豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクのメンテはしっかりと!費用はどのくらい?

      2016/11/25

ロードバイクのメンテはしっかりと!費用はどのくらい?

ロードバイクを手にしたばかりの頃は毎日毎日磨いてパーツを眺めて、という方も少し経つとだんだん冷めてきてしまうこと、ありませんか。レースなどを目標にパーツの交換も考えていれば注視することも日常になってくると思いますが、気が付けば前回のメンテナンスはいつだっけ、なんて人も中にはいそうです。今回はロードバイクのメンテナンスをしっかりしましょうね、という話題です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001596-1.jpg
自転車のタイヤがバーストする原因は縁石!?その対処法

ロードバイクなどのスポーツバイクに乗っていて、縁石に乗り上げ...

pwk0001595-1.jpg
クロスバイクかロードバイクで迷ったらレンタルしてみよう

クロスバイクとロードバイク。 スポーツバイクを買うとき...

pwk0001594-1.jpg
車の不注意で大事故!後ろを見ずにドアを開けたら自転車が

自動車のドアを開けたら、後ろから来た自転車がスレスレを通って...

pwk0001593-1.jpg
自転車にスタンドをつけたい!子どもの成長に合わせて選ぼう

子どもの頃、補助輪つきの自転車から卒業し、補助輪を外して乗れ...

pwk0001592-1.jpg
自転車のホイールはワイドリムが主流?23cは使えるの?

これまで、一般的なロードバイクのタイヤには700×23c...

pwk0001591-1.jpg
ロードバイクのヘッドがガタつく!調整方法とグリスアップ

ロードバイクでヘッドがガタつくとき、少しだけなら放っておいて...

pwk0001590-1.jpg
ジャイアント製ロードバイクの2012年~2017年の変遷について

ロードバイクのメーカーはたくさんありますが、世界でも有名なの...

pwk0001589-1.jpg
クリートを取り付けたい!位置はどこ?前寄り?後ろ寄り?

クリートの取付には最適な位置があり、間違った位置に取り付ける...

pwk0001588-1.jpg
自転車で土手道を走るのに適したクロスバイクとマナー

自転車を使って、通勤・通学したり、サイクリングするとき、未舗...

pwk0001587-1.jpg
メリダのリアクト4000が2017モデルで進化した?!

メリダは台湾の自転車メーカーで、低価格でコストパフォーマ...

pwk0001586-1.jpg
自転車のフロントブレーキのパッドを自力で交換する方法!

自転車、特にスポーツバイクに乗っていると、フロントブレーキの...

pwk0001585-1.jpg
自転車で安全に走ろう!渋滞時、すり抜けは違反!?

近頃の自転車ブームで、本格的に自転車に乗る人が増えました。 ...

pwk0001584-1.jpg
自転車のブレーキロックの危険性と原因・対処法について

スポーツ自転車では、急ブレーキをかけたときに、タイヤにロック...

pwk0001583-1.jpg
ロードバイクを加速させたい!自分史上最速を目指す!

もっと速く走りたい、ロードバイクを乗る人は誰もがそう思い、様...

pwk0001582-1.jpg
タイヤを長持ちさせたい!自転車タイヤの寿命は延びるの?

タイヤがすぐパンクする、そんな人はいませんか? もしかした...

pwk0001581-1.jpg
電動自転車のバッテリーが点滅するのは故障のサイン?

電動自転車は、小さなお子さんがいたり、長距離の自転車通勤をし...

pwk0001580-1.jpg
一方通行の標識のある道路は自転車は通行できないの?!

自転車に乗っていて、一方通行の標識を意識している人は少な...

pwk0001579-1.jpg
ロードバイクをレンタルしてみませんか?大会も出られます!

ロードバイクに乗ってみたいけれど、ロードバイクというものは、...

pwk0001578-1.jpg
自転車の逆走は危険!交通規則をしっかり守り安全に乗ろう!

自転車に乗っていて、「逆走するな!」などと声を掛けられたこと...

pwk0001577-1.jpg
歩道では自転車はベルを鳴らしてはいけない?!いつ鳴らす?

歩道を歩いているとき、後ろから自転車が近づいてきて「チリ...

スポンサーリンク


ロードバイクのメンテ、費用はどのくらい?

ロードバイクに乗っていればいつかは故障したり、修理が必要な時期がきます。各パーツにも寿命がありますが、気が付かないうちに寿命を迎えてしまうよりも、自分である程度わかっていると良いですね。気が付かないうちに、となってしまうと、場合によっては他パーツにまで影響を及ぼしてしまうことも出てきてしまいます。また、高価なパーツであれば、予算的にも取り換えのタイミングを選びたいところですし、出来るだけ長持ちさせるには日頃からきちんとチェックして、メンテナンスをしていくことが重要です。
簡単な手入れやパーツ交換などは自分で行えれば、それなりに費用を抑えることができます。あとはやはり、緊急時や難しいパーツ交換などはおおよその費用さえわかっていれば、専門店にお願いすることができますね。プロに見てもらえるのであれば安心、ということもありますので、メンテナンスにかかるおおよその費用をみていきましょう。

ロードバイクのメンテ、タイヤ・ブレーキ周りにかかる費用

まずは、タイヤ・チューブ関連のメンテナンス費用をみていきましょう。
パンク修理費...900円~1,000円
チューブ交換(前輪)...1,500円
チューブ交換(後輪)...2,000円
タイヤ交換(前輪)...2,000円
タイヤ交換(後輪)...3,000円
店舗でかかる費用の目安です。実はタイヤ交換はセルフでやるにもコツが要ります。タイヤレバーを上手に使いこなせるようになると良いでしょう。パンク修理などを考えると自分でできるようになった方が良い修理のひとつになります。
ブレーキ周りの店舗での修理費用としては、
ブレーキの調整...1,000円
ブレーキワイヤーの交換...1,500円
ブレーキシュー交換...1,000円
ブレーキ交換...3,500円
が目安となります。
タイヤの交換などを行った際には、ブレーキの調整をあわせてしておくべきでしょう。自分でやる時はしっかり調整してください。ブレーキワイヤーの交換はロードバイクによっては難しいものがあります。そういった時は専門店でやってもらうのがいいですね。

ロードバイクのメンテ、変速機・ハンドル周りにかかる費用

次に変速機周りにかかる費用をみていきましょう。
変速機の調整...1,500円
シフトワイヤー交換...2,000円
変速機の交換...3,000円
フロントディレイラー交換...2,500円
リアディレイラー交換...2,500円
ディレイラー(変速機)自体はそれほど難しい仕組みではありません。ただし、ワイヤーを通したり、スムーズな変速を実現するためにちょっとしたコツがあります。そこをつかむことが変速機周りのメンテナンスを上手に行うことに繋がります。初心者の方などは、専門店に持ち込むのがいいですね。
続いてハンドル周りですが、
ステム交換...1,500円
ハンドル交換...3,000円
ハンドルカット...2,500円
バーエンドバー...2,500円
グリップ交換...1,000円
このあたりになりますと、自分でできることの方が大きいと思います。カットなども工具さえあればそれほど難しくもありません。バーテープの交換など、軽いカスタムは楽しみにもなると思いますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ロードバイクのメンテ、チェーン・クランク周りにかかる費用

次はチェーン周りのメンテ費用です。
チェーン調整...1,000円
チェーン洗浄...3,000円
チェーン交換...2,000円
続けてクランク周りも
クランク交換(BB)...5,000円
スプロケット交換...2,000円
ペダル交換...1,000円
さて、このあたりになってきますとロードバイクメンテナンス専用の工具が必要になってきます。専門店で年に一度やってもらうことなども大切なことですが、チェーンの洗浄など含め自分でできるようになると良いかもしれません。初心者であっても専用工具を揃えることをおすすめしたいと思います。

ロードバイクのメンテ、フレーム周り・その他にかかる費用

そしてフレーム周りです。
シートポスト交換...1,000円
サドル交換...1,000円
フロントフォーク交換...5,000円
ヘッドパーツ圧入...1,500円
ボトルゲージ...500円
スタンド...1,000円
シートポストは単に交換だけでなく、シートポストカットなどもあります。こちらはどこの店舗でもそんなに費用がかからないと思います。500円前後でできるでしょう。シートポストを長い状態で使っている方も多いかもしれません。カットすると軽くなりますので切ってもらうのはおすすめです。
また、その他の点検整備・メンテナンスとして
注油...500円
基本点検・整備...1,500円
オーバーホール...10,000円~40,000円
ポジション調整...3,000円~
メンテナンス講習...3,000円~
といったものもあります。ポジション調整などはおすすめです。購入した後、そのまま乗っている初心者の方などは一度しっかり専門店で見てもらい、ポジション調整を行ってみましょう。これだけでも走りが快適になることがよくあります。また、このポジション調整はフィッティングという名称で、個々に合わせたバイクの調整をしてもらえることもあります。こちらはまたメンテナンスとは違い、スペシャルなプログラムとして価格もだいぶ変わってきますので、興味のある方は是非専門店でお聞きください。

まとめ、ロードバイクのメンテナンス

これまであげてきた料金の中にはパーツ料金が入っていません。交換、などということになればその分のパーツ代が入りますのでご注意を。料金はだいたい加算制になっています。また、修理する程度によっては一日で終わらない場合もありますので、店舗でしっかり確認をしてくださいね。また、最初にもお断りしましたが、あくまで目安となる料金で、これより安いところももちろんあるでしょう。また購入した店舗であれば、メンテナンスに関する特典などもあるかもしれません。基本的なメンテナンス費用や、パーツを購入した際には交換費を無料にするなど。割引料金もあるかもしれませんので、時間のある時に調べておくのもいいかもしれませんね。
また、逆に、他店購入の自転車お断りの店舗もあるようです。具体的に言えば、そのように謳っているわけではありません。ただ、お願いしたところで渋い対応のところはあるようですね。割高になってしまったりというケースもあるようです。そうかと思えば「他店購入大歓迎ですよ」のところもあります。
いずれにせよ、いざ修理、の時に備えて事前に調べておくことも大切です。また、パーツによっては専門店にまかせ、簡単な修理・交換であるならば自分でできるようにしておくこと。日頃のメンテナンスに必要な知識は言わずもがな。ロードバイクに乗る者のマナーだと思い、しっかりしておきたいところです。

 - 自転車 メンテナンス, 自転車全般, 費用 価格