豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

名古屋でロードバイクに乗ろう!チームは自分で作るべき!?

      2017/01/23

名古屋でロードバイクに乗ろう!チームは自分で作るべき!?

愛知県でロードバイクを持っている方、普段どのような場面でお使いですか?
通勤や通学のみに使用している方、たまにはサイクリングにお出かけするのもおすすめですよ。

また、いつも一人で乗っている方は、ロードバイクチームを作って、みんなで走ってみてはいかがでしょうか。

今回は、ロードバイク乗りにおすすめの名古屋のサイクリングコースや、ロードバイクチームの作成についてお話しします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001662-1.jpg
自転車のパーツの名前分かりますか?フレームって何?

自転車のパーツには様々な種類があり、それぞれに特徴的な名前が...

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

スポンサーリンク


名古屋でサイクリング、適した季節や服装は?

ロードバイクは、かっこいいイメージをお持ちの方も多いと思います。
名古屋にも、バイクを愛する方々がたくさんおられて、個人やチームで華やかなウエアを着て、サイクリングをしています。

名古屋といえば、結婚式なども派手という印象ですが、サイクリングウエアも他の地域に比べ、ヴィヴィッドな感じが多い気がします。

ヘルメットやジャージなどもカラフルな色を着られる方が多く、見てるだけでも楽しい雰囲気を味わえます。

初心者用の穴あきヘルメットや偏光レンズサングラスなども数多くあります。
自分らしさを出すウエア探しをするのも、ロードバイクを乗る上で楽しみの一つです。

名古屋に限らず、サイクリングに適した時季は春です。
朝や夕方はもちろんのこと、一日中陽気で気分爽快です。

雪国と違って、冬の積雪もほとんどありませんので、一年を通しても、サイクリングを楽しめる地域だと思います。

日本には四季があり、外国の方からも羨ましがられています。
それぞれの季節を楽しんでください。

おすすめ!名古屋港サイクリングロード

名古屋近郊でおすすめのロードバイクを楽しめるコースいえば、名古屋港サイクリングロードです。
愛知県の弥冨市というところにあり、自転車専用道路となっています。

コースにはいくつがありますが、富浜緑地をスタートし、このサイクリングコースを周るのが、まずは良いかもしれません。

距離は約6.7kmです。

名古屋港ゴルフ倶楽部を一周回ったくらいです。
走っていると、綺麗な菜の花畑が見えたり、壮大な海が見えたりします。

休憩所も点在しているので、無理なく気軽に楽しめるコースです。
休憩所では、他のバイクチーム仲間と知り合って会話が盛り上がったり、新しい出会いの場になります。

コースは、道路もよく信号もありません。
爽快なサイクリングロードです。

ただし、自然と調和しているコースのため、夏場の暑さ対策として水分調節、体調管理には十分注意しましょう。
また、海が近い分、潮風も強かったりするので、吹き飛ばされないように気をつけてください。

気分転換にも最適なコースです。

名古屋でサイクリングなら庄内緑地公園も

次にご紹介するのは、庄内緑地サイクリングロードです。
名古屋市西区にある庄内緑地公園内にあるコースで、とても整備が整っています。

1周1.8kmと2.3kmの2種類のコースがあり、自転車を練習中のお子さんや、ゆっくりとサイクリングを楽しみたいという方にぴったりです。

公園の外側は、庄内川サイクリングロードともつながっています。
ロードバイクのチーム仲間と、本格的に長距離を走りたいという方にも、利用しやすいコースなので、どちらも楽しめるお得な場所だと思います。

園内は、たくさんの木々に囲まれて、自然に包まれている感じを受けます。
家族で訪れて、お弁当持参するのも楽しそうです。

公園内なので、ベンチや東屋のほかにも芝生で寝転んだり、キャッチボールやバドミントンをしたり、色々な遊びも出来ます。

芝生で寝転んで日頃のストレスを忘れ、日光浴や森林浴もおすすめです。
遊歩道では、ゆっくりと散歩を楽しんでる方もいるので、混雑する週末などは気をつけて走行しましょう。

ロードバイクチームを作ってみんなで走ろう!

ロードバイクの醍醐味といえば、仲間とチームを作り、一緒に走るということではないでしょうか。

名古屋のバイクチームでバイクをこよなく愛する仲間と交流を深める。
いいですね。

しかし、どうやって自分に合うチームを見つけるのか、いざ入ってみて仲良くやれるのだろうか、無理なペースを言われないだろうかなど、不安もあると思います。
参加したいけど、あと一歩勇気が出ないという方も多いと思います。

チームといっても、所属している方は、働いている方がほとんどなので、無理矢理にされるようなチームは少ないはずです。

ロードバイクを購入したショップで、良いチームがないか尋ねたり、友達の紹介で参加してみましょう。

思いのほか、すんなりと馴染んで、他の方達もチームへの参加を喜んでくれるのではないでしょうか。

自分の無理のないペースで一人で乗るのもよし、数人で走るのもよし、たまには大勢でドーンと連なって走ったりして、バイクの楽しさを味わってください。

ロードバイクチームを自分で作るメリット①

既存のチームでは、一番最後に入ることになり、今まで出来上がっている雰囲気というものがあるので、その空気が苦手な方もいると思います。
どうしても、皆と合わせられるのが不安な方は、自分で名古屋のロードバイクチームを作ってみてはいかがでしょう。

自分で作ったら、自分の都合に合わせて日程を決めることができ、仕事やプライベートに差支えなく楽しめるはずです。
規則も自分に合わせて設定でき、入ってくれる仲間もそれで納得して入ってくれているので、時間帯も合う人達と楽しめることになります。

音楽が好きな方ならサイクリングの後はカラオケに行ったり、グルメの方であればサイクリングの目的を美味しいお店に設定するなど、趣味を付け加えたチーム作りも可能です。

会社と違って、自分の趣味を大切にする時間は、本当に大切なものだと思います。
そんな仲間たちから、楽しいイベントが発案されたり、他のチームと協力して何かをするなど、楽しみが増えていくことでしょう。

ロードバイクチームを自分で作るメリット②

学校や職場、地域に至るまで、人間関係は、どこにいてもついてきます。

無理して自分と合わない環境は、とてつもなく苦しいものです。
自分でチームを作るのは、そういった意味でも、とても有意義です。

自分とペースや趣味や好みが合う仲間を誘ってみてください。

何かを始める時には、大きな不安がつきものですが、ちょっとした勇気で思いのほか上手くいくことも多いです。

気のおけない仲間達とかたすぎる規則など作らず、ゆっくりとした気持ちで楽しめたら最高ですね。
チーム名を考えるのも良いでしょう。

かっこいいのや愛らしいのや、そしてお揃いのロードバイクシャツを作ることだって出来ます。

名古屋は日本列島の真ん中辺りでもあるので、ちょっと遠出して右の方行く?上の方行く?とか、たまの遠出もできます。
楽しみは無限大です。

チームを作る人、既存のチームに入る人

家族がいて、丸一日ロードバイクに時間を使えない人や、実力に不安がある人などは自分でチームを作ることをおすすめします。

一方で、時間の有り余っている人や、好きにお金を使える人などは、どんどんいろいろなチームに顔を出してみるのも良いのではないでしょうか。

どちらにせよチームなら、一人で走り続けていては、知り得なかった楽しみに出会えると思います。
チームで走ることを検討してみてはいかがでしょうか。

 - サイクリング 情報