20インチの折り畳み式自転車や子供用自転車を自分好みに改造

20インチの自転車に、どんなイメージを持っていますか?
20インチの自転車といえば、折り畳み式自転車や、子供用自転車を思い浮かべますよね。

なんとなく、長距離移動やサイクリングに不向きなイメージがあると思いますが、実は改造次第でどうとでもなるのです。

今回は、20インチの自転車の改造についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クロスバイクのパンク修理のお値段は?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。「クロスバイクのパンクって、お店で直してもらうと値段っ...

ドロップハンドルのスポーツ自転車で街乗りしよう!

自転車を買うときに、ほとんどの人は街乗りにも使いたいと思いますよね。そんなときにロードバ...

タイヤやチューブ、どこで購入や修理をすると安い?

自転車のタイヤやチューブ、どこで買っても同じ料金だと思っていませんか?実は、質やお店によって大き...

自転車のベルが壊れた!!ベルって必要なの!?

自転車のベルって余り使用することがないと思うのですが実際はどうでしょうか?壊れたからといって放置して...

初心者でもできるロードバイクのブレーキのメンテナンス

ロードバイクに乗り続けていると、様々な要因によってブレーキが効きづらくなっていきます。効きづ...

名古屋限定!ロードバイクコースを楽しめるスポット

自慢のロードバイクで街を颯爽と走ってみたいと思いませんか。でも、まだまだ日本の道路はロードバイク向...

自転車のペダルの交換方法やオススメのペダルをご紹介

皆様は、自転車を利用していますか?そして、その自転車のペダルに満足していますか?踏み込む...

これで痩せちゃう!?自転車で短・中・長距離別の通勤の効果と準備

みなさんは自転車での通勤はしてますか?人それそれ通勤地が近い人、数10km離れた長距離の人がいらっ...

soraのstiでワイヤーの取り回しが変わったことによる影響

シマノのロードバイク用コンポ「sora」は、2016年にR3000番にリニューアルされました。...

自転車の保管!アパート編!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。大切な自転車、出来れば家の中に入れたいですよね。特に値...

ブリヂストンのおすすめ自転車は?クロモリってどうなの?

自転車が欲しいけど、何がいいのかさっぱり・・・そんな方は、ブリヂストンの自転車にしてみてはいかがでし...

自転車で日本一周をしたい女性が大切にすべきポイント

日本一周をしてみたいと夢みている方は多くいらっしゃると思います。交通手段は、車でするのか、自転車で...

簡単デビュー!?3万円で買えるクロスバイクをご紹介!

ママチャリに乗っていて、もっと速く、軽やかに走れる自転車が欲しいと思ったことはありませんか?そん...

メリダのシクロクロス、2017年版ってどうなの?

メリダの代表的な自転車製品とも言えるシクロクロス。2017年版は一体どんなスペックや魅力良さや...

日本一周を自転車で制覇!長距離に必要な装備

自転車で日本一周をする人が最近では多くなってきました。日本一周の響きはとても良いですね。実際に制覇...

スポンサーリンク

20インチ折り畳み式自転車の改造:ハンドル編

20インチ折り畳み式自転車を購入したときにハンドルの具合が、合っていなかったので、そのときに行なった、改造をご紹介します。

私は、グリップのシフターが、右手のグリップがとても短くて、細いグリップとシフターの太いグリップを一緒に握ることになり、いつも右手に違和感を感じました。

折り畳み自転車は、ハンドルポストを折るために、四角い板が2枚重なり、レバーを緩めると折れ曲がる構造になっています。

そのため、見た目が気に入らないという方もいるようです。

改造するために買った部品は、レバータイプのシフター・フラットハンドルバー・ハンドルグリップ・ハンドルステムで約6,500円です。

旧ハンドルのブレーキとシフター、ライトのアダプターなどのネジを緩めます。
グリップは抜けなかったので刃物でカットしました。
そして、ブレーキなどの部品をハンドルから外し、ハンドルもフォークから外します。

古いシフターを外し、新しいシフターのワイヤーをパイプに通して、ディレイラーに固定し、あらかじめ組んでおいたハンドルバーとステムをフォークに挿して仮固定します。

仮固定した状態で、ブレーキやシフターを固定し、最後にステムもしっかりと固定します。

これでハンドルの交換ができるはずです。

ハンドル交換は簡単なことではありますが、微調整などの作業もあり、予定以上に時間のかかる作業になります。

20インチ折り畳み式自転車の改造:タイヤ周り編

20インチ折り畳み式自転車のハンドルを改造したら、タイヤも改造したくなったので、改造してみました。

タイヤ交換と一緒に、せっかくなので空気圧が下がりにくいチューブにしました。

長く乗らないと効果はわからないですけど、改造すると気分が良いです。

チューブには、バルブが付いており、英式・仏式などがありますが、私は一般的なポンプが使えなくなるのが嫌だったので、バルブは同じものにするようにしました。

タイヤ交換にはホイールを外すので、ついでにハブのベアリングをグリスアップすることにしました。

後輪はスプロケットを外して清掃し、それからグリスを塗り込みました。

フロントのハブにもグリスを塗りました。

これで、転がり性能はアップしたはずです。

サドルもついでに交換したので、パーツ代は、タイヤ、チューブ前後とサドルで約8,000円でした。

20インチ折り畳み式自転車の改造:チェーンリング編

20インチ折り畳み式自転車の足回り・チェーンリングの改造もしてみました。

タイヤとチューブを交換して、かなり漕ぐ感じが軽くなりましたが、なにかもの足りません。

足回りの最も簡単で安く済む方法が、チェーンリング&クランクセットで、3,000円です。

私の自転車は、一般的な安価の折り畳み自転車タイプなので、このような自転車の方は、チェーンリング52t化は、おすすめです。

チェーンリング52t化ですが、前に付いていた46tと並べると、大きさが違うのがわかります。

チェーンリングの交換は、フレームに干渉していないかをチェックしましょう。

チェーンが短かったり、ディレイラーの角度がちょっと変になるかもしれません。

私の改造では、同じようになりましたが、走ってみると支障はありませんでした。
1~6速まで変速できます。

どこかに干渉する音もなく、スムーズです。

漕ぎは重くなって、空気圧が下がっている感じです。

でも、これ以上はコンポーネントに手をつける必要はないでしょう。

20インチの子供用自転車を改造

20インチの自転車は、子供用もあります。
子供がいる方で、20インチの自転車をお持ちの方は、一緒に改造・改良してみてはいかがでしょうか。

ミヤタの20インチ6段変速を改造してみました。

フロントタイヤはラジアル組36本で、フロントハブは、シャフトが加工しました。

バルブはフレンチタイプ、タイヤはシュワルベのマラソンにしました。

ブレーキはtektroのロングアーチ、ブレーキパッドはシマノのアルテグラにしました。

これだけで回転が非常に軽くなります。

リアは、競輪用両切りハブにサーボブレーキ、ボスフリー取り付けです。

ハブのシャフトには、数ミリのスペーサーを入れています。

この改造で、とても滑らかな回転になるでしょう。
ペダルはチタンです。

本体の加工なしで取り付けできるよう、シャフトのはじをフライスで加工しました。

リアは両切りハブで、M10P1.0のネジで溝をフライスで切りました。

子供用自転車は、ハブのシャフトに様々な物がとも締めされているため、シャフトの長さが普通より長いです。

シャフトに溝を作って、フレームとの干渉がないのをチェックしたら、出来上がり間近になります。

サーボブレーキのドラムと、ハブのスポーク穴のクリアランスが小さければ、シマノ10速スプロケ用スペーサーを2枚入れれば大丈夫です。

スピードアップしたい場合の自転車改造方法

20インチの自転車をスピードアップしたいときの改造方法です。

・サドルは、ペダルを漕ぐのに適度な高さにしましょう。
ペダルと地面との距離が、高く設定されている自転車なら、足がつかなくなって、危ないので程々にしましょう。

・タイヤに記載されている規定値まで、タイヤの空気圧を上げます。

・限界が低いタイヤなら交換しましょう。
空気圧計測ができる空気入れが必要になります。

・新しいチェーンとスプロケの間に、サラサラなオイルを使うと効果があります。

・回転が滑らかなペダルに交換しましょう。

・完組ホイールに変えてください。
エンド幅が135mmのクロスバイクにセットするなら、専門店にお願いしましょう。
ボスフリータイプのスプロケのクロスバイクは、カセット式へ変更してください。

・ギア比が高いスプロケに変えましょう。
ギア比が4を超えるものにしたいと思うかもしれませんが、スピードは変わりません。

坂を登る時にギア比が1以下になるスプロケに替えたら、降りずに登ることが可能です。

自転車を改造する際の注意点

20インチに限らず、自転車を改造するとき、交通法違反にならないように下記のことに注意しましょう。

①ハンドルを絞ってはいけません。
ハンドルを曲げて一定のサイズに収まらなければ、普通自転車の定義から外れるので、歩道を通行してはいけません。
車道通行はできます。
ハンドルを曲げて安全な運転ができないなら、法律違反なので捕まる可能性があります。

②荷台は、曲げただけで車体サイズは大きくならないので、問題ありませんが、サイズが大きくなれば①と同じです。

③ブレーキの位置をグリップから違う所に変えることは、危険なときに安全に停止できるのであればOKです。

④サドルなしで荷台に乗ることは、乗車装置がついていなければ、整備不良で注意されます。
直さずに乗り続けていると、捕まることがあります。

⑤音楽などを大音量で流して乗ることは、安全に必要な音が聞こえなかったり、近隣の住民が警察に苦情を入れる位の音量なら、注意されたり捕まることがあります。

⑥ハンドルの向きを激しく変えることは、①と同じになります。

少しの工夫で走りやすくなる

自転車改造というと、なんだか手の込んだ難しそうなイメージですが、サドルの高さを調節したり、タイヤの空気を入れ直したりするといった、簡単なことでも速く快適な自転車にすることができます。

また改造は、くれぐれも交通道路法の範疇で行うようにしましょう。

違反の場合は、警察官から注意を受けることがありますし、過度な改造は、交通事故の原因になりかねないのでご注意ください。