豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

カンパニョーロ・ゾンダのホイール2014をご紹介!!

      2016/12/01

カンパニョーロ・ゾンダのホイール2014をご紹介!!

ロードバイクに乗り始めて、まずグレードアップすべきパーツは車輪です。

タイヤやホイールのグレードアップは、確実にスピードアップにつながります。

ホイールの中でも人気が高い、カンパニョーロ・ゾンダはどれくらい違うのか?

2014年モデルのゾンダホイールを中心に調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001164-1.jpg
ハマーの折り畳み自転車にカゴをつけちゃおう!

自動車メーカーとして有名なハマーが、折り畳み自転車も取り扱っ...

pwk0001163-1.jpg
シマノ・アルテグラのホイール。インプレからみる性能

ホイールは、自転車を転がす軸となるパーツなので、最も乗り味の...

pwk0001162-1.jpg
自転車部品大手メーカー・kmcのチェーン交換方法をご紹介!

kmc(ケイエムシー)は、1977年に台湾で誕生した大手チェ...

pwk0001160-1.jpg
giantの自転車で福岡を走ろう!!おすすめコース

giantの自転車は、台湾を拠点としている世界最大の自転車メ...

pwk0001159-1.jpg
自転車をペンキで全塗装してみよう!!やり方とコツ

ヴィンテージバイクに乗る方はいますが、ほとんどの場合、使い古...

pwk0001158-1.jpg
あなたの自転車、防犯登録してありますか?~神奈川編~

あなたの自転車は、きちんと防犯登録をしてありますか? 防犯...

pwk0001157-1.jpg
自転車に乗る女性の悩み!お尻や股が痛い原因と対処法

自転車やクロスバイク、マウンテンバイクに乗っていると、お尻や...

pwk0001156-1.jpg
自転車のホイールリム調整について

自転車のリムの状態をいつも確認している人は少ないかもしれませ...

pwk0001155-1.jpg
自転車のベアリングをグリスでメンテナンスしよう!

グリス切れ直前がハブにしても、ベアリングにしても一番よく回転...

pwk0001154-1.jpg
自転車のビンディングペダルを調整しよう!

スポーツ自転車をはじめて暫くすると、ビンディングペダルを装着...

pwk0001153-1.jpg
自転車のフレーム、クロモリやカーボンの特徴とは

自転車の中でも、特にロードバイクを購入する際は、フレームの素...

pwk0001152-1.jpg
自転車で行うlsdトレーニングの効果とは!?

そもそもlsdとはどういったことなのでしょうか? これ...

pwk0001151-1.jpg
ロードバイクのペダルをアルテグラに換えると何が変わるのか

かつてのロードバイクは、レースに出る人がパーツ交換をして、そ...

pwk0001150-1.jpg
ロードバイクの狙い目!ジャイアントの型落ちを購入しよう!

ロードバイクは、気軽に買うことが難しい価格のため、なかなか購...

pwk0001149-1.jpg
輪行しよ!ロードバイクのネット購入の注意や輪行袋の使い方

最近運動不足だったり、趣味を探していたり・・・そんな人は、ロ...

pwk0001148-1.jpg
アルテグラのホイールをチューブレスにすると走りは変わる?

自転車に興味を持っている人なら、ほとんど知っているであろうシ...

pwk0001147-1.jpg
feltロードバイクの2017年モデルの紹介!

ロードバイクメーカーのfeltは、日本ではそこまで知名度が高...

pwk0001146-1.jpg
ロードバイクの軽量ホイール・究極ホイールたちを比較しよう

ホイールといえば、走りの質を上げるのにもっとも効果的なカスタ...

pwk0001145-1.jpg
自転車のペダルの交換方法やオススメのペダルをご紹介

皆様は、自転車を利用していますか? そして、その自転車のペ...

pwk0001144-1.jpg
自転車の鍵を紛失しちゃった!どうすればいい?

自転車の鍵を紛失してしまった経験はありますか? 自転車...

スポンサーリンク


ゾンダホイール2014をご紹介!!

カンパニョーロのホイールグレードには、カムシン・ユーラス・シャマルなどありますが、今回はゾンダの2014年モデルをご紹介します。

ゾンダは、完全なハンドメイドで、見た目は下位グレードのカムシンと変わらないのですが、リアはG3のスポークの組み方になっています。

上位グレードのシャマルもおすすめですが、値段が倍以上します。

ロングライドでは、ゾンダでも乗り心地が良いので、コストパフォーマンスが良いホイールです。

重さは、
カムシン:約1,750g
ゾンダ:約1,550g
シャマル:約1,420g

と、カムシンと約200g、値段が倍以上違うシャマルとは、約130gの差しかありません。

カップ&コーンベアリングシステムを採用しています。

また、カンパニョーロのラチェット音では、様々な評価が出ています。

しかし以前は、ラチェット音が問題視されていましたが、現在では、そこまで音が大きいという噂はきかなくなってきました。

ゾンダホイール2014のインプレ

ゾンダの2014年モデルは、足を楽に回すことができ、1枚重いギアで巡航可能です。

漕ぎ出しはあまり変わりません。

ペダルを動かさない状態で、スピードが落ちにくい感じです。

スポークの形状は、エアロではないけど、音鳴りがして良い感じです。

フリー状態で走行すると、歩行者は、だいたい10m手前で気付いて避けました。

登り坂は、転がりが良くて、緩い坂なら軽々進んでくれました。

傾斜のある坂では、インナーローが必要になります。

下り坂は、安定感が増しているのか、カーブをしっかり曲がれます。
また、ブレーキの効きが良いので、安心して下れます。

ホイールを換えて、どれだけ速くなったかはわかりませんが、楽に走れるので、ロングライドでの足への負担は減るでしょう。

デメリットというデメリットは、特にありませんでしたが、ラチェット音が気になる方は注意しましょう。

クリンチャータイプを買ったので、タイヤもはめやすかったですし、振れもありませんでした。

軽く乗ってみた感じのインプレなので、長く乗るとどうなるかはわかりませんので、参考程度にしてください。

最初の交換ホイールにもおすすめ!ゾンダ2014

ゾンダ2014は、初めてホイール交換するときにおすすめです。

買った当初のままのホイールから換えたのですが、軽くなりました。

特に前輪に違いがあり、前輪は振れもなく、手で回すといつまでも回ります。

後輪も振れはなかったのですが、少し回りが悪かったので、練習がてらハブを取りました。

よく言われているのですが、確かにメンテはしやすかったです。

ベアリングの玉押しを直したら、回りが良くなりました。

ラチェット音は、乗っているうちにいい感じになると思います。

初めから音が欲しい方は、ラチェットにグリスがいっぱい塗られているので、それを少しふき取りましょう。

乗った感じですが、乗り出しにそんなに違いはないのですが、スピードが出たらとても楽になります。

ペダルを止めても速度が落ちず、軽くなったので、坂道が楽になりました。

初めてホイールを換えてみましたが、良い買い物ができたと思います。

ブレが少ないゾンダホイール

2014年モデルのゾンダホイールは、ブレが少ないです。
カンパニョーロ・ゾンダは、メガ G3 テクノロジーを採用しています。

そのため、ねじり剛性・横剛性が素晴らしいです。

様々な場面で使用でき、丈夫なホイールセットなので、たくさんのライダーから人気があります。

特に、硬い路面のレースやトレーニングライドに使用しやすい性能です。

軽さもすごいのですが、縦の重心にブレがないのが、最もすごいことです。

買った当初のままのホイールは、メンテスタンドで高回転させたら、ブレではなくリムのどこかが重いのだと思いますが、大きく縦に震えました。

しかし、このゾンダホイールでは、ほとんど無くなりました。

アウターで高回転すると、ブレが出るのですが、少しの重さを足せばなくなるでしょう。

また、回転のスムーズさが最高で、巡航速度が数キロ伸び、疲れにくくなりました。

素晴らしいホイールなので、良い買い物になりました。

元々のホイールからカンパニョーロゾンダに換えたら、漕ぎ出しの軽さや走行感にびっくりするはずです。

ぜひ試してみるのをおすすめします。

カンパニョーロゾンダホイールの特徴点

2014年モデルのゾンダホイールには、様々な特徴があります。

圧延リムで周縁部を軽くし、ホイールの反応性をアップしています。

Dynamic Balanceで、反対側と重量を同じにしてリムのバランスを取り、ハイスピードでも安定性があります。

前後差のあるリムの高さで、フロントは 26mmで最適なコントロール性能、リアは 30mmでホイールへのエネルギー伝達がスムーズに行なわれます。

非回転スポークシステムで、空気力学的にベストのポジションを保ちます。

Mega G3スポークパターンで、ホイールの両側のスポーク張力を最も良いバランスでキープします。

またMega G3は、重量級のサイクリストでも振動を減らしてくれます。

G3テクノロジーは、右側のスポークへの圧迫を減らして、横剛性をアップする組み立てです。

駆動側のオーバーサイズフランジで、ねじり剛性をアップしてペダルストロークのリズムへの反応性を高めます。

アルミニウム製ハブボディは、横剛性を高め、アルミニウム製アクシルによりホイールを軽くしています。

MoMagを採用しているので、リムテープがいらないので、ホイールが軽くなっています。
また、リムの外側の輪郭から穴をなくし、一部だけ負荷が強くならないようになっています。

MoMagは「Mounting Magnet System」の略で、リムの破損しにくくなっていたり、テンションを強めにかけられるようになっているなど、メリットが多くなっています。

ゾンダホイールが人気な理由!!

2014年モデルに限らず、ゾンダのホイールは、そのコストパフォーマンスの高さから人気があります。

カンパニョーロゾンダは、カンパ・ミディアム・プロファイルホイールの中核で、トップダウンの性能が惜しみなく使われているホイールです。

3本組みの『G3スポーキング』は、テンションバランスとエアロ効果と乗り心地の3つの要素がひとまとめになっています。

ゾンダより上のグレードで採用されている『G3スポーキング』が、ゾンダにも採用されたことに喜びを感じる方も、多いのではないでしょうか。

さらに性能だけでなく、スポークの配置バランスが絶妙で、外見の良さも人気の理由になっているのではないでしょうか。

口コミで、ハブの回転精度の高さが高評価されていますが、その通りで、値段以上の回りをします。

乗り心地が素晴らしく、コストパフォーマンスも高いゾンダホイールは、高性能なのに他ホイールの半額くらいの値段で入手できます。

ゾンダホイールはコスパが良い

ロードバイクのカスタマイズの中で、ホイールは最も効果を実感できるパーツと言われています。

趣味のロードバイクを楽しむ上でも、必ず取り組むべきカスタマイズパーツなのです。

ゾンダホイールは、コストパフォーマンスが良いうえ、高性能ホイールですので、初めてのホイール買い換えにおすすめです。

ホイールを変えることで、劇的に走りが変わることでしょう。

 - ホイール スポーク, ロードバイク 海外メーカー