豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のパンク修理って、どれぐらいの値段?

      2016/11/25

自転車のパンク修理って、どれぐらいの値段?

自転車のパンクって、ある日突然起こりませんか。いざ乗りたいときに空気が入っていないと少し悩みます。しかしパンク修理はお店に持っていけば比較的すぐに直してもらえます。では値段はいくら掛かるのでしょうか。そこで今回は自転車のパンク修理の値段について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001397-1.jpg
自転車のギアチェンジの方法や注意点を教えて!

変速機のある自転車に乗っている方、正しくギアチェンジができて...

pwk0001396-1.jpg
ラレーのミニベロは、rsrやrsmなどおすすめいっぱい!

現在、自転車メーカーは世界中にあります。 ロードバイク...

pwk0001395-1.jpg
153cmの女性必見!体重減らしたいならクロスバイクに乗ろう

体重を落としたいと考え、悩む女性はたくさんいらっしゃると思い...

pwk0001394-1.jpg
自転車を購入して東京副都心・新宿の街に出かけよう

新宿というと、主な移動手段は電車か車、徒歩といったイメージで...

pwk0001393-1.jpg
ガチな自転車乗りが喜ぶ誕生日プレゼントって?

自転車趣味の方への誕生日プレゼントって、何を送ればよいのか迷...

pwk0001392-1.jpg
ランドナーといつまでも旅をしたい方へ

ランドナーという自転車をご存知ですか? ママチャリのよ...

pwk0001391-1.jpg
ブルックスのサドルについて!メンテや調整方法も教えます

「ブルックス」をご存知ですか? イギリスの自転車サドルメー...

pwk0001390-1.jpg
自転車のタイヤの空気入れ、バルブ別の方法をご紹介!

自転車のタイヤのバルブにはいくつかの種類があり、その種類によ...

pwk0001389-1.jpg
通学自転車は耐久性に優れたものを選ぼう!

小学校とは違い、中学校や高等学校では、自転車通学をする生徒が...

pwk0001388-1.jpg
日本一周クロスバイクの旅!予算はどのくらい?

クロスバイクに乗って、日本一周を旅したいと考えたことはありま...

pwk0001387-1.jpg
サイクリストになりたい!女性におすすめの自転車は?

休日にサイクルウェアを着て颯爽と道路を駆け抜けるサイクリスト...

pwk0001386-1.jpg
低身長でも悩まない!小さい人向けロードバイク

ロードバイクに乗っている人と言えば、比較的長身細身のイメージ...

pwk0001385-1.jpg
身長160cm以下の方におすすめのロードバイク

身長が160cm以下、特に150cm前後の女性ですと、「自分...

pwk0001384-1.jpg
自転車で思い切り走る!スピード向上のコツは?

あなたは自分の自転車の走行スピードに満足していますか? 「...

pwk0001383-1.jpg
日本一周向け自転車をご紹介!クロスバイクやランドナーなど

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありませ...

pwk0001382-1.jpg
体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうに...

pwk0001381-1.jpg
仏式バルブって何?英式から仏式に交換すべき?

自転車のバルブには、英式バルブや仏式バルブなど、いくつかの種...

pwk0001380-1.jpg
メリダってどんなメーカー?リアクトの2017年版ってどう?

皆さんは、メリダという自転車メーカーをご存知ですか? 「台...

pwk0001379-1.jpg
ブリヂストンのオルディナってどんな自転車?評判は?

ブリヂストンと聞くと、車のタイヤや電動アシスト自転車を思い浮...

pwk0001378-1.jpg
アメリカ製のロードバイクをご紹介!走行時にはヘルメットを

現在、ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあります。 もち...

スポンサーリンク


パンク修理の基本は、自転車屋さんに持っていく

当たり前といえば当たり前ですが、自転車のパンク修理をしてくれるのは、自転車屋さんですよね。

街の自転車屋さんなら、その店で購入していなくても、だいたいパンク修理を行なって頂けるところが多いです。

値段に関しては、地域によってあまり差はないようで、1,000〜2,000円の間で考えておけば「お金が足りない。」ということは少なくて済むと思います。

でもこれは、あくまでも一般的に使われているシティサイクルの場合の話です。

子供用自転車に関しても値段の差は特にないところが多いです。

しかし、マウンテンバイクやクロスバイク、ロードバイクといった、スポーツの用途向けに作られた自転車の場合は、ちょっとお高くなります。

3,000円ぐらいまでが相場のようです。この値段はチューブ式タイヤの場合に限ります。

ロードバイクに使われるチューブレスタイヤを装着していると、一気に値段は跳ね上がります。

元々チューブレスタイヤ自体の値段が高めですから。

チューブレスタイヤを使っていらっしゃる方は、そもそも簡易式の空気入れもお持ちでしょうし、予備のタイヤも確保されていることと思います。

今回は、チューブ式タイヤに限ってお話しようと思います。

「自転車のパンク修理」といっても原因は様々

自転車のパンク修理と聞いて、まず最初に思い浮かぶのは「タイヤに画鋲とか釘とか、鋭利な物が刺さってしまった場合」だと思います。

この場合であれば、よほどひどいパンクでない限り、値段が2,000円以上掛かることは少ないと思います。

自転車のパンクに関しては「気づかないうちにパンクしていた。」なんてことも多いですね。

タイヤに鋭利な物が刺さって、チューブに穴が空いてしまった場合は、比較的、空気の抜けも早いので気づきやすいのですが、

「チューブの劣化」や「空気の抜けに気づかない程度の小さな穴」の場合は、「遠出したら空気が抜けちゃった。」なんてこともあります。

また、「段差の乗り越え」もタイヤに衝撃を与えて、中のチューブに穴を空けることがあります。

外出先で自転車屋さんが見つかればいいですが、見つからなかったときは焦ってしまうこともあると思います。。

最近はスマートフォンの地図アプリで、自転車屋さんも探せますから、便利な世の中になりました。

パンク修理をお願いしたのに、チューブ交換で値段が倍

パンク修理を依頼しに行ったところ、値段が倍まで跳ね上がることは往々にしてよくある話です。

これはパンク修理で持って行ったのに、チューブ交換されてしまうというケースですね。

急に話をしないでチューブ交換してしまう自転車屋さんがあったとしたら、それはちょっと不親切だとは思いますが、基本的には、パンク修理で対応出来ないことやチューブの劣化が進んでいるため、パンク修理してもまたすぐにパンクをする。という悪循環に陥りそうな場合に関して「チューブ交換の方が安く済む」という理由で勧めることが多いです。

自転車屋さんも商売ではありますが、自転車整備って自動車と同じように資格があるってことをご存知の方、何気に少ないんですよね。

自転車技士・自転車安全整備士って資格があるんです。

自動車のように国家資格、とまではいきませんが、日本交通管理技術協会という協会の認定資格です。

資格を持ってお客様の自転車を修理するんですから、いい加減な修理はできません。

パンクしたタイヤのチューブを外してみたらチューブが劣化していた。となれば整備士としては当然チューブ交換を勧めるわけです。

劣化したチューブで走っていたら、またすぐにパンクを引き起こしてしまいます。

自転車のパンク修理、最近は値段据え置きで出張修理

地域にもよるんでしょうが、自転車のパンク修理にとどまらず、様々な自転車の不具合を出張で修理してくれる自転車屋さんも増えてきています。

理由には色々様々ですが、自転車屋さんの後継者不足や大型量販店やホームセンターでの自転車販売が行われるようになり、競争率が高くなったことにより、出張サービスを取り入れたことが、増えた要因なのではないでしょうか。

出張修理であるのに、値段が持ち込みのパンク修理依頼の相場とさほど変わらないで、多くの人から喜ばれていることだと思います。

出張修理の自転車屋さんは夜遅くまで対応して頂けるところもあり、元々パンク修理を行なっているお店ですので当然、手際も良く対応して頂けます。

安心してお願いが出来ますね。

パンク修理の値段が惜しいなら

ちょっとイヤミなフレーズですが、パンク修理はしないに越したことはありませんよね。

でも、どうやったらパンクしないで済むのでしょうか。

出張修理に来てくださった自転車屋さんに、根掘り葉掘り聞いてみました。

そうしたらパンク修理って結構途切れなく依頼がくるということなんです。特に春先や初夏がパンク修理依頼が多いとのことです。

春先は、冬の間に乗ってなかった自転車に乗ろうと思ってパンクしたってお客さんが多く、原因は空気を入れずに走行したことが原因です。

空気入れるのを億劫に感じて、「これぐらいなら大丈夫か。」と走り始めたら、すぐパンクさせてしまうというパターンが多いです。

初夏も似たようなもので、空気をきちんと入れていないのに毎日乗ってたら、チューブがリムに張り付いてチューブが裂けてしまうことや、空気を入れず少ない状態で急ブレーキ掛けたときに、チューブがタイヤの中で擦れてしまうことが原因で、パンクを引き起こしてしまいます。

では、タイヤのパンクを避けるために重要なことは、タイヤにしっかりと空気を入れておくことです。

値段も安いといえば安いですが、未然に防げれば出費が少なくて済みます。

タイヤの空気管理は重要なんですね。

空気が抜けずタイヤに空気が入っている訳ではなく、空気は少しづつ抜けていきます。

定期的に空気を入れておけば、紹介したパンクを未然に防げるので、是非気をつけて欲しいところです。

パンク出張修理を依頼してくる人は、中学生・高校生のご両親が多いそうです。タイヤの空気の管理が出来ていないことが原因です。

学生は毎日に近い頻度で自転車に乗りますが、空気を入れることを小まめにする子は少ないと思います。

こうなると予防するには、空気管理をしっかりするように言うか、ご両親が管理するしかないかもしれませんね。

パンクしないためには、メンテナンスが大事

自転車のパンクというある日突然襲ってくる不運。

パンクに関しては運が関係して来るところです。

気をつけていても、知らないうちにパンクしていることもあります。

しかし、日々のメンテナンスをしているとパンクの頻度は少なくなります。

では、メンテンナンスはどんなことをすればいいのでしょうか。

それは走行した後にタイヤの溝の確認です。タイヤの溝に何かが挟まっていたら取り除きましょう。

あとは、先程もお伝えしましたタイヤの空気圧点検をするということですね。

他には、保管するときも出来るだけ直射日光を避けるとタイヤ自体の劣化も抑えられます。

メンテナンス以外にも、自転車に乗るときに路面に気をつけることで、少しでもパンクを防げます。

このようにタイヤを大事に使うことで、寿命が伸びます。

パンク修理の値段だけでなく、チューブ交換・タイヤ交換ともなると費用が嵩みますから大事に使って下さいね。

タイヤのパンク修理の値段は比較的安い

自転車のタイヤがパンクすることは必ずあります。

パンクをしない人は強運の持ち主だと思います。

逆にパンクは必ずしも一つの穴とは限りません。数ヶ所の穴が空いていることがあります。

そうなると料金がプラスされます。その金額もお店によって異なりますが一箇所プラスで500円前後が相場かと思います。

値段は比較的安く済むかもしれませんが、回数が増えれば出費も嵩みます。

出費を抑えるためには、点検をしっかり行うことが重要ということですね。

 - パンク タイヤ, 自転車 修理, 自転車全般