ロードバイク好き女子おすすめ!ブログに書きたくなる名所

最近では、ロードバイク乗りが流行ってきていますが、その中で女性ライダーも少なくはないのでしょうか。
また、ネット環境の発達により、ブログなどSNSも流行っています。

今回は、ロードバイクを始めたばかりの女子でもロードバイクに乗り慣れている女子でも、思わず言ったことをブログやSNSで書きたくなるおすすめな全国の名所をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロードバイクの後ろホイールから出るラチェット音とは?

ロードバイクやその他の自転車に乗って坂道を下っているときなどに、後ろのほうから「カチカチ。。。」と音...

mtbのコンポを交換したい!シマノのどのグレードがいいの?

mtbに乗っていて、そろそろコンポを交換したいな、なんて方はいませんか?でも、初心者の方など...

クロスバイクのホイールの交換について

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。ある日のことです。にょんべた君が言いました。...

ピナレロのドグマF10は超高価?各社フラッグシップ価格比較

ピナレロのドグマF10は、超高性能なフラッグシップロードバイクとして知られています。当然...

ジャイアントのイディオムシリーズの評判はどうなの?

自転車をしている多くの人から人気のジャイアント。ジャイアントはクロスバイクが有名ですが、他のタイプの...

自転車のサドル交換にトライ!

自転車のサドルは、体重を支える重要な部分であり、長時間自転車に乗る場合には、お尻が痛くなる、なんてこ...

自転車が盗難!?犯人が捕まったらどんな罪になる?

近年、自転車の盗難が大変多くなってきてます。盗難は立派な犯罪になります。では、犯人はどのような罪に問...

クロスバイクのチェーンが外れたー!!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。「クロスバイクのチェーンが外れたー!助けてー!!」...

おしゃれ、そして走れる!おすすめ自転車ブランド5選

あなたがこれから自転車を購入しようと考えるとき、まず何を基準に選びますか?安全性や性能はもちろんの...

スポーツバイク等のブレーキの上手なかけかたと日常点検の方法

通勤、通学などの日常生活でスポーツバイク等の自転車を使用している方は多いと思います。自転...

イーストンのホイールってどう?修理やメンテナンス方法は?

自転車のカスタムで最初に思い浮かぶのが、ホイールの交換かもしれません。交換するホイールに迷ってい...

自転車で右折をする時は、右折レーンを使ってもいいの?

自転車に乗る方は、右折レーンを使用して交差点を曲がっていいのか、それとも禁止行為なのかどちらか知って...

自転車を保管するのは外じゃなくてやっぱり屋内が最適なの?

ここに止めておいたはずなのに・・・自転車がない!!自転車を使っている方は、こんな盗難被害...

ロードバイクとは明らかに違う!ttとは一体なに?

皆さんは、tt(=タイムトライアルバイク)という言葉を聞いたことがありますか?自転車のロ...

チネリのスーパーコルサはサイズが豊富過ぎる!身長に合う?

発売以来、40年以上変わらないフォルムで販売を継続してきたのが、チネリのスチールフレーム「スーパーコ...

スポンサーリンク

ロードバイクで女子でも回れるブログに書きたくなる名所

日々の仕事に疲れたら、たまにはひとりでロードバイクで走ってみませんか?

自然あふれる山梨県には、思わず写真を撮ってブログにアップしたくなるような名所がたくさんあります。この際ですから、楽しく活動している自分を他の人にもっと知ってもらいましょう。

富士五湖のひとつに数えられ、その中で最大の面積を誇る山中湖は、とてもフレッシュ。サイクリングロードは15km程もあり、緑のマイナスイオンがこれでもか!と出ているので女子に人気があります。

また、観光スポットで知られる「三島由紀夫文学館」や「富士湧水の里水族館」が近くにあり、家族連れの楽しい声も聞こえてきます。

旭日丘緑地公園は観光客向けに、毎年10月下旬~11月上旬にかけて、紅葉祭りも開催されていて、とても綺麗に彩られます。
思わず足を止めてスマートフォンをかざす人ばかり。昼もいいけれど、夕方以降のライトアップされた紅葉はぜひともカメラに抑めて遠くに住む友だちにアピールしてみてはいかがでしょうか?

ロードバイクに慣れている女子におすすめな名所

さて、ではどこを走りましょうか?サイクリングマップを開いてみると、目につくのは通称「サイクリングの聖地」と言われるしまなみ海道。
広島県から愛媛県までの瀬戸内の島々を全長70キロの道がはしっています。

え・・?でもロードバイクってそこを通れないのでは・・?

大丈夫です!しまなみ海道はサイクリングを楽しむ方のための自転車専用レーンがちゃんと設けられています。
海峡を横断する自転車道としては日本初なんですって。きっと、いち早くここをロードバイクで走り抜けたいぜ!と考えた人がいたのでしょう。

私たち女子もその考えに乗っかってみませんか?

そして最高の景色と笑顔を撮ってブログにアップしちゃいましょう。自転車道には青いラインが引いてあり、地域の人たちも大勢利用しているのですぐにわかりますよ♪迷ってしまったら、落ち着いて看板をチェックしてくださいね。

潮風の中を爽快に駆け抜ければ、日頃のストレスも吹っ飛ぶというものです。

ブログのネタにしやすくロードバイク好き女子に優しい道

ロードバイクで走ってみたいのは山々だけど、初めてだし他の方の邪魔にならないかちょっと心配・・。シャーシャー通り抜ける上級者の中に入っていけない気がする。

それに、自分がどれくらい走れるのかもよく分かってない・・・と不安顔のあなたにおススメなのは、境川サイクリングロードです。

神奈川県相模原から江ノ島へ一直線のこのサイクリングコースは初心者から中級者の方がほとんどで、女子や子供もよく見かけます。
道はほぼ平坦で、足や腰への負担がすくなくて済む全長24.5kmの距離。

もし途中で走るのに疲れてしまったら、遠慮なくロードバイクを降りて景色を楽しみながら少し歩きましょう。周りにはウォーキングをしている方もいるので大丈夫ですよ。

ブログに乗せる写真を探すなら、桜が咲く春ごろがいいかもしれません。ピンクの花びらが舞う中ゆるゆると走れば、なんだか心が癒されますね。また、夏は道沿いの緑が爽やかでとても気持ちが良いですよ。

ロードバイクで京都を巡ってブログに書こう!

歴史ある日本の街並みをロードバイクで走ってみたいと思いませんか?
京都は歴史ある建物や観光客が多いイメージで、なかなか自転車が走れるところってないんじゃないか?と思いがちですが、京都には八幡木津自転車道線という自転車・歩行者専用の道路があります。

これに奈良県のせんとの道ルートを合わせれば、約90kmサイクリングルートが完成します。
奈良・京都はとにかく写真で収めたい風景がいっぱい!どこで撮るか?より、撮ったうちからどれを選んでアップしよう?と悩んでしまいそう。

奈良県飛鳥から嵐山に至るまでは、飛鳥京、藤原京、平城京、平安京などなど様々なお城を通り過ぎます。

これを機会に、ロードバイクでアウトドア派をアピールしつつ、歴史に関心があるインテリ派をあわせ持つ女子なんて2面性をブログにアップしてみませんか?四季折々のお祭りも開催されていますよ。人にぶつかってしまわないように、気を付けて楽しんでくださいね♪

おしゃれな街・神戸をロードバイクで楽しもう!

兵庫県のサイクリングおすすめスポットは、「武庫川サイクリングロード」と、「浜の散歩道サイクリングコース」です。

「武庫川サイクリングロード」は甲子園球場のほど近くのサイクリングロードで、武庫川沿いに約7kmの道がのびています。道幅が広く作られていて、自転車が走りやすく解放感を感じられます。
ただ一方で、人通りも多く学校に通う子どもの姿が多いので走る際はスピードが出すぎないように注意して走ってくださいね。

もう一つの「浜の散歩道サイクリングコース」は、兵庫県明石市の海沿いにのびているサイクリングコースで、およそ8kmの距離を海を横目に走ることが出来ます。
海や川が好きな女子はぜひロードバイクで向かってみましょう。昼間は海をバックに浜辺で写真を撮るもよし、夜は海沿いのライトアップされた街を撮るもよし。

自然と都会、たくさんの人々が共存するオシャレな街並みを、ブログにのせて記念にしてみてはいかがでしょうか?

女子旅しちゃう?厳しいルートを頑張ったことをブログに書こう!

東京からあまり遠くへ行く時間がないな~という忙しい女子にはおすすめの埼玉県奥秩父。やる気さえあればロードバイクで日帰りも可能です。

地理に強いのであれば、荒川サイクリングロードを北上して、嵐山経由で寄居を目指し、波久礼駅を通って長瀞を超えて秩父へ。ただこの距離は、女子にはだいぶ過酷かもしれません。往復距離はおよそ250km。
まちがいなく上級者向けと言って良いでしょう。途中まではロードバイクで、辛くなったらあとは西武線で輪行してかえって来る、なんて方法もありますね。

ただ埼玉県は整備された綺麗な道が多く人通りは少なめなので、無理して秩父まで行かなくても国道沿いを十分安全に走れます。

行けるところまで行ってみる、ある意味冒険のようなチャレンジをして、今日はここまでロードバイクで行ったよー!とブログにアップして徐々に記録を伸ばしていく方法もおもしろいですね。きっと、あなたのリピーターが増えることでしょう。

ロードバイク好き女子おすすめ!ブログに書きたくなる名所 まとめ

女性はどうしても男性より体力の差が出てしまいますので、自分のペースで慌てずにロードバイクの旅をお楽しみください。

1人でも複数でも楽しめるのがロードバイク旅の醍醐味だと思います。

良いスポットが見つかると良いですね!