豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車で右折をする時は、右折レーンを使ってもいいの?

      2016/11/25

自転車で右折をする時は、右折レーンを使ってもいいの?

自転車に乗る方は、右折レーンを使用して交差点を曲がっていいのか、それとも禁止行為なのかどちらか知っていますか。自転車は免許が無いので知らない方もいるかもしれません。ということで、右折するときは、どうするのか。また、右折時の事故での過失割合等を解説していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001386-1.jpg
低身長でも悩まない!小さい人向けロードバイク

ロードバイクに乗っている人と言えば、比較的長身細身のイメージ...

pwk0001385-1.jpg
身長160cm以下の方におすすめのロードバイク

身長が160cm以下、特に150cm前後の女性ですと、「自分...

pwk0001384-1.jpg
自転車で思い切り走る!スピード向上のコツは?

あなたは自分の自転車の走行スピードに満足していますか? 「...

pwk0001383-1.jpg
日本一周向け自転車をご紹介!クロスバイクやランドナーなど

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありませ...

pwk0001382-1.jpg
体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうに...

pwk0001381-1.jpg
仏式バルブって何?英式から仏式に交換すべき?

自転車のバルブには、英式バルブや仏式バルブなど、いくつかの種...

pwk0001380-1.jpg
メリダってどんなメーカー?リアクトの2017年版ってどう?

皆さんは、メリダという自転車メーカーをご存知ですか? 「台...

pwk0001379-1.jpg
ブリヂストンのオルディナってどんな自転車?評判は?

ブリヂストンと聞くと、車のタイヤや電動アシスト自転車を思い浮...

pwk0001378-1.jpg
アメリカ製のロードバイクをご紹介!走行時にはヘルメットを

現在、ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあります。 もち...

pwk0001377-1.jpg
自転車を送りたい!宅配料金や梱包について

引っ越し先に自転車を持っていく場合、あなたならどうしますか?...

pwk0001376-1.jpg
女性におすすめのロードバイクや選び方について

ロードバイクは男性の乗り物というイメージが強いかもしれません...

pwk0001375-1.jpg
秋冬の自転車旅行、おすすめスポットや最適な服装は?

秋冬は寒く、外に出るのも億劫になってしまいがちです。 しか...

pwk0001374-1.jpg
中学生におすすめの通学自転車をご紹介します!

春から中学生になるお子さんを持つご両親は、お子さんの通学自転...

pwk0001373-1.jpg
英国発祥のレイノルズ!そのホイール・アサルトの魅力に迫る

自転車のホイールを取り扱うメーカーは、世界中に数多く存在しま...

pwk0001372-1.jpg
身長が小さいことで悩む人や女性向けのロードバイク

ロードバイクに乗りたいけれど、自分に合うサイズがあるか心配と...

pwk0001371-1.jpg
自転車で日帰り旅行に出発しよう!必要な持ち物は?

皆さんが日帰り旅行をするとしたら、移動手段は何ですか? 車...

pwk0001370-1.jpg
自転車で日本一周しよう!必需品や注意点はある?

自転車で日本一周したい・・・そう考えたこと、ありますか? ...

pwk0001369-1.jpg
マビック アクシウムを装着してレースに出よう!

皆さんは、どのようなホイールを装着していますか? ホイール...

pwk0001368-1.jpg
クロモリとカーボンの特徴や、おすすめのロードバイクとは

ロードバイクのフレームには、様々な素材が使われています。 ...

pwk0001367-1.jpg
カンパニョーロのユーラスって?価格は?性能は?

カンパニョーロというメーカーを知っていますか? ご自分で自...

スポンサーリンク


そもそも自転車は左右どちらを走る?

自転車右折レーン
道路における通行位置
車道左側通行について
歩道または路側帯(以下「歩道等」と表記)と車道の区別のある道路では、自転車は車両のため、基本的に車道を通行しなければなりません。車道では道路の左側を通行(左側通行)します。右側を通行してはいけません。
歩道が設けられた道路においては、歩道と車道外側の線の間を通りますが、これも車道ですので、やはり右側を通行してはいけません。 車道の通行位置については、「車道の通行位置について」の項目を参照して下さい。
歩道等を通行できる場合
自転車は、道路の左側に設けられた路側帯を通行することができます。また、歩道についても一定の条件を満たせば通行できます。歩道等を通行できる条件については、「歩道等の通行について」の項目を参照して下さい。
歩道を通行する際には、歩道の中央から車道寄りを通行しなければなりません。
罰則 通行区分違反
自転車に乗って車道の右側部分を通行した場合(追い越しをする場合や障害物を回避する場合などやむを得ない場合を除く)、また、歩道等を通行できる条件に合致していないにも関わらず歩道等を通行した場合には、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)が課せられます。

自転車で右折レーンはいいの?

自転車に乗り交差点で右折するときには、二段階で右折しなければなりません。道路交通法34条3項により、「軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。」 と定められており、自転車はこの軽車両に含まれるからです。交差点に信号機が無い場合や、右折のみの道路の場合も同様で、道路の左側端沿いに徐行して右折しなければなりません。
一方で、自転車に乗り右折レーンを通行して右折してはいけません。車両通行帯の指定通行区分(右折・直進・左折レーンなど)については法35条で、「通行の区分が指定されているときは、(中略)当該通行の区分に従い当該車両通行帯を通行しなければならない。」 と規定されていますが、「軽車両(中略)を除く。」 という条件が付いているため、軽車両は例外です。
通常複数の車両通行帯がある道路の中央寄り(一方通行の道路では右端寄り)に設けられている右折レーンは、道路の左端と真逆に位置します。そのため、自転車では右折レーンを通らずに道路の左端に沿って、二段階で右折しましょう。通常見受けられませんが、万が一道路左端の車両通行帯が右折レーンになっていれば、右折レーンを通行して右折することができます。

自転車で右折レーンではなく、二段階右折の仕方①

交差点の右折方法
前述した通り、自転車に乗って交差点を右折するときには、右折レーンに入るのではなく、出来る限り車道の左端を走行するようにして、交差点の左端を徐行して二段階右折をする必要があります。
交差点の中やその付近に自転車専用の横断帯がある時の対応は、直進と同じく、自転車専用の横断帯を通って、交差点を通過しなければいけません。
自転車横断帯がない場合の右折方法
右折方法の基本
右折して交差点を過ぎたら、右折した後の道路を適確な位置で通行出来るように、通行する位置を調整します。右折後、他の車両がいない時は、信号機がある場合以外は、右折後停止をしないでそのまま走行をして問題ありません。他の車両の妨害となる場合があると判断した時は、右折の時にハンドルを右に向けたあとに、右折地点で一時停止しなければいけません。進行妨害となる恐れがなくなったら右折方向に進行します。
信号機がある場合
信号機がある場合の対応は、青信号機になったら指示通り交差点を通り、交差点の角で一度止まります。右折する際の信号機が青になったら指示通りに通過します。

自転車で右折レーンではなく、二段階右折の仕方②

自転車横断帯がある場合の右折方法
交差点内や付近に自転車横断帯がある場合には、そこを通り交差点を通過します。この場合、道路の左側端に寄り交差点の左側端に沿って進行する必要はありません。徐行が必要な点は通常の右折と同様で右折レーンには入ってはいけません。
交差点の外側にある自転車横断帯は、道路交通法第63条の7第1項に定められる「付近」に当たらないため、通行義務はありません。
判例:【S55東京高裁】 「付近」にある自転車横断帯でないため通常の進路で右折可
直進や左折とUターンを組み合わせた方法
交通状況や道路状況によって通常の方法で右折することが困難な場合、一旦直進した後Uターンして交差点に戻り左折する方法、左折とUターンを2回繰り返す方法などがあります。
これは「左折」と「Uターン」の組み合わせであり、右折には当たりません。
関連法令:道路交通法 (左折又は右折) 第34条の3「軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。」
(交差点における自転車の通行方法)第63条の7「自転車は、前条に規定するもののほか、交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、第17条第4項並びに第34条第1項及び第3項の規定にかかわらず、当該自転車横断帯を進行しなければならない。」

自転車で信号のないところは、右折レーン?二段階右折?

信号のないところで右折するときにも二段階右折するかどうか疑問を持った場合はどうするのかと言いますと、まず自転車が右折を行う際に停止義務を負うのかどうかを考えると答えが出ます。
自転車で交差点に差し掛かった時に信号機のない場所、右折レーンに入るなんてことはしてはいけません。右折する時も交差点の左端を通り、角にきた時に右折するとき停止する義務はありません。
しかし、自転車の右折方法は道路の横断に類似した動作を行うため、右折後の進行に際して他の車両の通行を妨害する恐れがあります。
そのため、信号機が設置されていない交差点を右折するときには、右折地点付近で右折を行う前に後方確認を含め安全確認を行い、必要に応じて一時停止する、というのが正解です。もちろん他の車両の通行を妨害する恐れがなければ、停止しなくとも問題ありません。
合図(手信号)を示す
右折を行う際には、交差点の30m手前から右折の合図を示さなければなりません。 また、右折を完了するまでの間は継続して合図を示さなければなりません。
自転車の場合、手信号の合図をする必要がある場面もあります。
片手になるためバランスが悪くなりやすいですが、大丈夫であれば、しっかりと手信号による合図を行って周囲の車両に右折の意思を示しましょう。

自転車の右折レーンで事故をしたときの割合

事故における責任の割合についてです。
自転車が右折レーンではなく二段階右折の話で、自転車が右折、自動車が直進のパターンを説明します。
ここでは自転車側をÅとして、自動車側をBとします。
信号機のある交差点の場合は、Aが青で右折をして、Bが青で直進していた場合は50:50の半々の割合です。
Aが青で交差点に進入して黄色になる時に右折をする時に、Bが黄色信号で直進していた場合は20:80の割合となります。
Aが黄色の時に交差点に進入と右折をする時に、Bが黄色で直進していた場合は30:70になり、Aが赤で交差点に進入した後に右折、Bが赤で直進していた場合も30:70となります。
この割合が必ずしもというわけではなく、修正をすることがあります。
・夜間の場合はAに+5
・Aの著しい過失または重過失が認められる場合はAに+5~+10
・Aが児童等・高齢者の場合はAに-10
・Bが15km以上の速度違反をしていた場合はAに-10
・30km以上の速度違反をしていた場合はAに-20
・Bの著しい過失又は重過失が認められる場合はAに-5~-10
という具合に修正が行われます。逆に修正しないこともあります。
信号機のない場合についても説明していきます。
こちらも同じく、自転車側はAで自動車側はBです。
交差点でAが右折した時に、Bが直進の場合は50:50です。
こちらも修正することがあります。
・夜間の場合はAに+5
・Aの著しい過失または重過失が認められる場合はAに+5~+10
・Aが児童等・高齢者の場合はAに-10
・Bが15km以上の速度違反をしていた場合はAに-10
・Bが30km以上の速度違反をしていた場合はAに-20
・Bの著しい過失又は重過失が認められる場合はAに-5~-10
の修正が基本的に行われますが、逆に修正しないこともあります。
判例:速度超過の直進貨物車と、交差点を斜め横断する児童運転の自転車の事故について、自転車の過失を5%とした。

自転車の右折方法

自転車は、あくまで軽車両です。ロードバイクだから右折レーンに入って右折を行って良いわけではありません。
こちらはたまに勘違いをしてしまっている人もいますので気をつけて下さい。
右折レーンは、自転車が使用することはないです。
また、自転車は信号があるときと、ないときの右折方法を知ってましたでしょうか。
意外に知らない人もいたと思います。ましてや事故の割合については特に知らない人が多いのではないしょうか。
もし、この記事を見て頂けたのなら、これからは右折をするときに気をつけて頂けると幸いです。

 - 自転車 交通ルール, 自転車全般