豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

ロードバイクのカーボンフレームと他の素材。寿命の差は?

2016.7.31

ロードバイクのフレームには、アルミフレーム・クロモリフレーム・カーボンフレームと何種類かあります。
その中から、どのフレームを選ぼうか悩む人もいると思います。

値段や性能で選ぶことが多いとは思いますが、今回は、寿命について焦点を当てて、カーボンフレームを軸に、他の素材とどちらの寿命が長いのかをお話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車は歩道の右側走行はOK?自転車における道交法

道交法が改正されて、自転車へのルールも細かになりました。肝心なところでなんとなくあやふやなのが自転...

自転車のベルが壊れた!!ベルって必要なの!?

自転車のベルって余り使用することがないと思うのですが実際はどうでしょうか?壊れたからといって放置して...

ロードバイク所有者の悩み、盗難被害と対策について

1万円ほどで買えるママチャリと違い、ロードバイクは最低でも10万円ほどする高級車です。 それぞ...

クロスバイクのハンドルとグリップのおすすめカスタム!

車のハンドルもモノによっては長年乗っているとまぁひどい状態になりますが、クロスバイクだって同じです...

自転車のチェーンの交換時期はいつなの?

自転車に乗っていると、突然チェーンが外れることがあります。 外れて転んだ経験のある方もいるので...

キレイにしてまた乗ろう!自転車のサドルのカビを落とす方法

最近体重が気になり始めたから、何か運動をしよう!そういえば、昔乗っていた自転車があるからそれに乗ろ...

ピストバイクの特徴って?ホイールの組み方は?

ピストバイクをご存知ですか? ママチャリなどの街乗り自転車とも、ロードバイクやマウンテンバイクとも...

シマノのコンポ!アルテグラ6800のインプレッション!

シマノ・アルテグラ6800といえば、カーボンフレームの完成車なら30万円から、アルミフレームなら20...

事故を起こしてしまった!自転車の修理や対応などの仕方

人は、車でも自転車でも歩いていても、事故に遭う可能性が潜んでいます。 事故に遭ってしまったときに冷...

GIANT(ジャイアント)の自転車は安い?その性能に迫る!

「GIANT(ジャイアント)の自転車は安い」というイメージが広く伝わっていると思います。他メーカー...

通勤手段をクロスバイクにした場合、靴はどうしたらいい?

クロスバイクなどの自転車で通勤をする時、使う靴を何にしようかと迷っている人は多いのではないでしょうか...

クロスバイクのチェーンが伸びる?チェーンのメンテナンス等の調整は必須!?

スポーツ自転車でも乗りやすく、デザイン性が良いクロスバイクが最近では流行っていますが、メンテンナンス...

自転車に制限速度ってあるの!?意外と知らない交通ルール

自転車は誰でも手軽に乗れる乗り物ですよね。 最近では、自転車に乗られる方を多く見るようになりま...

ロードバイクにキャリアを付けたい!リアには付けられる?

レース向けに作られているロードバイク。この自転車にリアキャリアを付けたいと思う方もいるのではないで...

自転車を廃棄処分するときはどうする?解体すれば不燃ごみ?

こどもが成長して自転車の大きさが合わなくなってしまったときや、引っ越しで自転車が不要になってしま...

スポンサーリンク

ロードバイクのカーボンフレームの特徴

カーボンフレームの一番の特徴と言えば、「とても軽量なところ」ではないでしょうか。
自転車のフレームには、金属のフレームが多い中、カーボンは非金属であるため、見た目も金属と異なります。

しかし、金属の素材とは一味違う乗り心地でこの軽さは、金属にはないメリットですね。

また、フレームだけでなく、ホイールやフォークなどのパーツにも、カーボンを使っていることがあります。
カーボンは軽量というメリットに対して、高コストなところがデメリットです。

そのパーツをすべて使っているフルカーボンもあり、価格は30万前後する車体もあります。
しかし、重量もとてつもなく軽く、600gほどしかない車体もあるほどです。

最近のカーボンフレームはメーカーがさまざまな製造方法を行い、軽量な上に振動吸収性が向上し、剛性を高めたりなど、さまざまなメリットを生み出しています。
ただし、全ての性能に関して良いわけではなく、特殊な素材のため、繊細であるのも事実です。

水を含むと耐久性が落ちてしまったり、紫外線にも弱く、接合部の樹脂が劣化してしまうなどのデメリットもあります。

また、横からの力に弱かったりもするため、横への転倒でヒビが入ったり、破損したりすることがあります。
修理をしても、元々持つ性能に戻すことができないことが辛いところです。

しかし、ロードバイクなどの大会に出る人の中には、軽量であり衝撃吸収性が良いため、好んで使っている人もいます。

それでは、脆さもあるカーボンフレームの寿命は短いのでしょうか、長いのでしょうか。

ロードバイクのカーボンフレームの寿命は短い?

カーボンの素材は、今では普及してきましたが、昔は折れやすいという評判をよく耳にしました。

カーボン素材は硬い素材であり、曲がるといった剛性がない素材なのです。
そのため、フレームが曲がることもなく、一点に集中した衝撃を受けると折れてしまいます。

カーボンに樹脂を混ぜることで硬めています。
また、カーボンフレームの接合部分は、紫外線にも弱い素材です。
それを塗装をすることで、カーボンに混ぜている樹脂を保護します。

そうすることで、劣化が極端に進まないようになっています。
この塗装が剥がれたら、樹脂の部分は劣化しやすくなるとも言えます。

このように、外部の影響で破損しやすいことを考えますと、カーボンフレームの寿命は短いと感じますよね。
しかし、カーボン自体の寿命は5~6年とも言われています。

さらに、ロードバイクを室内で状態良く保管をすると、5~6年以上持ち、状態が良いこともあるようです。
寿命で言えば、カーボンは意外にも長いのです。

ロードバイクのカーボンフレームと比べてアルミフレームの寿命は長い?短い?

カーボンフレームとアルミフレームを比較してみると、どちらの方が寿命は長いのでしょう。

ロードバイクのアルミフレームは、「へたる」ということを耳にすることがあるかと思います。

「へたる」とは、フレームの剛性が低下して、最初のポテンシャルを発揮できなくなる状態のことです。

各パーツを換えたのに、性能が購入当初に比べて異なると、アルミフレームがへたっていると言えます。
明確な範囲は、何とも言えませんが、乗っていると「へたってきたかも」感じることがあります。

ただし、性能の低下があるからといって、一概にアルミフレームがへたってきたと、決めつけることはできません。

理由は、各パーツの劣化やグリス不足のほかに、脚力がついてきたという可能性があるからです。
また、金属なので雨ざらしにしてしまうとサビも出ます。

では、アルミフレームの寿命は短いのでしょうか。

一概に、短いとは言えないです。

寿命としては4年程度と言われていますが、金属なので頑丈です。
この頑丈さゆえに、寿命の目安以上に使えている人もいます。

カーボンの方が、素材としての寿命は長いですが、アルミフレームの方が頑丈とも言えます。

ロードバイクのカーボンフレームと比べてクロモリフレームの寿命は長い?短い?

アルミフレームとカーボンフレームでは、カーボンフレームの素材のほうが寿命が長いことが分かりました。

では、カーボンフレームとクロモリフレームの寿命を比較してみると、どちらの方が寿命は長いのでしょうか。

クロモリとは、鉄にクロムとモリブデンを配合させた合金のことです。
素材としては剛性があり、衝撃吸収にも優れているので、ロードバイクに乗っている人でクロモリフレームを好んで選択する人も少なくないと思います。

ただし、値段が高いことと、重量がアルミ素材よりあることがデメリットとしてあります。

クロモフレームも金属であるため、サビには弱いです。

そのため、雨の日の走行をした後にはサビ難いようにクランクを外したり、シートポストを抜いて湿気がフレームに溜まらないようにすると、寿命が延びます。

クロモリの寿命は、管理の仕方で持ちが異なります。
一般的には、5年が寿命とも言われていますが、強度も強く金属疲労もアルミと比べて進行しづらくなっています。
そのため、実際に使っている人は、もっと長い年月乗っている人も間違いなくいるでしょう。

カーボンフレームと比べると、クロモリフレームより、カーボンフレームの方が寿命が若干長いようです。
しかし、強度を考えるとクロモリフレームの方が長く乗れるかも知れませんね。

他のパーツの寿命はどのくらい?①

カーボンフレームなどのフレーム全般の寿命に関しては分かりましたが、せっかくなので、他のパーツの寿命についても触れていきしょう。

スポーツ自転車と一般に使用されている自転車の寿命は、同じパーツでも用途が異なりますので、今回はロードバイクのパーツについて、ご紹介します。

また、交換目安が定めてあるパーツと、定められていないパーツがあります。
まず、交換目安が定められているパーツからになります。

最初にご紹介するのは、「チェーン」です。

一般的には、距離でおおよそ5,000km程度で交換とも言われています。
チェーンは使い続けると伸びてくるため、伸びたまま使用し続けるとスプロケットを破損します。
そのため、4,000km程度で交換するのも良いです。

次は、「タイヤ」です。

メーカーや形状、素材によっても違いますが、一般的には、おおよそ5,000kmで交換という具合です。
ゴムも劣化しますし、路面に接している訳ですから、異物との接触で傷ついたりするので、側面にヒビ割れが見えた段階で交換したほうが良いです。

次は、「ブレーキシュー」です。

ブレーキシューは消耗品です。
交換を行う回数も多いのではないでしょうか。

このブレーキシューを交換する目安としては、溝があるタイプに関しては、溝がなくなると交換とも言われています。
また、減り方が斜めになっていたり、段がついてしまったときも交換の目安です。

他のパーツの寿命はどのくらい?②

ロードバイクのパーツの寿命について、まだ触れていきます。

次は、「ハンドル」「ステム」「クランク」などのパーツについてです。

このパーツは、しっかりとしたパーツですので、基本的に摩耗するようなパーツではないので、交換頻度が少ないです。
交換するとすれば、パーツが破損したときや違和感を感じるときです。

逆に、先に説明している「タイヤ」「チェーン」の他に、「スプロケット」「ホイール」「ペダル」「ボトムブラケット」は、摩耗するパーツですね。

では、摩耗するパーツについて軽くお話します。

「スプロケット」の交換目安としては、チェーンを交換するときに一緒に交換することが多いようです。

「ホイール」に関しては、リムで判断する方法もあります。
指で触っていき、凹みがあれば、交換時期に近付いているという判断方法です。

しかし、ホイールは、ハブやスポークが組み合わさっているものなので、ひとつのパーツが破損したら交換しなくてはいけないこともあります。

「ペダル」の交換時期は、おおよそ20,000km程度と言われています。
ペダルも、実は摩耗します。

「ボトムブラケット」については、中のベアリングのグリスアップをしっかりしているようでしたら、交換する必要はないかもしれません。

しかし、グリスが切れたまま放置しておくと、破損する可能性もあります。
破損したら寿命という感じになっています。

カーボンフレームの寿命は、他のパーツと比べても比較的長い方です。
ただし、外部的要因には、注意が必要です。

パーツの交換時期や寿命については、保管方法や使い方によっても異なります。
実際に自分で判断することは難しいと思いますので、違和感を感じたら自転車屋さんに持っていくのが安心ですね。

まとめ・カーボンフレームは寿命が長かった

カーボンフレームの寿命は、意外に長いようですね。
また、残念ながら全てのパーツの交換時期や寿命のご紹介ができませんでした。

それだけ自転車は、多くのパーツを組み合わせているということです。

寿命に関しては、あくまで一般的に言われている数値です。
実際には、もっと長く使うことも可能です。
そのためには、メンテナンスが必要になるので、大事に扱いましょう。

 - 自転車 その他, 自転車全般