豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

ロードバイクの悩み!ブレーキがかけづらい!

2016.8.28

ロードバイクのハンドルはドロップハンドルなのでブレーキがかけづらいという人も少なからずいると思います。特に小柄な女性は、手も小さいこともあり、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。今回はその悩みを解消できるように幾つか解決方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

パナソニックの自転車は丈夫!?おすすめする理由!!

値段も高いものから安いものまで様々な自転車。 どうせ乗るなら安全性の高い丈夫な自転車がいい...

自転車のビンディングペダルを調整しよう!

スポーツ自転車をはじめて暫くすると、ビンディングペダルを装着してスピードアップや、ロングライドの距離...

自転車のチェーンが外れてしまった!そんな時どうする!?

気持ちよく走行していたら、なんかおかしい。。。違和感を感じたと思ったらチェーンが外れた!そんな時も...

自転車を購入するときに必要なもの・あった方がいいもの

自転車屋さんに入ると、自転車本体だけでなくその自転車関係の装備品の取り扱いの量におどろくことがあっ...

自転車のタイヤが破裂パンク?大きい音にびっくり!

自転車タイヤの破裂パンク(バースト)を経験したことはありますでしょうか。気づいたらパンクしていたなん...

同じ24インチでも自転車は大小様々、…これって何のサイズ?

「24インチって子供用でしょう。もっと大きな大人用のサイズはないの?」 「いえ、これは大人用ですよ...

自転車を送りたい!宅配料金や梱包について

引っ越し先に自転車を持っていく場合、あなたならどうしますか? 自分で乗って行くのが難しい距離だと、...

自転車のハンドルがベタベタしている!その原因と対処法

購入当初の自転車のハンドルは、サラサラで全くベタベタ感を感じません。 ですが、購入数年後のハンドル...

スポーツ自転車のスタンド、自分で取り付け・交換できる?

スポーツ自転車にスタンド、ついていたっけ?ついているのは後付けですのスタンドですね。駐輪時に悩むス...

自転車のチューブのあれこれ。交換代・本体価格・種類など

自転車のタイヤに包まれているチューブですが、これが無いと自転車は走れません。 このチューブがパンク...

クロスバイクの変速時の衝動は、スプロケットの交換で解消?

クロスバイクに乗る上でかかせないのが変速ですよね。 変速時にガツンといった衝撃が来ることはあり...

分かりにくいタイヤチューブの表記の見方と注意点!自転車編

自転車のタイヤチューブの表記がよく分からない方は、たくさんいるのではないでしょうか? 表記形式...

ロードバイクのパーツ素材!カーボンの耐久性は?

ロードバイクのパーツには、金属のアルミ・クロモリ・ハイテン等があり非金属としてはカーボン等があります...

自転車は子供向けもたくさん!ロードバイクやMTBも

自転車の中でもロードバイクやMTBなどのスポーツ自転車は、大人の乗り物というイメージがありますよね。...

自転車の取締り強化、信号無視の違反切符がトップの理由

2015年6月から道路交通法が改正されて自転車の取締りが強化されました。 その後、テレビのワイドシ...

スポンサーリンク

ロードバイクのブレーキがかけづらい理由を解決しよう

ロードバイクに乗るとき、殆どの人はブレーキのブラケットに手をかけてブレーキを操作しますが、手のサイズが小さいとブレーキレバーが遠くブレーキがかけづらくなります。

その解決のために、手が小さい人向け、例えば女性用の小さめのブラケット等に交換できないかと思います。
最近のものならば、スモールパーツとしてレバーを近づけるものも有ります。

パーツ自体は、それほど高価ではないので、出費も少ないでしょう。
ただ、ものによって設定されていないことも有るので、それはお店で確認しないといけません。

ブラケットから握るのが辛いという場合は、ブレーキワイヤーを軽く緩めてアソビを多めにしておき、レバーを予め握っておける状態にしておけば、軽い引きで遠い部分をクリアすることができます。

他にも、ブラケットの位置を調整してやることで良くなることも有ります。

キャリパーブレーキのタイヤを外すときに、ブレーキを緩めるレバーを少し開放気味にしてレバーを軽くするというのも有りますが、これだとブレーキの聞きが悪くなるようです。

もっとも、この方法はブレーキワイヤーを緩めるのと結果的には同じことなんですが。

ロードバイクのブレーキがかけづらい人はハンドルの形に理由があるかも?

ロードバイクのハンドルというとお馴染みのドロップハンドルですが、一見同じように見えるドロップハンドルもよく見るとかなり違っています。

代表的なものがシャロー型で昔からあるドロップ部分が丸くなったマルハンと呼ばれるものです。

アナトミック型はドロップ部分の一部が直線になっていて、この部分を持つと使いやすいですが、下部を持った時ブレーキが遠くなり手の小さい人はブレーキをかけづらくなります。

最新の型としてはアナトミックシャロー型です。
リーチが短くブランケットの取り付け位置から、かなり急に曲がっています。
下部を持った時もブレーキ位置が近くなるため、手の小さい人でも、ブレーキがかけやすくなりお薦めです。

また、この型はハンドルの上部とブランケットのラインがほぼ直線になるため、ポジションの変更がスムーズになるという利点もあります。

ドロップハンドルはハンドルの形状だけではなく、取付角度でもブレーキレバーまでの距離が変わり、かけやすさが大きく変わります。

ハンドルをやや上向きに取り付けると体があまり前傾にならずブラケットを握った際にブレーキがかけやすくなります。
ただ、下部を持った時には、ブレーキが遠くなってしまうのであまり上向きにしないほうが良いでしょう。

逆に下向きにすると下部を持った時はかけやすいですがブランケットが握りにくくなります。
やはりノーマルのポジションがどの場合でも使いやすいようです。

ロードバイクのブレーキがかけづらいならハンドルの角度を変えてみよう!

どんなものでもそうですが、買った時のまま使い続ける人がいます。
ロードバイクを買った時も納品された最初のセッティングのまま使っている人もいます。

初心者ですと、どうセッティングして良いのか解らないという人もいますが(まさかセッティングがいじれるのを知らない人はいないでしょう)販売店の人と相談して少しセッテイングを変えたほうが良い場合もあります。

ドロップハンドルに慣れていないと、ハンドルが遠く前傾姿勢になるので、ブレーキがかけづらいと感じることも有ります。
そんな時はハンドルをやや上向きにすると良いでしょう。初心者の人はそうする人が多いようです。

そうすることで前傾姿勢が少し緩くなり、ポジション的にも楽になります。
ただ、あまり上向きすぎると見た目も悪くなり、ハンドルの下部いわゆる下ハンが使いづらい、あるいは使えなくなることが有りますので、注意が必要です。

しかし、ロードバイクの見た目としては、ドロップハンドルの上部が真っ直ぐでサドルよりやや低い位置の方が、バランスが取れていますので、できるだけ早く、そのポジションになれるようにしたほうが良いようです。

ブレーキのかけ方のコツ!

ロードバイクでブレーキがかけづらいというのは、もしかしたらチョットしたコツで解決できるかもしれません。

ブレーキの基本的なかけ方を説明すると、多くの人が右利きなため、通常はロードバイクに限らず自転車は、右がフロントブレーキ、左がリアブレーキになっています。

また、ロードバイクに限らずタイヤのある車両は、リアよりフロントの方がブレーキはかかりやすいと言われています。

自動車でも、フロント側だけにディスクブレーキが使われていることが多いです。
四輪ディスクでもフロント側のほうが大きなディスクが使われています。

ロードバイクも同じで、しかもロードバイクは前傾姿勢になるためさらに前輪に荷重がかかります。

そのため、ブレーキをかけると圧力が前輪にかかり、グリップが強くなりブレーキの効きが良くなります。
その時、後輪はグリップが弱くなり、滑りやすくなります。

極端な例で言うと、スピードが出た状態で急ブレーキをかけると後ろが浮いてしまうことを見れば判ると思います。

ロードバイクでは通常、ブラケットを握るスタイルで運転しますが、咄嗟の時にブレーキがかけられるように、レバーに指2本を掛けておくと良いでしょう。

ブレーキをかける時、全部の指で握るとハンドルが不安定になることが有るので、ブレーキレバーにあまり指をかけずに、多少アソビが有り余裕がある程度で握るのがコツです。

ブレーキのかけ方の重要性

ロードバイクでの下り坂では、ライン取りが重要になります。
下り坂でのブレーキは、安全なコーナリングをするための準備です。そのためラインの取り方は重要になります。

ロードバイクは、あの細いタイヤでグリップして車速を落とすわけですから、できるだけ路面のキレイな所でブレーキを掛けないといけません。

コーナリングのセオリーはアウト・イン・アウトと言われていますが、実際の道路を走るロードバイクでそのラインを取ると、細いタイヤで轍(わだち)を越えたりすることになり大変危険です。

轍がきつい時は、左側の轍を走ると良いでしょう。 
実際の走りは、その場の状況によって違いますので、余裕がなければコーナーの遠い位置からブレーキをかけることも良い判断だと思います。

普通にブレーキをかけるだけなら問題は有りませんが、峠道などの長い下りでは握力も必要になってきます。

このような道では、ずっとブレーキを掛けたままということが強いられるわけですから、握力がなくなり腕がしびれてきてブレーキがかけづらいことになります。

そのためにも、日頃から握力を鍛えておくことも大切なことです。

ロードバイクのブレーキがかけづらいのは色んな解消方法がある

ロードバイクのドロップハンドルは、色んな持ち方が出来る代わりにブレーキの持ち方も通常とは異なりますので、ブレーキがかけづらい人もいると思います。
しかし、慣れてくればブレーキもかけやすくなるかもしれません。

又は、ハンドルの角度の変更等で解決することも出来るかもしれません。
今回紹介したことで試していないことがあれば是非試してみてください。

 - 自転車 ブレーキ, 自転車全般