豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクのカーボンフレームと他の素材を比較!寿命はどちらが長い?

      2016/11/25

ロードバイクのカーボンフレームと他の素材を比較!寿命はどちらが長い?

ロードバイクのフレームにはアルミフレーム、クロモリフレーム、カーボンフレームと何種類かあります。その中からどのフレームを選ぼうか悩む人もいると思います。値段、性能で選ぶことが多いとは思いますが、今回は、寿命について焦点を当てて、カーボンフレームを軸に他の素材とどちらの寿命が長いのかをお話していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


ロードバイクのカーボンフレームの特徴

カーボンフレームの一番の特徴と言ったら、「とても軽量なところ」ではないでしょうか。
自転車のフレームには、金属のフレームが多い中、カーボンは非金属であるため、見た目も金属と異なります。

しかし、金属の素材とは一味違う乗り心地でこの軽さは、金属には出来ないメリットですね。
また、フレームだけでなく、ホイールやフォーク等のパーツにもカーボンを使っている事があります。
カーボンは、軽量というメリットに対して高コストなところがデメリットです。

そのパーツをすべて使っているフルカーボンもあり、価格は30万前後する車体もあります.
しかし、重量もとてつもなく軽く600g程しかない車体もあるほどです。

最近のカーボンフレームは、メーカーがさまざまな製造方法を行い、軽量な上に振動吸収性が向上し、剛性を高めたり等のさまざまなメリットを生み出しています。
但し、全ての性能に関して良いわけではなく、特殊な素材のため繊細であるのも事実です。

水を含むと耐久性が落ちてしまったり、紫外線にも弱く、接合部の樹脂が劣化してしまう等のデメリットもあります。

また、横からの力に弱かったりもするため、横への転倒でひびが入ったり破損したりすることがあります。
修理をしても、元々持つ性能に戻すことが出来ない事が辛いところです。

しかし、ロードバイク等の大会に出る人の中には、軽量であり、衝撃吸収性が良いため、好んで使っている人もいます。

それでは、脆さもあるカーボンフレームの寿命は短いのでしょうか。長いのでしょうか。

ロードバイクのカーボンフレームの寿命は短い?

カーボンの素材が、今では普及して来ましたが昔の評価では、折れやすいという評判をよく耳にしました。

カーボン素材は、硬い素材であり、曲がるといった剛性がない素材なんですね。
そのため、フレームが曲がることもなく、一点に集中した衝撃を受けると折れてしまいます。

カーボンに樹脂を混ぜることで硬めています。
また、接合部分は、紫外線にも弱い素材です。それを塗装をすることで、カーボンに混ぜている樹脂を保護します。
そうすることで、劣化が極端に進まないようになっています。
この塗装が剥がれたら樹脂の部分は劣化しやすくなるとも言えます。

このように、外部の影響で破損しやすいことを考えますと、カーボンフレームの寿命は短いと感じますよね。しかしカーボン自体の寿命は5、6年とも言われているんですね。

更に、ロードバイクを室内で状態良く保管をするとそれ以上持ち、まだ状態が良いこともあるようです。
寿命で言えば、カーボンは意外にも長いんですね。

ロードバイクのカーボンフレームと比べてアルミフレームの寿命は長い?短い?

カーボンフレームとアルミフレームを比較してみると、どちらの方が寿命は長いのでしょう。

まず、よく耳にするのは、ロードバイクのアルミフレームは「へたる」と聞きます。
「へたる」とは、フレームの剛性が低下して、最初のポテンシャルを発揮出来なくなる状態のことです。

各パーツを変えたのに、性能が購入当初に比べて、走行性能が異なると、アルミフレームがへたっていると言えます。
明確な範囲は、何とも言えませんが、乗っていると「へたってきたかも」感じることがあります。

ただし、性能の低下があるからと言って、一概にアルミフレームがへたってきたと決めつけは出来ません。

理由は、各パーツの劣化やグリス不足のほかに脚力がついてきたという可能性があるからです。

また、金属なので雨ざらしにしてしまうとサビも出ます。では、アルミフレームの寿命は短いのでしょうか。

一概に短いとは言えないところです。寿命としては4年程度と言われていますが、金属なので頑丈です。この頑丈さ故に、寿命の目安以上に使えている人もいるんですね。

カーボンの方が、素材としての寿命は長いですが、アルミフレームの方が頑丈とも言えますね。

ロードバイクのカーボンフレームと比べてクロモリフレームの寿命は長い?短い?

アルミフレームとカーボンフレームだと、カーボンフレームの素材のほうが寿命が長いことが分かりました。
では、カーボンフレームとクロモリフレームの寿命を比較してみるとどちらの方が寿命は長いのでしょう。

クロモリとは、鉄にクロムとモリブデン配合させた合金のことです。
素材としては剛性があり、衝撃吸収にも優れているので、ロードバイクに乗っている人でクロモリフレームを好んで選択する人も少なくないと思います。
但し、値段が高いことと、重量がアルミ素材よりあることがデメリットとしてあります。

そんなクロモフレームですが、金属であるため、サビには弱いです。

そのため、雨の日の走行をした後には、サビ難いようにクランクを外したり、シートポストを抜いて、湿気がフレームに溜まらないようにすると寿命が延びます。

そのため、クロモリの寿命は、管理の仕方で持ちが異なります。
一般的には、5年が寿命とも言われていますが強度も強く、金属疲労もアルミと比べて進行しづらくなっているため、実際に使っている人は、もっと長い年月乗っている人も間違いなくいるでしょう。

カーボンフレームと比べると、クロモリフレームより、カーボンフレームの方が寿命が若干長いようです。しかし、強度を考えるとクロモリフレームの方が長く乗れるかも知れませんね。

他のパーツの寿命はどのくらい?①

カーボンフレーム等のフレーム全般の寿命に関しては分かりましたが、せっかくなので他のパーツの寿命についても触れていきしょう。

スポーツ自転車と一般に使用されている自転車の寿命は、同じパーツでも用途が異なりますので、今回はロードバイクのパーツについて紹介します。

また、交換目安が定めてあるパーツと定められていないパーツがあります。

まず交換目安が定められているパーツからになります。

最初に紹介するのは、「チェーン」です。
一般的に言われているのが、距離でおおよそ5,000km程度で交換とも言われています。
チェーンは使い続けると伸びてくるため、伸びたまま使用し続けるとスプリケットを破損します。
そのため、4,000km程度で交換するのも良いです。

次は、「タイヤ」です。メーカーや形状、素材によっても違いますが、一般的にはおおよそ5,000kmで交換という具合です。
ゴムも劣化しますし、路面に接している訳ですから、異物との接触で傷ついたりするので、側面にひび割れが見えた段階で交換したほうが良いです。

次は、「ブレーキシュー」です。ブレーキシューは消耗品です。交換を行う回数も多いのではないでしょうか。
このブレーキシューを交換する目安としては、溝があるタイプに関しては、溝がなくなると交換とも言われています。
また、減り方が斜めになっていたり、段がついてしまった時も交換の目安です。

他のパーツの寿命はどのくらい?②

ロードバイクのパーツの寿命について、まだ触れていきます。

次は、「ハンドル」、「ステム」、「クランク」のパーツ等についてです。
このパーツは、しっかりとしたパーツですので、基本的に摩耗するようなパーツでは無いので、交換頻度が少ないです。交換するとすれば、パーツが破損した時や違和感を感じるときです。

逆に、先に説明している「タイヤ」、「チェーン」の他に「スプロケット」、「ホイール」、「ペダル」、「ボトムブラケット」は摩耗するパーツですね。

では、摩耗するパーツについて軽くお話します。

「スプロケット」の交換目安としては、チェーンを交換する時に一緒に交換することが多いようです。

「ホイール」に関しては、リムで判断する方法もあります。指で触っていき、凹みがあれば、交換時期に近づいているという判断方法です。
しかしホイールは、ハブやスポークが組み合わさって出来ているので、一つのパーツが破損したら交換しなくてはいけないこともあります。大会に出ている人は、大会前に確認と分解を行うことあるようです。

「ペダル」の交換時期は、おおよそ20,000km程度のようです。ペダルも実は摩耗するんね。
「ボトムブラケット」については、中のベアリングのグリスアップをしっかりしているようでしたら交換する必要は無いかもしれません。
しかし、グリスが切れたまま放置しておくと、破損する可能性もあります。破損したら寿命という感じになっています。

カーボンフレームの寿命は、他のパーツと比べても比較的長い方です。但し外部的要因には、注意が必要ですね。

パーツの交換時期や寿命については、保管方法や使い方によっても異なります。実際に自分で判断することは難しいと思いますので、違和感を感じたら自転車屋さんに持っていくことと安心ですね。

まとめ・カーボンフレームは、寿命が長かった!

カーボンフレームの寿命は、意外に長いようですね。また、残念ながら全てのパーツの交換時期や寿命の紹介が出来ませんでした。それだけ自転車は多くのパーツを組み合わせているということです。また、寿命に関わらずパーツの交換によっては、性能を上げることも出来ます。カスタムしてみるのも楽しい乗り物ですね。寿命に関しては、あくまで一般的に言われている数値です。実際にはもっと長く使うことも出来ます。そのためには、メンテナンスが必要になるので、大事に扱いましょう。

 - 自転車 その他, 自転車全般