豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車が大ブーム!ロードバイクに乗る女性は魅力的!

      2016/11/25

自転車が大ブーム!ロードバイクに乗る女性は魅力的!

最近の自転車ブームの波は女性層にまで及んでいます。ロードバイクに乗る女性は依然と比べ良く見かけるようになりました。レースのエントリーも徐々に増えてきているようです。健康にも良いし、ダイエットにも効きそう。女性にとっても嬉しいことだらけのロードバイク。今回はロードバイクに乗る女性に向けたお得でおしゃれな情報をお届けします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

スポンサーリンク


自転車ブーム到来!女性向けロードバイク①

ロードバイクを選ぶときに重要になってくるものは、一番はサイズ、次に見た目、そして価格、最後に性能という順です。

女性の場合は、男性より身体が小さいこともあるので、実際に自転車にまたがって確認することが大切となります。

女性向けの指定のないロードバイクでは、XXSサイズの自転車であれば身長の低い女性でも乗れる場合がありますが、XXSサイズはXSサイズに比べて、ハンドルまでの距離が遠くなることがあるので注意してください。

身長が150cm以下でも利用できるロードバイクを少し紹介します。

 

Wilier Triestina(ウィリエール・トリエスティーナ)社の「Luna Alumi ルナ アルミ (2016) 」。
価格は、105(11S)で168,000円(税別) 、Tiagraで140,000円(税別) 。

 

さらに、そのモデルの人気だったことからフレームまでカーボンになった「Luna Carbon ルナ カーボン (2016) 」も登場。
価格は、ULTEGRAで303,000円(税別)、105で268,000円(税別) 、Tiagraで235,000円(税別) となっています。
Khodaabloom(コーダーブルーム)社の「Farna 700(ファルナ700)-Tiagra(2016)」。
価格は128,000円(税別)。コスパが良く、ブレーキに関してはTiagraの上位グレードの105を使用しています。

自転車ブーム到来!女性向けロードバイク②

GIANT Liv(ジャイアント リブ)は、台湾のメーカーであるジャイアントのレディースラインです。

女性向けにロードバイクを開発しており、身長145cmから乗車を特徴として、トライアスロン用やエアロモデルなどの上位モデルも充実しています。

 

「AVAIL 3(アベイル)(2016) 」の価格は100,000(税別)円で、エントリーバイク(入門者用バイク)として開発。
XXSサイズなら身長145cmから乗車可能。乗り心地を重視したモデルです。

 

「ENVIE ADVANCED 1(エンヴィ アドバンスト)」の価格は270,000(税別)円。
同社の高速巡航向けエアロロードバイク「PROPEL」を女性向けにアレンジしたもので数少ない女性向けのエアロロードバイクの一つ。

 

MERIDA(メリダ)は、台湾の自動車メーカーで、自転車ではジャイアントと一進一退しています。

 

「RIDE 210(ライド210)(2016)」の価格は99,000(税別)円。
同社のユニセックスモデル「RIDE200」を女性向けにしたもの。トップチューブやシートチューブを女性向けに変更しました。

 

「RIDE410(ライド410)(2016)」の価格は145,000(税別)円。
上記「RIDE210」の上位モデルとなっています。メインコンボは105。変速時の安定性向上をはかっています。

自転車ブーム到来!女性向けロードバイク③

anchor(アンカー)は、ブリヂストンの自転車ブランドです。

オーダーシステムがあり、フレーム・カラー・サドル・ハンドルを好きなものを選択できるようになっています。また日本メーカーなので国内のサポートが充実しています。

 

「RFA5W SPORT(2016) 」の価格は165,000(税別)円。
同社の「RFA5」を女性向けにアレンジ。EXとSPORTという2つのモデルがあり、SPORTであればカラーを33種類から選べます。

 

「RL8W EQUIPE(2016)」の価格は300,000(税別)円。
快適性のあるエンデュランスロードバイク。カラーだけでなく乗り心地も魅力のバイクになっています。

 

ロードバイクを用意したら、レースやイベントに参加することも考えてみましょう。そのイベントの選び方ですが、女性だからといって特別なことはありません。

レース形式(ロードレース、エンデューロ、個人TT)は把握することが大切になります。

個人ロードレースの場合は、周囲に他人が密集して集団走行になるので慣れが必要です。

エンデューロはハードルが低いですが、周囲の他人への意識は持っておき安全なラインを確保しましょう。下り坂のコーナーなどでは特に無理な追い越しはやめましょう。

それからハンガーノック(エネルギー不足で急に動けなくなること)や脱水に気をつけましょう。早め早めにエネルギーや水分の補給が大切になります。

ロードバイク女性にぴったりの自転車レース①

ロードバイクに慣れてきたらレースに参加したいと思うようになるかもしれません。

ロードバイクのレースは、初心者向けのものもあるので上級者でなくともレースに参加することができます。

男性だけでなく女性でも、サイクリングイベントに参加している方は多くいますし、また自転車レースの中には、女性カテゴリーがあるのでサイクリングを楽しめるイベントはたくさんあると言えます。

イベントやレースに参加する上で気をつけることは、初心者に特に気をつけてもらいたいのですが、集団で走行するということです。

個人で楽しむときは、周りにロードバイクが走行している状況は少ないでしょうから、多少は慣れておくと良いでしょう。

それから自分にあったクラスにエントリーすること。またレース形式も参考になります。

ロードレースやエンデューロや個人TTなどありますが、特に個人ロードレースでは他人が周囲に密集するので集団走行に慣れて参加するのが望ましいです。

エンデューロは、ロードレースよりはハードルは下がりますが、周りに他人がいることは変わらないので、下り坂コーナーの割り込みは危険です。

また、走行に夢中になりすぎるあまりハンガーノック(エネルギー不足で急に動けなくなること)や脱水に陥ってしまうことがあります。

それを回避するためにも、早めの食事や水分補給が大切になります。

走行しながら補給したいのであれば、ボトルに糖分を濃くしたドリンクをセットしておくと良いでしょう。

ロードバイク女性にぴったりの自転車レース②

女性のための「たびーら縁結びライド in 出雲」が11月8日に開催されます。

一番の特徴は、女性とその同伴者しかこの自転車レースに参加できないということです。

そしてパワースポットを巡るコースで、初心者向けから中級者向けの全長43kmとなる「出雲市西部お散歩ライドショートコース」と、上級者向けで全長76kmの「出雲市横断スイーツライドロングコース」の2つ用意しています。

スポーツバイクやヘルメットのレンタルサービスもあるので、初心者でも参加しやすくなっています。

今回の舞台となる島根県出雲は、食・文化・観光・歴史など現地でしか楽しめない魅力が盛りだくさん。

コースは、四季折々の花を楽しめる「しまね花の郷」、海沿いライドとなる「くにびき海岸道路」、国引き伝説の舞台の一つである「稲佐の浜」、最後には自転車を降りて巨大しめ縄が見どころとなる「出雲大社」を散策できます。

ロングライドの上級者コースでは上記の名所に加えて、2008年に放送されたNHK連続ドラマ小説の撮影が行なわれた宍道湖(しんじこ)、各家に作られた「築地松(ついじまつ)」が随所に見られます。

ロードバイクに乗っている女性にぴったりの長距離コースですね。

ロードバイク女性、必須アイテム

ロードバイクを購入したら自転車グッズも買いましょう。

最低限必要となるのは空気入れです。

ロードハイクは頻繁に空気を入れてあげることで、その走行性能を維持することができます。

また使用しているタイヤのバルブにも気をつけましょう。

バルブには仏、米、英と3種類あります。

米タイプは、自動二輪(バイク)にも使用されている太いバルブで、英タイプは、ママチャリなどの普通の自転車に使われています。

仏タイプは、英タイプより細長いバルブであり、ロードバイクでもよく使われている形になります。

それから、女性が空気入れを使用する際には、力を入れやすいように肘が伸びきるくらいの低いタイプがオススメです。

そして鍵も大切となります。ロードバイクは高価な乗り物なので残念ながら盗難が多いです。

自宅に止めるならいざしらず、屋外では盗難防止のために鍵が必要なります。

その他のものとしては、交換用の替えチューブがあると良いでしょう。

ロードバイクはタイヤを外しやすいため、パンク修理するよりチューブ交換したほうが早いことがほとんどです。

また、パンク修理を外で行なうためにも、携帯ポンプを忘れずに併せて持っておきましょう。

あとはサイクルパンツ。乗り始めのころはお尻が痛く感じることがあります。

クッションの付いたサイクルパンツがあると痛みを軽減させることができます。

女性のロードバイク乗りは素敵です

女性はおしゃれなものが好きだから、という理由ももちろんですが、
髪型を気にしたり、日焼けを気にしたり、身体の特長からサドルにも気を配ってみたり、ウェアは外見も機能性も気になる、などなどこだわりだしたらキリがないものです。

それでもロードバイクの魅力にはまったらやめられない!空前の自転車ブームの波に乗った、健康でおしゃれなロードバイク女性をこれからも応援したいですね。

 - ロードバイク 女性, 自転車全般