自転車のカゴ、取り付け方を覚えて便利なサイクルライフ!

自転車にカゴがついているのは当たり前、でしたが、ロードやクロスに興味を持ち始めるとそれはあまり「当たり前」ではなくなってきます。折り畳み自転車ではなおさら。しかし、やはりあれば便利なのが「カゴ」です。ロードでだって、レースに出るだけでなく、通勤・通学で使用する場合もあります。今回はそんな自転車のカゴについてのお話です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車の買い替え時期、最適な時期はある?

自転車の寿命ってどのくらいでしょうね、という少し切ないお話。もちろん、自転車の種類やメンテナンスの頻...

ロードバイクのホイールやスポークについて

ホイールやスポークは、ロードバイクを構成する重要な部品の一つです。しかし、ロードバイク初心者...

ロードバイクのブレーキのかけ方

こちらではロードバイクにこれから乗り始める方やまだ乗り始めたばかりの方を対象にロードバイクのブレーキ...

ピストバイクってなに?ペダルを交換する方法は?

ピストバイクという自転車をご存じですか?ママチャリやロードバイクに比べて、利用者が少ないピス...

カンチブレーキが最強ってホントなの?時代遅れじゃないの?

皆さんは、カンチブレーキと聞いてピンときますか?以前はマウンテンバイクの主流ブレーキとし...

amazonなどで買った自転車は防犯登録どうするの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。昨今はamazonなどのインターネットでも自転車が買え...

自転車の荷台に自作補給食を積んでサイクリングに行こう!

補給食は、ロングライドにはかかせない物の一つです。ただ、市販の補給食は高くて、味の合わない場合も...

自転車の26インチサイズは身長がどのくらいあると良いの?

ひと口に自転車と言っても、ママチャリやロードバイク、クロスバイクにマウンテンバイクと、様々な種類があ...

自転車で横断歩道のあるところで右側へ行くにはどうするの?

自転車に乗っている人で交通法をしっかり把握している人は一体何%の人がいるのでしょう。自転車は講習を受...

ロードバイクのライト、昼間でも装着しよう!

皆様、ロードバイクに乗るときは、ライトを装着されていますか?「ライトは夜間に使うものなので、...

必見!mtbでdh(ダウンヒル)を始めたい人向けテクニック集

新しい趣味を始めたくてmtbでdhを始めようと思っている方。どんなテクニックや装備が必要なのか分...

ロードバイクで行くツーリング!関西エリアでおすすめコース

ロードバイク乗りで関西エリアにお住まいの方や、関西エリアにツーリングに行こうと思っている方におす...

自転車の違反罰則強化!歩道を逆走するのは・・・?

2015年の6月に道路交通法が改正され、より一層罰則が強化されました。環境の整備も進められてきてい...

ミノウラハイブリッドローラーfg540の実力は?徹底解説!

ロードバイクやマウンテンバイクのトレーニングやウォーミングアップをする際、家の中などで行う方は多いの...

ミニベロを楽しもう!ブルーノの2013・2015・2016モデル

ロードバイクに乗る方なら、ミニベロの存在はご存知だと思います。また、街乗りをするのにおしゃれ...

スポンサーリンク

自転車、カゴの必要性

例えばクロスバイクでの出勤。満員の電車でもまれることなく、快適にお気に入りのバイクで通勤できる。そんな中少し不便に思うことやっぱり「カゴがあった方が便利」ですよね。そもそもクロスバイクの美しいフォルムにカゴを付けるようには設計されていないのです。しかし、そうなると荷物はリュック、となってしまいます。これから夏を迎えようと言うのにそれはちょっと暑すぎます。会社に到着する前に背中はびしょ濡れです。バッグがリュックに限定されてしまうのもちょっと気になるところです。急な荷物が出来た時も、リュックに入りきらなかったらどうしましょう。スーパーなどに立ち寄って、それをハンドルの片方に引っ掛けることも多少は許せますが、バランスもとりにくいです。そうなるとなんだか気楽に街乗りできないですよね。なんだかだんだんカゴが必要になってきたでしょう?

自転車にカゴがつく?~カゴのタイプ~

先ほど「カゴを付けるようには設計されていない」と言いました。では、カゴの必要性を感じた時、カゴをとりつけることができるのでしょうか。もちろんバイクにも条件がありますが、カゴにも種類があります。一番簡単で、ほとんどのクロスバイクに前カゴを取り付ける方法は「ハンドルに引っ掛けるタイプのカゴ」を選ぶことです。フックを引っ掛けるだけで簡単に装着できます。ただし、あまり重い荷物には対応しません。
あとはハンドルにブラケットをつける方法。ハンドルへの固定に専用の金具を用いて固定するタイプは取り外しが簡単です。また、ブレーキとフォークに取り付ける方法もあり、これは前カゴとしては一番安定するタイプです。ブレーキとフォークのネジに台座を固定し、その上にカゴを取り付けるという方法です。
そしてハンドルバー一体型もあります。かなり丈夫で、大型なカゴがついているので大きな荷物にも対応できます。しっかり固定されるのでハンドルもブレません。ハンドルとの一体型なので多少価格は高めになります。

自転車に付けるおすすめのカゴ

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車にはカゴ見当たりませんよね。そこで後付けのものをご紹介したわけですが、折りたたみ自転車にもカゴついていませんよね。後から付けられるのでしょうか。
折りたたみ自転車に限らずとも、具体的に取り入れらるものを挙げていきましょう。「リクセンカウル」の「クリックフィックス」は、強度があり、種類が豊富で、耐久性もあり、取り付けと取り外しもできるのでおすすめです。リクセンカウルはドイツのブランドで、「自転車用のアタッチメント(接続器具、アダプター)」や「自転車用のカゴやバッグ」などを出しています。クリックフィックスは、これら「自転車用のアタッチメント」や「自転車用のカゴやバッグ」のことです。クリックフィックスの最大のメリット、カゴやバッグの取り付けと取り外しが、簡単にできることです。ワンタッチでできます!なので、必要なときだけカゴを付けたり、自転車に乗るときはバッグを付けて、自転車から離れるときにはバッグを外して持ち歩くという使い方ができるのです

カゴの取り付け方

自転車のハンドルやシートポストなどに、クリックフィックスのアタッチメント(接続器具)を付けて、そこにクリックフィックスのカゴやバッグなどを装着して使用します。
アタッチメントによって、ハンドルやステム、シートポストなど、取り付けられる場所が違います。カゴやバッグなどによって、対応しているアタッチメントが違いますので注意しましょう。自転車にアタッチメントを取り付ける際は、比較的簡単に、工具を使って取り付けることができます。アタッチメントにカゴやバッグなどを装着する際は、工具不要です。一度アタッチメントを自転車に取り付けてしまえば、カゴやバッグなどの取り付けと取り外し(着脱、脱着)が、ワンタッチで簡単にできるようになります。カギ付きのアタッチメントもあるので、前カゴなどは取り外せないようにすることもできます。

シティサイクルも!カゴの付け方①

もともとカゴがついていないスポーツバイクのカゴの付け方などをお話ししてきましたが、もちろんシティサイクル(ママチャリなど)でもともとついている前カゴを交換したいなど、そういったこともあると思います。自分でカゴを交換する、取り付ける、具体的な手順もご紹介しておきます。
用意するものは、取り付けるカゴ、そしてプラスドライバーとモンキーレンチ(サイズがあえばスパナでも可)です。もし、もともとカゴが付いていて、それを交換するのであれば、そのカゴを外すことから始めます。接続されているボルトをドライバーで外していきましょう。ハンドル側のボルトはナットで留められているので、そこが錆びついている場合などにはモンキーレンチが必要になります。

シティサイクルも!カゴの付け方②

新しいカゴを取り付けます。新しいカゴを購入すると付いてくる部品を確認して欲しいのですが、ホイール側にカゴを固定する部品など、ネジ山が切ってあるものが多くボルト不要のものも多いようです。外した時とは逆の手順で新しいカゴを取り付けていきます、部品も新しいので、モンキーレンチなしでもドライバー一本で各部分を締め付けていけるでしょう。
それほど難しい工程はなくすんなりいくはずですが、新しいカゴを購入する際には、取り付けのボルト位置が合うかどうか確認すると良いでしょう。

おすすめの自転車前カゴ

おすすめの自転車の前かごをいくつかご紹介します。
OGK ATB・クロスバイク用バスケット FB-022X、色はガンメタです。お値段は約2000円程度。商品名にもあるように、クロスバイク用です。サス有りとサス無しの両方に対応しています。容量はたっぷりの13L、耐荷重3Kgです。簡単脱着で使いやすそうです。ハンドル径「22mm」と「25mm」に対応し、ライトの装着も可能だそうです。ただ、ライトは付属してありませんので、別で買いましょう。
もうひとつ、DOPPELGANGER ポップアップフォールディングバスケット「折りたたみ自転車・ミニベロ対応折りたたみ式前カゴ DBK173-BK」商品名通り、ミニベロにも対応しています。こちらは、お値段2000円ちょっとです。収納時のサイズは横 340、幅 100、高さ 300 mm、なかなかのワイドです。対応ハンドル径は「25mm」以下、固定ステー対応径は「22.2~31.8mm」です。重量は1.2 Kg、材質はスチール。
購入前には自分の自転車に合うものかどうかも含め、しっかり調べてから購入してください。

まとめ、快適な自転車ライフを

冒頭でもお話しした通り、スポーツバイクでも日常に取り入れたり、街乗りをしたり、走る用途によってはカゴは非常に便利です。軽装で出かけたとしても、帰りには荷物が出来てしまう、不意の時でもあると助かりますよね。ご紹介したようにワンタッチ式のものもありますから、自分で取り付け方を覚えて、準備として購入しておくのも一つの策だと思います。