豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

自転車のカゴ、取り付け方を覚えて便利なサイクルライフ!

2016.6.19

自転車にカゴがついているのは当たり前、でしたが、ロードやクロスに興味を持ち始めるとそれはあまり「当たり前」ではなくなってきます。折り畳み自転車ではなおさら。しかし、やはりあれば便利なのが「カゴ」です。ロードでだって、レースに出るだけでなく、通勤・通学で使用する場合もあります。今回はそんな自転車のカゴについてのお話です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車通勤が可能な長距離の限界はどのくらい?

満員電車を避けて毎朝快適に自転車通勤。健康やダイエットためにも一石二鳥でお得です。 な~んて自転車...

クロールやバタフライなど、水泳のタイムを伸ばすコツ

水泳大会に向けて早く泳げるようになりたいと思っていませんか? トライアスロンに挑戦したいけれど水泳...

ジャイアントのロードバイクDEFYシリーズを徹底調査!

ジャイアントのロードバイクシリーズの中でエンデュランスロードとして名高いDEFYシリーズ。DEFYは...

大切な自転車、保管はどうしてる?自宅の中に入れてますか?

お気に入りの自転車を買って、お金をかけてカスタマイズして。もちろん盗難にあわないように保管も気にし...

分かりにくいタイヤチューブの表記の見方と注意点!自転車編

自転車のタイヤチューブの表記がよく分からない方は、たくさんいるのではないでしょうか? 表記形式...

ロードバイクに乗る際は必ずヘルメットを被ろう!その必要性とは?

原付・オートバイなどはロードバイク(自転車)と同じ二輪車ですがヘルメットの着用が法律で義務付けられ...

ロードバイクの中古品を安く購入しよう!~東京編~

皆さんがロードバイクを購入する時は新品と中古品のどちらを購入しますが。レースに出たりする方は、比較的...

自転車のハンドルの種類や調整方法を教えて!

自転車に乗っていて、手が疲れたり、もっと操作を楽にしたいと感じた時はありますか? そんなときに検討...

自転車に乗る女性の悩み!お尻や股が痛い原因と対処法

自転車やクロスバイク、マウンテンバイクに乗っていると、お尻や股が痛くなることってありませんか? ...

自転車を分解せずに車載したい!こんな方法があります!

自転車で郊外を走りたい場合、問題になってくるのが、そこまでの移動方法ですよね。 自転車を車...

トライアスロンに挑戦!バイクパート巡航速度の目安は?

ちょっと前までは本当にマイナーなスポーツだった「トライアスロン」。周囲に聞いても「やっている!」と...

機能もデザインも欲しい!自転車通学用おすすめランキング

学生生活を充実したものとするために、自転車は通学のツールとして大切な要素になります。たくさんの種類...

ママチャリとクロスバイクの違いは、タイヤの太さ?

ママチャリとクロスバイク、どちらも街乗り向けの自転車ですよね。 これら二つの自転車の違いは何なので...

mtbストリートやカスタム方法についてご紹介します

mtbは、山道や凸凹道を走るものというイメージがありますよね。 そのため、それ以外の楽しみを求める...

自転車の違反罰則強化!歩道を逆走するのは・・・?

2015年の6月に道路交通法が改正され、より一層罰則が強化されました。環境の整備も進められてきてい...

スポンサーリンク

自転車、カゴの必要性

例えばクロスバイクでの出勤。満員の電車でもまれることなく、快適にお気に入りのバイクで通勤できる。そんな中少し不便に思うことやっぱり「カゴがあった方が便利」ですよね。そもそもクロスバイクの美しいフォルムにカゴを付けるようには設計されていないのです。しかし、そうなると荷物はリュック、となってしまいます。これから夏を迎えようと言うのにそれはちょっと暑すぎます。会社に到着する前に背中はびしょ濡れです。バッグがリュックに限定されてしまうのもちょっと気になるところです。急な荷物が出来た時も、リュックに入りきらなかったらどうしましょう。スーパーなどに立ち寄って、それをハンドルの片方に引っ掛けることも多少は許せますが、バランスもとりにくいです。そうなるとなんだか気楽に街乗りできないですよね。なんだかだんだんカゴが必要になってきたでしょう?

自転車にカゴがつく?~カゴのタイプ~

先ほど「カゴを付けるようには設計されていない」と言いました。では、カゴの必要性を感じた時、カゴをとりつけることができるのでしょうか。もちろんバイクにも条件がありますが、カゴにも種類があります。一番簡単で、ほとんどのクロスバイクに前カゴを取り付ける方法は「ハンドルに引っ掛けるタイプのカゴ」を選ぶことです。フックを引っ掛けるだけで簡単に装着できます。ただし、あまり重い荷物には対応しません。
あとはハンドルにブラケットをつける方法。ハンドルへの固定に専用の金具を用いて固定するタイプは取り外しが簡単です。また、ブレーキとフォークに取り付ける方法もあり、これは前カゴとしては一番安定するタイプです。ブレーキとフォークのネジに台座を固定し、その上にカゴを取り付けるという方法です。
そしてハンドルバー一体型もあります。かなり丈夫で、大型なカゴがついているので大きな荷物にも対応できます。しっかり固定されるのでハンドルもブレません。ハンドルとの一体型なので多少価格は高めになります。

自転車に付けるおすすめのカゴ

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車にはカゴ見当たりませんよね。そこで後付けのものをご紹介したわけですが、折りたたみ自転車にもカゴついていませんよね。後から付けられるのでしょうか。
折りたたみ自転車に限らずとも、具体的に取り入れらるものを挙げていきましょう。「リクセンカウル」の「クリックフィックス」は、強度があり、種類が豊富で、耐久性もあり、取り付けと取り外しもできるのでおすすめです。リクセンカウルはドイツのブランドで、「自転車用のアタッチメント(接続器具、アダプター)」や「自転車用のカゴやバッグ」などを出しています。クリックフィックスは、これら「自転車用のアタッチメント」や「自転車用のカゴやバッグ」のことです。クリックフィックスの最大のメリット、カゴやバッグの取り付けと取り外しが、簡単にできることです。ワンタッチでできます!なので、必要なときだけカゴを付けたり、自転車に乗るときはバッグを付けて、自転車から離れるときにはバッグを外して持ち歩くという使い方ができるのです

カゴの取り付け方

自転車のハンドルやシートポストなどに、クリックフィックスのアタッチメント(接続器具)を付けて、そこにクリックフィックスのカゴやバッグなどを装着して使用します。
アタッチメントによって、ハンドルやステム、シートポストなど、取り付けられる場所が違います。カゴやバッグなどによって、対応しているアタッチメントが違いますので注意しましょう。自転車にアタッチメントを取り付ける際は、比較的簡単に、工具を使って取り付けることができます。アタッチメントにカゴやバッグなどを装着する際は、工具不要です。一度アタッチメントを自転車に取り付けてしまえば、カゴやバッグなどの取り付けと取り外し(着脱、脱着)が、ワンタッチで簡単にできるようになります。カギ付きのアタッチメントもあるので、前カゴなどは取り外せないようにすることもできます。

シティサイクルも!カゴの付け方①

もともとカゴがついていないスポーツバイクのカゴの付け方などをお話ししてきましたが、もちろんシティサイクル(ママチャリなど)でもともとついている前カゴを交換したいなど、そういったこともあると思います。自分でカゴを交換する、取り付ける、具体的な手順もご紹介しておきます。
用意するものは、取り付けるカゴ、そしてプラスドライバーとモンキーレンチ(サイズがあえばスパナでも可)です。もし、もともとカゴが付いていて、それを交換するのであれば、そのカゴを外すことから始めます。接続されているボルトをドライバーで外していきましょう。ハンドル側のボルトはナットで留められているので、そこが錆びついている場合などにはモンキーレンチが必要になります。

シティサイクルも!カゴの付け方②

新しいカゴを取り付けます。新しいカゴを購入すると付いてくる部品を確認して欲しいのですが、ホイール側にカゴを固定する部品など、ネジ山が切ってあるものが多くボルト不要のものも多いようです。外した時とは逆の手順で新しいカゴを取り付けていきます、部品も新しいので、モンキーレンチなしでもドライバー一本で各部分を締め付けていけるでしょう。
それほど難しい工程はなくすんなりいくはずですが、新しいカゴを購入する際には、取り付けのボルト位置が合うかどうか確認すると良いでしょう。

おすすめの自転車前カゴ

おすすめの自転車の前かごをいくつかご紹介します。
OGK ATB・クロスバイク用バスケット FB-022X、色はガンメタです。お値段は約2000円程度。商品名にもあるように、クロスバイク用です。サス有りとサス無しの両方に対応しています。容量はたっぷりの13L、耐荷重3Kgです。簡単脱着で使いやすそうです。ハンドル径「22mm」と「25mm」に対応し、ライトの装着も可能だそうです。ただ、ライトは付属してありませんので、別で買いましょう。
もうひとつ、DOPPELGANGER ポップアップフォールディングバスケット「折りたたみ自転車・ミニベロ対応折りたたみ式前カゴ DBK173-BK」商品名通り、ミニベロにも対応しています。こちらは、お値段2000円ちょっとです。収納時のサイズは横 340、幅 100、高さ 300 mm、なかなかのワイドです。対応ハンドル径は「25mm」以下、固定ステー対応径は「22.2~31.8mm」です。重量は1.2 Kg、材質はスチール。
購入前には自分の自転車に合うものかどうかも含め、しっかり調べてから購入してください。

まとめ、快適な自転車ライフを

冒頭でもお話しした通り、スポーツバイクでも日常に取り入れたり、街乗りをしたり、走る用途によってはカゴは非常に便利です。軽装で出かけたとしても、帰りには荷物が出来てしまう、不意の時でもあると助かりますよね。ご紹介したようにワンタッチ式のものもありますから、自分で取り付け方を覚えて、準備として購入しておくのも一つの策だと思います。

 - パーツ オプション, 自転車全般