20インチの折り畳み式自転車や子供用自転車を自分好みに改造

20インチの自転車に、どんなイメージを持っていますか?
20インチの自転車といえば、折り畳み式自転車や、子供用自転車を思い浮かべますよね。

なんとなく、長距離移動やサイクリングに不向きなイメージがあると思いますが、実は改造次第でどうとでもなるのです。

今回は、20インチの自転車の改造についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トライアスロンにチャレンジしたい!!初心者女子のQ&A

トライアスロンは、水泳、自転車、マラソン3種目の競技を続けて行うスポーツです。女子の皆さん一見ハ...

カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。フレーム・ホイール・タイヤ・サドル...

ブルックスの革サドルの評判はどうか?ブログを参考に検証

ロ—ドバイクにおいて革サドルと言えば、「ブルックス」の名前が真っ先に上がるほど、その存在は広く定着し...

ロードバイク乗りの女性が増えている!女性もブログを書いてみよう!

最近はロードバイク人気が出て来て、女性のロードバイク乗りが増えてきてます。その影響も弱虫ペダルの影響...

自転車のギアチェンジの方法や注意点を教えて!

変速機のある自転車に乗っている方、正しくギアチェンジができていますか?ママチャリのような6段...

自転車で横断歩道のあるところで右側へ行くにはどうするの?

自転車に乗っている人で交通法をしっかり把握している人は一体何%の人がいるのでしょう。自転車は講習を受...

ジャイアントの自転車は店舗購入が最適!

ジャイアントの自転車はネットで購入するのが良いのか、それとも店舗での購入が良いか迷う方が居ると思いま...

自転車チェーンの交換の目安は??タイミングと確認方法

自転車乗りは誰もが疑問に思うであろうチェーン交換の目安、交換時期。チェーンは消耗品です。一般的に3...

自転車のブレーキの修理、調整方法!誰が行うのかも考える

自転車を止める唯一の手段であるブレーキは、いざというときに効かなかったでは済みませんし、故障して...

ロードバイクで通勤の途中タイヤがパンク、緊急事態の回避術

渋滞を尻目にクルマの脇をすり抜けて、いつものように颯爽とロードバイクで快適通勤。満員電車で押し潰...

ロードバイクメーカーの特徴やイメージから見る人気度

ロードバイクの人気、というのも見る角度によって変わりますよね。ルックス、コスパ、とにかく性能、ブラン...

自転車で歩道を走るのはあり?駐輪はどこにするの?

みなさん、自転車はどこに止めてますか。またどこを走ってますか。道路を走行している人や駐輪場に止めてる...

ロードバイクのBBに関するメンテとよくある勘違い

ギシギシ、カチカチ、ゴリゴリ…、ロードバイクのペダルを踏み込むたびに伝わってくる違和感と異音。ペ...

自転車は左側通行!ルールを守って危険を回避しよう

あなたは、自転車の交通ルールをしっかりと把握し、守っていますか?交通ルールを守っていない自転車を...

ホイールバランスを自分でとってみよう!!やり方をご紹介

ホイールバランス調整は、大変重要な調整です。自転車を作業台に乗せてクランクを回して後輪を高速回...

スポンサーリンク

20インチ折り畳み式自転車の改造:ハンドル編

20インチ折り畳み式自転車を購入したときにハンドルの具合が、合っていなかったので、そのときに行なった、改造をご紹介します。

私は、グリップのシフターが、右手のグリップがとても短くて、細いグリップとシフターの太いグリップを一緒に握ることになり、いつも右手に違和感を感じました。

折り畳み自転車は、ハンドルポストを折るために、四角い板が2枚重なり、レバーを緩めると折れ曲がる構造になっています。

そのため、見た目が気に入らないという方もいるようです。

改造するために買った部品は、レバータイプのシフター・フラットハンドルバー・ハンドルグリップ・ハンドルステムで約6,500円です。

旧ハンドルのブレーキとシフター、ライトのアダプターなどのネジを緩めます。
グリップは抜けなかったので刃物でカットしました。
そして、ブレーキなどの部品をハンドルから外し、ハンドルもフォークから外します。

古いシフターを外し、新しいシフターのワイヤーをパイプに通して、ディレイラーに固定し、あらかじめ組んでおいたハンドルバーとステムをフォークに挿して仮固定します。

仮固定した状態で、ブレーキやシフターを固定し、最後にステムもしっかりと固定します。

これでハンドルの交換ができるはずです。

ハンドル交換は簡単なことではありますが、微調整などの作業もあり、予定以上に時間のかかる作業になります。

20インチ折り畳み式自転車の改造:タイヤ周り編

20インチ折り畳み式自転車のハンドルを改造したら、タイヤも改造したくなったので、改造してみました。

タイヤ交換と一緒に、せっかくなので空気圧が下がりにくいチューブにしました。

長く乗らないと効果はわからないですけど、改造すると気分が良いです。

チューブには、バルブが付いており、英式・仏式などがありますが、私は一般的なポンプが使えなくなるのが嫌だったので、バルブは同じものにするようにしました。

タイヤ交換にはホイールを外すので、ついでにハブのベアリングをグリスアップすることにしました。

後輪はスプロケットを外して清掃し、それからグリスを塗り込みました。

フロントのハブにもグリスを塗りました。

これで、転がり性能はアップしたはずです。

サドルもついでに交換したので、パーツ代は、タイヤ、チューブ前後とサドルで約8,000円でした。

20インチ折り畳み式自転車の改造:チェーンリング編

20インチ折り畳み式自転車の足回り・チェーンリングの改造もしてみました。

タイヤとチューブを交換して、かなり漕ぐ感じが軽くなりましたが、なにかもの足りません。

足回りの最も簡単で安く済む方法が、チェーンリング&クランクセットで、3,000円です。

私の自転車は、一般的な安価の折り畳み自転車タイプなので、このような自転車の方は、チェーンリング52t化は、おすすめです。

チェーンリング52t化ですが、前に付いていた46tと並べると、大きさが違うのがわかります。

チェーンリングの交換は、フレームに干渉していないかをチェックしましょう。

チェーンが短かったり、ディレイラーの角度がちょっと変になるかもしれません。

私の改造では、同じようになりましたが、走ってみると支障はありませんでした。
1~6速まで変速できます。

どこかに干渉する音もなく、スムーズです。

漕ぎは重くなって、空気圧が下がっている感じです。

でも、これ以上はコンポーネントに手をつける必要はないでしょう。

20インチの子供用自転車を改造

20インチの自転車は、子供用もあります。
子供がいる方で、20インチの自転車をお持ちの方は、一緒に改造・改良してみてはいかがでしょうか。

ミヤタの20インチ6段変速を改造してみました。

フロントタイヤはラジアル組36本で、フロントハブは、シャフトが加工しました。

バルブはフレンチタイプ、タイヤはシュワルベのマラソンにしました。

ブレーキはtektroのロングアーチ、ブレーキパッドはシマノのアルテグラにしました。

これだけで回転が非常に軽くなります。

リアは、競輪用両切りハブにサーボブレーキ、ボスフリー取り付けです。

ハブのシャフトには、数ミリのスペーサーを入れています。

この改造で、とても滑らかな回転になるでしょう。
ペダルはチタンです。

本体の加工なしで取り付けできるよう、シャフトのはじをフライスで加工しました。

リアは両切りハブで、M10P1.0のネジで溝をフライスで切りました。

子供用自転車は、ハブのシャフトに様々な物がとも締めされているため、シャフトの長さが普通より長いです。

シャフトに溝を作って、フレームとの干渉がないのをチェックしたら、出来上がり間近になります。

サーボブレーキのドラムと、ハブのスポーク穴のクリアランスが小さければ、シマノ10速スプロケ用スペーサーを2枚入れれば大丈夫です。

スピードアップしたい場合の自転車改造方法

20インチの自転車をスピードアップしたいときの改造方法です。

・サドルは、ペダルを漕ぐのに適度な高さにしましょう。
ペダルと地面との距離が、高く設定されている自転車なら、足がつかなくなって、危ないので程々にしましょう。

・タイヤに記載されている規定値まで、タイヤの空気圧を上げます。

・限界が低いタイヤなら交換しましょう。
空気圧計測ができる空気入れが必要になります。

・新しいチェーンとスプロケの間に、サラサラなオイルを使うと効果があります。

・回転が滑らかなペダルに交換しましょう。

・完組ホイールに変えてください。
エンド幅が135mmのクロスバイクにセットするなら、専門店にお願いしましょう。
ボスフリータイプのスプロケのクロスバイクは、カセット式へ変更してください。

・ギア比が高いスプロケに変えましょう。
ギア比が4を超えるものにしたいと思うかもしれませんが、スピードは変わりません。

坂を登る時にギア比が1以下になるスプロケに替えたら、降りずに登ることが可能です。

自転車を改造する際の注意点

20インチに限らず、自転車を改造するとき、交通法違反にならないように下記のことに注意しましょう。

①ハンドルを絞ってはいけません。
ハンドルを曲げて一定のサイズに収まらなければ、普通自転車の定義から外れるので、歩道を通行してはいけません。
車道通行はできます。
ハンドルを曲げて安全な運転ができないなら、法律違反なので捕まる可能性があります。

②荷台は、曲げただけで車体サイズは大きくならないので、問題ありませんが、サイズが大きくなれば①と同じです。

③ブレーキの位置をグリップから違う所に変えることは、危険なときに安全に停止できるのであればOKです。

④サドルなしで荷台に乗ることは、乗車装置がついていなければ、整備不良で注意されます。
直さずに乗り続けていると、捕まることがあります。

⑤音楽などを大音量で流して乗ることは、安全に必要な音が聞こえなかったり、近隣の住民が警察に苦情を入れる位の音量なら、注意されたり捕まることがあります。

⑥ハンドルの向きを激しく変えることは、①と同じになります。

少しの工夫で走りやすくなる

自転車改造というと、なんだか手の込んだ難しそうなイメージですが、サドルの高さを調節したり、タイヤの空気を入れ直したりするといった、簡単なことでも速く快適な自転車にすることができます。

また改造は、くれぐれも交通道路法の範疇で行うようにしましょう。

違反の場合は、警察官から注意を受けることがありますし、過度な改造は、交通事故の原因になりかねないのでご注意ください。