豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

スポーツデポの自転車ウェアってどうなの?

      2016/11/25

スポーツデポの自転車ウェアってどうなの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
自転車を買ってしばらくすると欲しくなるのが、自転車用のウェアですね。
ただ、自転車の専用ウェアって結構良いお値段します。そんな中、スポーツデポに行くと、とってもリーズナブルな価格のオリジナルブランドのジャージが。
そんなわけで、今回は、スポーツデポの自転車ウェアってどうなの?っていうお話をしていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001143-1.jpg
自転車のホイールハブをメンテナンスしよう!!

今回は、自転車のハブの玉押し調整とグリスアップをご紹介します...

pwk0001142-1.jpg
水泳の練習メニューの組み方って?大学選手の場合は?

ここでは、プールでの水泳練習というシチュエーションに限定して...

pwk0001141-1.jpg
水泳のカロリー消費量は、ランニングしたときよりも多い?

ダイエット目的で、トライアスロンを始めるという方は、いらっし...

pwk0001140-1.jpg
大阪のサイクリングロードやランチでおすすめはどこ?

大阪と言えば、市街地のイメージですよね。 市街地の景色...

pwk0001139-1.jpg
ロードバイクのインナーギアとアウターギア

ロードバイクのインナーアウターについてお話しします。 ...

pwk0001138-1.jpg
自動車メーカーのルノーって自転車も売ってるの?評判は?

ルノーという自動車メーカーは、自転車の販売も行っているという...

pwk0001137-1.jpg
カンパニョーロ・ゾンダのホイール2014をご紹介!!

ロードバイクに乗り始めて、まずグレードアップすべきパーツは車...

pwk0001136-1.jpg
ウォーキングや自転車の消費カロリーってどのくらいなの?

あなたは、ダイエットをしたいと思ったらまず何をはじめますか?...

pwk0001135-1.jpg
アミノバイタルの効果って!?水泳選手にも効果的!

アミノバイタルというものを聞いた事はありますか? 様々...

pwk0001134-1.jpg
giantのロードバイク「fcr」はどんな自転車だった?

giantと言えば、クロスバイクで有名ですね。 しかし...

pwk0001132-1.jpg
初心者の自転車選び!フレームはどこのメーカーがおすすめ?

自転車に限らず、初めてものを選ぶときに基準のひとつになること...

pwk0001131-1.jpg
自転車のハンドルの種類や調整方法を教えて!

自転車に乗っていて、手が疲れたり、もっと操作を楽にしたいと感...

pwk0001130-1.jpg
自転車のハンドルの交換方法をご紹介します。

自転車に乗っていて、体とつながる部分は、ハンドルとサドルとペ...

pwk0001129-1.jpg
自転車とロードバイク、ヘルメットを兼用しよう!

ロードバイクに乗るならヘルメットは必要だが、ママチャリなどの...

pwk0001127-1.jpg
持ち運びOK?自転車を持って電車に乗る方法

お気に入りの自転車で、遠くの地にサイクリングをしに出かけたい...

pwk0001126-1.jpg
ロードバイクでロングライドした思い出をブログにしよう!

ロードバイクに乗ることが慣れてきて、ロングライドに挑戦しよう...

pwk0001125-1.jpg
ロードバイク購入予定の方必見!チネリのスーパーコルサ

ご自分のロードバイク、持っていらっしゃいますか? ロー...

pwk0001124-1.jpg
ロードバイクでも有名なジャイアントのdefyシリーズを紹介

ロードバイクやクロスバイクで有名なジャイアント。 この...

pwk0001123-1.jpg
ホイールバランスってなんだろう?ロードバイクとの関係は?

ホイールバランスという言葉について、聞いたことはあるけれど、...

pwk0001122-1.jpg
初心者でもできるロードバイクのブレーキのメンテナンス

ロードバイクに乗り続けていると、様々な要因によってブレーキが...

スポンサーリンク


自転車の専用ウェアってどういう機能が必要?

さて、自転車の専用ウェアと言いますが、一体普通のスポーツウェアと比べて何が違うのでしょうか?
普通のスポーツウェアじゃ駄目なんでしょうか?
普通のスポーツウェアなら持っているし、買うにしてもアウトレットなんかでナイキやアンダーアーマーを安く買って来ようかなという人もいるでしょう。

別段、自転車専用ウェアじゃないと駄目ということはありません。
イメージとしては、体操服でも体育のソフトボールは出来ますよね。わざわざソフトボール専用のユニフォームを着なくても問題ないわけです。
ただ、体操服でソフトボールをすると、スライディングすると膝が血だらけになる可能性もあります。体操服が破れてしまったりするわけです。
やっぱりきちんとやるなら、専用のウェアが便利なんですね。
自転車も同じで、専用のウェアの方が便利です。

具体的に自転車専用ウェアの何が便利なのかと言えば、
・背中にポケットが付いているので、荷物を背中に入れておける。
・ピッチリしているので、風でバタつかない。
大きいのはこの2点ですね。
あとは、ウィンドブレーカーの場合はコンパクトになったり、アウターなどでは汗がこもって蒸れないなどのメリットもありますね。

スポーツデポの自転車ウェアは?①

「スポーツデポで売っている安い自転車ウェアはどうなんですか?」
そういうことも聞かれます。
スポーツデポの安い自転車ウェアも、
・きちんと背中にポケットが付いています。
・ピッチリとまでは言わずとも、それなりにスリムな形状なので風でもそんなにバタつかない。
そういう辺りを考えると、悪くなさそうです。

実際、私もスポーツデポのカーフカバー(ふくらはぎカバー)を時々使います。洗濯でCW-Xのものを一つなくしてしまって、試しにスポーツデポのものを買って使ってみているんですが、そんなに大きい差異はないと思っています。
ヒルクライムのトレーニングなんかすると、ふくらはぎがつるんです。
ふくらはぎカバーを使うと、着圧でつるのを防いでくれます。かなり効果はあると思いますので、つるので困っている人はぜひ一度試してみても良いかもしれません。
スポーツデポのものとCW-Xのものを使っていますが、サイズさえ合っていれば、別にどちらが明確に駄目というわけでもないように思います。厳密なところは、実験などしているわけじゃないので分かりません。

もちろん、細かいところを見れば、やはり安いスポーツデポジャージにはプラスアルファの機能などは付いていないでしょうし、値段相応というところもあります。
しかし、普通に使う分には、スポーツデポオリジナルブランドも、とりあえず使えないこともないといったところでしょう。それでいて値段は安いので、ウェア類をあまり持っていない初心者の人には嬉しいかもしれません。

スポーツデポの自転車ウェアは?②

ただ、スポーツデポブランド=安いというのは、買うときには嬉しいポイントですが、買った後、着ているには、あまり嬉しくないポイントです。
特にイベントなどに行くと、スポーツデポの安物ジャージというのは、何となくちょっぴり恥ずかしいような気もするかもしれません。
実際、レース会場でスポーツデポジャージを時々見ることがあるんですが、
「へぇー、あれ売れてるんだ」
と思うことがあります。

ただ、スポーツデポジャージを見てスポーツデポジャージと分かるのは、自転車関係の仕事をしている人間か、或いはスポーツデポの店員か、はたまたスポーツデポジャージを持っているという同族の仲間です。
普通の人はスポーツデポジャージを見ても何とも思いません。
カステリのサソリマークがついていようが、スポーツデポのオリジナルブランドが書いてあろうが、一般の人は全く分からないものです。
自転車好きでも、全てのジャージをチェックしている人というのは少ないでしょう。

そんなわけで、当人がデザイン的なものさえ気にならなければスポーツデポジャージも、とりあえずは問題ないわけです。
私は、やっぱりいくらか気になるので、スポーツデポジャージは着ていません。カーフカバーは使ってますが。

スポーツデポ以外の自転車ウェアでオススメは?

スポーツデポジャージ以外でオススメのウェアと申しますと、いくつかあります。

先ほど出て来たカステリなんかも人気のあるジャージですね。イタリアの自転車ウェアブランドです。赤いサソリのマークでカッコイイです。
スウェーデンのウェアーブランド、クラフトなども人気があります。
TREK傘下のBontragerなども最近はウェアを頑張っていますね。
ただ、海外メーカーのウェアは腕の長さが日本人の僕らにはイマイチフィットしないということも多いです。
あとお値段も結構良いお値段します。
でも、一着持っているとウキウキかもしれません。

日本メーカーはそういう点で、我々日本人には嬉しいですね。
手に入りやすいところだと、シマノ、パールイズミが有名でしょう。
シマノはコンポーネントメーカーでもありますが、釣具メーカーでもあります。釣りのウェアも寒さに対応出来るようなしっかりした生地を作れないといけません。ですので、釣りも作れるシマノのウェアは侮れません。
パールイズミは、ツール・ド・フランスに出場するBMCなどのチームも使用しています。プロが使って満足できるクオリティと考えて良いでしょう。

また、最近出て来た日本ブランドとして、カペルミュールとレリックも人気があります。
カペルミュールは、レースでもしっかり使えるラインナップもあれば、街乗りにしか使えないような機能性の低いものまであるので、買うときには注意が必要です。可能であれば、試着してから買いたいですね。
レリックはぴっちりしたフィット感が特徴です。他のメーカーのウェアよりもワンサイズ大きいサイズを買うとちょうど良いくらいかもしれません。
個人的にはレリックのウェアは結構好きです。
フィット感が本当にピチピチなので、最初、いくらか抵抗がありますが、非常に機能性、着心地が良いです。

パンダーニやラファなどの、いわゆるちょっと高級ブランドのジャージを一着持っているのも良いかもしれませんね。
やっぱりお気に入りのウェアというのは、モチベーションが上がります。
自転車の休日がより素晴らしい一日になるかもしれません。

初心者がそろえたい自転車ウェア

スポーツデポジャージは朝練や夜練など、特に誰にも見られない時なんかには安いので着替え分も用意しやすく便利かもしれません。ただ、知り合いと走りに行く用に一着はちょっとオシャレなジャージも持っていたいところです。

しかし、自転車ウェアと一口に言っても半袖ジャージ、ビブなどいろいろな種類があります。
レースなどのイベントに出たいという人は、まず半袖ジャージとビブを用意したいところです。
秋など、少し寒くなってきた時には長袖のインナーやレッグウォーマーを合わせて使います。
小さくたためるウィンドブレーカーも一つ持っていると、肌寒い季節や標高の高い峠などでも対応出来るので便利です。

レースなどは考えていない、小さいリュックを背負ってのロングライドがメインという人は、特別にウェアを揃えないという人もいます。
パッド入りのインナーパンツに半袖半ズボンといった格好でのんびり長時間走るというやり方も良いですね。

超長距離や、速度を求めるレースとなると、専用のウェアの方が楽ですが、最初のうちは無理して高価な自転車専用ウェアを買わなくても、徐々に買っていくという形でも問題ないでしょう。

まとめ「専用の自転車ウェアは楽」

スポーツデポの安い自転車ウェアはどうなの?という話から始まり、いくらか自転車用のウェアのお話をしてきました。いかがだったでしょうか?
基本的には、「専用ウェア=楽」というのだけ覚えておくと良いでしょう。特に値段するものについては、さすがという走り心地のものもあります。
どうしても専用ウェアじゃないといけないということもないですが、興味がある人は一度は試してみると良いと思います。

 - 自転車全般, 評価 インプレ