豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のライトがつかない原因とは!?ライトの重要性

      2016/11/25

自転車のライトがつかない原因とは!?ライトの重要性

自転車のライトがつかない原因はなんでしょう。ライトがつかなくなった原因はいろいろ考えられます。
一番多いのは電球による脱線です。夜間にライトをつけずに自転車を運転することはできません。
視界が悪いですし、目の前を走っている自動車もあなたの存在に気づかず、衝突事故が起こる危険もあります。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


自転車のライトがつかない原因(ダイナモ偏)

自転車のライトがつかない原因の多くは電球によるものではなく、接触不良によるものが多いのです。

まずは外部から 発電機の下に電線が見えると思いますが、抜けていないか確認してみて下さい。 もし抜けていた場合は発電機の下の飛び出した穴の下から上に押さえると配線が差し込めるようになっているので差し込んでください。

手を離すと、抜けなくなります。 (電線の銀色の部分は接触不良の第一の原因になる場所なので汚れている場合はきれいにし、接触をよくしてあげて下さい。)

これで直らない場合今度はレンズを外してみてください。レンズは ネジ1本で止まっており、片側がツメで引っ掻けてあります。

そのネジを外し、 噛んでいるツメを外すと電球なので切れているかを見て下さい。ただ見ただけではわからない場合は一度取り外し電球を振ってみてください。

切れている場合はカラカラと音がします。 もし切れていた場合は中に予備がある場合が多いので、すぐに交換して下さい。

またこの時、電球のネジの所(口金)と接触する金具が見えると思いますが大抵ここが錆びており、ライトのつかない原因で一番多いところです。 その錆をサンドペーパーまたはドライバーの先でもいいので、しっかり取り除いて下さい。

最後に電球の口金と磨いた金具がしっかり当たっていることに気を付けながら、元に戻して電気が付くか試してみてください。

つかない自転車のライトを修理しよう!(ダイナモ偏)

ライトがつかないない時は、まず電球が断線していないかを調べるためには、ライトから電球を取り出さなくてはいけません。

外し方は、ライトの前面のレンズカバーをはずすのですが、この自転車はツメのみで止まっているので、レンズカバーと本体との隙間にマイナスドライバーなどを差し込み、そのドライバーをこじると本体からカバーが外れ続いてソケットがついた反射カバーもドライバーを差し込んで取り外します。

反射カバーの方についている電球をソケットから回し取ります。

はずした電球の口金には6V 2.4Wの刻印があるのでこれをメモし、購入します。ソケットと電球の接点に不良がある場合は銀色の部分が汚れていることが多いのでやすりで磨き、ソケット受け側の銀色の部分も忘れず磨きます。

続いて取り外した電球が切れていないか調べます。しかし電球自体型ガラスのため確認できないので、機械で確認をしましたが針が動かないので電球切れのようです。

さて元通りにするには外した時と逆の手順でやっていきます。

暗くなった時に自動感知するためのセンサー部が本体下部には付いており、この部分が汚れていると日中でも点灯してしまうようになります。

また発電機との接点部分の接触不良で点灯しなくなる場合もあります。 両方のコネクターをキリやペーパーやすりで磨きます。

ライトを切れたまま走るとダメージになる!?

【知らないと損をする注意点】
夜、ライトがつかない状態や切れたまま走ると、自転車の内部の回路にダメージ受けるかもしれません。

もともとハブダイナモは、ライトが切れている時、自転車を走らせていると発電電圧が上がり過ぎてしまい、 内部回路の「照度センサー」をダメにするのだろうと推測しています。なぜそれが分かっているのにはじめから保護回路付けておかないのかと言いたくなります。

優れもののセンサー付ハイパワーランプは、走行中ある程度暗くなると自動で点灯し、止まると消えます。

ただセンサーを作動させるためには速度は約時速4km以上で走行しなくてはならず、特に走行開始はゆっくりなんで、点灯しません。

また、車速が時速約4~10kmでは、光にちらつきが見えます。 ランプが点いている時、走行速度域が高い場合、電球の寿命が短くなることがあるのでご注意ください。

電球が切れているのにそのまま夜間使用すると、照度センサー機能が低下しまうので面倒くさがらず、すぐに6V–2.4Wのキセノン球に交換してください。

ランプ自身の寿命により、ランプが切れたのが直接的な原因だと思うので豆球を交換しようと思いましたが、ここで遊んでみようと改造にチャレンジしてみます。

もし LEDにすれば明るさはぐっと増し、さらにはぺダルを漕ぐときの重さからも少し解放されます。 しかし、LEDはとても過電流に弱いので、気を付けなくてはいけません。

自転車のライトがつかない。その場合、修理費用は??

自転車のライトがつかないけど自分で直せない場合は、修理に出さなくてはいけませんよね。修理料金は店舗によってまちまちです。

普通チェーン店は 安いと思われがちですが以外に高かったりすることが多いです。そこで今では昔ながらの個人経営の自転車屋さんはめっきり減ってしまいましたが、できれば腕の良くて良心的な職人さんがいるお店を見つけておきましょう。

私は自転車のライトを東京都で一番安い料金に挑戦している自転車屋さんで修理してもらいました。

そこでは税込1,600円で自転車に始めから付いている、「タイヤの摩擦で発電するタイプ」に交換してもらえました。

ちなみに税込2,300円で「LED式ブロックダイナモライト」に交換してもらえます。これは電球が切れず、歩くスピードでも明るく、たった700円なのでとても悩みましたが、 元々付いている安い方を取り付けてもらいました。

なんといってもこのお店の店頭には、修理料金がすべて掲示されていたので迷わずこのお店に決めました。

お店によって料金は、持ってきた自転車を見てから決めたりもします。同じ修理内容でも、値段をかえたり、「急ぎのお客さん」や「修理店が決まっている」という理由で料金を変えている場合があります。
必ず修理の作業前に「修理料金はいくらか?」 お店の人に聞いてから頼みましょう。

自転車のライトを選ぶ際の基準

ライトを購入する際、どのように選べば良いのでしょうか。

まず最も重要なのは「明るさ」です。大抵の自転車用ライトにはLEDが利用されるようになりました。

周囲から「自転車がいる」と認識してもらえることが大事です。ところで街灯などの光があまり多くない場所を走行する場合はどのぐらいの明るさがよいのでしょうか。

目安としては300ルーメン(lm)以上のライトを選んで、道路をしっかり照らしながら走りましょう。

さて次は「電源」に注目です。電池型とバッテリー型の2種類あり「単3電池」または「単4電池」を使用したものが主流ですが他にもあります。

バッテリー型はUSB充電に対応しており携帯の充電器でも充電できるのがポイントです。また予備用のバッテリーと交換できるタイプのものもあり、急につかないときに便利です。明るいライト=電気の消費量も多いので、充電できるタイプの方がお得です。

3つ目は「価格」です。ライトの値段は安いものは数百円、高いものでは数万円とまさにピンからキリです。ただある程度長く使うものなので、2,000~3,000円前後を基準に選んでください。

4つ目は「サイズ」です。 なんと最近ではサドルバッグにも入る超小型の商品もあり、携帯用または予備としてとても便利です。最後に「デザイン」です。 自転車のカラーに合わせることで、ライトも自転車本体のデザインに溶け込むことができます。

手軽で安いおすすめなライトは??

安くて手軽に揃えたいのであれば比較的安いライトとしては、CAT EYEの【HL-EL140】です。
価格は税込み2,592円で、単3アルカリ乾電池2本でなので便利です。短所としては、少し明るさに欠ける点ですがあまり問題はありません。

デザインを重視するのであればUSB充電可能なknog Blinder Lights-1 STD (参考価格:税込3,402円)やAMOKURUのシリコンLED(参考価格:税込1,280円)です。
シリコンLEDライトの長所は装着部のシリコンが伸縮するので楽に取り外しできることです。

次にテールライトについてですがCAT EYE自動点滅テールライト(参考価格:税込1,527円)です。どんなに自転車に慣れた人でも、自転車で走行中に終止、後方に気を配ることは難しいものです。

後方からの思わぬ追突事故に遭う確率は避けるためには、後方の車などへ自分の存在をアピールすることが重要です。こちらは走り始めると自動的に点灯し始め、停止すると消灯する優れものでつかないなんてこともありません。

ところで電池交換すら面倒くさい方にはDiz+ Solar LED light (参考価格:税込460円)が最適です。太陽さえ出ていれば、日中しっかり充電でき、取り付けてしまえばあとはそのままで大丈夫です。満タン時約4時間は使えるのでちょっとした長旅でも安心ですね。

自転車のライトの重要性

自転車のライトがつかない原因は様々です。修理方法をご紹介しましたが、お店にもっていって修理してもらうこともできるので切れている人は早めに修理、交換しましょう。夜間走行におけるライトの点灯は、道路交通法でも定められています。自身を守り、そして周囲の安全にも気を配るため、必ず装着しておくようにしましょう。

 - パーツ オプション, 自転車全般