家族でツーリング、ジャイアントの自転車ならキッズも本格派

今年の夏休み、家族の思い出づくりに自転車でツーリングに出かけるなんていうのはいかがでしょう。
飛行機や電車ではなく、自分の力で頑張って目的地まで辿り着く旅。それは決して豪華である必要はありません。遠くまで行かなくたっていいんです。
ジャイアントのキッズ用スポーツバイクは、軽量アルミフレームで適応身長135㎝からの24インチロードバイクをはじめ、クロスバイクやマウンテンバイクも本格派のラインナップが揃っています。
家族みんなで爽快に風を切って走るツーリングはもちろん、クロスバイクをクルマに積んで名所を巡るポタリングや、マウンテンバイクで山道を駆け抜けるクロスカントリーに挑戦など、自転車でなければできない家族の冒険を楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学生必見!東京でサイクリングするのはとっても楽しい!

大学生のみなさん、趣味はありますか?趣味が無いという学生さんは、サイクリングをしてみてはいかがで...

パナソニックの自転車は丈夫!?おすすめする理由!!

値段も高いものから安いものまで様々な自転車。どうせ乗るなら安全性の高い丈夫な自転車がいい...

ロードバイクに乗るとき、ヘルメットをかぶらないのは危険?

あなたはロードバイクに乗っていますか?ヘルメットはきちんとかぶっていますか?「ロードバイクに乗って...

自転車運転はヘルメットの着用が義務なの!?小中学生編

中学生になると、自転車通学が出来るようになるところも多いのではないでしょうか。学校までの距離が近い...

ロードレーサーのタイヤ交換にチャレンジしてみよう!

タイヤ交換の時期はわかりますか?適正なタイミングできちんと交換できているでしょうか。「パンクするま...

自転車用タイヤの購入時に注意すべき部分は?

自転車で走る時、路面に唯一接している部分がタイヤです。重要な部品のひとつで、命を預けている場...

ジャイアントのロードバイク選びで迷わないサイズ選び

ジャイアントのロードバイクを選ぶ際にまよってしまうのはサイズですよね。そこで、今回はジャイアントのロ...

自転車の荷台に乗って(乗せて)二人乗り♪は、ダメ!

年齢は言いたくありませんが「二人乗りの自転車で学校から帰る」というのは、ある意味自分の世代に根付く...

初心者必見!自転車のチューブのサイズや種類を知ろう!

チューブを選ぶにあたって、まずは自転車のチューブサイズは、原則としてタイヤサイズと同じものを選びまし...

クロスバイクで通勤、泥除けは当たり前だろう!

クロスバイクで通勤しようと思っていますが、泥除けは付けた方が良いでしょうか?こんな質問をネット上...

必見!スポーツ自転車で初心者におすすめな車種の選び方!

スポーツ自転車のひとつであるクロスバイクは、ロードとマウンテンの中間的存在で、最も親しみやすいの...

クロスバイクとロードバイクの違いは?坂道はどちらが向く?

スポーツ自転車に初挑戦するときに悩むのは、どの車種を選ぶか、ということだと思います。通勤・通...

【必見】人気のロードバイクメーカー12社をプロが徹底評価

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。ロードバイクのメーカーって、本当にたくさんありますよね...

自転車のタイヤなどのパーツを処分する方法を教えて!

自転車は、タイヤなど数多くのパーツで構成されています。パーツごとに劣化のスピードが違うため、...

自転車のタイヤから空気がもれている。その原因と対処法!

自転車のタイヤから空気がもれている。これってタイヤ交換すれば済むのかな。。空気のもれはどこに原因が...

スポンサーリンク

ジャイアントのキッズ用自転車は本格派揃いのラインアップ

では、ジャイアントのキッズ用スポーツバイクのおすすめから紹介することにしましょう。
ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクをそれぞれ1モデル、いずれもタイヤサイズは24インチで、小学校の中学年から高学年を対象にした本格的スポーツバイクです。

[ロードバイク]
●TCR ESPOIR 24 
フレームサイズ350mm(適応身長135-150cm)/重量11.5kg/タイヤ24×1.0 WO (25-520)/16速
内装ケーブルや「OVERDRIVE」の技術が採用された専用設計の軽量アルミフレームをはじめ、152mmのクランク、サブブレーキレバーなど細部までしっかりと作り込まれた本格的なロードバイクです。

[クロスバイク]
●ESCAPE JR 24 
フレームサイズ350mm(適応身長135-150cm)/重量8.9kg/タイヤ24×1.25/7速
クロスバイクの世界的ベストセラー「エスケープ」の思想を受け継ぐ軽量アルミフレームを採用。タウンライドにはもちろん、ポタリングやサイクリングにもおすすめの快適なクロスバイクです。

[マウンテンバイク]
●XTC JR 24 
フレームサイズ305mm(適応身長130-145cm)/重量12.6kg/タイヤ24×1.95/24速
ジャイアントのレーシングCXマシンXTCのエッセンスを投入したジュニア用の本格的マウンテンバイク。その高い操作性は、街でも、山道でも、CXレースでも、オールマイティな1台です。

いずれも世界最大の自転車ブランドジャイアントならではのハイクオリティな製品で、キッズ用といえども大人用に引けを取らない高性能揃いです。
この自転車と旅を組み合わせれば、これまでとはひと味違う新しい家族の旅の楽しさが大きく広がります。

クルマと自転車、上手に使えばキッズ用でもかなり遠くまで

ツーリングは、家族全員で自転車に乗って出かけるのもいいですが、伴走車も付けて出発すれば疲れてもストップすることもなく、クルマと自転車に乗り継ぎしながら走れるので、ずっと遠くまで走れます。
また、テントや寝袋、バーベキューセットなど重たいキャンプ用品もクルマに積めば、足への負担が大幅に減るだけでなく、キャンプ場などでの宿泊もより快適で楽しいプランがいろいろ計画できますね。
さらに、お友達のご家族を誘ってもいいでしょう。人数が増えれば賑やかになって愉快な会話も弾みます。友達同士で走ればいつも以上に力も出るというものです。それに行った先でもバーベキューや山遊び、水遊びなど、よりいっそう盛り上がることは必至。家族の絆、友達との友情、そして信頼や思いやりなど、いろいろ深まる素晴らしい旅になるでしょう。そこには自転車で行くからこそ味わえる様々な体験がたくさん待っています。
電車やクルマの窓から見る景色とは違う、自分の肌で感じる風の匂いや自然の風景、そのすべての経験が知識となって残ります。

ジャイアントの自転車を担いで、親子で輪行もカッコいいです

父と息子でお揃いの輪行バッグを肩に担いで、誰もいないローカル線の駅のホームで電車を待つ。なんかドラマのワンシーンみたいで、想像するだけでジーンときちゃう光景ですね。そして輪行バッグの中身は、父も子もジャイアントのクロスバイクでエスケープ。なんていうのもいいんじゃないでしょうか。ロードバイクもいいですが、旅先では自転車がメインではなく、夏休みの自由研究を兼ねて様々な施設見学をしたりするのもいいですよね。
また、父と子でXTCというのもいいかも知れません。おじいちゃん、おばあちゃんのいる田舎へマウンテンバイクを担いで親子旅です。そして、昔お父さんが走りまわった山や雑木林、海辺など、トレイル感覚で走りまわってみるのも楽しいでしょう。お父さんの昔の思い出やお子さんの新しい発見など、きっとたくさんの話で会話が弾みます。
子供と同じ体験をするにしても、新幹線や飛行機で快適に旅をして、ただ一緒に行って何かを見てくる、遊んでくるというだけでは本当の意味で感動を共有することはできないような気がします。一緒になって汗かいて、走りまわる。楽しいことも、うれしいことも一緒に走った仲間だからこそ感動を分かち合えるというものではないでしょうか。

ジャイアントの自転車をクルマに積んで、ポタリングの旅も

クルマと自転車で、行く先々の街をポタリングで散策して回る旅も楽しいでしょう。歩いて回るのでは1日で回れる範囲は限られていますが、自転車なら回れる範囲はグーンとワイドに広がります。しかも、クルマと違って細い路地裏にある穴場スポットや隠れ家的なお店だって、どこでもスイスイ小回りがきいてフットワークも抜群です。親子でガイドマップを片手に街中を隅から隅まであっちへこっちへ自由気ままに走るのはもちろん、目的やテーマを決めて回るのもいいですね。
また、近頃ではどこに行っても必ずといっていいほどあるのがご当地名物のB級グルメ。1日かけて食べ歩き、なんていうのも楽しいかも知れません。ジャイアントのスポーツバイクに乗って街中走りまわればダイエット効果もバッチリ。たくさん食べてもカロリーを気にしなくても大丈夫かも…。
自転車だからできること。家族みんなで知恵を出し合えば、まだまだたくさん楽しい旅があるはずです。あなたのご家族だけの特別な旅のプラン、それは考える時から楽しい旅がスタートしています。

主役は子供たち、キッズ用自転車のペースでゆっくり楽しもう

自転車の旅のいいところは、急がないところ。子供のペースに合わせてマイペースで行きましょう。
乗り物やコンピュータはもちろん、今どきは暮らしのすべてが時間に追われています。いつしか子供たちの時間までも大人の社会が刻む猛スピードの時に流されて、家族の誰もがせわしなく毎日を過ごしていませんか。
そんな忙しい日常を飛び出すためにも自転車は最高のアイテムです。
ガソリンも電気も使わず、推進力は自分の脚力のみ。たまには大人の都合ではなく、子供の時間で過ごしてみるのもいいものです。
子供と一緒に自転車に乗って、いっぱい話しましょう。いっぱい食べましょう。そして、いっぱい笑いましょう。
目的地まで辿り着けなくたっていいじゃないですか。目的地に着くことが大切なことじゃないんです。どれだけ一緒に頑張ったか。どれだけ一緒に楽しんだか。どれだけ一緒に笑ったか。それが大切なことなんです。
無理はせずに途中で引き返す。これもまた一つの勉強。悔しいことや失敗も、みーんなまとめて思い出になります。帰りのバッグの中には、きっとそんな楽しい旅の思い出が入り切らないほど、たくさんたくさん詰まっていることでしょう。

まとめ、自転車で出かけよう!子供と一緒に汗だくになれ

ジャイアントのキッズ用スポーツバイク。本格派だからこそ、海に、山に、街に、どこへ出かけるにも大人用のスポーツバイクと同等に存分に楽しめます。
たまに取れる休暇だから家族とのんびりと過ごしたい。旅行先でもゆったりと日頃の疲れを癒したい。そういう考え方もあるでしょう。でも、たまにしかない貴重な時間だからこそ子供と一緒に、思いっきり汗だくになって頑張るというのもいいんじゃないでしょうか。
何もしないお父さんより、一緒に汗だくになってはしゃいでくれるお父さんの方が、子供にとってはきっと頼りになるお父さんです。