豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のリム交換できるかな?チャレンジしてみよう!

      2016/11/25

自転車のリム交換できるかな?チャレンジしてみよう!

ロードバイクなどに乗っていて「走りを変えたい...!」と思った時、手っ取り早いのはタイヤ・ホイールなどのカスタムですね。やはりこの部分は大切なところです。「リム」ももちろんそうです。このタイヤ周りのメンテナンスでも、交換する際も重要。今回はこのリムについて詳しくお話します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

pwk0001640-1.jpg
自転車の時速って?ママチャリと他の自転車を比較しましょう

自動車を運転するときは制限速度がありますし、スピードメーター...

スポンサーリンク


自転車のリム交換!~リムについて~①

自転車のリム、タイヤの内側の金属の輪っかのことです。自動車でいうところのホイールにあたりますが、自転車の場合、リムはホイールの部品となります。
素材については、スポーツバイクで言うなら広く使われているのがアルミニウムです。最近ではそれにとって代わり主流となりつつあるのがカーボンです。一般車には、鉄、ステンレス、アルミニウムが使用されています。構造については、シングルウォール、ダブルウォール、ダブルウォールアイレットとタイプがあります。シングルウォールは一般車によく使用されており、シンプルなので価格も抑えられています。ダブルウォールはシングルウォールよりも強度が増します。ダブルウォールアイレットはアイレット(ハトメ)によって、ニップルとの接触面が安定します。

さて、リムの種類としては、大きなものとしてはクリンチャーリムとチューブラーリムがあります。
クリンチャーリムというのは名前の通り、クリンチャータイヤを取り付けるリムのことです。タイヤのビードをフックにかけて、空気圧で外れるのを防ぎます。材質はアルミ合金が多くあります。左右の側壁をつなぐ壁の数に応じて、シングルウオール、ダブルウオールがあります。ロード車用は幅が狭く、マウンテンバイク用は幅が広くなっています。
チューブラーリムはチューブラータイヤを接着によって取り付けるリムです。接着剤はリムセメントと呼ばれています。フックが無い分、クリンチャーリムより軽く出来ます。競技用自転車のリムとして使用されます。

また、リム断面形状をV形、U形または卵形などの流線形にしたリムは、その空気抵抗減少機能に注目してエアロリムと呼ばれています。その断面の高さの深さに注目してディープリム(深リム)と呼ばれることもあります。クリンチャーリム及びチューブラーリムのいずれにもエアロリムがあります。ロード競技車、トライアスロン車およびタイムトライアル車などの競技車に使われています。

自転車のリム交換!~リムについて~②

他にもチューブレスがあります。これはパンクのリスクを低減してくれます。見た目はクリンチャータイプです。名前の通り、中にチューブが入っていないので、下限の低圧設定が可能で、乗り心地を向上させることが出来ます。エアー漏れ防止にシーラント剤を入れて使用することで、パンクのリスクを減らします。
素材の違いもあります。アルミリムは使い勝手が良く最もポピュラーなタイプです。幅広い価格設定に扱いやすさが魅力です。天候に左右されにくいブレーキの制動力はサイクリングからツーリング、レースまで安定して使えるので安心です。メーカーにもよりますが、アルミリムにはクリンチャー・チューブラー・チューブレスのすべてのラインナップがあります。
カーボンリムは様々な性能を満たすことができるタイプです。カーボンホイールといったら、基本的にはカーボンリムのことです。素材の特性上軽量化に貢献しつつ、さらに高いエアロ効果を持たせることも可能で、あらゆる性能を持たせることが可能です。リムハイトの高いモデルは軽量かつデザイン・能力共に高機能なため、現在特に人気の高い形状です。使用においては熱などの関係もあり専用のブレーキシューが必要となります。チューブラーがメインですが、クリンチャータイプも存在します。

自転車のリム交換にチャレンジ!

リムの交換を考えた時に、リムだけでなく「完組ホイール」に交換しよう、と考えられる方もいるかと思います。簡単に説明しますと、ホイールメーカーがハブ・スポーク・ニップル・リムといったホイール構成部品をトータルに設計しホイールとしての性能を最大化させようと製品にしたのが完組ホイールです。これについてはまた後ほど、ということでリム交換のお話をすすめていきたいと思います。
いわゆる「リムの引っ越し」という流れでチャレンジしていきます。
まず、ホイールからタイヤ・チューブ・リムテープを外します。そしてニップルをぎりぎりまで緩めておきます。交換するリムの真横に新しいリムをおきます。リムの向きとバルブの位置を合わせておきます。コツとしては、スポークを移動する際にズレないよう、両方のリムをひもで縛っておくと便利です。工具はマイナスドライバーとスポーク回しです。一つ一つニップルをはずして、右のリムに移していきます。初め3か所ほど移すと安定します。あとは順番に進めていきましょう。全部新しいリムにスポークの引越しが終ったら、古いリムを外します。あとは手で締められるところまでニップルをしめてから、ドライバーで締めます。
あとは通常のホイール組みです。自宅に振れ取り台はないと思いますので、自転車をさかさまにして車輪をセットしましょう。左右のブレーキシューとリムの間隔で振れはわかりますし、車輪のセンターもフレームの真ん中かどうか大体の目視で行います。

自転車のリム交換!日頃のメンテが大事

いきなりリム交換の手順について解説しますが、もちろん長持ちさせるように日頃のメンテナンスが重要です。
例えば雨天の日に走行したとします。雨水と一緒に砂などでリムのブレーキ当たり面が削られてしまいます。ロードバイクのリムはアルミやカーボンでできていますよね。カーボンは樹脂で、アルミともども柔らかい素材ですので削れやすいのです。
こうした悪天候の日の走行のタイミングだけでなく、日頃からメンテナンスをしましょう。
リムはブレーキの削りかすなどで汚れます。綺麗にすればブレーキの効きも良くなります。パーツクリーナーなどで拭き掃除すると良いでしょう。また、ラバー砥石というものも販売されています。水につけてこれでリムをこする、というものだそうですが、綺麗になり、ブレーキの効きも良くなるようです。試してみてください。

自転車のリム交換!完組ホイールについて

最後に、先ほどお話した完組ホイールについても少しだけ触れておきます。
効果で選ぶなら二つのタイプ、「軽量ホイール」と「エアロホイール」です。
「軽量ホイール」はリムが薄く、すっきりした印象です。漕ぎ出しも軽く、ヒルクライムなどには最適です。アルミやカーボンなど曽合の違いによって価格帯も広いので、比較的手に入れやすいでしょう。
「エアロホイール」はリム部分が分厚く見た目にかなりのボリュームがあります。場合によっては重量が増えるので、基本的に平地高速巡行用と考えたほうが良いでしょう。構造上全体の剛性が上がるのでカーボンリムタイプなどは軽量かつ万能に使えるモデルともいえます。

まとめ、自転車のリムもメンテはこまめに!

店舗に持って行ってやってもらうにしてもそれほどの価格ではないと思います。手順を紹介しましたが、仕組みを知ることによって、日頃のメンテナンスを丁寧に行えると思ったからです。交換などは話も早いですが、お気に入りのパーツであるならば、長持ちさせられるようにメンテナンスの手順をしっかり覚えておきましょう。

 - ホイール スポーク, 自転車 パーツ交換, 自転車全般