。
マニュアル感があるとかよく言いますね。
ブレーキレバーなど、全体の形が非常に握り心地が良いように工夫されています。
しかし、値段が高いので、今はシマノ人気に負けつつあります。

SRAMは、ダブルタップと言って、1つのレバーでシフトアップ・シフトダウンをします。
浅く押しこむか、奥まで押しこむかで、軽くなるか重くなるかが変わります。
シフトの操作感は、バキッバキッといった感じがします。

慣れていないと折れそうでハラハラします。
SRAMはとにかく軽いのと、レバー1本で操作できる、独特な感触が好きというファンが多いです。

最近は、なんとワイヤレスコンポーネントも発表しました。
未来ですね。

本当に、何でもワイヤレスになる時代ですね。
ワイヤレスが安定して作動してくれれば、組み付けなどは遥かに楽になりますね。

あとは、基本的に変速機などを総合的に作っているメーカーとしては、マイクロシフトなども一応ありますが、基本はシマノ・カンパニョーロ・SRAMの3社です。

まとめ「自転車に優しく使うのがコツ」

自転車のギア、変速の使い方について考えてみました。
変速に限らず、どこの部品でも共通なのですが、機材に負担がかかりにくいように使うというのが基本ですね。
特に初心者のうちに悪いクセを付けると、長く悪いクセのまま使うことになります。
最初のうちに、機材に優しい操作方法というのを覚えられると嬉しいです。

 - 自転車 その他, 自転車全般